久々に自分以外の人と仕事以外で話をした。

以外とちゃんと冷静に話せてる自分もいた。


少しは、状況を把握できるくらいにはなったのか。



昼間、その友達とカレーを食べにいく。


焼け付くような日差しが嬉しい。


ゆったりと時が過ぎる。

この26歳の夏も当たり前なくらいに2度と戻ってはこない。


ゆっくりと、ゆったりと、

今年の夏が過ぎてゆく。



そんな今日は悪くないと思えた。


相手が好きならば、
大切にしたいならば、
自分の気持ちを伝えたいならば、
相手を傷つけてしまうこと、
そして、
自分が傷つく事から逃げちゃ駄目なんだ。


頭ではわかっているさ。

明日、より苦しんでも、

自分が望んでしたことならば、

それは、

とても価値のあることだと。


そんなことを、

カレーを食べながら、

目の前の友達といるささやかな夏を噛み締めてた。

10年前の夏も、

今も、

やはり、傷つき逃げて悩んでいるから興味深い。



成長ってなんだろうね。