メソッド英会話 評判評価

中学1年で英語には挫折してしまった私でもメソッド英会話で英語が話せるようになるんでしょうか?

英語コンプレックスをこじらせていて、英会話に拒絶反応が出るレベルだったとしても、外国人と恋愛話もできるようになるのがメソッド英会話です。


■メソッド英会話がオススメの人

■英語が勉強の延長でしか思えない

■やると決めても英語の勉強が長続きしない

■集中力を維持して英語の勉強ができない

■泣けてくるほど英会話ができるようにならない



日本人が英語を苦手にしてしまうのは、学校英語に問題があったと言わざるを得ません。学校英語が抱える致命的な欠点は少なくとも2つ上げることができます。

まず一つ目は、テストで点数をつけられてしまうこと。授業では定期試験や受験で100点満点をとるように厳しく教育されてきたことが英会話習得のネックになっています。



英会話の感覚が身についてくれば来るほど痛感するのは、ネイティブの英会話なんてあまりにも適当で大雑把なこと。必ずしも文法通りに会話を組み立てているわけではないんです。

たとえば、学校英語では「英語には必ず主語と動詞がある」と教わった来たと思いますが、英会話では主語も動詞も省略されることは意外と多いんです。特に「It is...」のような表現では、「It is」が省略され、いきなり本題から始まることも多いんです。



そんな適当な英語を文法通りにガチガチに理解しようと思っても、途中で訳が分からなくなるのは当然。聞き漏らしているんじゃなくて、そもそも、発音してない単語がぼつぼつあるものなんです。




学校英語の2つ目の問題点は、知識を詰め込んでしまうこと。ボキャブラリは多いほうが確かに望ましいですが、知識に振り回されてしまっている側面もあるんです。

自分の意見や気持ちをより正確に表現しようと、もっと適切な英単語はないか?文法表現はないか?と考えてしまうことが、英会話習得の足を引っ張っているんです。



繰り返しになりますが、英会話は適当で良いんです。極端に言うと、文法とか全く考えず、単語を適当に並べるだけでも、英会話であればそれなりにコミュニケーションは成立しますからね。




■西村喜久のメソッド英会話

西村喜久のメソッド英会話を実践するにあたって、学校の英語の成績がどれだけ悪かったとしても関係ありません。中学卒業レベルの英単語をなんとなく覚えていればそれで十分です。

高度な文法知識は一切必要ないし、イディオムだって覚えていなくてOKです。あなたが持っている英語に対する考え方を変えていくのが主な内容となっているからです。



学校英語では「チャンク」と呼ばれる意味の塊については決して習ってはきませんでしたが、海外でまともな教育を受けてない人でも英会話ならできるのはチャンクを使ってやり取りをしているからです。

英語ネイティブの会話では、チャンクをまとめて話す傾向があります。ある意味、チャンクを1つの英単語の様に話しているからこそ、単語と単語がつながる独特な発音が登場しているわけです。



文法通りに相手の話すことを聞きとろうとしても、発音がつながった部分を聞きとるのは非常に難しいものがあります。けれども、その部分でどんなチャンクを使っているかがわかれば、発音が聞き取れなくても意味は理解できるものなんです。

西村喜久のメソッド英会話を実践するために必要な時間は1日たった10分です。本当にこんな短時間で英会話が身につくのか?といまいち不安を感じてしまいますよね。



けれども、逆に言えば、知識はそれなりに覚えている私たちが英会話をマスターするためには、実はそれくらいの時間があれば十分なんです。あとは知識の使い方を覚えればよいだけだからです。

あなたも口をわずかに動かす程度で構わないので、西村喜久のメソッド英会話に出てくるチャンクを繰り返し練習をしていくことで、下のような結果を手に入れることができますよ。


英語で困ることが激減する

洋画をもっと楽しめるようになる

まだ日本で紹介されていない情報が簡単に手に入る

苦手といった心のブレーキがなくなる




英会話で失敗を重ねて苦手意識がますます強くなってしまう前に、メソッド英会話で外国人の友人を増やしたり恋人を作るにはこちら

me01






アイルランドで外人の彼女ができました。


文法用語を使わないから私でも理解できます


普通の英会話学校では、ここまで上達しなかったでしょう



日本人が英語習得に挫折してしまう一つの理由として、英単語には様々な意味を併せ持っているものがたくさんあることです。たとえば、「do」とか「take」ですね。
これらの英単語は、その場に応じていろんな意味で使われます。普通に考えると、その単語が持っている意味を全て理解していなければ、意味を正確に理解することはできません。

ただ実際には、英語ネイティブにしてみれば「もっと良い表現(高度な表現)がありそうだけど、考えるのが面倒だから「take」で片づけちゃおう。」みたいな感覚なんです。
自分の言いたいことをそれっぽく表現できればそれでOKなんです。別に意味を深く探る必要は一切ありません。メソッド英会話でもその場の雰囲気なども合わせて、ぼんやりと意味を理解できることが大切ですよ。


↑このページのトップヘ