ランベリー:マスカルポーネとブルーベリー
picot-picotさんのところで拝見して、絶対に味わってみたかった“ランベリー”。
スケスケのセクシー・メニュー麗しいデザートが、頭にちらついて離れな〜い!

・・・と思ってたところ、さすが美味しいものには目がないcamilleさん。(速攻で行っちゃうところが素敵♪)
今度は、ウニクレームブリュレが、焼き付いて離れな〜い!

・・・と指をかじってたら、camilleさん&loveswedenさんが連れてってくださいました。きゃっほ〜
カンテサンス”に引き続き、本当にホントーに美味しかったデス♪
ありがとうございました。ムフフ

私達がいただいたのは、デギュスタシオン(シェフのおまかせ)6,825円。
私とcamilleさんは前菜二皿目を、loveswedenさんは前菜一皿目をホワイトアスパラガスの冷製スープに変更しました。



ランベリー:前菜1海の恵み

【前菜1】★★★★★
海の恵みこだわりの一皿
カレイ、アオヤギ(バカガイ)トリガイ、イカ、茹でエビ、
キュウリ、オクラ、アボガド,ニンジン、ラディッシュ
柑橘系の泡ソース

柑橘系の泡ソースがさっぱりと爽やかで、とても手がこんでます。
お寿司屋さんで出てきそうな、鮮度の高さに大カンドウ。
カレイも歯ごたえがあって美味でしたが、特にアオヤギが新鮮で旨かった〜。
イカは半分だけ軽く火を通して、細かく切り目が入ってるので食べやすかったっす。
トッピングに緑の輪切りが散ってるんですが、目葱かな? それともチャイブ?
二重構造になった丸いボウルの器が、なんとも涼しげでした。(ボダムのダブルウォールグラスのような感じのボウルです)



ランベリー:前菜2ホワイトアスパラ
ランベリー:前菜2サラダ

【前菜2】★★★★★
ホワイトアスパラガスのクリーム
穂先のサラダ

アスパラポタージュの下には、コンソメジュレが隠れてるんです〜。
ポタージュは単独で食べると、ほんのり青っぽい苦みがあって大人の味。
ホワイトアスパラガスをそのまま齧ったのと同じ味!(たっぷりホワイトアスパラが入ってこと?)
そして、コンソメジュレと一緒に食べると、一気に旨味倍増!!!
こちらも器が凝ってて、上下二段になってます。(香炉のような感じ?)
上のガラスの器をはずせば、下にはホワイトアスパラの穂先とトマトのサラダ。
キンキンに冷やされたやわらかい穂先と湯剥きされたトマトには、ドレッシングがよく絡んでてオイシ〜。
お手頃なホワイトアスパラガスが手に入ったら、速攻[うちめし]決定です♪



ランベリー:前菜1フォアグラ

【loveswedenさんの前菜2】
フォワグラ“デュオ”モモとリンゴのテリーヌ
ポワレとコンソメのジュレ

loveswedenさん大絶賛! とっても美味しそうでした。



ランベリー:バター
ランベリー:パン

【パンとバター】★★★★★

バターは有塩(右)と無塩(左)の2種類。
camilleさんのオススメ通り、私も塩入の方が好みでした。
そしてそして! パンがめっさウマイ!!
picot-picotさんもcamilleさんも惚れてましたが、私もホレボレ♪
camilleさん情報によると、デュラルセモリナ粉で作られたパンらしいです。
外はカリッとしているけど硬すぎず、口の中で優しく砕けます。
そして、もちろん中はむっっっっちり♪ 
追加のいただいた2つめのパンは焼きたて。
割った瞬間の立ち上がる湯気にクラっクラ。
も〜〜〜〜、買って帰りたかったよ〜。



ランベリー:魚料理

【魚料理】★★★★
潮の香り釣り天然魚“シーズンズハーモニー”
メイタガレイ、焼きシャンピニオン、焼きモロコシ、焼きペコルス

カレイの身は柔らかくジュースィー。
よ〜く焼かれたシャンピニオンのペーストが、酸味のきいたジュ・ソースに絡んで食べやすい。
焼きコーンの甘さと相まって、複雑なハーモニー(♪)が口の中に広がりました。
かなり小さい焼きペコルスも、ものすご〜〜〜く甘くって美味。
ペコルスの隣の小さいな粒は胡椒かな? 甘さと刺激のハーモニー!
ソースも美味しく、肉料理の前なので程よい量で、見た目より奥深い一品でした!
(横から見ると・・・ナメクジっぽい? あっはは〜)



