Blue Stars

元「田舎移住者の星日記」です。 東京から美しい星空を求めて田舎へ移住した筆者が、星や自然、動物、田舎暮らしなどについて綴っています。

まがい物の星空に満足しないで!

日本全国には、200を超えるプラネタリウム館があるそうです。
これは考えてみればすごいことで、毎日、日本中でとっても多くの人がプラネタリウムを訪れているわけですね。
最近では投影のシステムも進化し、「本物以上の星空に出会える」などと銘打っている館も多いようです。
プラネタリウムが隆盛で、私のような天文ファンにとってはまことに喜ばしいこと…なんてこの先、文章は続きそうですが、もともとがへそ曲がりの私にしてみれば、ぜんぜんそんなことは思いません。

だって、プラネタリウムって、所詮はまがい物の星空じゃないですか。
「本物以上の星空」…?
そんなコピーを考えた人は、日本語をまったく理解していません。
本物はどこまでも本物、それを超えるなんて矛盾以外のなにものでもありえませんし、言葉としてもまことに不適切、というより、あんた本当に日本人なの?と突っ込んでしまいます。

さらに気持ち悪いのは、プラネタリウムが大好きという人種がじわじわと増加しつつあることです。
プラネタリウムの起源は、その名のとおり惑星の運動を正確に再現することにありました。
それが進化して、惑星だけではなくさまざまな運動系の再現を行えるようになり、天体の動きをよりリアルにシミュレートできるようになったわけです。
プラネタリウムとは、いわば精巧なシミュレーターであり、天文学を学ぼうとする者にとって、3次元運動でわかりづらい天体の運行を、視覚的にわかりやすく再現した「道具」なのです。
どれほど美しい星像が投影できるようになったとしても、それはシミュレーションであり星そのものではありません。
プラネタリウムのファンは昔から存在してはいましたが、彼らはプラネタリウムを見て天体や宇宙について学習し、実際の夜空を見上げる際に役立てるために、プラネタリウムという疑似空間に通い詰めていたのです。
プラネタリウムとは、端的に言ってしまえば宇宙を、星空を楽しむための学習マシンであり道具でした。

ところが最近では、本物の星は見ないけれどプラネタリウムに通うのは大好きという輩が増殖しつつあり、自分は「プラネタリアン」であるなどとのたまう解説者まであちこちに出現しています。
私は長らくプラネタリウムの解説を続けてきましたが、自分が「プラネタリアン」であるなどとは、口が裂けても言いません。
私が好きなのは本物の星であり宇宙です。
どれほど美しい映像を見せてくれたとしても、それはシミュレーターが描き出した「まがい物の星空」であり、職業柄、「この館は星像がきれいだな」と思うことは多々あるものの、プラネタリウムを見た後にはやはり本物の星空を見上げたくなるのです。

もちろん人様の趣味にあれこれ言うつもりはありません。
でも、本当の星空を見上げることなくプラネタリウムに通い詰めるのは、正統派天文ファンを任じる私にとってみれば邪道の極みに思えます。
虫の声や風の音に耳を傾け、暑さ寒さを肌で感じつつ、星空の動きから時間の流れを知り、望遠鏡に映ずるかすかな銀河の光芒を見つめて空間の深遠さに思いを馳せる…。
それが星を見る楽しみであり、せいぜい35m以下の、夜空に比べれば取るに足らないほど小さなドームに映される人工の星空を眺めて喜んでいるのは、なんとも虚しく底が浅いと言わざるを得ません。

「プラネタリウムはショーだから、天文ファン云々の視点から文句を言うなよ」と仰る向きもあるでしょうが、それならばプラネタリウムばかりを見る、あるいは解説して喜んでいるのではなく、ぜひ本物の星空にも目を向けてくださいと、あえて苦言を呈します。
リアルよりも仮想現実を求める現代、本物の星空よりもお手軽なプラネタリウムは、手近な夢を見るのに好適な手段でしょう。
でも、あえて暑さ寒さに身をさらし、五感すべてを働かせて見上げる本物の星空は、プラネタリウムでは決して得られない何かを私たちに与えてくれます。

