ゴールを達成する。コーチング&気功ブログ 古市雅洋

世界的な科学者である苫米地英人博士らによる最先端の機能脳科学、認知心理学、分析哲学などの成果がたくさん盛り込まれたコーチングについての情報、それに加えて強力な非言語の方法である気功の情報も発信中。思いきり人生変える!という方向けです。

2019年10月

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


このコーチング理論を実践して行くと、

状況も大きく変わりますし、

それは文字通り、桁違いに変わります。

ルー・タイスの40年以上の実績に加え、

世界の苫米地英人博士("日本の"ではありません。)による最新の研究成果が盛り込まれたものですので、

そのインパクトは折り紙つきです。

苫米地博士は、いくつもの分野で世界トップを独走されていますし、

認知科学や人工知能の分野でも1980年代から世界の頂点で研究なさっている科学者です。

そして、私たちはとてもラッキーなことに、日本語で、

この世界最高のものを身につけ、実践して行くことができます。

世界の大企業でも活用されたりしているだけでなく、

今はすでに、日本代表のオリンピックチームにも導入されています。

ですから、やると大きな結果も出ちゃいます。


そうした結果を出して行くための、

コーチング以前の話のようでもあり、

コーチングの話でもあるような、

とても基本的な、そして根本的なことがあるのですが、

それをおさえた上で、実践されている方は、実際にどんどん先に進まれています。

それは、どれほど言葉を連ねても表現しきれないことでありながら、

今も、そしてこれからますます重要になって来ることです。


さて、先日、あるクライアントさんとのセッションがありました。

元々、エフィカシー高く、

上記のこともしっかりとおさえている方で、

本当に世界トップレベルのコンフォートゾーンで、

とてつもないスピードをもって進化、成長されています。


そのため、課題のレベルもそれまでとは全く異なっていました。

ですが、これからも世界を舞台に活躍して行かれる方ですので、

さすがにマインドの使い方が上手く、

高いエフィカシーを維持しながら、課題解決に向かわれています。


詳細は書けませんが、こうした時に一般的に参考になるポイントは、

>>課題が解決した未来のイメージを思い描く<<

です。

そのため、課題をしっかりと認識する必要があります。

課題が何かも分からないと、行動のしようがないですし、

それと、本気かどうかもここで分かれます。

一度課題を認識したら、かなりの部分をクリアで、

しっかりとイメージを作れば、

その解決策とか打開策は、必ず見つかります。

人間の脳は不思議と見つけたり、創り出したりしますし、

さらなる加速も起こります。


能力はたっぷり眠っていますので、

思いきり、リミッターを外していきましょう。

Fotor_157235702859169

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


古市雅洋

はい。

そんなわけで、大風呂敷を広げてみました。


岐阜県は郡上八幡(ぐじょうはちまん)の職人さんが作られたもので、

藍染めの手絞りで一点物でありまして、

生地は少し厚手で、柔らかい手触りとともに、

世界でたった一つの柄のオンリーワンのものです。

(創業して四百年とか、言語を絶してすごいと思います。)

