2006年07月

2006年07月26日

どの辺のこと、しゃべってますか?

世界中で情報が行き交う今の世の中。
いまや、商品やサービスがあっという間にコピーされてしまう時代。

人件費の高い日本では、次々と目新しい商品、サービスを出して行かなくてはなりません。
そのためには、企画できる力(コンセプト力)を身につけていくことは、とても大切。
そんな背景から、このコーナーを立ててみようと。

まずは、企画マンの私は、日々の仕事から気付いたことを少しづつアップしていきます。


「企画マンの日常 No.004」

今、私の部署でやっている世界に入りこまないと、もしかしたら解かりづらい話かも知れません。(コンセプト作りしている人なら、同意してもらえると信じているのですが。)

普通、企画というと、アイデアミーティング中心で、いいアイデアが出たら万歳って思いますよね。
それで正解の時もあるのですが、うちの親分は、アイデア出しのところまで話が進んだらそれはもう作業であって、誰がやってもいい仕事。みんなでいいアイデア出したらいいだろう。アイデア出しは作業、といい切ったりします。

なので、うちのグループ(小部門)では、ほとんどアイデアミーティングしません。その代わり、何をするのか。

視点出しです。何を考えるのか。例えばどこを考えたら、新しい商品を創り出すヒントになるのか。それを考えます。
はじめて聞いたら、どうですか。なんだかわかったようなわからないような話ですか?

こんなお題で考えたら、新商品の魅力になるアイデアが出てくるよ、そのお題ってどんなコト?
そのお題自体を考える、そこをアイデア出しする。そんなかんじでしょうか。
だから、アイデアミーティングはしているんですね。ただ、商品やサービスアイデアをダイレクトに考えない。その違いですね。視点出しミーティングですか。

なぜ、単品のアイデアを考えないのか。
実は、商品企画では考えます。ただ、将来どんな商品をやって行こうか考える場合、それでは結論としての精度が下がるんですね。思いつきのアイデアでは。

企業は規模が大きくなってくると1商品が大ヒットしても、それだけで経営は成り立たなくなります。1商品に頼っていたら、モデルチェンジしたときに売れなくなってしまったら、「ハイそれまで」でもありますし。そんなモノだけに頼っていたら、会社つぶれてしまいますね。

だから、ある商品とかいうのではなくて、これからはこういうタイプのモノが注目を浴びるようになってくるでしょうといったストーリーを見つけたいわけですね。

そのストーリーのテーマ、お題を考えるのです。
だから、商品アイデアではなく、ユーザーの不満とか、そこから考えられる生活の大きな変化などで思いついたことを出し合ったりします。

他の部門の人が入ってくると、どの辺をしゃべるのか、よくわからずにミーティングがあらぬ方向に行ったりすることがあります。なかなか調整は難しいものです。

こういうミーティングで、どの辺しゃべっているか、しっかりキャッチして、タイムリーな内容の発言をすれば、「腕、上げたな」ってな訳です。

ブログランキングバナー小 一押し、ご協力願います!


metheny0506 at 23:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)企画力 

2006年07月21日

発する言葉には、意図や目的がある

世界中で情報が行き交う今の世の中。
いまや、商品やサービスがあっという間にコピーされてしまう時代。

人件費の高い日本では、次々と目新しい商品、サービスを出して行かなくてはなりません。
そのためには、企画できる力を身につけていくことは、とても大切。
そんな背景から、このコーナーを立ててみようと。

まずは、企画マンの私は、日々の仕事から気付いたことを少しづつアップしていきます。


「企画マンの日常 No.003」

気を抜いていると、頭ひねる仕事ばかりが回ってくる今の職場。
「コンセプトワークが自分の所に回ってきた、やった!」と喜ぶのが前向きな仕事ぶり。

しかし、いくらコンセプトを出しても、駄目出しをくらい、大目玉。気を抜いた資料・プレゼンだと上司に怒鳴り散らされる。

となると、担当はみんな腰を引いてしまう。
なんとか理屈をつけて違う仕事をしようとしたり、ロジックだけ通った冒険しないコンセプト作りに持って行こうとする。

議論でもめるのは、そうした意図と意図とのぶつかり合い。
話の無い様ではなくて、やりたくない・やらせたい、安全圏でまとめたい・冒険しなくてどうする といった対立が会話の根底にあるわけで、少なくとも当事者の誰かがそうしたバックグラウンドを汲み取ろうとしないと、話は収集がつかない。そこに気を使って始めてコミュニケーションと言える。

かといって、物分りが良いばかりでは、本質の問題は解決しない。

そこは、シナリオは自分が責任を持つことで解決か?

