ゴールを達成する。コーチング&気功ブログ 古市雅洋

世界的な科学者である苫米地英人博士らによる最先端の機能脳科学、認知心理学、分析哲学などの成果がたくさん盛り込まれたコーチングについての情報、それに加えて強力な非言語の方法である気功の情報も発信中。思いきり人生変える!という方向けです。

2017年07月

こんにちは。

今日もお読みくださり、ありがとうございます。


何も知らない人から見れば突拍子もないようなこと、

普通に考えれば無理だと思えるようなこと、

現状の外側の高い高いゴール、

そうしたことの実現を本気で追いかけ行く時に、

ぶつかることがあります。

ドリームキラーの存在です。


ドリームキラーに何を言われても全く気にならず、

感情も全く左右されることなく、

1秒たりともドリームキラーが認識に上がらないのであればすごいことですが、

そうでない時もあるかもしれません。

自分や自分が所属する集団の生産性が全く変わって来るので、

自分の周りからドリームキラーをいかにいなくして行くかというのは、

とても大事なことになります。


その方法もいくつかありますが、

手っとり早いのは、自分が所属する集団を変えることです。

ドリームサポーターだけが集まったり、

ゴールを共有する集団に所属することです。


ところが、そうはいかない場合もあります。

そういう時は、ドリームキラーをドリームサポーターに変えたりする必要があります。

単に、あなたの夢やゴールが高すぎてついて行けないから、

ドリームキラーになっている場合もよくあります。


「新しい事業を起こして、社会に〇〇を提供する。」

「世界最高の都市を作る。」

「自分の分野で世界一の価値を生み出す。」

といったことも、知識が無かったり、臨場感がわかなかったりすれば、

周りの人がドリームキラーになりがちです。


でも、そうしたドリームキラーであっても、

イメージを観せてあげたり、

自分にも利益があると感じさせることができれば、

結局は、ドリームサポーターに変わっていきます。

また、自然に気づいて、転向することもあります。


現状の外側のぶっ飛んだゴール、

周りの誰もが無理だと思うようなゴール。

そんなゴールを本気で追いかけてもいいのです。

自分でゴールを下げなければ、結局は上手く行きます。

ドリームサポーターも増えて行きます。


高い高いゴールを見据えていきましょう。

こんにちは。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


人間は、誰もがとてつもない可能性や能力を持っています。

それは、自分でも気づかないくらい、大きなものです。

以前は、到底、届かないと感じていたゴールや、

できないと考えていたことなどが、

実は、単に自分で自分の能力を抑え込んでいただけ、

ということが多くあります。


コーチングを実践したり、受けたりすることで、

エフィカシーが上がれば、

ゴールもどんどん高くなって行きます。

そして、周囲はもちろん、自身でも驚くほどの天才が、いきなり目覚めたりします。

脳全体が思い切り活性化しているような状態が続いたりして、

やっていることも急速に大きくなって行ったりします。

また今まで無意識に蓄積された情報が次から次へと出てきて利用されたり、

新しいゲシュタルトが次々にできたりします。

それも桁違いに、です。

人によって感覚的は違いますが、今までの100倍とか1000倍とか、

それくらいの体感を伴う変化です。

それでも、まだまだ伸びます。

それを目の当たりにしています。


人間は、誰もがとてつもない能力や天才を持っています。

エフィカシー高く、自分を信じていきましょう。

↑このページのトップヘ