モトファクトリーガルムの日記

バイクのカスタム、ペイント、修理&趣味の日記~末期仕事中毒人間の日常~

● ゼファー1100&750

ゼファー1100カスタムペイント ZⅡタンク加工

最近よくこのブログからの塗装依頼を頂きます・・・ありがたいことです。
でも10件ぐらいの見積もり依頼の内、1件決まればいい方で、
今回は、その10分の1のお客さんZepラッパーさん(勝手に命名)のゼファー1100のカスタムペイントです。

デザインはまだ考え中ですが時間がある内に下地を進めていきます。

今回ZⅡタンク加工(エグリ部分のスムージング)をします。
DSCF5654_RDSCF5655_R
と、その前にまず・・・凹みを直すか~
DSCF5656_RDSCF5657_R
                 ワッシャー溶接し・・・
DSCF5659_RDSCF5660_R
「どりゃ~~~~~~~~~~~~~~~~」・・・ぼこっ!!
          DSCF5662_R

                さあ、ここからが本番
          DSCF5663_R
            このえぐり部分を消します
やり方としては・・・
凹んでいるところをすべてパテで埋めると多いところで1cm以上盛らないといけなくなる・・・。
それだと、ものすごいパテを消費するし重くなる・・・そしてでかくなって格好悪い。
でもえぐり部分を上でやった板金のように引っ張り出そうにもタンクの表面積は変わらないので、突っ張ってしまって出せないんだ。
凹んだ部分を出す為にはたわみが無いと・・・そしてそのたわみをどこかから持って来ないといけない・・・説明わかるかな??

そのたわみ部分とはココ
DSCF5665_RDSCF5666_R
この角部分・・・ここを少しずつ均等に叩いてなだらかにしていき、たわみを下のえぐり部分に逃がしてやる。(下に逃がすのが重要!)
         DSCF5668_R
          この部分だけは溶接で引っ張ってやる(角が急なので)
DSCF5673_RDSCF5672_R
自然と膨らんでくるのさ!         左右で結構違うでしょ??

          
DSCF5681_RDSCF5682_R
         両方ひたすら何万回か叩いて板金終了!( -д-)ノ
DSCF5683_RDSCF5684_R
それでも結構パテを盛らないといけないのでパテ痩せの少ないアルミパテで整形
DSCF5685_RDSCF5693_R
その後、巣穴を薄付けパテで埋めて
DSCF5700_RDSCF5699_R
サフェーサーを塗り、ZⅡ加工の完成です。

超大変な作業っす!
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ



ゼファー1100カスタムペイント ゴールドリーフ貼り

QWOP新記録
DSCF5805_R

いえ~~い51.7m!!
50m丁度に一つハードルがあり、つまづいて転んでしまった(; ̄Д ̄)


さ・・・て、
今回はリーフを先に貼ってしまうことにする。
DSCF5813_RDSCF5814_R
大きめにマスキングをし刷毛でワニスを塗る(なるべく均等の厚みになるように)

ここで乾燥させるのだが・・・注意点
乾燥時にゴミや虫が付かないように無風の場所に置く
今この時点ゼファー外装はハエ取り紙状態だ!
220px-LENTAMUX

そして、
絶対生乾きで貼ってはいけない!
乾かないうちから貼ってしまうとリーフの下のワニスはいつまでも乾かない。
でも、乾かしすぎてもリーフが張り付かない・・・言い頃合は経験でつかむしかないのか??
俺が丁度いいと思う頃合は指で触って指にワニスが付かず指紋が付くぐらい、又はステッカーのノリ部分より少しべたつかないぐらいがいいんとちゃうかな??
貼らない部分に一緒に塗っておいて乾き具合を確認するといいよ!

いい具合になったらリーフを乗せていきます
          DSCF5816_R
DSCF5824_RDSCF5817_R
    どうしても空気が入ってしまうので刷毛でポンポンと抜いていきます

俺は更に密着をよくするために指の腹でかるく叩いていく
             ponpon

DSCF5829_RDSCF5827_R
後はクリヤーで押さえるのだがここで気を抜いてはいけない!
一気にクリヤーを吹き付けてしまうとワニスが溶け出しせっかく貼ったリーフが浮いてくるのだ!
回数を塗り重ね厚めに塗る事を心がけよう。
DSCF5832_RDSCF5831_R
とりあえず2~3日乾燥させまぷ(*・ω・)ノ

リーフ貼りはとても面倒くさいが奥が深く、面白い(´∀`)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ 

ゼファー1100 カスタムペイント ラップ塗装準備

ようやく最近になって梅雨らしくなったね・・・
工場の窓のサッシから雨漏りがひどく壁がふやけてきた(T_T)
DSCF5917_R
「トホホ~・・・晴れたらコーキング打つか・・・」


ゼファー1100カスタムペイント<前回リーフ貼り>から

クリヤーを塗って乾燥したパーツをペーパーをかけ段差を落としマスキング
この時点でほとんどのデザインの位置(ラインの位置)が決まるから手が抜けない!
DSCF5845_RDSCF5846_R
クリヤーが薄かったり半乾きだったりしたら、このマスキングを剥がした時に一緒にせっかく貼ったリーフも剥がれてしまうので気をつけなければ・・・(´;ω;`)

下色のブラックをペイント(なるべく綺麗に塗ったほうが模様が出しやすい)
ウレタンペイントじゃないといけなよ?ラッカーだとラップした時した色が溶け出してきてしまうから・・・。
DSCF5847_RDSCF5848_R
リーフが剥がれることはなかった(´∀`)
面倒だがまた2日ほど乾かす(よく硬化したほうがラップ(ビニール)がすべりやすい)

          QWOP
     DSCF5881_R最後は幅跳びww(記録3m)
         ようやく完走しました!
       にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ 
プロフィール

MFガルム

記事検索
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