ランベリー:肉料理

【肉料理】★★★★
骨付き仔羊のローストマティニオン風 コーヒーが香るソース
ペコルス、芽キャベツ、マッシュルーム、ニンジン、絹サヤ

「ソースにコーヒーリキュールが入ってますが、わからない程度です」と言われましたが、ホントにわかりませんでした。
仔羊は、香味野菜と一緒に背脂で包まれて焼かれてました。
野菜と一緒に焼かれているためか、とっても柔らかかったぁ〜。
それにカトラリーの切れ味が良くって、とっても柔らかいのに見事な切れ味!(私とcamilleさんはね。ワハハ)
このカトラリー欲しいな〜。
野菜もたっぷりでバランスOK。最後まで美味しくいただけました♪ 



ランベリー:桃と杏のコンポート

【お皿盛りのデザート】★★★★★
桃と杏のコンポート
バナナ、クレープ

ちょこっとつまみ食いさせていただいたところ、酸味がキリリッとした甘さ。
とっても品があって、止まらない美味さ♪



ランベリー:ヨーグルトアイス

【お皿盛りのデザート】★★★★★
ヨーグルトアイスのチェリーソース
マスカルポーネとブルーベリー(トップ画像)

チェリーが大きくって食べごたえ抜群♪
ヨーグルトアイスと一緒に食べるととろけそうになります。涙。
あ〜〜〜、これ毎日食べたいよ〜〜〜〜〜〜。
鬼シイー!(鬼が思わず角を折っちゃうくらい美味しいこと←今作ってみた)
マスカルポーネのムース(だっけ?)も、上品な甘さで口当たりがいいの
ブルベリーも実が大きくってしっかりしてるので、マスカルポーネの酸味とバランスOK。
このデザートだったら、お代わりしたかったっ!



ランベリー:お茶とミニャルディーズ

【レモングラスティとミニャルディーズ】★★★
一口サイズのチーズケーキ、かぼちゃプリン、和三盆糖のクグロフ
キプロスの薔薇ジャム

こんな小さなカボチャプリン、チーズケーキもクオリティが高くてビックリ。
バラジャムも美味しかったけど、私にはやや甘すぎました。えへへ



ランベリー:酢

【丹波産黒豆のお酢】★★★

最後の〆にいただきました。
口の中もさっぱり爽やか♪ 御馳走様でした〜〜。


ランベリーは、器もカトラリーも素晴らしく悩ましい。
食事ごとに、使いやすく見目麗しいカトラリーに変わります。(メーカーも変わる)
お料理の盛りつけ自体はドラマティックではないんですが、器の形や余白が生かされた調和の美が感じられました。

そうそう、camilleさん情報によると、最後のカップはその人のイメージに合わせるらしいとのこと。おーーー、納得です!
camilleさんはヘレンドのウィーンのバラ(うんうん!)、loveswedenさんはウェッジウッドのワイルドストロベリー(ピッタリ!)、私はロイヤルコペンハーゲンのブルーフラワー・カーブ
お二人ともイメージ通りなんです。
私は自分ではわからないんですが、色数が少ない北欧or東洋的な器が好きなので、モロ好みの器でした♪ フフフ

それにpicot-picotさんのおっしゃる通り、スタッフの方々がとても感じいいんです。
サービスの方も多いので、よく目が行き届くのかな。
その証拠(?)に、この日はお祝いの方が4組も。
結婚記念、入籍記念、お誕生日記念・・・なのかな?
半分近くのテーブルは、何かの記念日でいらしてたようです。
同じに日にこんなにお祝いをしている方々が集中したのに、ビックリどん!
この日は7/7。覚えやすいからかな?
記念日に来たい気持ちがわかるお店です♪



ランベリー:おみやげ

【おみやげの焼き菓子】★★★★

この心遣いが嬉しいです。
もちろん、美味しかった!

*** * *** * *** * *** * ***

このあと、camilleさんと私はお茶の時間。
あまりに美味しいデザートだったので、ケーキはもういいかな?
ということで、コーヒーとタバコと文学的な香りが壁にしみついた“大坊珈琲店”へ。



大坊珈琲:ミルクコーヒー

【ミルクコーヒー】(750円)★★★★★

「文学や芸術を愛する大人が好む中央線沿線にありそうな」イメージかな?
禁煙だったらもっと通いたいお店です。アハハ
ミルクコーヒーは手焼きの大坊椀(「トーキョー☆ブックマークセレクション」にも紹介されています)でいただけるので、私はいつもコレ。
長居をしたため、濃厚なぶどうジュース(700円。写真撮り忘れた〜)もいただきました♪

camilleさん、loveswedenさん、今回も楽しい時間をありがとうございま〜す。
次回はどこですか? ワクワク


camilleさんのレポはコチラコチラです♪
“L'Embellir”の昼Part1Part2Part3
-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 

ランキングに参加しています♪