ゴールを達成する。コーチング&気功ブログ 古市雅洋

世界的な科学者である苫米地英人博士らによる最先端の機能脳科学、認知心理学、分析哲学などの成果がたくさん盛り込まれたコーチングについての情報、それに加えて強力な非言語の方法である気功の情報も発信中。思いきり人生変える!という方向けです。

2019年04月

こんにちは。


今日は中国の青島からです。

最近、日本に引きこもっていましたが、

昨日から青島に出て来ています。


Fotor_155660257791571


青島では八重桜がちょうど満開です。




昨晩は、気功についていろいろお伝えしたり、

今後のことなど、いろいろありました。


関係者の方々との縁起に心から感謝です。

Fotor_155652826043776


こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


言葉が人生を決めるーーー


言葉には、とてつもない力があります。

実際、私たちは、目の前にある出来事を言葉によって認識し、解釈しています。

そして、人間は現実そのものを認識しているわけではなく、

認識していることが現実なのであり、

例えば、「人間とはこういう存在だ」といった具合に、

自身の現実も、全て受け入れた言葉によって成り立っています。


これも、すごい知識だと思います。

なにせ、やることはシンプルになるからです。

受け入れた言葉によって成り立っているのですから、

それを変えるなり、捨てれば、

あっという間に現実も変わるからです。

そして、理論だけでなく、実際に実践してみると、

現在の不満だらけの状況も簡単に変えられます


ですから、これまで自身に縛りをかけていた、

言葉とブリーフを壊して行く方法を身につける必要があります。

そして、そのための方法がアファメーションです。

苫米地博士の書籍に何度も出てきて、馴染みはあるかと思いますが、

「あぁ、アファメーションね。知ってる、知ってる。」となってしまうのは、

本当にもったいないなと思います。

実践してみると、メチャクチャ強力です。


では、どんなアファメーションを作ればいいのでしょうか?


これには、11のルールがあります。

(今更感がありますが、「コンフォートゾーンの作り方」などは必読書です。)

それによって、ゴールの世界の自分の姿をありありと思い浮かべます。

毎日、少なくとも二回は読み上げます。

やっていて、「うーん?イマイチ・・・」とか、

あんまりワクワクしたり、感動しないなと思ったら、

言葉を修正してみます。

私たちの状態は常に変化していますので、朝書いたアファメーションも、

夕方には、なんだか・・・になったりすることもありますし、

好きな言葉とか、語感は人それぞれ異なりますので、

自分の想いに正直になり、言葉にして行くものです。


未来を変えて行くことは、

確実に効果的に行うことが大切です。

アファメーションも、とてもとてもシンプルですが、

やれば着実に積み重なり、神経ネットワークも形成されますので、

実践しているかどうかで、結果にかなり大きな差も出てきます。


日々、夢やゴールの世界にひたっていきましょう。


【今日のワーク】
アファメーションを新たに作ってみてください。

古市雅洋 ルー・タイス

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

時々、遠隔気功でのサポートもさせていただいたりしていますので、

海外にいらっしゃる方からもメッセージをいただいたりしており、

嬉しい限りです。



現代は、私たちにとって素晴らしい時代になっています。

インターネットの発達によって、

チケットを予約するのも楽ですし、

一昔前よりも移動も遥かに簡単になっています。

特に、日本という国の国籍を持っていればなおさらで、

世界最高のパスポートもあります。

(もし、お持ちでなければ、取得されることをおすすめします。)

これも、本当に恵まれたラッキーなことだと思います。


そして、

誰でも渡航の自由があり、

外国に移住することも自由です。

当たり前ですね。

ですから、移動したければ移動する。

今は、住み方も多様化している時代です。


カナダにサマースクールに行かれたり、

日本ではなく、ハワイでゆったりと過ごしたり、

クリスマスにはロンドンで落ち着いた日々を過ごしたり、

そうした一時的な滞在をされている場合もあれば、


ずっと外国に住んだり働いたり、という選択ももちろんあります。

額面だけ見れば、シンガポールは、

今や、一人あたりGDPは日本の1.5倍で大きく引き離していますし、

種々の環境の面でオランダで働くという選択をされた方もいらっしゃいますし、


すでに、個人でも、国境を超えた人生設計が容易な時代になって来ています。

日本だけに限定しなくてもよく、

自分が、

ここだ!

と感じるところでやって行ける時代です。


もし仮に、一箇所に留まって、縛られたりすることで、

お持ちの能力や、才能が開花されないのは、

本当にもったいないことだと思います。


行きたいところ、ゴールの世界に、どんどん移動して平気なのです。

そして、そうして移動することで、

コンフォートゾーンがゴール側のものになり始め、

実際にそうなって行きます。


そして、移動し、様々なコミュニティなどとも接することで、

とても大切なことに気づいたり、

いろいろなことも起こります。


初めはよくわからなくても、

とにかくやってみる。

これで大丈夫です。

方法は、脳がクリエイティビティに創り出します。


エフィカシー高く、どんどんいってしまいましょう!

