Blue Stars

元「田舎移住者の星日記」です。 東京から美しい星空を求めて田舎へ移住した筆者が、星や自然、動物、田舎暮らしなどについて綴っています。

私の車はいつも汚い…

ホンダのフィットに乗っています。
色は淡い水色、4WDなので雪道もそれなりに走り、燃費は市街地で15km/L、長距離を走ると19km/Lと、まあまあ平均的でしょうか。
通勤にも星見にも家族で出かける際にもこの車に乗っていますが、乗っているとどうしても引け目を感じてしまいます。
大衆車だから?ではありません。
私は車のブランドやスタイルにまったくこだわりがなく、排気量も気にしません。
唯一気にするのは燃費ぐらいでしょうか。
そんな私がなぜ10万kmも乗ったフィットで引け目を感じるのかといえば…。

ありていにいって、車が汚いからです。
とても目上の人や妙齢の女性を乗せる気にはなれません。
どこが汚いって…外装も内装もです。
といって、洗車をしないからとか、車内の清掃をしないからというわけではありません。
それなりに洗車も掃除もしているのですが、洗車の翌日には外装はベタベタ、薄汚れてしまっています。
砂嵐のひどい砂漠に住んでいるわけでもないのにどうして?と思われますよね。
我が家にはガレージがありません。
つまり露天駐車なのですが、ちょうど駐車スペースの真上に電線があり、そこは雀のお休みどころになっています。
たくさんの雀が電線にとまり、大量の糞を車に落とします。
おかげで車はいつも鳥の糞だらけ。
加えて、駐車スペースの上に張り出したエノキの木が、初夏から初秋にかけて大量の樹液を分泌します。
その樹液が落ちて、雀の糞とダブルパンチで車を汚してくれるのです。

内装の汚れは…。
正確には汚れではなく、とにかく雑多なモノが載っているのです。
晴天が続けば天体望遠鏡が何台も載っていますし、やはり天体観測用の防寒具も載っています。
仕事で山へ行くことが多いので、雨具やスコップ、長靴などの道具類が積載されており、トランクスペースは決してオシャレとはいえないそうした用品でいっぱいになっています。
山へ行った帰りなど、車体は泥で汚れ、車内にはさまざまな道具が積まれていますので、どう見ても土建関係者
の車に思われることでしょう。
冬には、積雪地域へ出かけることが多いので、防雪関係の用品が加わります。
こんなわけで、何ともばっちい車と相成ってしまっている次第なのです。

といって駐車場所を変えるわけにはいかないし、雀を追い払う術もありません。
エノキの木は切ってしまえばいいと思われるかもしれませんが、基本的に木は切らない方針です。
趣味と仕事の都合上、道具類をその都度載せたり下ろしたりするのは効率が悪いので、トランクスペースの道具類もまあ仕方がないかなというところです。
「星を見るのが趣味だなんて、ロマンチックですね」なんてよく言われるのですが、実態はこんなもので、少しもロマンチックではありません。
街中でとっても汚い水色のフィットを見たら、私だと思ってください。
車ぐらいは綺麗に、オシャレにしたいのですが、私の場合、どうもばっちいのが板についてしまっているようです。

日本のバイク市場に未来はあるのか

バイクメーカーのヤマハが、大半の車種を製造終了とするニュースが、バイク愛好者を驚かせ、嘆かせています。
大型バイクに関しては製造終了車種は少ないものの、このところ人気が復活しつつある250CCから400CCについては、壊滅的といってもいい状況です。
ロングセラー車として長い人気を保ってきた単気筒車、SR400の製造終了は特に愛好者を嘆かせています。
他のメーカーについても状況は同じで、例えばスズキも中型排気量の車種に関していえば、大半が製造終了となっています。
年を追うごとに厳しくなる排ガス規制に対応できなくなったというのが、製造終了の理由ですが、バイクの絶対数から言っても、排気量の小ささから言っても、バイクの排ガス量などたかが知れており、落ち込んでいたバイク需要がようやく回復傾向を見せはじめているこの時期に、排ガス規制を一方的にバイクにも当てはめてしまうのは、日本経済にとってもマイナス以外の何者でもないと言わざるを得ません。
ヤマハのSRについては後継車種を開発中との説も流れていますし、他のメーカーに関しても何らかの手を打つだろうとは思いますが、いずれにしても、せっかく盛り上がりかけたバイク熱に水をかける状況そのものは、大きく変わりそうにはありません。
ヤマハに関して言えば、セロー250の製造終了についても大きな不満の声が上がっています。
いわゆるオフロードバイクの車種は、このところ減る一方でした。
バイクの楽しさをいちばん体感できるオフロード車は、ラインナップとして不可欠だと思うのですが、最盛期に比べると、現状でも半分以下のラインナップとなっています。
さすがに今さら2スト車を復活させてほしいとは言いませんが、なんとか最低限のラインナップは、各メーカーともに維持してほしいものだと思います。
これから先、どのような状況になってゆくのか、何ともわかりかねますが、不安と期待を込めて見守ってゆくしかないというのが現状です。

