あまり見られてることを意識してしまうと、
素直に書けなくなるので、

ここは完全オナニーブログとして、
吐露していく。


今週一週間がとても暗くて、
笑う回数も少なくて、うまく笑うこともなかなかできなくて、

それでも毎日ぴやのに向かって、
ぴやのに癒されてたり。

30歳になるまでには死のうと思ってたりした(つい最近まで)
けど、結構余裕で生きてたり。

イタすぎるブログになるんだけど、

親とか兄弟とか仲間とかの死にはとても敏感なくせに、
自分の生に関しては希薄で。

自分が先に死んだら親が悲しむなぁ、と
ぼそぼそと考えてまだ生きてる。


でもちょっとの出来事で
人生って素晴らしいなんて、
都合よく思えたりして、


客観的にみると呆れてしまうくらい軽薄なんだけど、
それは自分自身だから、許してしまう。


思ってたより、あっという間に、
思ってる以上に全然大人になってなくて、
もちろん外見はしっかりちゃんとオッサン街道まっしぐらなんだけどw


自分のバンドと、ぴやのが弾ける環境があるうちは、
生きていくと思います。


何度も同じこと書いてるけど、
自分の至上命題はセルフコントロールで、

いかに自分と向き合っていくか。


10年前の自分と、

20年前の自分と

ちょっと話がしてみたい。


考えって合ってる間違ってるじゃなくて、

その時思ってた純粋なものだから、

内容が甘かろうが、未熟だろうが、

それ自体がその時を生きてた思考なんだよね。

そもそも、もともと理論力とか話術が無い自分は、
ちょっと高度な話になったり、
それは違うよ、とかそれは合ってるよって話になってしまうと、
すぐ黙ってしまうタチなんだよね。

気にして何も言えなくなるっていうのか。

酔っぱらうとベラベラ偉そうに喋るけれど。


だから自分自身ともっと向き合って、

自分を知りたい。


この10年、前半は目まぐるしくて、
後半はちょっと暗く苦しかったというのが
率直な気持ちだけど、

どの時代だって、
楽しいことだって苦しいことだって
沢山あったから、

これでよかったと沢山思えるように、
明日からの未来を過去に変えていこうと思うよ。


海外旅行行ってるときと、
沢山の人達の前でぴやのを弾いてる時が、

幸せだというのが分かった。

これをもっともっと増やせるようにしよう。

そして、4TR1835があってよかった。

自分のバンドと仲間がいたから
今日まで生きようとしてる。

いくつになったって、諦めない。

SHIBUYA-AX

自分達の力で立ちたいな。


早くしないとAXがいつまであるかわからんもんねw


雄大、テツ、マイク、
自分と関わった全ての音楽と、
それを具現化してくれたぴやのに改めて感謝。


今日、とても幸せです。

昨日、とても苦しかったです。

それが現実であり事実。

それが道なんだ。


今、この瞬間を一生忘れないでおこう。

というか、忘れないだろうな。


10949.

明日で10950日目。


この世界に生まれて30年。


明確に死ぬ理由が見つからないなら、

なんとか生きる目標をみつけることをしよう。

まだまだ笑い足りないし、

遊び足りないし、

飲み足りないし、

泣き足りないし、

甘え足りないし、

音楽したりないから。



満足になったり、昔を懐かしむには
まだまだ早すぎるね。


毎年、素晴らしい秋晴れ。


20代、ありがとう。

30代、こんにちは。



30年前の、明日にあたる10月21日。


生んでくれてありがとう。


親やみんなや自分自身が期待してた
30歳とは違ったけれど、


まだ生きてるよ。




震える夢にまで見た


記憶を俯瞰で空に映して


久遠の波は孤独を


優しく奏でる