古市雅洋

こんにちは。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


人間が心から幸せを感じることというのは、

人それぞれですが、

物質的なことではない場合が多々あります。

別荘を含めて何軒もの家を持っていたり、

ビルを何棟も所有して、悠々自適な生活を送っていたり、

高級ブランドのお店で、棚を全て大人買いしてみたり、

もうとっくにボロボロに稼いで、老後も働く必要が無かったり、

人によって事情は様々ですが、

それでも、働いたり、

社会貢献をしたり、活動をしていらっしゃる場合がほとんどです。


誰かと遊びに行ったり、

一緒にトンカツを食べてお腹いっぱいになったり、

趣味の話で盛り上がったり、

いつも新しいビジネスのタネを探していたり、

数理科学の定理の証明のため、紙と鉛筆を手に机に向かっていたり、

人それぞれ、好きなことや価値観もたくさんあります。


一見、些細に思えることであっても、

自分が心から満足したり、本当に幸せを感じることを考え、

未来のイメージをする必要があります。

他人の評価、世間のモノサシ、社会的ななんとか〜は一切関係なく、

自分の内からの声に耳を澄ませます。



最近あった、自分の例です。

ある公共の場でお隣に親子がお座りになっており、

その子(3〜4歳くらい?)は椅子の上で、

アザラシのぬいぐるみを行ったり来たり動かして遊んでいました。

ちょっと見ていたのですが、

たまたま、その子と目が合いました。

それで「かわいいね。」という想いで微笑んだら、

「キャッキャッ。」といった感じで、軽く跳んだり、

楽しそうにしていました。

この時も、その笑顔を見ているだけで、

心から嬉しくなりました。

自分の中では、とても大きなできごとです。



一昔前は、

競争することはいいことだとか、

一番以外は価値が無いといったこともあったかもしれませんが、

もう、そんな競争や消耗はしなくていい時代になりました。

全員が等しくゴールを達成して行き、

心からの幸福や安らぎを実感することができる時代です。


誰かとの比較も不要です。


自分が心から望むゴール、実現したい夢に向かっていきましょう。

達成できます。


古市雅洋 張永祥

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


エフィカシー。

コーチングというのは、

エフィカシーを上げる、ということに尽きると言えるほど重要な概念です。

復習になりますが、

ゴール達成のための自己能力の自己評価です。


たった一行の定義ですが、

実際にはとてつもなく奥が深いもので、

最近、苫米地博士からお聞きしたお話でも、

「ああ、そんなに深いんだ。」と改めて思いました。

もちろん、苫米地式はまだまだ進化中ですし、先があります。


それで、エフィカシーですが、

エフィカシーは全てに影響して来ます。

実際の能力にも、エフィカシーの高さが大きな影響を与えます。

人間の能力の限界は、

イマジネーションの限界のことだからです。

自分で「これはできない」、「これは難しい」と思ってしまうと、

本当にそこに限界を作ってしまいます。

大抵の場合、自分で課題を難しくしてしまっていたりします。

逆に、「できる!」と心から思っていれば、できます。

シンプルです。


エフィカシーを高めて行けば、能力の限界もどんどん引き上げられ、

実際に能力もさらに発揮されて来ます。

また、エフィカシーが高いと、自ら進んでいろいろやったり、学習したり、

その定着度なども高くなります。


最近、中学生、高校生向けの活動を新たに動かし始めましたが、

活用していただければ嬉しいな、と思ってやっています。

現代は情報空間メインになっていますし、

インターネットで情報も広く普及されたり、

自分でその気になれば知れるようになって来ています。

日本と呼ばれる地域でも、

年齢もどんどん関係なくなって来ています。

本来、民主主義という制度を採用している以上、

二者関係であれば、みな、甲と乙で年齢は関係ないのですが。。。


これも本音ですし、前にも書いたと思いますが、

自分は、盾や防波堤、足がかりとしての役割を設定していますので、

10代や20代、あるいはこれからの未来を担う世代の方々が、

もっと活躍しやすい環境や状況を作ったり、

少しでもお役に立てたら嬉しいなという想いです。



エフィカシーのことでしたが、

エフィカシーは自己評価ですので、どんどん高めて行くことができます。

それも、お互いに、チーム内でも高めて行くことができます。

自分に必要な力も、

ぐんぐんと身につけて行くことができます。


エフィカシー高く、ぶっ飛んでいきましょう!


