Blue Stars

元「田舎移住者の星日記」です。 東京から美しい星空を求めて田舎へ移住した筆者が、星や自然、動物、田舎暮らしなどについて綴っています。

星を求めて極限の星空移住…山奥の村での星空暮らしの実態

東京で生まれ育った私が、天文台とプラネタリウムで仕事をするために岐阜県藤橋村に移住してから30年が過ぎました。
その後、娘の進学やその他の事情により、もう少し揖斐川下流域の大野町に転居したのですが、今回は超がつく田舎である藤橋村(現在は町村合併により揖斐川町となっています)での暮らしぶりを書いてみようと思います。
美しい星空を求めて田舎へ移住したい方はけっこう多いと思いますので、参考になれば嬉しいです。

藤橋村は、木曽三川のひとつである揖斐川最上流部、福井県との県境にある人口450人の小さな村でした。
人口450人というだけで「すごいなー」と思われると思いますが、面積は名古屋市とほぼ同じでした。
面積の97%が森林であり、その当時、人口密度が日本一低い村だったのです。

藤橋空撮01

村の人口は、東横山、西横山の2集落に集中していました。
役場などの公共施設も横山地区にあり、その他の地区はほぼ無人でした。
村の中央を揖斐川が貫流し、そんな揖斐川に沿って国道417号線が、南北に走っていました。

私は妻と娘とともに面積70坪、平屋建ての村営住宅に住んでいましたが、当時の家賃は月12,000円と破格で、住宅の内外装や風呂などの設備が破損した場合でも役場の方で修繕してもらうことができました。
ただし、トイレは汲み取り式。
後に下水が完備されて町と変わらなくなりましたが、都会から拙宅を訪れた友人などにとってはかなりの驚きだったようです。

気候としては日本海側の気候に属し、冬は時として2mを越える積雪がある豪雪地帯でした。
公共交通は一日4往復の近鉄バスがありましたが、自家用車の利用が主体となっていました。
冬期はかなりの雪が降りますので、車は4WDとスタッドレスタイヤが必須、それでも国道は完全2車線で除雪もしっかりなされていましたから、さほどの不便は感じませんでした。

村内にお店は一軒。
食品から雑貨まで何でも売っており、その他に移動店舗も週に2回程度は来ていましたので、車のないお年寄りでもなんとか暮らすことは可能でした。
ただ、いわゆる「遊ぶ場所」は全くなく、住民の方は買い物も含めて最も近い揖斐川町まで車で出かけることが通常でした。

健康保持に関しては、国保診療所がありましたので、よほどのことがない限り、病気になっても問題はありませんでした。
村立の保育園、小中学校もあり、教育環境も整備されていました。

村内に働く場所はほとんどなく、多くの方は揖斐川町以南まで毎日自家用車で通勤していました。
私は役場勤務だったとはいえ、職場である天文台やプラネタリウムまでは北へ車で20分ほどかかりますので、毎日役場から公用車で職場まで往復していました。

自然環境に関しては最高でした。
何といっても面積の97%が森林なのです。
加えて町からも遠く、光害はほぼ皆無。
天文を趣味とする私にとっては最高の環境でした。
ただ冬期はほぼ毎日が降雪で、観測できない日が多かったことが唯一残念なことでした。

20151007天文台

職場である天文台には、60cm反射望遠鏡が設備されていました。
当時は珍しかった冷却CCDカメラなどの最新観測機器もそろっており、私が東京から移住してすぐにSL9の木星衝突が起こり、その後も続けて百武彗星、ヘール・ボップ彗星が明るくなったことから、本格的な観測を行える環境の下で天文ライフを満喫することができたのは有難いことでした。

私は星と自然が好きでしたから、こんな藤橋村での生活がとても楽しかったのですが、そうしたものに興味のない一般の方にしてみれば何とも退屈極まりない山中の集落だったと思います。
その後、大野町に転居した後も藤橋への通勤は続きました。
今は定年退職しましたので、藤橋村へは天体観測やツーリング、自然探索で訪れる程度ですが、それでも藤橋村は、私にとって特別の場所となっています。

少し前に半田舎への移住を勧める記事も書きましたが、本当に星空をライフワークとして楽しんでみたい方は、藤橋村のような超ド田舎で星と自然を友として暮らしてみるのも楽しいのではないかなと思います。
今回は、極限の星空移住とも言うべき藤橋村での暮らしについて書いてみました。
皆さんの参考になれば幸いです。

写真:藤橋村の航空写真・60cm反射望遠鏡


明け方の「北斗七星」と「こぐま座」

ゴールデンウィーク中は、みずがめ座η流星群を観測していました。
この流星群、放射点が昇ってくるのが午前2時頃ですので、観測は夜明け前にかけてとなります。
この時間帯になると地球の自転によって星空の方も夕方とはずいぶん変わっていて、宵の空では北天高くに見えていた「北斗七星」が西の中天にかかっています。
星は1時間に15度、東から西へ向かって移動していきますので、夕方と明け方とでは、かなり星座の位置も変わってくるのですね。

