2016年02月01日

ゾイド譲ります。

実家取り壊しにつきその中で眠ったゾイド譲ります。
取り急ぎ以下目録。
ブラッディーデスザウラー
ウルトラザウルス
マッドサンダー
キングゴジュラス
ゴジュラスギガ
ゴジュラス
シュトルムテュラン
ブレードライガーミラージュ
デスピオン
ガンブラスター
ブラックライモス
その他思い出したり確認したら追加します。
写真も現物確認後随時添付します。

注意(書き足す可能性大)
10年近く前に集めた代物ですのでジャンク品と考えてください。
送料の負担はお願い致します。
ある程度分解してプチプチに巻いて梱包しようと考えてます。破損した場合はごめんなさい。
連絡はTwitterの私のアカウント(tarui_yoshiro)へダイレクトメールか@でツイート頂ければ何かしら反応します。

meter_gram at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゾイド譲ります 

2015年02月24日

アメリカン・スナイパー

お久しぶりのブログ、たるいです。
アメリカン・スナイパーを見てきました。
イラク戦争で伝説的な狙撃手になった人の自叙伝が原作で監督はクリント・イーストウッドです。
クリント・イーストウッドというと僕がみた作品はJ・エドガーと硫黄島2部作あたりなんですが、
このクリント・イーストウッド監督という方はそれぞれの登場人物に一方的に善悪を付けずに、
それぞれの事情に同情の余地を残すような形でいつも丁寧に描いている印象があります。
アメリカン・スナイパーも僕の目にはそんな作品に映りました。
アメリカ本国では左翼からは戦争美化映画と批判され、右翼からは愛国映画だと賞賛されているようですが、この映画の本質はそこじゃないだろと声を大にして言いたい。
この映画は(イラク)戦争について善悪を語る映画じゃない。戦地で命のやり取りをした人間、その人間と関わっている人間がどうなっていくのか、どうなってしまうのかを描いた映画です。 
それが分からないアメリカ人だからこそ争いを続けるんだろうなと思ってしまいました。
こんな現実を見せつけられたら善悪以前にどうするべきかという事を感じるはずです。
気になっている方は絶対見た方がいい映画です。 

meter_gram at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2014年01月03日

「ゼロ・グラビティ」レビュー

こんにちはたるいです。
ゼロ・グラビティ見てきましたのでレビュー致します。
IMAXシアターでの鑑賞でしたのでそれを前提としたものとなります。
さらに言うならIMAXシアターでみてなんぼ、
見なけりゃ意味ないくらいの勢いの作品なんでもし見る人は是非IMAXシアターでご覧ください。
それでは毎度お馴染み要点を3点にしてお話させていただきます。
・無重力ってどんな状態?
・孤独孤独アンド孤独
・クライマックスからエンディングの流れ
まず一つめの無重力ってどんな状態?ですが重力がないことは勿論のこと、
気圧もなければ音もない、つまり摩擦や抵抗も全くない状態です。
この全てがないと人間はあまりにも無力だということが大変よくわかる表現となっております。
トム・ハンクスのアポロ13を限られた環境の中で帰還しないといけないという内容にハラハラドキドキしながら見ていたクチですが、
宇宙空間の表現がよりリアルになった分緊張感がさらに引き立つようになっています。
これは是非IMAXで体感してほしいです。
次に孤独孤独アンド孤独ですが、
無重力の極限の状態でさらに頼れるものもなく地球への帰還を目指さなくてはなりません。
限られた状況かつ独りで行動するとか考えるだけでも恐ろしい。そういったことを想像しながら見るとより楽しめるに違いありません。
そして最後のクライマックスからエンディングの流れですが、これは是非見て感じて頂きたい。
人類はどこに生まれ、どこで生きているのか、僕は最後のシーンをみたときそれをガツンと訴えられたような気がしました。
是非是非IMAXでやってるうちに観てほしい作品です。
以上、たるいでした。


meter_gram at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画