古市雅洋 コーチング 数学

こんにちは。

いつもありがとうございます。


すでに大成功への道を突き進んでいらっしゃるかもしれませんが、

このコーチング理論は巨大な体系の科学です。

それも、すでに世界中で実績が上げられ、

オリンピックの金メダリストから、

超巨大企業であっても活用していたりするものです。

最新の認知科学をベースとした理論、それと多大な実績、

それは結果出ちゃいます、っていう感じですね。

それも、科学である以上、普遍性も高く、再現性も高いので、

実践すれば、

サクサクとおもしろいように結果も出てきます。


そのコツとかポイントやノウハウもたくさんあり、

全てをここに書ききれませんが、

リラックスタイムは重要です。

日々、忙しくても、あえてゴールを見直したり、

設定するための時間を確保することは必要です。

そうすると、次々に新しいゴールも見つかって来たりします。


ゴールは、抽象度の高いもの、利他的なものであることも大切です。

コーチングを自己実現のために使うことは推奨していません。



否定はしませんが、

自分だけ得をしたいとか、自分だけの利益のためとか、

そうした方とは、

必要な方へコーチングを届ける活動がストップしてしまうので、

自分の場合はコミュニケーションをとりませんし、

(と言いますか、何を言ってるのかよく分からないというのが正直なところです。

認識に上がらないので、日本語かどうかも不明です。)

この場にもいないはずですし、

もしそうなら、すぐにこのブログを読むのをやめてください。



これまでにたくさん書いて来ているので大丈夫だと思いますが、

ルー・タイスや苫米地博士を中心とした方々の

何十年もの活動やエネルギーが込められたものですので、

コーチングはそうした抽象度のものではありませんよね。


さて、

もしもですが、

やりたいことやゴールが中々見つからない、

日々お金に追われているとか、

疲弊するばかりとか、

きっかけが無いといった場合、

原点に戻ることが大切です。


未来は、自分で決められます。


高いエフィカシーを維持し、

望むゴールに向かって、楽しみながらいきましょう!



【今日のワーク】
好きな音楽などを聞いたり、

リラックスします。

そして、抽象度の高いゴールを一つ新たに設定してみます。

どんな体感が得られましたか?

古市雅洋 苫米地式

こんにちは。

いつもありがとうございます。


ゴール達成や夢実現に必要なこと。

それは、望む未来だけを映像化することです。

人間は考えていることを映像として、思い描きます。

例えば、海に行った人がその出来事を思い出す時、

海がエメラルドグリーンの色をしていたり、

波しぶきの音や潮騒だったり、

サンゴでできた白い砂浜だったり、

一緒に行った人の言葉だったりを思い出します。


あるいは、高原のリゾートであれば、

夜空の星を眺めたことや、

ホテルやコテージでゆったりとした時間を過ごしたことや、

清浄な空気を吸ったり、

きれいな気をたくさん浴びたり、

楽しい会話などを思い出します。


未来のことも同じで、

映像化して思い描きます。

そして、人間の習性として、それを現実化させる方向に向かいます。

ということは、です。

ネガティブやマイナスのイメージ、映像化はできるだけしない方がよく、

自分の望む未来だけを映像化すればいいのです。


そしてそれは、

ゴールを達成している自分であれば、

今現在どういうことをしているべきか、というイメージです。

例えば、現在フリーターという人が、

「世界を股にかけて活躍し、

国際社会や世界に対しても、〜なことをする経営者になる。」

といったゴールがあったとします。

そうすると、現在は、少なくとも、

英語のニュースは読んだりしているはずですし、

経営者や成功者の方に会いに行って話を聞いたり、

すでにそれに向かって何かしらの動きをしているはずです。

また別の例ですと、

「世界一の〇〇になる。」といったことであれば、

その分野で世界最高の場所にいるはずです。



やることは、シンプルです。

であるからこそ、それにエネルギーを注いで行くことができます。

映像化したことは、現実化して行きます。

望む未来を何度も映像化し、

楽しみながらいきましょう!

