受験勉強はモチベーションの維持がとても大切です。
ですが、いつも高いモチベーションを維持するというのは容易なことではありません。

実際、僕が本格的に東大を意識し始めたのは高校1年生の時でしたが、モチベーションがあがらず、勉強もろくにしませんでした。
高3、浪人のときも、常にモチベーションが高かったかというと、そうではありませんでした。

そこで、今回は如何にして高いモチベーションを維持するのかを考えてみたいと思います。

まず、高校生のときにモチベーションが上がらなかった原因のひとつに、塾に通わなかったということが挙げられます。
学校の勉強も中途半端なのに、塾に通うのはお金の無駄だと感じていたからです。
ですが、今思い返すと、塾は勉強を教わるだけの場所ではなく、志の高い友人をつくり、ともに切磋琢磨することで、成績を伸ばすところでもあったのです。
なので、塾に通うというのはモチベーション維持のためには重要だと思います。
(もちろん、お金のかかることなので、よく検討してみることが必要です)

さらに、なぜその大学を目指したいのかを、じっくりと考えてみるのもいいかもしれません。
僕は、1年間かけて、ずっとその答えを探しましたが、明確な答えは正直見つかりません。
ですが、やはり何となく受けるというよりも、ある程度の目的意識があったほうが勉強効率は上がると思うのです。
ちなみに、僕が東大を目指した理由で思いついたのは、
・日本一の学力水準だから
・志の高い友人を持てるから
・出世しやすいかもしれないから
・東大という響きへの憧れ
・日本を支えた数々の主要な人物を輩出した、歴史ある大学だから
・東京への憧れ

こんな感じでした。
ただ、僕の場合は、本当になぜ東大に行きたいのかは、はっきりとは分からず、正直、物心がついたころから(小学生のときに)すでに、冗談半分で東大にいきたいと言っていたくらいでしたので、漠然とした回答しか得られませんでした。
ですが、やはり東大しかないという決意は生まれましたので、効果はある程度はあったと思います。

さらにもうひとつ挙げるならば、やはり、その大学を知るということでしょうか。
実際にその大学を訪問してみる。(オープンキャンパスなど)
(思い切って授業に潜るのもいいかも)
パンフレットやHPを見てみる。
知り合いにその大学に関係のある人がいるならば、詳しく話を聞いてみる(これはかなり効果があると思います)
こんな感じでしょうか。

モチベーションの維持は僕も本当に苦労しました。
今は5月病の季節でもありますし、多少気持ちが緩んでいるかもしれません。

毎日同じだけの時間を勉強するというのは難しいものです。
モチベーションが高いときは、勉強しまくる!
モチベーションがどうしてもあがらないときは、ある程度の勉強量をこなし、残りは思い切って息抜きをする!
そう固く考えないで、気を張り詰めすぎないで、心に多少のゆとりをもって勉強するのがいいかもしれません。
これが、僕の最終的にたどり着いた結論です。