手近な仮想現実ばかりに目を向けず、現実の星空に目を向けてください。
星空は、小さな地球から宇宙という広大無辺の空間を垣間見ることのできる大きな窓です。
部屋の中にしつらえられた疑似体験では決して得られない何かを、星空という窓は教えてくれます。
プラネタリウムばかりを見て「星が好き」なんて言っているのは、スマホの中で仮想現実を追い求めているのと同じだということに気づいていただきたいと思います。

今日は、いささか辛口の記事を書きました。
気を悪くされた方がいたら申し訳ないです。
「てめーみたいなヤツがプラネタリウムの解説をしているなんてムカついて仕方がねえ」と思われた方、こんど一緒に星を見ましょうね。
秋が過ぎればすぐに厳しい冬。
リアルな氷点下の夜空の下、一晩、星空を見上げながら熱く語り合いましょうか。
星の輝きも凍てつく夜明けまできっちりお付き合いしますぜ。

動物の遺棄、虐待、殺害は「犯罪」です

我が家で元気に育っている子猫のツナ。
当初は生まれたばかりの赤ちゃんでしたが、今では中猫と言っても良いほどまで大きくなりました。
毎日、よく食べてよく眠って、楽しそうに遊んでいます。

20160715ちび猫柱

ツナは、とある山の中で3匹のきょうだいとともに保護されました。
箱に入れられて遺棄されていたのです。
拾った人が2匹を、拾った人と同じ職場の女性が1匹を、そして私が1匹を引き取りました。
幸い、4匹ともに引き取られましたので運が良かったのですが、遺棄された子猫を誰も発見しなかったら、早晩死んでしまうでしょうし、拾われても厄介者として生きたまま川に流して殺されてしまったかもしれません。

ちびねこb

そう、田舎では子猫が生まれると、そのまま川に放り込んで殺してしまうということが当たり前に行われています。
私も、子猫を保護するたび、地域の人から「そんな猫、面倒だから川に流してしまえばいい」と何度となく言われました。

動物を遺棄したり虐待、殺害することが犯罪であるという意識が、多くの人に欠如しています。
警察も生ぬるいもので、実際に動物愛護法に基づいてそうした犯罪を摘発したという事例はほとんど見聞しません。
テレビや新聞などで動物に対する犯罪をもっと啓蒙してくれれば良いのですが、なぜかマスコミは目をつぶったまま。

20160227neko01

どんな小さな生き物でも、かけがえのない命です。
健康に成長し、輝いて生きる権利を持っています。
動物はモノではなく、痛みも苦しみも、楽しさも感じる「生きている存在」なのです。
それをいとも簡単に「川に流してしまえ」などと言うのは、人間としてまっとうな心を失っていると言わざるを得ません。

安易に保健所に連れていき、「邪魔だから引き取ってくれ」という人たちも同じです。
自分の目の前からとりあえず見えなくなれば、あとはその生き物がどんな運命をたどろうと知ったことじゃない。
なんとも無責任で悲しい行為であり、それ以上にそうしたことをできる人たちの心の卑しさが許せません。

動物愛護の精神が広く行き渡っている欧米と異なり、日本ではまだまだ動物をモノとしてしか見ていません。
法律上も「モノ」です。

野生動物についても同様です。
少し生息数が増えれば害獣として駆除されます。
田舎では、狩猟許可のない者が檻で当たり前のように野生動物を捕獲し、檻に入れたまま水没させて殺すといった行為が日常茶飯に行われています。
こうした行為も、もちろん犯罪です。
でも、誰もそれを犯罪として摘発しないし、警察も黙認しています。

こんな民度の低い日本国民をなんとか啓蒙してゆかなければなりません。
そう、民度。
日本人の民度は、こと動物や自然に対する対応では、非常に民度が低いのです。

一人でも多くの人に動物の遺棄、捕獲、虐待、殺害が犯罪であることを知ってもらうために、これからも私は、ささやかではありますが、ブログやSNSを通じて訴えていきたいと考えています。

