今夜は久しぶりにワインを飲みました。
ワインは好きで、ときどき安いものを買ってきて飲みます。
と書くと、何やら優雅そうですが、実は私、お酒はめっぽう弱いのです。
ワインをグラスに2杯飲んだだけで、今夜も真っ赤になってしまいました。
家内や娘からは「ゆでだこみたい」と笑われている始末です。

このようにお酒に弱い私ですが、先に書いたように嫌いではありません。
ビールやウィスキーは嫌いですが、ワインや梅酒はかなり好きな方です。
これでアルコールに強ければと思うのですが、弱いんですよね。
もっと飲みたいのに飲めないというのは辛いものがあります。

家内と娘はアルコールに強いです。
それも相当に。
特に娘は、どれだけ飲んでも顔色一つ変わりません。
高校生の頃にアルコールのパッチテストをしたとのことですが、クラスの誰もが多かれ少なかれ反応が出たのに、娘だけは全く反応が出なかったそうです。

私がアルコールに弱いのも、家内や娘が強いのも遺伝のようです。
私の父母は、私以上にアルコールに弱い体質でした。
父は仕事柄、接待で酒席に臨むことも多かったようですが、ビール一杯で真っ赤になってしまうほどでしたから、宴席での仕事には相当苦労したものと思います。
母は飲んだ姿を見たことがほとんどありませんのでよくわかりませんが、自分では「とっても弱い」と言っていますので、やはり弱いようです。

「君はパパとママからいろんなものを遺伝で受け継いでいるけど、お酒に強いのはありがたいことだね」
娘に言うと、素直に頷きました。
自分の限界を慎重に測りながら恐々、酒席に臨むのと、何も気にせずぐいぐい飲めるのとでは、宴席の楽しさが確実に違います。
家内と娘は、母方の血筋を色濃く受け継いでいるようです。
義父と義母はいけるクチでした。
結婚前も結婚後も、家内の実家へ行くと、いつも「まあ一杯」と飲まされたものです。
そんな血筋が家内と娘には遺伝しているようです。

ただ、私の場合、顔が真っ赤になるほど酔っぱらっても、態度や能力には影響がありません。
饒舌になるとか笑い上戸になるとか、あるいは突然怒り出すとか千鳥足になるとか、そうしたことは全くなく、計算能力や文章能力にも影響はゼロです。
飲み会の直後に仕事をしろと言われれば、たぶん普段と同じようにこなせることでしょう。
これがいいことなのかそうではないことなのか、わかりません。
せっかく酒を飲んだのだから、少しぐらいは影響を受けた方が人間的に面白いような気がしますし、可愛げがあるような気もします。
顔だけは真っ赤になりながら、精神的には何の影響も受けないというのは自分でもつまらないように思います。

この文章も、飲酒後すぐに書いています。
それほど破たんした文章にはなっていないと思っているのですが、どうでしょうか。
酔いが覚めてから読み返すと、ひどい文章だなあと嫌になるかもしれません。
それならば、少しは可愛げがありますね。