ブログランキングバナー小 一押し、ご協力願います!

 


metheny0506 at 23:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)企画力 

2006年07月20日

Youtube.com

例の件でyoutube.comが「祭り」になってしまっているようですね。

しかし加藤さんの男泣きを見るのも忍びないので、この間メルマガで話題にしたアンソニー・ロビンスなんぞを検索してみたら、バッチリ出てきますね。

おー、生アンソニー・ロビンスがサクッと見れてしまう、さすがyoutube。

ちなみにこれがURLのようです。
http://www.youtube.com/watch?v=l4Bx1Qs7p40

ただ初めての方は登録(サインイン)を要求されます。

しかし、このシステム、著作権完全無視状態ですね。ナップスターのようにしばらくしたら、つぶされて、ビジネスの枠をつけられて、魅力を失っていくのでしょうか。考えて見れば、アメリカのiTunesは、既に動画提供をビジネス化しているわけですね。後からフリー版が登場ですね。

これからは動画ですか。大量の動画を処理する動画フォトリーディングテクニックとか出て来るのですかね?
「早聞き+早見」テクニックですね。やったもの勝ちでしょうか^^

ブログランキングバナー小 一押し、ご協力願います!

 


2006年07月18日

「仁王様」発動

〜 いっしょに幸せつかみましょう 〜
メルマガ:【幸せ成功習慣】で日々を楽しく過ごす
<第59号 2006.03.05>
まぐまぐID:0000143591


「今週の【幸せ成功習慣】」

誰しも「ここ一番」決めたい時があります。

軽い自己紹介スピーチなどでも

「ぴしっ」と言えれば自信につながります。

そんな時、「なり切り」テクニックが有効。

なりたい人を想像して、着ぐるみに仕立てて、

その人にうしろから入り込んでしまいましょう。

そして、なりきった感触を味わって、

その人のパワーを使わせてもらいましょう。


続きを読む

2006年07月17日

書いてあることにこだわる

世界中で情報が行き交う今の世の中。
いまや、商品やサービスがあっという間にコピーされてしまう時代。

人件費の高い日本では、次々と目新しい商品、サービスを出して行かなくてはなりません。
そのためには、企画できる力を身につけていくことは、とても大切。
そんな背景から、このコーナーを立ててみようと。

まずは、企画マンの私は、日々の仕事から気付いたことを少しづつアップしていきます。


「企画マンの日常 No.002」

企画の仕事をするようになって、慣れるまでに時間が掛かったものに、企画書や議事録などの書類との向き合い方、理解の仕方があります。

自分ではキチンと作った書類でも、企画に長く携わっている上司などから、「何が書いてあるかわからない」とよく言われました。

もちろん、内容が支離滅裂だったとき、そう言われるのは当然ですが、書類の完成度が上がってきても、厳しい上司からはなかなかOKが出ません。

その頃は、何がいけないのかよく分かりませんでした。また指導している上司は、どちらかと言うと「怒鳴って指導」一辺倒タイプなので、こっちとしては、なかなか真意をつかめません。

その中で途中で気付いたのが、書いてある文章の読み取り方の違いです。
どう違うかというと、書いてある文章で言いたいことが完結しているか、という視点です。

書いてある内容だけで推測して、内容を汲み取る。書いていないことを自分の知識で勝手に補わない。書いてある内容だけで、何か主張が読み取れるのか、考える。

彼らはどうもそういった読み方をしていることに気が付いたのです。

人(ビジネスマン)は、それぞれいろいろな情報を持っていますが、人によってバラバラです。だから、勝手に自分の知っている情報で意味を補ってしまうと書いた人の意図と違う話になる可能性が出てきます。

書類はそれが回覧されて、書類だけで一人歩きすることがあります。口で説明を補えないときがあります。だからこそ、誰が読んでも、同じ意味が伝わることが大切になります。

企画もユーザーに言葉で伝えることが中心です。新聞、雑誌、カタログ、チラシ、店頭、みな活字です。テレビやCMでも文字は出てきます。

ですから、自分の言いたいことが正しく伝わっているかどうか、厳密になる必要があります。自分の作った言葉、フレーズ、文章だけで、万人に言いたいことを正しく伝える。

これは、企画マンが身につける大切なスキルです。

ブログランキングバナー小 一押し、ご協力願います!


metheny0506 at 22:35|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)企画力 

2006年07月15日

企画マンの日常 No.001

新しいコーナー 立ち上げます!