私の通ったヘンテコ高校

先日、私の卒業した高校では夜間に山道を一晩かけて歩くという変わった伝統行事があったことを書きました。
その後、つらつら思い返してみると、他にもいろいろとおかしな行事や課題があり、やはりヘンテコな高校だったのだなあと改めて思いました。

私が卒業したのは、都内にあるミッション系の私立高校です。
なかなか歴史のある学校で、校内にはチャペルがあり、広い敷地には森や小川までありました。
寮があったのもいまどき(と言っても40年近く前ですが…)としては珍しい高校でした。
といっても、私が通っている頃にはすでに寮生はおらず建物だけが残っていたのですが、その建物を活用?して「寮合宿」なる不可思議なお泊り行事が慣例となっていました。
かつての寮に2泊3日だったか、3泊4日だったかの日程で宿泊し、その間、睡眠と入浴、食事の時間以外は、ひたすら勉強をするという、なんだか猛烈学習塾が行いそうな合宿でした。
なかなか悪名高い行事で、終わった後には身も心もヘロヘロになると、先輩たちから私たち新入生はさんざん脅かされていました。
いざ、寮合宿に突入してみると、噂通りとんでもない行事です。
朝食前に勉強、朝食後にまた勉強、お昼を食べてまた勉強、入浴をしてまた勉強、夕食後にまた勉強と、一日10時間以上、勉強をするのです。
もちろん勉強の成果は、ノートなり何らかの形で示さなくてはなりません。
ずる賢い私は、とある方法でこのヘンテコな勉強ばかりの合宿を、比較的すんなり切り抜けました。
勉強する内容や科目は、自分で選択できましたので、私は基本的に「聖書」の勉強をすると宣言しました。
聖書という書物、読んだことのある方もいるかもしれませんが、なかなか読み応えのある厚さと分量です。
もともと読書が好きで、歴史も好きだった私は、聖書を読むことは少しも苦になりませんでした。
授業の科目にも「聖書」があるぐらいですから、黙々と聖書を読んでいる私を、先生方は皆、感心な生徒と思いこそすれ、不勉強な生徒だとはまったく考えません。
というわけで、聖書を読んで私はこの合宿を難なく切り抜けました。
このときに読んだ聖書の知識は、でも無駄になることはなく、後に新興宗教との論争に大いに役立ちましたし、(私よりキリスト教の知識のある宗教者はいませんでした…)、もちろん精神世界の構築にも寄与するところ大でした。

他にもおかしな行事や伝統はたくさんありましたが、マラソン大会の走行距離が16kmと長かったのには参りました。
今はわかりませんが、当時の都立高校では、男子のマラソン大会の走行距離は8kmでした。
それなのに、私の高校ではその倍も走らなくてはなりません。
16km走るのは、ふだんグウタラしている高校生にとってはなかなかにしんどいものです。
練習が始まると、いささか尾籠な話ですが、肛門がめちゃ痛くなります。
絶え間のない上下動で肛門付近がうっ血することによるものらしいのですが、これが激痛なのです。
椅子に座っては飛び上がり、歩くたびに顔をしかめ、辛いことこの上もありません。
次第に体が慣れて痛みはなくなってゆくのですが、足の痛みや疲労よりも、お尻の痛みがいちばん辛かったものです。

「波状テスト」なる意味不明の行事もありました。
一週間ほどの間、ひたすらあらゆる科目のテストが繰り返されるのです。
合格しないと、次のテストに進めません。
哀れな生徒たちは、泣きそうになりながら次々に押し寄せてくるテストと格闘しました。
今もって何が目的だったのか、謎のテスト波状攻撃ではありました。

こんなヘンテコな高校が嫌で転校を申し出ましたが、両親は理解してくれず、結局3年間通学しました。
今から思えば良い思い出になっていますが、よくわからない青春の日々であったことも確かだった気がします。
今も当時の意味不明な伝統行事は続いているのでしょうか。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