古市雅洋

こんにちは。

いつもありがとうございます。


私たちは、常に、自分自身を過小評価しています。

とてつもない能力を持っているにも関わらず、

リミッターをかけてしまっています。

そして、それによって、大変もったいない状態になっています。

それは、自身だけでなく、

社会にとってもです。

リミッターが外れ、その能力の一部でも解放されるだけでも、

パフォーマンスが思いきり高まりますので、

幸せになる人も増え、

社会にもとてもプラスの影響が出ます。


ところが、高い自己評価が無いと、

課題などに直面した時に、

手に負えないと感じてしまったり、

諦めてしまいがちです。

けれども、これらは、やる前の話です。

やる前からそうなってしまうのは、本当にもったいなく、

それも、自分で自分に制限をかけているだけですし、

やってみたら、「なんだ、カンタンじゃん。」となったりします。

例えば、「○○を深く学ぶために、海外の〜大学に行く」とか、

「〜をして、世界に貢献をする」とか、

「〜の機関や組織で大活躍をし、輝ける日々を送る」とか、

「独立起業して大成功し、時間にも余裕があり、

・・・な生活をする」とか、

人それぞれですが、ゴールを達成するためには、

高い自己評価が必要です。


人間は、とてつもない能力を持っています。

ただ、私たちは、学校などで、

その引き出し方を習ったりしていないだけです。

でも、シンプルなんです。

「私はすごい。」、「自分はなんでもできる。」、、、

そんなセルフトークもどんどん自分に語りかけることです。

自尊心が高ければ、

より多くのものを与えることができ、

より多くのものも受けとることができます。


あえて書かなくても平気だと思いますが、

順番を間違えると、

上手く行かなくなります。


そして、周りの人の自尊心を高めることができる人を、

人はリーダーと呼びます。


もっともっと自分を高く評価していいのです。

自分自身を高く評価するクセをつけましょう。

もっともっとすごいことができます。

高い自己評価が現状を壊し、

思いきり未来を切り開いて行きます。

古市雅洋

こんにちは。

いつもありがとうございます。

今日もいいお天気で、清々しかったです。


さて、私たちが人生のゴールを考える上でも出てくることは、

スコトーマです。

なんとかゴールを達成しようと思っても、

観えている世界が昨日と同じ現状であれば、

どんなに力を注いでも、

現状や、抱いている不満は変わらず、

結局は元の木阿弥になってしまいます。

実は、その方法は、スコトーマにかかって観えないからです。


では、どうすればいいかと言えば、

シンプルで、

現状の外側に出ること、

小さくてもいいので、

一歩を踏み出してみることです。

それによって、これまでとは違った情報も入って来ます。


すでに留学されたり、

海外に頻繁に出張に行かれる方もお読みですが、

例として、

外国に行ってみれば、

日本にだけいると観えないことも、たくさんあります。

日本という国は、世界の一部分なので、

海外に飛び出さなければ、

原理的に日本のこともわかりません。

直接見ることが重要です。

現代は、飛行機も普及していますので、

海外でも気軽に移動することができる時代です。

ちなみに私は、近場であり、

寒くなければ、草履で行って帰って来ることもあります。

(ドレスコードなどがある場合もあるので、

一応、靴も持って行きますが。)


現状の中にいても、現状のことは中々観えづらいですし、

そもそも現状の中に解決策などが無いから、

現状維持が続いてしまいます。


ですから、シンプルに飛び出す。

これまでとは違った行動をとってみる。

それだけで、歯車が動き始め、大きく変わり始めます。


エフィカシー高く、どんどん飛び出していきましょう!

古市雅洋 コーチング

こんにちは。

いつもありがとうございます。


私たちの周りにはたくさんの情報が溢れていますが、

そうした全ての情報を認識しているわけではなく、

スコトーマによって観えないこともたくさんあります。

それもよりによって、

決定的に重要な情報なども観えないことも多々あります。

それによって、不要な労力やエネルギーを割いていたり、

中々現状が変わらなかったりします。


じゃあ、スコトーマを外せばいいじゃん。

と言うと、その通りです。


現代は、かなりのことが情報空間に移っていますので、

スコトーマさえ外れれば、一瞬で課題も解決したり、

現状から抜け出せます。

もし仮に、

これだけやっているのに、、、とか、

毎日が忙しいばかりで、全然楽になっていかないとか、

もっとできるはずなのに、、、

そうした状態だったとしても、未来は一瞬で変わります。



ところで、

高い能力をお持ちだったり、

とても優秀な方が活躍されていないといったことをお聞きする度に、

本当におかしいなと思います。

ご自身が輝ける機会を得ていないのもそうですし、

そうした才能などは誰もが同じものを持っているわけではないので、

それが如何なく発揮されれば、社会はより豊かになるにも関わらず、ということです。



繰り返しになりますが、情報空間では、

変わるのは一瞬です。

本当にちょっとしたきっかけだけで、

一気に変わって行きます。

例えばですが、

ゴール側にいる人と会って、コミュニケーションを取ったりするだけで、

マインドの使い方の違いや、

気も、

無意識は感じ取ります。

それによって、スコトーマが外れることもあります。

ここで詳しくは書きませんが、

人工知能にできないことをやったり、自身の尊厳を守ろうとするのであれば、

なおさら人が重要です。

たった一人の人との出会いでも、人生思いきり変わります。



小さなきっかけからでも、

スコトーマが外れれば、大きなうねりとなって、

一気に行けます。

もっともっと高いゴールも達成できます。


古市雅洋 苫米地式

↑このページのトップヘ