2008年02月04日

【東根大富産ワサビの話題】 第二回

第二回「栽培期間を露地物の半分に」

山形県東根市は、奥羽山脈と出羽山地に挟まれた村山盆地のど真ん中。大富地区は、東側には山形空港。直ぐ西側は、最上川の本流が流れています。近くには、その最上川の支流小見川が、清らかに蛇行していて、古き良き東北の田園風景と、近代的な空港の光景が、混然一体なっている、ある意味、ちょっと不思議な感覚がある土地柄です。
さらに、この小見川は、環境省の「名水百選」にも選定されるほど、水の良さを誇っているのです。
この水に眼をつけられたのが、農業生産法人「大富農産」の佐藤佳夫さんです。
佐藤さんは、もともと、「日本地下水開発(本社:山形市)」に勤務されていて、20年前から地下水の有効活用に関心を持ち、同社の平野部での地下水有効活用技術を応用して、ワサビ栽培の実証試験を積み重ねてこられたそうです。
大富農産は、約1ヘクタールの敷地に、12棟のビニールハウスが立ち並んでいます。ハウス内には、約50センチの高さに盛られた軽石の畝がしつらえられ、約8万6000本のワサビが作付けされているそうです。畝と畝のあいだに張り巡らされたエンビパイプから、ポンプで汲み上げられた地下水が流れ出すシステムを採用しています。
地下水の温度は1年間を通してワサビ栽培に適した13度前後だそうです。室温も9−12度を維持するようにして、露地物では2〜3年掛かるところを、約半分の栽培期間に短縮することに成功して、今回、初出荷を迎えることができたそうです。
佐藤さんの、並々ならぬ努力が、ようやく結実したということでしょうか。
次回は、そのワサビの味のお話です。お楽しみに!

【東根大富産ワサビの話題】 第三回

第三回「ワサビの味」

ワサビは本来「辛味」というイメージが強くあります。ところが、今回、佐藤さんが作られた、本ワサビを食べさせていただきまして、「辛味」だけではないことに、ホントに驚かされました。ツンと鼻に抜ける刺激的な香りとともに、舌の先に、まず甘味が広がり、その後から辛味が、お刺身の脂分と混ざって、実に美味しい。こんな体験は初めてでした。
刺身は、近所のスパーで買ってきた、マグロの赤身です。いつもは、チュウブの生ワサビでいただくのですが、その味とは、格段に違う味になっていました。
ちなみに大富農産で栽培している品種は、香りが高いと評判の「真妻(まづま)系」だそうです。ワサビにも品種があるんですね。
オロシ器も、やはり大根をおろすいつも使っているものではなくて、ちゃんと準備しました。刺身を買った同じスーパーで売っていましたので、値段は1,000円以下だったと思います。
ワサビの辛味成分である『シニグリン』には殺菌や食欲増進の効果があるそうですし、他に、ビタミンB2が含まれていて、細胞の活性化の働きを高め若さを保つ効能があります。
また、ビタミンC、カリウムも豊富で、免疫力を向上させることが期待され、また、高血圧など生活習慣病の予防に役立つそうです。
本ワサビは、いまでも、なかなか一般では入手が難しい面もあって、値段も御高いですから、普通に利用するのは無理かもしれませんが、もし、どこかで本ワサビを見かけるような機会がございましたら、ちょっと贅沢をして試して見ては如何でしょう。
東根大富産_本ワサビ

2008年01月24日

山形県東根市産のワサビ3

第一回「山形県東根市産のワサビ」
先日、あるお客様から、本物の本わさびを頂きました。話を伺って見ますと、「南館のJAの野菜の直販所で売っていた。どうも、東根でワサビを作っていて、それらしい。珍しいから、つい、買ってしまった」とのこと。
では、と言うことで、早速、ネットで検索してみましたら、山形新聞の2008年1月13日(日)の記事がありました。
見出し「栽培期間を露地物の半分に 東根の大富農産がワサビ出荷」
これは、ちょっと凄いんじゃない、と思いました。
普通、ワサビ栽培というと、静岡や長野の山間部のキレイな沢水を利用して、石垣を組んだワサビ田でというイメージを持っていました。
それで、ワサビの産地についてちょっと調べて見ましたら、北海道から九州までほとんど全国で栽培されているんですね。
そして、山形の東根でも栽培されていると言うことが分かって、何だか訳もなく嬉しくなってきてしまいました。次回は、「栽培期間を露地物の半分に」の秘密について、書いて見たいと思います。
東根大富産_本ワサビ

2008年01月04日

初売り → 福袋4

明けましておめでとうございます。
いつも、「食器棚の奥のスパイスたち」をご訪問いただき有難うございます。
お正月はいかがお過ごしでしたか?
この時期、食べ過ぎや、運動不足が心配です。
2008年も、皆さんの少しでお役に立てるような健康情報を、盛りだくさんにと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

