メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になる』という本を読み始めています。

メッシュとは、本書によれば、ビジネスモデルの一種です。メッシュでは、モノやサービスを所有することではなく、シェア(共有)することをビジネスの基盤とします。たとえば、車をシェアするようなサービスです。
-----
本書で紹介するのは、スコットの例に見るようなシンプルな発想である──共有(シェア)するほうがいいものがある、という考え方だ。
-----

さて、このブログは、ビジネスではなくモデリングに関するブログなので視点をそちらに。今回は、少しだけですが、「シェア・プラットフォーム」というコンセプト(概念)に着目してみます。本書では、次のようにこのコンセプトが使われています。
-----
所有については多くのことが語られてきた。だが所有の発想だけしか持てないでいると、私たちのビジネス脳は行き詰ってしまう。実際のところ商売も、言うまでもなく私たちの社会生活も常にシェアで成り立っている。シェアを基盤とするビジネス──シェア・プラットフォーム──は探すと至るところにある。

ニューヨークでクリスマス休暇を過ごしていた私は、周囲を見回していかにたくさんのものを多くの人々がシェアしているかに気づいた。ホテル、アパート、地下鉄、タクシー、空港、飛行機、教会、図書館など全部人々がシェアすることで成り立っている。ニューヨークを憧れの大都市にしているのは、人々が利用できるシェア・プラットフォームがたくさんあるからだ。公共のものもあれば、民間ビジネスもある。

そもそも電話線、ワイヤレスネットワーク、道路、公園、美術館やニューヨーク名物の消防車だって全部シェア・プラットフォームではないか。
-----

この文章から、シェア・プラットフォームのコンセプトの正確な把握は簡単でないかもしれません。たとえば、「シェアを基盤とするビジネス」であれば、それはシェア・プラットフォームなのかどうか疑問です。

とりあえず、ここでは、例で挙げられているように「道路」や「公園」、「美術館」などは、シェア・プラットフォームであるとします。下記の図はこのことを表しています。

platform1

次に、シェア・プラットフォームというからには、より一般的になプラットフォームというコンセプトもありそうです。以下の図では、シェア・プラットフォームはプラットフォームの一種であることを示しています。
platform2

では、プラットフォームとは、どのようなコンセプトでしょうか? たとえば、"The Architecture of Platforms: A Unified View" という論文では、プラットフォームは次のように定義されています。
-----
a set of stable components that supports variety and evolvability in a system by constraining the linkages among the other components.
-----
この定義からは、いくつかの要素が見つかります。
(1) 安定コンポーネント(stable component)
(2) システム(system)
(3) 他のコンポーネント(other component)
まずは、これらが、シェア・プラットフォームではどのようにより具体的な要素として対応するのでしょうか? 例えば、「公園」ではどうでしょう? 少し、このプラットフォームの定義では一致しないかもしれません。

ちなみに、gooの国語辞書では、次のような定義が挙げられています。どれも、適切ではなさそうです。
-----
    1 電車・列車への乗客の乗り降り、貨物の積み下ろしのため、線路に沿って築いた駅の施設。ホーム。
    2 大型の無人観測衛星。
    3 車台(しゃだい)。シャーシー。また、自動車の異なるモデルで共通して使われる車台を中心とした基本的な構造のこと。プラットホームを共有することで、生産費用を圧縮できる。
    4 オペレーティングシステムやハードウエアなど、コンピューターを動作させる際の基本的な環境や設定。
-----

プラットフォームの定義に関しては、今後も考えていきたいと思います。参考書としては、まだ読んでいませんが、平野 敦士 カールさんの『プラットフォーム戦略』が気になります。