これは滅多に出しませんが、

郡上八幡と言えば踊りで有名な地で、

ある時、その関係でこの風呂敷(あと扇子も)もいただきました。

関係者の方々に心から感謝です。


本や書類を包んだりすることがあるので風呂敷はいつも持ち歩いていますが、

以前も書いたように海外にも持って行っていまして、

鞄が壊れちゃったスイスとかでは鞄代わりにできて本当に助かり、

その流れもあり、その時、関心を持たれていた美術関係の方に、

風呂敷の素晴らしさを少しお伝えして来ました。

風呂敷は、結び方や折り方を変えることで、

鞄に変わったり、

いろいろなものを包めますし、様々な形に変わります。

ちなみに、スイスのお隣のフランスでは風呂敷は・・・



と、風呂敷とか日本の伝統技術の話に終始したいわけではなく、

コーチングの話ですが、

コーチングで設定するゴールは、

強烈なものの方がよく、

達成方法が全く分からないようなものの方が望ましいです。

世界最高とか、世界一とか、人類史上初とか、

それくらいのところに設定するのが普通、くらいな感じで平気ですし、

能力があるのにそれをもて余してしまっているのはとてももったいないですので、

ゴールは思いきり高く、振り切っていきましょう。



私自身はこれからもっと大風呂敷を広げて行きます。

業界の第一線でご活躍されている方だったり、

いろいろお聞きすることがありますが、

訳の分からないシステムやカルチャーなどによって、

優秀な方や才能溢れる方が活躍されていなかったり、

気軽に相談できる人がいなくて息詰まっていたり、

昔から本当におかしいと思っていますので、

もちろん、行動もして行きます。



最後に、繰り返しになりますが、

まだまだ能力はたっぷり眠っています。

今の10倍は軽いと思ってもらって間違いないですし、

100倍とか1000倍とか、

思いきり振り切っていきましょう。


Fotor_157210020681058

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


コンフォートゾーン。


私たちには現状とゴール側とがあり、

そのうちゴール側をコンフォートゾーンにして行きたいわけです。

ゴールは現時点では、

達成方法が全く分からないようなものを設定しているはずですので、

コンフォートゾーンがズレないと、

ゴールの達成方法も観えて来ません。


では、どうやってコンフォートゾーンを変えればいいのか?

