ブロンコスト/マスフローのblog

マスフローメータ・コントローラを扱う会社のセールスエンジニアのブログ。流量計やコントローラのアプリケーション、トラブル対応、日々の出来事などについて綴っていきます。

こちら下記のブロンコスト製品の5ピンカスタムI/Oの標準が変更となります。

・対象機器
EL-FLOW Prestige FG-110C, FG-111B, FG-200CV, FG-201CV, FG-210CV, FG-211CV, FG-201CS
ES-FLOW ES-103I, ES-113I
mini CORI-FLOW ML120V00, ML120V21

・変更前
A1V: 0...10 Vdc出力(コントローラ)

・変更後
000: 無効

オプションで下記を選択頂けます。
A1V: 0...10 Vdc出力(コントローラ)
B1V: 4...20 mA出力(コントローラ)
B2V: 3.8...20.8 mA出力(TEIP11/Badgerコントローラ)
C3A: 最大/最小アラーム
C4A: カウンター上限到達の通知
C5S: シャットオフバルブ(セットポイント連動)
C0I: シャットオフバルブ(外部からのパラメータ連動)
D9E: 周波数出力(瞬時流量)
F9B: パルス出力(積算流量)
H1P: 外部圧力センサ(EL-FLOW Prestigeのみ、圧力補正用)
I3C: バルブ閉
I8C: バルブ全開
I1R: カウンター(積算計)リセット
I2R: アラーム(警報)リセット

詳細はこちらをご覧下さい。(※ご案内の書類(PDF)へのリンク)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

マルチガス対応のマスフローメータ・コントローラです。

25種のガス(*)と、最大5種からなる混合ガスに対応します。
別途、これ以外のガスや混合ガス用のガスカーブを予め登録することも可能です。

DSC_1034

*
Air (空気)
N2 (窒素/Nitrogen)
Ar (アルゴン/Argon)
H2 (水素/Hydrogen)
O2 (酸素/Oxygen)
CO (一酸化炭素/Carbon monoxide)
CO2 (二酸化炭素/Carbon dioxide)
He (ヘリウム/Helium)
CH4 (メタン/Methane)
SiH4 (シラン/Silane)
NH3 (アンモニア/Ammonia)
C2H2 (アセチレン/Acetylene, Ethyne)
C2H4 (エチレン/Ethylene, Ethene)
C2H6 (エタン/Ethane)
Kr (クリプトン/Krypton)
C3H6 (プロペン/Propene)
C2F6 (六フッ化エチレン/Perfluoroethane, Hexafluoroethane, Freon-116)
C3H8 (プロパン/Propane)
NF3 (三フッ化窒素/Nitrogen trifluoride)
N2O (亜酸化窒素, 一酸化二窒素/Nitrous oxide)
H2S (塩化水素/Hydrogen chloride)
Cl2 (塩素/Chlorine)
SF6 (六フッ化硫黄/Sulfur hexafluoride)
NO (一酸化窒素/Nitrogen oxide, Nitric oxide )
Xe (キセノン/Xenon)

ボディ接ガス部はステンレス316L相当、シール材は標準Viton, オプションでEPDM, Kalrezを選択頂けます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

工業炉やバーナーの排気に含まれる窒素酸化物(NOx)の還元・除去のため、アンモニアが用いられています。

堅牢性や詰まりにくさ、繰り返し性の良さを評価頂き、アンモニアの流量測定・制御にMASS-STREAMを採用頂いた事例を紹介致します。
https://www.bronkhorst.jp/files/br-jp/resources/ammonia_control_to_avoid_fines_jp.pdf

MASS-STREAMについては、ブロンコスト・ジャパンにお問合せ下さい。
mass-stream d-6370_0022 display

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブロンコストでは、アンモニア向けにMASS-STREAMマスフローメータ・コントローラを選定頂く場合、接ガス部金属材料としてアルミニウム合金ではなくステンレス(316L SS)をお薦めしております。
mass-stream d-6370_0022 display

アンモニアに水分が含まれるとすぐに腐食が生じます。完全にドライなアンモニアを供給することは多くの場合困難ですので、より耐食性の高いと考えられるステンレス鋼の方が良いと考えているためです。

ただし、最終的には、お客様ご自身がご利用になるガスの清浄度や運転環境を踏まえて判断頂くようお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブロンコストが製造・販売しておりますスルーフロー型サーマル式マスフローメータ・マスフローコントローラIN-FLOW CTAは2018年夏を目途に販売を終了させて頂く予定です。

代替品として、同じ原理で動作するMASS-STREAMをご検討下さい。

こうした製品の販売終了や新規販売等については、ブロンコスト・ジャパンWebサイトのローカルニュースにてご案内致しております。
mass-stream d_6320_0038 display
(MASS-STREAM D-6320)
in-flow cta t15-white publ
(IN-FLOW CTA T15)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