子供の頃には、系統だって天文を教えてくれる指導者はいませんでした。
それでも同じ市内に一人だけ天文の先輩がいて、何度かその人の家にお邪魔してはハイレベルな天文の世界を垣間見させてもらってはいました。
その人・・・Sさんは高校の天文部に所属していました。
近在ではもっとも学力の高い高校に通っていたSさんは、忙しい身でありながら気さくに小学生の相手をして下さいました。
今では名機と呼ばれている西村製作所の20㎝反射経緯台を所有しており、書棚には天文の本がぎっしり、アルバムには自分で撮った天体写真がいっぱい貼られていて、今から思い返してもレベルの高い天文ファンでした。
知的で大人びた風貌と論理的でありながら朴訥な語り口が、いかにも天文ファンであることを感じさせ、Sさんの家を訪ねるたび、憧れと感動に胸が震えたものでした。

siriusu02

Sさんの家を訪ねるのは大抵が昼間でしたが、一度だけ、夕方遅くなった際に20㎝反射で星を見せていただいたことがあります。
1973年ごろだったと思います。
よく晴れた晩でしたので、いろいろな天体を見せていただいたのでしょうが、なぜかあまり覚えていません。
でも、ひとつだけ非常に強烈な印象で覚えているのは「シリウスの伴星」を見せていただいたことです。
シリウスの伴星といえば、主星と大変に近接していること、また主星との光度差があまりに大きいために見ることが困難な対象として知られています。
冬場でシーイングは良くなかったはずですが、シリウスを視野に入れたSさんはしばらくじっとアイピースを覗きこんだ後で、「よく見えるよ」そう言って私を振り返りました。
さほど天文知識がなかったとはいえ、シリウスの伴星が見づらいことは知っていましたから、半信半疑で視野を覗きこんだ私は、思わず小さな声で叫んでしまいました。
見えたのです。
副鏡による回折像の合間に、真っ白くぽつんと輝く小さな伴星が。
あのときの風の冷たさ、そしてキラキラと瞬く冬の星々の美しさは、今でもありありと思い出すことができます。
あれから何度か、シリウスの伴星を見たことはありますが、あのときほど明瞭に見えたことはありません。

Sさんとは、それから自然に会わなくなってしまい、久しぶりに会ったのは私が高校生になった頃でした。
「もう天文はやってないんだよ」
そう言うSさんは、それまで見せたことのない大人の顔をしていました。
やるせなさと寂しさを隠してSさんの家を辞した私は、それでもSさんこそが最初の天文の師だったのだと思い直し、やはりシリウスがキラキラと輝く冬の空を見上げたのでした。

写真:シリウス(西美濃天文台の60㎝反射望遠鏡で撮影)