というところで、

ゴールの世界を実際に体験してみるとか、

その他多くの方法があり、

また時間的・空間的に普遍的なこともあります。

クライアントさんには、何気に、または直接的にお伝えしていますが、

これを外すと上手く行かない、というポイントが存在します。

他にもこれまでにこちらでご紹介して来ていますが、

しっかり活用され、

そして実際にコンフォートゾーンをどんどん移行され結果も出ています。


あるクライアントさんは、元々抽象度も高い方ですが、

さらに進化、成長され、

世界トップレベルの方々ともしっかりつながり、

エネルギーに溢れ、

ハッピーな日々を送られています。

そんなお話を伺ったり、お姿を拝見しますのも、

本当に素晴らしいなと思います。



今後、世界を舞台に、さらなる活躍をされるのがとても楽しみでいます。


Fotor_157187926924853


こんにちは。

サンフランシスコから日本に移動して来ました。


さて、

本邦初公開になりますが、

今年に入ってから、

海外の拠点作りのために海外出張もしておりますし、

ヨーロッパやアメリカ、アフリカ、オセアニア、他のアジア諸国など、

日本だけでなく世界にも気功を広げて行くため、

ご協力していただいたりしながら、

国境を越えて必要な方や地域などに届ける、

「国境なき気功師団」の活動を私が代表で行っています。


気功は非言語による働きかけですし、

国籍や人種も関係が無く、

アメリカ人であろうとフランス人であろうと効きますし、

対面での直接的な働きかけもそうですが遠隔気功もありますので、

国境も越えて届きます。


ふと考えてみると、初めて遠隔気功を行ったのも、

サンフランシスコにいるクライアントさんに対してで、

偶然ではありますが、

今またサンフランシスコが一つのきっかけになりました。

物理的な距離は関係がないので、日本からアメリカに限らず、

ヨーロッパにも届きますし、

逆に、アメリカや中国からも送ったりしていまして、

海外から日本へも届きます。


そうした気功を広げることを通じて、

「国境なき気功師団」としてのゴールは、

世界から苦しみを無くすこと

理想的な世界のさらに先の世界の実現

掲げています。


この気功にはとてつもない力があり、

気を整えることで身体的にも精神的にも元気に回復したり、

クリエイティビティを高めたり、

夢を実現することなどにも活用できる素晴らしいものです。

気功というのも、ゴールを実現するための方法、手段の一つですが、

この気功を広げる活動を通じて、

掲げるゴールの達成に貢献できると確信していますし、

またゴールの達成も確信しています。



これから、

さらに活動を加速させて行きます。

国境なき気功師団

こんにちは。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


こちらは、

紅葉の季節で色とりどりの葉っぱが街中に広がり、

カラッとしており、とても心地よいです。

気候も良いですが、

素晴らしいことや出会いなどもあり、

やっぱりこの気功もやっていて良かったな、と改めて思う今日この頃です。


アップル本社

さて、シリコンバレーには、アップルだったり、

数々の企業が集まっていますし、

様々なところがあり、

スティーブ・ジョブズがウォズニアックと最初にアップルを創った時のガレージも見て来ました。

アップル本社からちょっと距離があるものの歩いて行ったのですが、

知らないと通り過ぎてしまうほど、

ここではごく普通の住宅の集まりの中にあり、

プレートも何も出ていないので「えっ?ここ!?」という感じです。

今は、cautionのテープで囲われ、歴史的なものとして扱われています。


グーグル本社

そして、カリフォルニア帝国の一巨人、

グーグルもこちらにあります。

世界中から天才や才能溢れる方々が集まり、

ランチの時にも、エネルギッシュにディスカッションをされていたり本当にすごいと思います。


ところで、

グーグルと言えば、興味深いことがあって、

中国に行くと分かりますが、

中国では金盾(グレートファイアーウォール)によって、

グーグルやフェイスブック、ツイッターなどとの通信が禁止されていて、

VPNを介したりしないと通常使えません。

北京はもちろん、上海などもそうです。

ところが、中国の厦門(アモイ)は空港のWifiで、

グーグルなどにアクセスできるんですね。


中国は、金盾でGAFAなどからのアタックもディフェンスし、

その間に、アリババだったり、テンセントを世界的な大企業にするのに成功したわけですが、

厦門では違っており、

台湾の隣だから盾が突き崩されているのか、

それともスルーしているのか定かではありませんが、


たまたまエンジニアの方(グーグルの方ではありません)とも機会があって、

そうしたことなども含めお話させていただたり、

他にも嬉しく刺激的なことがたくさんあって、

素晴らしい場所で素晴らしい時間を過ごさせていただき、

心から感謝です。


やっぱりシリコンバレー、最高です。

シリコンバレー 古市雅洋

インテル本社

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


台風で日本への移動日程がズレたので、

「どうしたものかな?」と思い、

ロンドンに行くか考えましたが、予定を早めてカリフォルニアに入り、

ここ何日かはシリコンバレーに滞在させていただいています。

サンノゼから少し離れたところですが、入った瞬間、

この地域の気はいい意味でヤバイなと思いましたし、

関係者の方々に心から感謝です。



インテルの本社もここにあり、

インテルミュージアムにも行って参りました。

インテルミュージアム

初めてだったのですが、

展示には"4004"のブースもあり、見ていたらもう崩れ落ちそうになりました。。。

インテルの"4004"は商用の世界初のマイクロプロセッサで、

CPUの分野でもアメリカが世界を制し、

文字通りその後の20世紀の世界を変え、今も続くのですが、

(MacbookのCPUだってインテルなわけです。)

元々のアイデアというか原形のようなものは日本にあり、

諸事情があったらしく(私は居合わせていませんが)、

それが、こちらインテルに持ち込まれ、

開発、製品化されることになりました。

↓の二枚目の写真に、

"In1959, the Nippon calculating Machine Corporation approached Intel to design 12 custom chips for its new Busicom ..."

はっきりと明文化されています。

インテル4004

4004

なぜ日本で製品化するのではなく、

開発者の方々がアメリカのインテルに話を持ち込んだのか?

