2007年01月14日

彼の血を…

先程のブログは何を言っているか分かりづらかったですね?
今回の京成杯で本命にしたマイネルヘンリーはメジロマックイーンの数少ない産駒です。
マックイーンは現役時代、初の賞金10億円を突破した馬で本当に強い馬でした。しかし、彼の子供は結果を残す事が現在まで出来ていません。牝馬は肌馬として何頭か繁殖に上がっていますが、牡馬は種牡馬にはなっていません。因みに昨年彼の孫にあたるドリームジャーニーが朝日杯を勝ち、G1タイトルを獲得しましたが、息子達はオープンにもなかなか行けません。
何としても彼の血を残して欲しいというのはファンであれば、誰もがそれを望んでいると思います。
彼の子供達も今年生まれるであろう数頭が最後になります。もう彼はこの世にいません。限られた子供達に頑張ってもらい、彼の血を後世に残してもらいたいと思います。そして、贅沢を言わせてもらえば父子4代の天皇賞制覇という偉業を見せて頂きたい。

彼の子供達が天皇賞に出走してくれば、私は間違いなく会社を休み、応援したいと思います。来年の春それが現実のものとなる事を願います。

mf1511974 at 17:53コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星