早朝覚醒に悩む

もともとひどい不眠症で困っていたのですが、ここ1年ほどは早朝覚醒に悩まされています。
不眠症は就職してすぐの頃から始まりました。
とにかく眠れません。
布団に入っても目が冴えるばかりで全く入眠できないのです。
仕方なく医者へ行き、睡眠薬を処方してもらいました。
以来これまで、ずっと睡眠薬のお世話になっています。
睡眠薬といえば危険というイメージがありますが、現在の睡眠薬は取り立てて危険なことはなく、医師の指示通りに服用していれば問題はありません。
眠れなくなったのが就職してからということは、ストレスが原因であることは間違いないと思います。
ただ、学生時代も「よく眠れる」タイプではなかったので、元々が不眠体質なのかもしれません。

とにかく就職してから30数年間、ずっと睡眠薬を飲み続けてきました。
睡眠薬を飲んだからといって毎晩ぐっすり眠れるわけではなく、眠れない夜もときどきありますが、とりあえずは寝不足や過労で倒れることもなくこれまで生きてこられました。

で、最近困っているのが、明け方に目が覚めてしまって後は眠れないという、いわゆる「早朝覚醒」です。
毎朝、4時頃には目が覚めます。
冬はその時刻には暗いので、まだ夜の延長という感覚でもう一度眠れることもあるのですが、夏場はいけません。
カーテンを閉めてあっても部屋の中は明るくなってしまっていますので、意識が昼間モードに切り替わってしまいます。
毎朝4時に目が覚めて、後は布団の中で悶々としているのがこのところの日常となっています。
「4時に目が覚めるのなら、そのまま起床して何か生産的なことをすればいいんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、すっきり目覚めるわけではありません。
非常に眠いのにもう眠れないという状態での目覚めです。
毎日の睡眠時間は、5時間弱でしょうか。
昼間は特に眠くて仕方がないということもなく、仕事にも支障はありません。

「単なる老化現象で、早起きになったんじゃない?」
と思われる方もいるでしょう。
年を取ると、確かに睡眠時間は減少します。
ただ、医学的に見れば、年寄りは昼間の活動量が少ないため疲労度も少ないこと、そして早寝をするため、必然的に早起きになるというのが正解らしく、加齢そのものによって早起きになるということはないようです。

いずれにしても、早朝覚醒は辛いものです。
医学的にも早朝覚醒は問題が多いようで、やはり何らかの大きなストレスが原因となっていると言われています。
「仕事を辞めれば眠れるようになるよ」
と家内は言いますが、その通りだろうと思います。
このところ、特に仕事が恐ろしく多忙で、重たいプレッシャーを常に感じています。
それが早朝覚醒の原因だろうと思っています。
とはいえ、家庭を持つ身としては、仕事を辞めることなどできません。
なんとか騙しだまし、定年まで勤めあげるしかないだろうと考えています。

昨今は、公務員の定年延長が真面目に議論されるようになりました。
でも私は、60歳になったらきっぱり辞めます。
それ以上は、体がもちそうにないような気がします。
健康を害してまで仕事にしがみつくことはないと、今のところは考えています。
もちろん、収入を得ることは必要ですので、現在の仕事を辞めて別の仕事を検討しています。
今はその準備期間です。
ストレスのない仕事なんてありえませんが、睡眠負債という言葉が昨今、巷で言われているように、今の状態が続けば、いずれフィジカルな面でもメンタルの面でも問題が起こるであろうことは眼に見えています。
できるだけストレスのない仕事を探して、華麗なる転職を遂げようと画策中です。
計画通りにそうなったらなら、皆さん、褒めてくださいね。


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