その名も、「企画マンの日常」。

世界中で情報が行き交う今の世の中。
いまや、商品やサービスがあっという間にコピーされてしまう時代。

人件費の高い日本では、次々と目新しい商品、サービスを出して行かなくてはなりません。
そのためには、企画できる力を身につけていくことは、とても大切。
そんな背景から、このコーナーを立ててみようと。

まずは、企画マンの私は、日々の仕事から気付いたことを少しづつアップしてい

きます。

---------------
ある協業プロジェクトの方針のお披露目会をしたので、すこし取組み方針が見えてきました。そこで、2ヶ月分のプロジェクトスケジュール表を作成。

でも、コンセプト企画の場合、あまりスケジュールを立てるほど、項目がたくさんあるわけでもないので、ある意味、気休めであったりするわけです。
今回の場合、相手さんがあるということで、改まったミーティングなどがあるので、スケジュール表作る気持ちが沸いてきたんでしょうね。

ただスケジュールを立てることで、何をすべきか、頭の整理には、なります。
立てた後、あまり見直す事は無いですね。整理されて頭に入ったので、もう見直す必要がなくなったということでしょう。
商品化企画の場合、そうは行きませんけど。

コンセプト企画の場合、スケジュールよりも落とし所を決めるまでが生みの苦しみでしょうか。それができれば、自然とスケジュールが立ち、ニコニコと仕事が進むということで。

スケジュールが綿密に立てられるようになったら、プロジェクトも後半ということでしょう。

ブログランキングバナー小 一押し、ご協力願います!


metheny0506 at 22:28|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)企画力 

2006年07月09日

あなたの与える影響

〜 いっしょに幸せつかみましょう 〜
メルマガ:【幸せ成功習慣】で日々を楽しく過ごす
<第57号 2006.02.26>
まぐまぐID:0000143591


「今週の【幸せ成功習慣】」

何かを勝ち取るために、全力を傾けることは

もちろん大切です。

しかし、しっかりやっているつもりでも、

うまく行かないときがあります。

そんなとき、視点を引いて、自分の態度や行動が

まわりの人にどんな影響を与えているか確認してみよう。


周りとの関わりが、改善の鍵を握っているかも。


続きを読む
よ う こ そ !
「幸せに成功する習慣」を
身につけるために
自己啓発に関する情報を
集めて、体験して、
皆さんに紹介します。
すこしでも、参考になれば、
うれしいです。
検 索

あなたがお探しの情報に関連するキーワードを入力してください。
(ブログ内検索)
Google

Web ブログ内
思考法の館

思考法って何?

ロジカル・シンキング
だけじゃない?

勝てる思考法に
興味のある人は、
こちらから!

------------------------

おすすめ書籍
実務入門 企画を立てる技術
実務入門 企画を立てる技術
脳と心の洗い方
脳と心の洗い方
鏡の法則
鏡の法則
心が晴れる はれ、ことば
心が晴れる はれ、ことば
幸せ成功力を日増しに高めるEQノート
幸せ成功力を日増しに高めるEQノート
40歳からの仕事術
40歳からの仕事術
三色ボールペン情報活用術
三色ボールペン情報活用術
ツキの天使がやってくる秘密のレッスン
ツキの天使がやってくる秘密のレッスン
なぜ、時間を生かせないのか―かけがえのない「人生の時間」に処する十の心得
なぜ、時間を生かせないのか―かけがえのない「人生の時間」に処する十の心得
あなたは絶対!運がいい
あなたは絶対!運がいい
人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー トライアルセット
人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー トライアルセット
パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学
パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学
間違いだらけの自己投資―「100万円かけて勉強する人」から「成長して1000万円儲ける人」になろう!
間違いだらけの自己投資―「100万円かけて勉強する人」から「成長して1000万円儲ける人」になろう!
加速成功―願望を短期間で達成する魔術
加速成功―願望を短期間で達成する魔術
カリスマ体育教師の常勝教育
カリスマ体育教師の常勝教育

7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった!


成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

ソース―あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる

1人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!

スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

成功の9ステップ

夢をかなえる一番よい方法

あなたもいままでの10倍速く本が読める

ユダヤ人大富豪の教え

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる

何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法
ブログ記事ピックアップ
Blog List