メキシカンふらいやぁ

山形県のグルメ、温泉めぐり

愛用していましたXperia Z3 Compactが逝去してしまいました。
バッテリーもまだまだいけそうだったのですが、画面中央付近のタッチパネルの一部分が死んでしまいました。
以前から熱暴走で感度がおかしくなることはあったのですが、今回は冷やしても再起動しても復帰せず。
やはり完全に壊れてしまったようです。

そんなわけで急遽スマホ本体を購入。
なかなか評価も高く、値段も手ごろだったHUAWEI P10 Liteにしました。
防水、ワンセグ、ハイレゾ音楽等はありませんが、基本性能は大幅アップ。
なかなか軽快に動いてくれています。
CPUのスペックアップもあるのでしょうが、RAMが3GBに増えたのも大きいかもしれません。
Z3Cは後半、結構カツカツでしたから。
サイズも大きくなりましたが、意外と違和感ありませんね。

とりあえず保護フィルムとカバーを取り付け守護力アップ。
壊さないように大切に使うことにしましょう。

酒田からの帰り道に市内にある松山温泉 観音湯さんへ立ち寄りました。
DSCN1194
川沿いの小高い山の中にあり、静かな環境にあります。
DSCN1205
旅館の駐車場には観音様の社が。
これが観音湯の由来なんでしょうか。
ありがたそうな温泉です。

DSCN1204
酒田市のお祭りもあるからか、宿泊客も多いようです。
こういうときでも日帰り客を受け入れてくれるのはありがたいです。
温泉パスポートも使えましたので200円での利用です。

料金を支払って浴場へ向かいます。
脱衣所は一ヶ所ですが、浴室は2ヶ所あります。
DSCN1197 DSCN1198
脱衣所もきれいで明るく、冷房も効いていて快適です。
コインの要らない鍵つきロッカーがあるのも嬉しいところ。

こちらが成分表に温泉表示。
DSCN1195 DSCN1196 DSCN1199
単純温泉で源泉温度が低いため加温しているようです。

さっそく浴室へ。
まずは上にある内湯です。
DSCN1200 DSCN1201
石タイル張りで、窓が大きく景色がよく見えます。
こちらには次々に入浴者がやってきました。
メインの浴室なのか洗い場の数も十分にありました。
浴槽は一つですが、仕切りがあり片方にはジャグジーが付いています。
湯温は42℃ですが、室温が高いためより熱く感じます。
利用者も多かったのか、ちょっとゴミが多いのが気になりました。
やはり週末だし、イベントも重なると仕方ないのかもしれないですね。

続いて、階段を下りた先にある展望露天風呂へ。
DSCN1202
露天風呂といいますが、窓が大きく開いているだけでほぼ内湯状態ですね。
網戸はありますが山の中にあるということもあり、日中でも多少虫が入ってきているようでした。
ただ風通しがいいだけ、内湯よりかなり涼しく快適です。
ただ洗い場は一ヵ所しかなく、温度調整器も調子が悪いため体は内湯で洗ったほうがよさそうです。
DSCN1203
お湯は無色透明無臭で、肌触りも特徴は薄いようです。
湯温は内湯より低い40~41℃。
この季節にはちょうどいい、気持ちのいいお湯です。
ただ意外と人気が無いのか、最初から最後まで自分しかいませんでした。
みんな夏でも熱いお湯に入りたいんでしょうかね。

そんなわけでイベント帰りに体もリフレッシュ。
刺激の少ないやさしいお湯に入れたのはラッキーでした。

【メモ】
入湯料:380円
受付時間:9:00-21:00
定休日:無給
駐車場:有り
鍵つきロッカー:有り(コイン不要)
アメニティー:ボディーソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー、体重計
設備:内湯、半露天風呂、ジャグジー
加水:なし 加温:あり 循環ろ過:循環ろ過使用 消毒:使用
その他: 


今年も酒田に自衛隊の艦艇が来たということで、見学にやって来ました。
IMG_6953 IMG_6955
今年は護衛艦「まつゆき」と掃海艇「のとじま」の2隻が来航。
夏の快晴の日でしたが、暑さに負けず多くの見学客がいました。
自衛隊の方はもちろん、ボランティアや酒田市役所の方々も暑さの中大変そう。

やはりまつゆきの方が人気で、見学に長蛇の列ができていました。
のとじまはサイズも小さいので回転は早かったですね。
両方ともなかなか見ることのできない艦艇ですので、見学も楽しめました。

IMG_6983

酒田へ向かう途中、庄内町にあるギャラリー温泉町湯へ立ち寄りました。
DSCN1177
お昼のちょっと前だからか、暑いからか、お客さんはさほど多くないようでした。
そりゃ快晴の気温30℃越えだと温泉に来る気も無くなりますか。

食事を済ませた後に温泉へ。
温泉パスポートが使えましたので、70円引きで利用できました。
DSCN1178
最近出来たばかりということもあって真新しい施設です。
ギャラリー併設ということもあってか、館内もお洒落な雰囲気でした。

DSCN1189 DSCN1190
脱衣所も明るく清潔です。
脱衣籠ごと入れられるコインロッカーもあるので安心です。
ドライヤーや体重計のほか、冷水機もあるのはいいですね。

DSCN1191 DSCN1192 DSCN1193
こちらは温泉成分表。
アルカリ性の単純温泉で、湯温も低めのため加温している様子。
温泉表示はありませんが、より詳細なお湯の管理表があるのは好感が持てます。

DSCN1188
まずは内湯へ。
木目調の壁面に高い天井、落ち着いた照明とこちらもお洒落な雰囲気。
その浴室の中央に湯船が鎮座しています。
換気がしっかりと効いていて、夏なのにこもる暑さがないのは嬉しいです。

洗い場はパーティションで仕切られていて便利。
どうやらこちらも源泉を使用しているようで、桶に汲んだお湯に色が付いています。
クセのないお湯なので、こういう使い方もできるんですね。

浴槽は石のタイル張りで、四方から入ることができます。
お湯は奥の湯口から投入され、手前のちょっと高い石にあるスリットから排出されています。
お湯は茶色に色づいていますが透明で無臭。
ガスも含めて250mg/Lと濃度は低めですが、結構濃い色をしています。
40~41℃と低めで、じっくりゆったり入浴できました。
DSC_0609
体に負担を掛けないため、意図的に低めにしているそうでした。
泉質もやさしいので、ゆっくり疲れを癒すにはピッタリですね。

外には露天風呂もあり。
こちらはコンクリート打ちっぱなしで内湯とは変わった雰囲気。
沈殿しているのは湯の華とのことですが、茶色い綿上の沈殿物で見た目はあまりよくないですね。
内湯には殆どありませんでしたが、露天には濃度が薄い割には結構な量が沈んでいました。
湯温は内湯と同程度ですが、屋根のサイズが小さく直射日光が当たるためこの時期は暑かったです。

そんなわけで温泉と食事を両方楽しんできました。
雰囲気だけでなく、なかなかいい温泉でした。

【メモ】
入湯料:450円
受付時間:9:00-22:00
定休日:毎月第2水曜日
駐車場:有り
鍵つきロッカー:有り(100円返却式)
アメニティー:ボディーソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー、体重計、冷水機
設備:内湯、露天風呂、ロウリュ(熱波)サウナ、水風呂
加水:あり 加温:あり 循環ろ過:なし 消毒:不使用
その他: 


↑このページのトップヘ