モトファクトリーガルムの日記

バイクのカスタム、ペイント、修理&趣味の日記~末期仕事中毒人間の日常~

オミクロン3カスタム日記

ようこそ<<オ〇〇ロンⅢ>>

電話で例の車両が入庫したとの知らせがあり、
雨が降っていたがBAS堺までトラックでGO!(o^∇^o)ノ
BlogPaint
さすがに一人で積むのは心もとないので知り合いに
手伝ってもらった。ありがとう!!(*・ω・)ノ

例の車両とは・・・

驚き桃の木山椒の木、ブリキに狸に洗濯機 一気に時を渡りきり、 ついに出た出たやっと出た!地球のアイドル・ オミクロンⅢ(ヤットデタマン)!
        DSCF6650_R

OMICRONⅢ
オミクロンⅢ

 
 サクマエンジニアリングは長期にわたり技術開発に専念し、どなたにも安全で乗りやすく
経済的でレジャー、商業など手軽に乗れるスポーツサイドカーを開発しました。
ホンダフュージョンオートマチック(型式MF02)排気量244ccのスクーターでフュージョンプラスカッパサイドカー姉妹、
革新的技術で理想的な低重心重量配分、低空気抵抗、居住空間を確保した世界初の完全一体型ボディで
未来から現実への乗り物として開発。公の機関での設計変更、検査を経て1990年3月オミクロンⅡを市販。
その後オミクロンⅢを開発、公機関の検査を経て1991年3月市販いたしました。  HPより



やば!ニヤニヤが止まらん・・・(*゚▽゚*)
DSCF6648_RDSCF6652_R
20年ほど前の車両なので所々ぼろいがベースがフュージョンなので部品は出る、こつこつ直して行くさ!
               DSCF6653_R
                  さっそくおろして試乗しよう
DSCF6659_RDSCF6660_R
おっと!サイドカーはトライクと違い、ヘルメットがいるのだ!

DSCF6663_RDSCF6658_R
「行ってきま~~す!」
いい場所にシガーソケットがある
・・・!マジ面白い!(*´Д`*)
右カーブは面白いが
左カーブは転覆しそうになった(汗)
かなり練習が必要だ!
骸骨が必死で体重移動している姿はシュールだったのん・・・。

外装は後で塗るとして安心して乗るにはまずは整備からだ!
しかし、整備性は最悪だぞ・・・。
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ 

オミクロンⅢ 整備のつもりが改修計画へ移行

ストマジⅢ
モトコンポⅢ

と来て・・・

今回の
オミクロンⅢ
<Ⅲ>が好きなガルムですよ~ヾ(´ω`=´ω`)ノ

整備は室内がいいよね~
DSCF6687_RDSCF6686_R
                  け・・・結構ぎりやな~
             DSCF6685_R

さて、外装を取っ払おう!!
DSCF6691_RDSCF6692_R
なんて思いスクリーンなんだ!      外すとそこにはフュージョンのメーターがある。
DSCF6693_RDSCF6694_R
予定ではこのメーターはやめて違うのを付けようと思う。(´∀`)

シート後ろのハッチを空けるとエンジンルームが!これは意外と整備がしやすいかもね~
DSCF6688_RDSCF6689_R

サイドカー部のシートの裏はトランクになっていました。
DSCF6695_RDSCF6696_R
               ん??何のバッテリーかな??
            DSCF6697_R
そして外装を持ち上げれば外れるところまで来た!
どりゃーーー・・・思い!想い!!重い!!!
俺一人じゃ無理どす・・・主夫バイク屋のKさんに連絡し、応援に来てもらった。

そして何とか二人で持ち上げ外装を外すのに成功した(・∀・)
          DSCF6701_R
            おお!!こうなってるのか!!
          DSCF6700-2_R
     あれだけ重いものが赤の矢印の5点止めで支えているのか・・・

しかし・・・ぼろい!まあ、20年以上前の車両やし置いてるだけで湿気がこもりそうな外装やしな~、エンジンはまだ2万キロで整備もしていたようなので絶好調なのが救いでげす。

最初は整備だけのつもりやったけど・・・ばらしていくうちにやばそうな、改修が必要な箇所をいくつも発見していってしまうのだ!(´;ω;`)
見なかったことにして乗るのは恐いな・・・

よって、整備計画改め
オミクロン・プチレストア&改修計画に変更します。
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ 

      

オミクロン改修レストア計画 バラし編

改修&レストアの予定は・・・
・外装のペイント&外しやすくする(要らないものを無くす)
・フレーム足回りの錆び落とし&ペイント
・ハンドル周りの改修
・ブレーキの強化

とりあえずそんなもんで進めて行きます。


さて・・・バラしますか!
その前に各部をチェック
DSCF6702_R
車高調整は大丈夫だが部品がサビサビだ・・・

DSCF6703_R
手作り感覚満載のハンドル・・・要改修

DSCF6704_R
押したほうが精神衛生上よい、子供の玩具より遅いバックギア・・・排除
DSCF6705_R
スプリングのみ錆び付いたリヤショック・・・でもダンパーは生きてるから使うか??
マフラーはとりあえずノーマルで行きます。

バックギア
なんか<<色々苦労した末の完成>>って感じの作りだが・・・すまん外すぜ!!
DSCF6706_RDSCF6707_R
ギヤは樹脂で出来ているのは、誤作動の時ギヤだけ砕けるようにしているのかな??
DSCF6708_R

DSCF6711_R
アングルにパイプを溶接したのみ!

今回一番驚いたのはこの<ステム>
DSCF6712_RDSCF6713_R
キャスター(ネック)角をステムを溶接加工して寝かしてる!Σ(・ω・ノ)ノ
そんで寝かして車高が落ちるのでサスを伸ばしてる。
やっぱり純正のままだとキャスターが立ちすぎなのかな?

DSCF6716_R
バラすとよくわかるぜ錆び具合!(´;ω;`)

エンジンを下ろし、ステムを
ぬ・・・
ぬ・・・
ぬ・・・
DSCF6717_R
抜けぬわ!!
DSCF6718_RDSCF6719_R
ハンドルの取り付けの板にフレーム側のワンドルストッパーが当って抜けぬ!!

ま・・・まさかサクマエンジニアリングさんはハンドルホルダーを
車体に組んだまま溶接した!
そういえば至る所にそのような痕跡が・・・養生もしないで黒で塗ってると思ったら作りながら塗っていたのね!(´;ω;`)

バラさず現物あわせで作ってるとでも言うのか?!
DSCF6721_R
関係ない部分を削って何とか外したぜ!

DSCF6726_RDSCF6727_R
うむ!全バラ~
製作者の色々な苦労が見て取れて面白いぞ!(手作り感覚満載)

フレームをサンドブラストに出そう!
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ 





プロフィール

MFガルム

記事検索
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