全量計測タイプ マスフローのメッシュ(IN-FLOW CTA, MASS-STREAM)

カテゴリ:
ブロンコストのサーマル式マスフローメータ・マスフローコントローラ(IN-FLOW CTA, MASS-STREAM)の入口側には整流用のメッシュ(メッシュスクリーン)が取り付けられています(動画開始から約1分頃に断面図が現れます)。



このメッシュはゴミ取り用フィルタではありませんので、機器の上流側にインラインフィルタを設置することをお薦めしております。

しかしながら、実際にはメッシュスクリーンにゴミが溜まってしまう事例が多くあります。

mass-stream_mesh-screen-2

mass-stream_mesh-screen-1

「このフィルタを取り外す(取り外したまま運転する、取り外して清掃する)ことは可能ですか?」というお問合せをよく頂きますが、このメッシュスクリーン(ダスト除去用のフィルタの役も担いますが、これだけではありません)を取り除いてしまうとフローパターンが悪くなり、また脱着してしまうと再校正が必要になります。

なお、メッシュスクリーンが汚れてしまうと精度は悪化しますが、比較的高い繰り返し性は保たれる傾向にあります。

電源付き指示設定器 電源モジュール交換

カテゴリ:
ブロンコストの電源付き指示設定器E-7000シリーズ(時々、マスフローの「コントローラ」と呼ばれているもの)の電源故障が発生し、修理依頼を頂きました。

現品を見てみますと、リアパネルが歪んでいます。
E-7000_panel

側面から見てみると、本来は廃熱孔と平行に設置されている筈の電源モジュール(内部の銀色の部品)が前傾しています。
E-7000_case

E-7000のケース内には表示パネルやケーブル等部品が詰められており、電源モジュールが前傾していると他の部品に想定外の熱や力を加える可能性もあります。電源モジュール交換とあわせ、リアパネルも交換させて頂きました。

なお、マスフローコントローラ(MFC)の「コントローラ」と呼ばれることもあるこれらの機器を、メーカーでは指示設定器、指示調節計、表示器、表示設定器などと呼んでいます。流量制御のためのPIDコントローラはMFCに内蔵されていて、これらの機器は電源供給、設定値をMFCに送る機能、MFCからの信号を受け流量を表示する機能を担っています。

カテゴリ:
Kv値とCv値の関係は、Cv / Kv = 0.865です。

ブロンコストのWebサイトに掲載されているMFCのKv値について換算してみると、

T15+F-003BI 最大Kv=6.0 ... Cv=5.2
T14+F-003AI 最大Kv=1.5 ... Cv=1.3
T14+F-004BI 最大Kv=1.0 ... Cv=0.87
T13+F-002AI 最大Kv=0.40 ... Cv=0.35
T23/F-202BB 最大Kv=0.35 ... Cv=0.30
T13+F-004AI 最大Kv=0.30 ... Cv=0.26
T20/T21/T22/F-201AB/F-201CB 最大Kv=0.066 ... Cv=0.057

Kv値で記載されていると直感的に分かりにくいかもしれませんが、マスフローコントローラ(電磁弁搭載)のCv値としてはかなり大きいと思います。

これら以外にも、Cv値25クラスのエア駆動弁を組み合わせたマスフローコントローラもございます。

ブロンコスト・ジャパンは下記の展示会に出展を予定しております。皆さまのお越しをお待ちしております。

第55回燃焼シンポジウム
主催:一般社団法人 日本燃焼学会
会場:富山国際会議場(富山県富山市)

SEMICON Japan 2017
開催期間:2017年12月13日(水)~15日(金)
主催:SEMI ジャパン カスタマー・サービス
会場:東京ビックサイト(東京都江東区)
ブース:#1612 オランダ大使館ブース(the Holland Hightech Pavillion)内


なお、展示会の出展予定はWebサイトの"展示会カレンダー"にてご案内しております。こちらもご覧下さい。https://www.bronkhorst.jp/jp/news/trade_show_calendar/