初売り
お正月の雰囲気の店頭です。

松飾
手作りの松飾です。

福袋2

福袋1

1月3日、ご来店いただいた客様のうち、3,000円以上お買い上げの方に福袋をプレゼントさせていただきました。

2007年12月30日

初売りのご案内

初売りのご案内

もうすぐ、新しい年の始まりです。
年末年始の準備に忙しい日々をお過ごしの事と思います。
本年も当店、漢タロウ薬局をご愛顧いただきまして、大変ありがとうございました。
一年を振り返ってあなたの健康状態はいかがでしたでしょうか。内臓、骨、血液、血管、神経はいつも元気でしたか?
新年はさらに、“健康で元気!!”心と体の健康づくりのお手伝いをさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

<初売りのご案内>
2008年 1月3日 午前10時より
当日ご来店お買い上げ(3,000円以上)の方に、“漢タロウ薬局健康福袋”を進呈いたします。数に限りがあります。お早めにご来店ください。

「ワサビと骨粗鬆症」 第四回 ワサビ葉柄抽出物と骨形成5

第四回 ワサビ葉柄抽出物と骨形成

話が横道にそれてしまいました。今回のテーマを振り返ってみましょう。
骨粗鬆症の原因は、「ミネラル」分の貯蔵庫としての骨の役割が、加齢とともに、ホルモンのバランスなどと関連して衰えてくるとことです。
丈夫な骨を作るには、適度な運動を続けること。
カルシウムをはじめ、各種のミネラル分は。心と身体のバランスをとってくれる、大事な役割があることをお話してきました。
では、そろそろ、まとめに入ります。
ワサビの葉っぱの柄から抽出された、ある物質が、骨代謝をうながす作用があると言うんです。これはちょっと意外で面白いと思われませんか。
あの、ワサビの葉っぱの柄の部分は、春、山形ではお浸しにしたりして食べます。漬け汁(しょうゆ味)にコンニャクや油揚げと一緒に浸し、ワサビの風味を楽しんだりしています。
これって、もしかしたら、骨にいい食べ物だったと言うことでしょうか。素晴らしい! 山形の食文化、いいえ、日本の食文化の奥深さが垣間見えたような気がします。
今回の原稿を書いていて、一番感じたことは、健康にとって骨が果たしている役割がいかに重要かといことでした。だから、肩の後ろで腕を支える骨のことを、「健康骨」じゃくなくて、「肩甲骨(けんこうこつ」と言うんでしょうか?
なんですか、ワサビの利いていない落ちになってしまって、すみません。
おあとがよろしいようで、では、懲りずにブログのご訪問をお待ち申し上げます。
  参考文献:ワサビのすべて 日本古来の香辛料を科学する/学会出版センター


mfkytk9029 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!健康 | 骨粗鬆症

2007年12月27日

元気いっぱいキャンペーン3

07-12campain1

皆様の日頃のご愛顧に感謝して、11/26〜12/25まで、毎年恒例の「元気いっぱいキャンペーン(福引抽選会)」を実施させていただきました。(上の写真が賞品です。)
本当に有難うございました。
お蔭さまで、今年も無事に年越を迎えられそうです。
そして、お客様お一人お一人が、元気に笑顔で新しい年を迎えていただけますよう、スタッフ一同、心からお祈り申し上げます。

mfkytk9029 at 12:36|PermalinkComments(0)clip!かかりつけ薬局 | 健康

2007年12月22日

「ワサビと骨粗鬆症」 第三回 「ストレス・いらいらを吹っ飛ばす、骨太生活」3

第三回 「ストレス・いらいらを吹っ飛ばす、骨太生活」

いい骨を維持するコツ、おわかり頂けましたでしょうか。話は横道にそれますけど、ちょっと思いついたので書いてしまいます。
一昔まえ、「切れる人」という形容は、頭の回転が速く、仕事がよくできる人のことを指していました。ところが、いつのまにか、「切れるヒト」は、「怖いヒト」ということになってしまいましたね。ホントにコワイです(/_;)。
原因はいろいろ言われているようですが、最近、食事が不規則で、栄養もかたよっている人が圧倒的に多くなっているような気がします。
ほとんどのミネラルは、普通に食事をしていれば充分摂取できます。でも、今、この普通に食事することが難しいんですね。子供から大人まで、とにかく忙しい。家族そろって一家団欒は、たまの休みにファミレスでといった具合でしょう。普段、家では、食事の時間もばらばら、好きなものだけを好きなだけ食べる。わかっちゃいるけどやめられない。
身体がホントに求めている栄養素。そんなの関係ない。オッパピー! ああ、どうしたらいいのでしょう? 
自分の命、自分の健康、自分の笑顔を忘れないで。
自分を大切にするって、じゃ具体的にどうすることなのか、よくよく考えて見てもわからない。ただ、ビタミンやミネラルが不足すると、ストレスやいらいらを引き起こしやすくなる傾向はあるみたいです。
眉間にしわをよせ、いつもプンプンしているあなた。カルシウムが不足しているんです。マグネシウムが足りないんです。カルシウムとマグネシウムにはイラついてささくれた心を鎮めてくれる働きがあるといいます。
でも、カルシウムやマグネシウムの多い食品を、急にとったからとって、それは無理がある話です。食品中のミネラルがすべて消化吸収されるわけではありません。特に、カルシウムと相性のよいパートナーは、ビタミンDです。
この二人が協力すると、吸収率がかくだんにあがります。
最近、日光を浴びる機会も減っているでしょう。特に東北地方に住む私たちにとっては、冬場の日照量じたい少なく、さらに屋内にこもりがちになりますよね。すると、ビタミンDは、紫外線を浴びることによって、体内でも合成されるのですが、これができない。そう言った場合は、食物からしっかり摂取する必要があります。
ビタミンDの多い食べものは、イクラ、ウナギ、カジキマグロ、鶏卵、きくらげ、サケ、サンマ、ニシン、干ししいたけ、などですね。
ただし脂溶性ビタミンですので、薬品やサプリメントなどに頼った摂取の仕方には気をつけましょう。
これで、あなたも、ストレス・いらいらを吹っ飛ばす、骨太生活に突入です!(^^)!
                         つづく