大小北斗線入り

そんな夜明け前の時間帯に自宅近くで撮影した北の夜空です。
「おおぐま座」の腰から尻尾を形作る「北斗七星」と、北極星を含む「こぐま座」が写っています。
写真左側が「北斗七星」、右側が「こぐま座」です。
こうして星を線で結んでみると、「北斗七星」「こぐま座」ともにきれいな「ひしゃく」の形をしていることが分かります。
「こぐま座」の柄の先端に光る星が北極星です。
「北斗七星」の水を汲む升の端っこの星ふたつを結んで、およそ5倍延長すると北極星を探すことができます。
プラネタリウムでは、星座の線や星座絵、夜空の目印となる星の並びなどを映し出すことができますから便利なのですが、実際の夜空に線を引いたり絵を重ねることはできませんので、天体観望会などで実際の星空の下、星座の説明をするのは案外と苦労します。

「レーザーポインターを使えばいいんじゃない?」とおっしゃる方もあるかもしれませんが、高出力のレーザーポインターを誤って人の眼に照射してしまうと、最悪の場合は失明の危険性があります。
また、上空を飛ぶ航空機までレーザーが届きますので、航空機の安全を脅かす恐れもあります。
さらに、付近で天体撮影をしている方があった場合、レーザー光線の光跡が画面に写りこんでしまう可能性もあります。
こうしたわけで、意識の高い天文ファンの間では、レーザーポインターは次第に使用されなくなってきているのです。

話が逸れました。
「北斗七星」をはじめとする北の空の星々は、時間の経過に連れて北極星を中心に、東から西へ回っていくように見えます。
日周運動と呼ばれる星の動き…もとい、地球の自転による見かけ上の星の動きです。
季節によっても見える星座は違ってきますが、こちらは地球が太陽の周りを巡る「公転」によるものです。
夜空の星は、地球の自転と公転、双方の理由によって次第にその位置を変えていくのですね。
太陽が東から昇って西へと沈んでいくのも、地球の自転によります。
太陽は、夏場には頭上高い位置から地上を照らし、冬場には低い空を渡っていきますが、これは地球の自転軸が傾いていることによるものです。
そのために、夏は気温が高く冬は気温が低いのです。
星や太陽の位置、そして毎年変わらない季節の変化。
これらは全て、太陽と地球の自転と公転、地軸の傾きによって引き起こされる現象なのですね。

半田舎…星空移住の選択肢

私が住んでいるのは、岐阜県揖斐郡大野町です。
天文の仕事をするために平成4年に東京から岐阜県へ移住した際には、もっとずっと山奥、揖斐川最上流部の旧藤橋村に転居し、10年以上住んでいたのですが、娘の進学や家内の要望で、超山奥の暮らしを続けることができなくなり、やむなく平野部である大野町に家を買って転居しました。
私自身は星が素晴らしく良く見える旧藤橋村での暮らしが気に入っていたものの、やはり家族の要望をいれないわけにはいきません。
ちなみに旧藤橋村と大野町は、車で30分ほどの距離になります。

大野町に転居して生活は格段に便利になりました。
人口2万人強の町ながら、生活インフラは整っており、商業ゾーンも完備、交通も便利で雪も旧藤橋村に比べれば非常に少ないという本当に住みやすい場所です。
災害もなく、適度な田舎暮らしをしたい方には絶好の町だと思っています。

で、そんな大野町、肝心の星空の方はどうかといえば…。
これが意外なほど暗いのです。
もちろん、かつて環境庁(当時)の星空継続観察で全国3位となった旧藤橋村に比べればかなり明るいことは確かなのですが、月がなくて透明度の良い晩であれば、天頂で5.5等星まで視認できます。

20170502さそり座a1

この画像は、数年前にみずがめ座η流星群観測の際に撮影した「さそり座付近」です。
流星は写っていないものの、天の川もちゃんと写っていますよね。
便利な暮らしができてこの程度まで星が見える場所は、なかなかありません。

20170502夏の大三角b

同じ晩に天頂付近にあった「夏の大三角」を撮影したのがこちらの画像。
どちらも一枚画像です。
フォトショップで少しさわった程度で、格別の処理は行っていません。

このように、旧藤橋村とは比ぶべくもないものの、眼視で流星を観測したり星座写真を撮ったり、直焦点で星雲・星団を撮影することも十分に可能です。
山間で視界を確保するのが困難だった旧藤橋村に比べて、南、東、北は、ほぼ地平線まで見えることも有難いことです。

このように、実は以外にも天体観察にも好適だった大野町。
現在は、時間がなかったり冬型で山間部では悪天候となって星が見えそうにないときは大野町内で星を見たり撮影をし、真っ暗な夜空を堪能したいときには旧藤橋村方面まで車を走らせる(といっても30分ほどです)のが、現在の星見スタイルとなっています。

私と同じように「星空移住」を考えている方、人の住んでいない山間部は確かに空は暗いのですが、生活するには何かと不便です。
私のような「半田舎」に住んで、必要な時には車でちょこっと遠征するというライフスタイルも検討の余地があるかと思います。
人間、生活がありますので、なかなか山奥で仙人のような暮らしは難しいですから。
というわけで、家族のために渋々ながら転居した大野町にも、実は意外なほど満足しているという田舎移住者のお話でした。

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキングへ
プロフィール

松本幸久

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