マスフローコントローラ・メータの継手サイズ

カテゴリ:
既設マスフローコントローラ・マスフローメータの継手サイズが分からない、というお問合せを頂くことがあります。

前任の方が購入された機器で仕様書等が受け継がれていない、装置や設備に搭載されていて詳細仕様が不明、などです。

機器の交換や移設などで継手サイズをお知りになりたい場合、

(1) 仕様書にて
お手元の仕様書や設計図、図面等にて確認頂くのが確実ですが、担当者交代などで入らない場合があるようです。

(2) 型番から
ブロンコスト製マスフローメータ・コントローラの側面などには、製品の型番・製造番号・運転条件・計器符号(タグ番号)などを記載したラベルが貼り付けられています。入口・出口継手は型番中に2桁の数字(入口・出口各1桁)で示されています。
例:
F-201AV-...-33-V (33=入口・出口とも6 mm OD食い込み継手)
F-111B-...-22-E (22=入口・出口とも1/4" OD食い込み継手)
F-110C-...-11-K (11=入口・出口とも1/8" OD食い込み継手)
F-002AV-...-45-V (45=入口は12 mm OD, 出口は1/2" OD食い込み継手)
F-013AI-...-69-V (69=入口は20 mm OD食い込み継手, 出口はその他(9))
9=その他、の場合別の手段に頼る必要があります。

(3) 製造番号より工場に問い合わせ
ブロンコスト製MFM, MFCのラベルに記載の製造番号(例:SN M12345678Z)をメーカーにお知らせ下さい。工場の製造データより仕様を知ることが出来ます。ただし、一部OEM向けなど開示不可のものもあります。

(4) 実測する
食い込み継手の場合、外径を実測すれば適切なチューブやナット&フェルール等が分かります。
(チューブ内径はチューブ厚さで自動的に決まります)
mfc
外径6 mmであれば6 mm OD食い込み継手、6.35 mmであれば1/4" OD食い込み継手です。
ブロンコスト製マスフローの継手は多くの場合Swagelok様のチューブ継手です。

カテゴリ:
ブロンコストのマスフローメータ・マスフローコントローラに付属の校正証明書の表記に変更が加わります。

これまで、入口圧力と温度に幅があった場合、下の(旧)の例のように上下限値を記載して中間値(下の例では0.3 MPa(g), 30℃)向けに校正しておりましたが、校正条件を明示するため、(新)のように中間値を記載致します。

(旧) 圧力0.2...0.4 MPa(g)、温度20...40℃
(新) 圧力0.3 MPa(g)、温度30℃

リピートで御注文頂いた場合などに校正証明書の圧力・温度の記載内容が変わる可能性がございますが、上記のような変更も踏まえて校正証明書の内容をご確認下さい。

なお、校正条件を予めご指定頂いていた場合、これまでも(新)のように幅のない表記となっておりましたので、特段変更はございません。

RS232-USB2.0コンバータ

カテゴリ:
ブロンコストのデジタル通信対応マスフローメータ・マスフローコントローラをコンピュータに接続する際、Dサブ9ピンのシリアル通信ポート(RS232)非搭載のコンピュータが多いことから、USBコンバータをご紹介しております。

usbconv

上は2015年頃まで、下はそれ以降に供給させて頂いているものです。

システム要求は下記の通りです。(FLOW-DDE説明書より)
通信:RS232ポート (FIFOバッファ付き) (RS232 port with FIFO buffers)
注意:通信エラーを避けるため、ハードウェアオーバーラン検知機能付きのシリアル(RS232)ポートをご利用下さい。 (To avoid communication errors, it is advised to use a serial (RS232) port with hardware buffer overrun detection)

お客様ご自身でRS232-USBコンバータをご手配頂いたものの通信出来ない、通信が安定しない、というご報告をしばしば頂きます。メーカーでは動作確認の済んだモデルを供給出来ますので、懸念のある場合にはご相談下さい。

ギアポンプの故障

カテゴリ:
弊社のデモ機であるマスフローポンプが、お客様からご返却されてきました。

マスフローポンプとは!?
コリオリ式マスフローコントローラ+マイクロギアポンプの組合せ。
自動で設定した流量になるように、コリオリ流量計がポンプを制御する
ブロンコストオリジナルのシステムになります。


ご返却時、何もコメント無く返却され、開梱したところ様子もおかしいので、
早速動作確認してみましたが、やはり設定値を入れても何も流れません。

そこで、分解してみたところ・・・
ギアポンプ分解
かなり汚れております・・・
マイクロギアーポンプ
また、ギアー部が完全に破損しております・・・
これが故障の原因で、ギアーの交換/洗浄で無事修理できましたが、
ご返却前にせめて一言お話し頂きたかったです。

また、このご返却方法については、

!!!作業員にとって非常に危険です!!!
なぜなら作業員は使用された流体を把握しておらず、
内容物が危険な流体であった場合…大変なことになってしまいます。
必ずご返却時は、お客様にて適切に洗浄して頂き、
仕様流体名を明らかにすることをお願い致します。

