ノーベル平和賞を貰った人ですね
私もグラミンのしくみは以前から勉強させてもらって
おりました
よく出来た制度であります。
寄附ではなく融資でその人の考え方を変えるというものです。
私も真似をさせてもらおうと思っています。

持ち上げました。w

しかし、ひとつだけユヌス氏の著書を読んで思ったこと
があります。

 「東パキスタンは独立する必要があったのか?」

こういえば島国に住む人間にはわからないといわれそうですね。
ただユヌス氏は留学してアメリカにいました。ロビイスト活動と
いうので他国に独立支援を訴えたのです。
ユヌス氏もその被害について書いています
 「1971年12月16日バングラディシュは独立戦争に
  勝利した。私はその知らせを聞き、帰国して
  故国再建のために働こうと思った。戦争によって
  大きな犠牲がもたらされていた。パキスタン軍
  によって300万人が殺され1000万人が戦闘を避けて
  隣のインドに避難していた。悲惨でひどく貧しい
  難民キャンプがいたるところにできていた。
  数百万人がレイプなどさまざまな残虐行為の
  犠牲になった」

 その後皆さんご存知のようにバングラディシュは
 アジアいや世界最貧国を続けます。
若いときのことなのでそれを責めることはできませんが
自分が戦場に立っていないのに国を独立させ、多くの
人が死にその後の世代も苦しんだ。
 もちろん私は政治学者じゃありませんので
当時の状況を細かく分析しているわけじゃありませんが
ユヌス氏がバングラディシュの再建に努めるのは
罪滅ぼしとして当たり前だと思います。