どうしん:新ジャガ木の芽味噌田楽
春の嵐の前にゆっくりランチに行って来ました♪(時間経ち過ぎ? エヘヘ)

ご一緒したのは、camilleさんloveswedenさんぽて子さん
前回(“Au Temps Jadis”と“蘭鋳”)はガレットだったので今回は和食。
お店はloveswedenさんが選んでくれた“潤菜(るさい)どうしん”です。
こちら、本当に野菜が美味しくって大感動。また行きた〜い!
loveswedenさん、ご紹介ありがとうございました〜。

“潤菜 どうしん”は、料理担当はご主人と、サービスの女性の二人だけ。
12席のみのとっても小さなお店です。
ランチ(5,800円)もディナー(6,300円)1コースのみ。
コースメニューは毎月変わるそうです。

丁寧に下ごしらえをされた野菜と魚は、とっても美味!
意外な調理法や初めていただいた野菜も多く、会話も弾みます。
優しい風味の出汁が気になって調べたところ、こちらは昆布のみ!
おぉ〜〜〜。精進料理じゃないのに珍しいかも。
私、鰹節の出汁がらがどうしても苦手なので、昆布だけにしようかなぁ〜。
(昆布の出汁がらは、春雨のように細切りにして食っちゃいます♪ ホホホ)
う〜〜ん。精進料理の本もあるはずなので探そうっと。


野菜たっぷりの4月のランチはこんな感じでした。

どうしん:梅酒

【梅酒】★★★★(???円・・・忘れた)

loveswedenさん情報によると自家製だそうです。納得。
グラスが凛としててカッコイイです。



どうしん:根三つ葉と干し海老のお浸し

【根三つ葉と干し海老のお浸し】★★★★

一品目は、優しい味のお出汁たっぷり料理。
出汁の旨味で口を潤して、根三つ葉の歯ごたえで脳を覚醒し、干し海老の香りと食感で胃を刺激する・・・感じ?
食事に入りますよーっと、身体に知らせてくれるような一品でした。



どうしん:茶碗蒸しの器
どうしん:ノレソレの茶碗蒸し

【ノレソレの茶碗蒸し】★★★★

初物です!
ノレソレ」とは、マアナゴの幼魚の高知県での呼び名。
関西では「べらた」と呼ばれている・・・なんてことも、もちろん初耳。
ノレソレの下には茶碗蒸しです。
梅肉を絡めて、うどんのようにいただきました。オモシロイ!
生のノレソレをポン酢でもいただいてみたいなぁ〜。



どうしん:温野菜サラダ

【温野菜サラダ・昆布出汁と酢のドレッシング】★★★★
キャベツ、人参、ブロッコリ、うど?、芥子の実

昆布+酢がまろやかでお気に入り。これ【うちめし】候補です!
最近、香味酢や酢醤油にはまってるので、昆布出汁となんて絶対に好きっす。
しかも温野菜なの〜。キャベツも甘くって美味でした。



どうしん:季節の盛り合わせ

【季節の盛り合わせ】★★★★〜★★★★★
(記憶が薄いけど、たぶん・・・)新ジャガイモの木の芽味噌田楽(トップ写真)、ホワイトアスパラの甘酢漬け、山葵菜の煮浸し、赤コンニャクの炊いたの、ノビルの揚げたの、ホタルイカ・干し椎茸の酢漬け、そら豆の一口揚げ、サコシの酢締め、出し巻き玉子、茹でたらの芽、揚げ鯖

ブラボーーー! 見た瞬間惚れちゃいました〜。
そら豆、ホワイトアスパラ、ホタルイカ・椎茸、新ジャガがお気に入り♪
全体的に薄味でジューシーに仕上げているので、どれを食べても美味しい。
赤コンニャクは人生2回目(1回目は“楽食楽菓 梅芯庵”)。独特な食感が美味。



どうしん:お椀
どうしん:安納芋のすりながし

安納芋のすりながし】★★★★

サツマイモなので甘いかな?と思ったけど、甘さが爽やかで出汁が効いててOK!
芋系は得意じゃないけど、すり流しだと好きなんです〜。アハハ
このお椀、めちゃ可愛い! どこのなんだろう?
勝手にキリシタンをイメージしちゃいました。すっごく気になる・・・。



どうしん:新もずくと新生姜

【新もずくと新生姜】★★

初・温もずく! これ温かいんですよ〜。
細いもずくは大好きです。
でも、冷たく酸味を効かした方が好みだったかも。えへへ


どうしん:鱒の焼き物と野蕗の胡麻和え

【鱒の焼き物と野蕗の胡麻和え】★★★★★

好き好き好き〜。さすがメインです。
表面がほんのり甘かったので、ちょびっと照り焼き風?
そのせいか中はふわっと、表面カリッと焼けてるので、皮まで美味!



どうしん:京筍の揚げ出汁と茹でコゴミ

【京筍の揚げ出汁と茹でコゴミ】★★★★★

これも好き好き好き〜。器の中は春満載♪
筍って先っちょ以外あんまり食べないんですが、オイシイ!
(これも先っちょの方だけど)
揚げることによって、旨味をぎゅっと閉じ込めてます。
歯ごたえがいいのに、柔らかい旨味もあってタマラ〜〜ん。
出汁も透明で見た目も麗しい♪ これはお代わりしたかった!



どうしん:蕨と京揚げの土鍋ご飯と香の物

【蕨と京揚げの土鍋ご飯と香の物】★★

美味しいような気がするけど、ワラビは春野菜で唯一手にとらないの〜。
しかも、お米に醤油味が染み込んだモノはちょっと。。。えへへ
でも、揚げも入ってて美味しそうでした。
(きっと私以外の方には美味しかったハズ)



どうしん:赤パプリカのプリン

【赤パプリカのプリン】★★★★

またまた初物♪ パプリカの甘さと風味をしっかり感じてオイシー!
野菜のデザートってムリムリじゃん?って思ってたけど、これは違いました。
(マクロビのお店では・・・ごにょごにょ。ワハハ)
でも、サツマイモやカボチャと一緒で、自然の甘さがあるから合いますよね。



どうしん:えんどう豆の羊羹
どうしん:抹茶

【えんどう豆の羊羹&抹茶】★★★★

豆の香りと風味が濃くって、これもオイシー!!
和食のデザートってヘルシーでいいですね〜。しかも2種類も。
最後に抹茶の苦味が、口の中をリセットしてくれました。



どうしん:看板

帰りに見送って下さったご主人が、とっても若くてビックリ! 30歳くらいかな?
この若さで野菜ごとの魅力を引き出してるなんて、かなり勉強されてるんでしょうね〜。
丁寧な調理は、野菜の旨味をホンワカ際立たせてました。
穏やかな野菜の成分が細胞の奥まで染み込んで、なんだか浄化された気分。
なると屋+典座”を思い出しちゃいました。
野菜の生かし方が似てるかも? 今度は夜行ってみたいですね。
美味しい食事のあとはお茶タイム♪(続く

※ぽて子さんの記事はコチラ
※loveswedenさんの記事はコチラ
※camilleさんの記事はコチラ

潤菜どうしん ( 新富町(東京) / 自然食 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


→ その他の東京レストランは、《東京れすとらん》記事一覧へ
-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 

ランキングに参加しています♪