サービスセンターではすべてのお客様のご使用状況を把握しきれませんので、
必ずお願い致します。



IP-65タイプ マスフローメータ・コントローラのケース

カテゴリ:
ブロンコストの一般工業向けマスフロー(IN-FLOW)等のケースは、ケース開口部等のシール用にゴムのO-リングを用いています。

inflow

このゴムが痛むと機器内部に液体や埃が侵入して機器 (PCボード、センサー等) を破壊するなど、思わぬトラブルの原因となり得ます。

薬品がかかりやすい場所、雨ざらし、波浪を受ける、直射日光を受ける、といった環境への設置はシール材を痛めやすいので、簡易の屋根等を設けることをお薦めします。

また、定期的に目視で点検頂き、異常があるようでしたらメーカーまたは販売店にお問合せ下さい。

保証期間内の異常発生時の対応

カテゴリ:
ブロンコストの製品には1年または3年など一定期間の保証期間がございます。

この期間内に万が一故障が発生した場合には、除染告知書を添えて弊社にお送り頂き、故障がお客様の瑕疵によらない場合には無償で修理を実施させて頂いております。

お客様による汚染や衝撃による故障の場合には有償修理となりますので、先ずは点検を行います。故障品の送付を待たずに交換用の新規品を送る措置は実施しておりません。
 
ご不明点等ありましたら、ブロンコスト・ジャパンにお問い合わせ下さい。
http://www.bronkhorst.jp/jp/about_bronkhorst/contact_us/
 
warranty

マスフロー アナログタイプ 再校正・調整

カテゴリ:
アナログタイプのマスフローメータ・コントローラのハウジング内部です。

DSC_0960 - Copy

DSC_0952 - Copy


PCボード上にある可変抵抗を調整して校正カーブの特性やコントロールバルブの動作性を調整します。

現在もアフターサポートは続けていますが、既に製造終了となった機種で部品の残数に限りがあります。
部品の状況に応じて更新または修理をご提案しています。

バルブの詰まり

カテゴリ:
お客様よりバルブの動作がおかしい・・・とのご連絡を頂きました。
すぐにお使いになられたいとの事で、急いで弊社に送り返して頂きました。

早速バルブ部を分解してみました。
バルブ湿り
!? 何やら湿っております・・・

この水分が原因でしたので、洗浄再組立てをしたところ、
問題無く動き出しました。

原因が特定できましたので、お客様に報告致し、無事完了です!



マスフローメータ・マスフローコントローラのゼロ点

カテゴリ:
アナログマスフローメータ・コントローラをお使いの方から、ゼロ点がずれている、というお問合せを頂くことがあります。最近はデジタルマスフローメータ・デジタルマスフローコントロラが普及し、ローカット(シグナルカット)機能搭載の表示器も多くありますので、あまり馴染みのない状況かもしれません。

校正証明書(サンプル)を見てみると…
caliblation_certificate_digital_mfm_mfc
デジタルマスフローメータの場合、先ずはマスターカーブを機器に登録(多点校正し、ゼロ点はゼロとします)します。このため、ブロンコストの校正証明書には0.00%における差異を記載致しません。

また、個々のガスカーブについては、ブロンコストの標準では0, 50, 100%の3点のみ(校正点の追加は可能)測定します。マスターカーブ自体はより多くの校正点にて測定しております。

caliblation_certificate_analog_mfm_mfc
アナログマスフローの場合、複数のトリマーを調節しながら、ゼロ点、最大流量、中間の流量域で精度が仕様内となるよう調整します(ブロンコストEX-FLOWの場合は±1% FS @校正条件)。

従って、必ずしもゼロ点=0%とはなりません。最大流量、中間の流量にて極端に精度が悪くならないように最適化(あるいは妥協)していって、ある程度のところで作業完了となります。

アナログマスフローメータの場合、表示器等でローカット(シグナルカット)の処理をしない限り「流れなし=表示0%」とならない場合もあります。

大流量MFCの圧損増加

カテゴリ:
お客様より、最近MFMの圧損が大きくなったとのご連絡です。


おそらく詰まりが原因ではないかとの事ですので、
弊社にオーバーホールのご依頼を頂きました。

で、早速分解してみました。
大流量詰まり
見事に整流部にホコリ?のようなものが付着しております。
これでは圧損が大きくなっても仕方ありません。

今回も分解洗浄にて対応させて頂き、
O-リングなどの消耗品を交換させて頂きました。

無事オーバーホール完了です!