2007年12月17日

「ワサビと骨粗鬆症」 第二回 「骨代謝 → いい骨を維持するコツ」3

みなさん、「ホネ」って、毎日、壊れているってご存知でしたでしょうか? その壊れた分、また新しく作られているってこともご存知だったでしょうか? これ実は、本当なんです。いや、ホントに生きているってスゴイことなんですね。
骨は、生まれてからだいたい20歳ごろまで成長します。個人差もありますけど、20歳から40代ぐらいまでが成熟期で、骨の量や密度は保たれます。しかし、いわゆる更年期に差し掛かるころより、さまざまに影響が出はじめ、6〜70代で重要な問題が生じてきます。
「健康」が話題にのぼると、ワンセットのように「運動」「身体を動かすこと」が大事です、と、よく言われますが、ではなぜ「運動」が大事なのかという理由について、深く考えてみたことはおありでしょうか?
実は、運動することにより、骨に負荷(負担を強いる)をかけ、骨自身に刺激をおよぼし、「よ〜しっ!」、自分もまだまだ頑張らなくてはと思わせ、壊れた骨の分を、一生懸命に造り直しているのです。
運動不足だと、骨自身も気がゆるんでしまい壊れた分の骨より、少ししか骨を造り直さなくなってしまうのです。
だからと言って、急に過激な運動をしても、骨は造られませんので、念のためご注意ください。
毎日、自分の体力にあった、適度な運動を続けることが、いい骨を維持するコツなのです。
つづく

2007年12月13日

「ワサビと骨粗鬆症」4

「ワサビと骨粗鬆症」

第一回 「骨折りぞん………」

「ワサビと骨粗鬆症」 えっ、何だ! この題名は。変だ………、いかがわしい……… なんて思わないでください。
実は、ワサビの葉っぱの柄から抽出された、ある物質が、骨代謝をうながす作用があると言うんです。これはちょっと面白いというか、意外性がある話題でしょう。少しだけ難しそうな話ですけど、紹介させていただきます。お付き合いください。

みなさんは、もうご耳にタコだと思いますけど、「骨」って、あの「ホネ」ですけど、いったいどうしてあって、どんな役割を果たし、どんな仕組みで維持されているのか、復習の意味もかねてカンタンにすこし、お話させていただきます。
ホネは骨組みって言うぐらいですから、動物の躰をささえ、筋肉の伸縮の支点(てこをささえる固定した点)として運動に、おおきく作用しています。例えば、基本的にいえば、寝起きや、歩くこと、踊ったり跳ねたりすときに、重要なはたらきをしています。肋骨は、肺や心臓を保護し、頭蓋骨は柔らかい脳みそ全体をカバーしてくれています。食べ物を咀嚼する顎と歯も骨です。それから、意外に知られていないかもしれませんけど、血液を造るはたらきもあります。よく白血病になると、骨髄移植するって言う話がありますよね。白血病は、血液の癌という言われ方をするのが一般的ですけど、見方を少し代えれば、骨髄の影響もあったりします。
ほかにも大切な役割があります。生きていく上で、必要欠くべからずの「ミネラル」の貯蔵庫としての役割です。
つまり、「ミネラル」分の貯蔵庫としての役割が、加齢とともに、ホルモンのバランスなどと関連して衰えてくると、いわゆる「骨粗鬆症」という病気になります。これがもしかしたら、ホントの「骨折りぞん」かも知れません(^^;
一度に長々お話ししても、難しいので今日はこのへんで。
次回につづく。


プロフィール
まゆみ先生
こんにちは!薬剤師の斎藤まゆみです。
あなた自身の生き方をもっと大切に! 
加齢、運動不足、日ごとに衰えていく気力と体力。
こんなはずではないと思っているあなたが、イキイキと元気に生きていくために、健康と美と笑顔を応援する、かかりつけ薬局、それが「漢タロウ薬局」です!

訪問者数