低圧損MFCの出流れ

カテゴリ:
ブロンコストの大流量かつ低圧損MFCの出流れトラブルです。

お客様より、「次第に出流れが多くなってきた」
との事で弊社にて調査致しました。

ご返却頂いたものを早速開けてみましたところ、
バルブ内部錆
内部に錆が出ております・・・
どうやらこれがリークの原因のようですので、バルブのシール部も確認してみます。
シール部錆
見事にシール(制御部)部にリング状に錆がたまっております。

この程度であれば洗浄で対応できますが、
流体自体は、金属を錆びさせる流体では無いので、
問題は、この錆がどこから来たのか?です。

せっかく洗浄してもまた同じことの繰り返しとなってしまいます。
配管類の錆にもご注意下さい。


カテゴリ:
これまで流量計+比例制御弁をお使いでMFCに更新・交換する際などに御寄せ頂くご質問です。

(問)MFCにPIDコントローラを接続してもよいか?
(答)適切ではありません。
MFCにはPIDコントローラが内蔵されているため、外部の「コントローラ」からはアナログ0...5 Vdc, 4...20 mAなど、機器仕様に適合する設定流量と電圧・電流が比例するような信号を入力して下さい。
外部のPIDコントローラから設定信号を送信すると、設定値が時事刻々と変化してしまうために制御不安定となります。

MASS-STREAM前面ディスプレイから流量設定できない場合の設定変更(その3)

カテゴリ:

マルチファンクションディスプレイ付きMASS-STREAMマスフローコントローラの流量設定が出来ない(Setpoint: not modifiableまたは編集不可)場合の設定変更手順のご案内です。

DSC_1004 DSC_1009

1.
マイクロスイッチを用いた流量設定
2. フリーソフトウェアFLOW-VIEWからの設定変更
3. フリーソフトウェアFLOW-PLOTからの設定変更

本記事では3.  フリーソフトウェアFLOW-PLOTからの設定変更をお知らせします。
A. 通信ケーブル等、お持ちではない場合はお問合せ下さい。

B. FLOW-DDEでCommunication>Opencommunicationを選択し、通信開始します。
1

C. FLOW-PLOTのInstrumentSettingsボタンを押し、左上Channel& control modeのModeを1. Analog inputから0. Bus/RS232に変更します。
D. マルチファンクションディスプレイから流量設定します。ソフトウェアは通信終了しても、また通信ケーブルはコンピュータから取り外しても問題ありません。
2

MASS-STREAM前面ディスプレイから流量設定できない場合の設定変更(その2)

カテゴリ:

マルチファンクションディスプレイ付きMASS-STREAMマスフローコントローラの流量設定が出来ない(Setpoint: not modifiableまたは編集不可)場合の設定変更手順のご案内です。

DSC_1004 DSC_1009

1. マイクロスイッチを用いた流量設定
2. フリーソフトウェアFLOW-VIEWからの設定変更
3. フリーソフトウェアFLOW-PLOTからの設定変更

本記事では2.  フリーソフトウェアFLOW-VIEWからの設定変更をお知らせします。
A. 通信ケーブル等、お持ちではない場合はお問合せ下さい。
B. FLOW-DDEでCommunication>Opencommunicationを選択し、通信開始します。
1

C. FLOW-VIEWのAdvancedタブを開き、Setpoint/ControlModeを1. Analog inputから0. Bus/RS232に変更します。
3


D. マルチファンクションディスプレイから流量設定します。ソフトウェアは通信終了しても、また通信ケーブルはコンピュータから取り外しても問題ありません。


MASS-STREAM前面ディスプレイから流量設定できない場合の設定変更(その1)

カテゴリ:

マルチファンクションディスプレイ付きMASS-STREAMマスフローコントローラの流量設定が出来ない(Setpoint: not modifiableまたは編集不可)場合の設定変更手順のご案内です。

DSC_1004 DSC_1009

1.
マイクロスイッチを用いた流量設定
2. フリーソフトウェアFLOW-VIEWからの設定変更
3. フリーソフトウェアFLOW-PLOTからの設定変更

本記事では1.  マイクロスイッチを用いた流量設定をお知らせします。
A.
本体上部のスイッチを4回続けて押します(間隔:1秒未満)
B.
LED点滅中にボタンを1回素早く押して離します。
C. LED点滅中にボタンを1回素早く押して離します。
D. 本体上部のスイッチを2回続けて押します(間隔:1秒未満)
E.
LEDが暫く消灯し、緑点灯に戻れば設定完了です。


DSC_1006 DSC_1008
緑色LED点灯/点滅                               赤色LED点灯/点滅

このページのトップヘ

見出し画像
×