というところに、日本のおかしなところがいろいろ想像されるわけで、

その辺のお話も少し伺ったりしており、

個人的にはここも、歴史の大きな分岐点の一つだと思っています。

仮にソフトウェアはアメリカだったとしても、

ハードウェア、CPUの分野があれば、

勢力図は今とは全く違う絵になっているはずです。

(実際、一度、日本は世界のトップに躍り出たわけですし。)



さて、この辺りには、以前フェアチャイルド社もあり(フェアチャイルドの記念碑もあります)、

(車だと驚くほど近いです。)

そこから抜けた人達がインテル社を創ったわけですが、

大学の時に恩師の一人から、

ショックレー研究所やらシリコンの純度の話だとかいろいろ伺ったり、

「ロバート・ノイスとゴードン・ムーアは覚えといて」と教わり、

ここに来て、そのインパクトの一部を体感しました。。。

今になっても、大変ありがたかったなと感謝の気持ちでいっぱいです。


改めて関係者の方々に心から感謝です。

フェアチャイルド 記念碑


こんにちは。

いつも活用していただき、ありがとうございます。


ボストンには、様々な施設、拠点が集まっていますが、

MITにも伺って参りました。

なぜかと言いますと、

昔、学生だった頃、ご指導いただいていた方が、

MITで学ばれた方で、

当時の貴重なお話などもたくさん聞かせていただいたり、

大変お世話になりました。

今回はその関係からでして、心から感謝です。

MIT メディアラボ

将来、こちらに入って学ぶという方もいらっしゃるかもしれませんが、

レクチャーなどでも、作った物を使って遊んだり、

皆さん、エネルギーに溢れ、楽しそうですし、

メディアラボにも伺い、

だいぶ以前に、雑誌か何かで読んで知った、

"Tangible Media"の実物ほか、

おもしろいものを見せていただきました。



改めてですが、関係者の方に心から感謝です。


古市雅洋 MIT

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


今日もボストンにいて、

ボストン美術館などを周ったりしました。

岡倉天心やフェノロサらの活動により、

ボストン美術館の日本美術のコレクションは日本以外では世界最高と言われますが、

今回は日本にあった毘沙門天が修復中で、その作業を見ることができ、

「おおーっ」という感じでした。

ボストン美術館 修復


アジアでは他にも、もちろんたくさんのものがあり、

ヨーロッパ、アメリカ、アフリカとか、現代アートもあります。

ゴーギャンの

"我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか"

も出張していなかったので観ることができました。

ゴーギャン 有名

この絵、よく観てみたら、

音が聴こえないんですよね。

ゴッホの耳切りは覚えていましたが、

「あれ?ゴーギャンってそんなことあったっけ?」というのが引っかかり、

他の絵も観たり、軽く調べてみたら、「えー、そうだったんだ!」という

ゴッホとの関係があって、

この絵はそのことがあった後、タヒチで描いたものですので、

音が聴こえないのも、さもありなんと思いました。



ところで、なぜ絵を観るのがおもしろくなったかと言えば、

そのきっかけは、だいぶ昔、10代の終わりだったかと思いますが(それか20代始め)、

ルノワールさんの

"ムーラン・ド・ラ・ギャレット"を見ていた時のことです。

何気に見ていたら、

木の葉がずれたり、木漏れ日による光と影が本当に動いて見えて、

相当、衝撃を受け、感動しました。



観るものがたくさんあり、歴史もあり、

やっぱり最高です、ボストン。


ボストン美術館 古市雅洋



ボストン チャールズ河

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


ニューヨークとは別の都市にて、

教育関係の件があり、それが終わって、

そこからボストンに移動して来ています。

お天気にも変わっていただき、

チャールズ河の夕焼けが本当に美しく、

感動的でした。

生きててよかったな、と改めて思った瞬間です。。。



そして、街中にアメリカ独立時の歴史が刻まれており、

そのエネルギーを感じ、思わず、もう一度、独立宣言を読んでみました。

自然なことではありますが、

以前に読んだ時とは全く別の認識で、

「こんなに変わるんだ!」と驚きです。

個人的なことですが、

自明のことである、

生命、自由、及び、幸福追求に対する権利の箇所がやはり心動かされます。

ボストン ワシントン

ちなみに、日本国憲法の前文では、

"われらは、平和を維持し、

専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、

名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、

全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、

平和のうちに生存する権利を有することを確認する。"

の箇所が好きと言いますか、昔から何度読んでも、

涙が出てきそうになるところです。



エマーソンに関する情報も街中に結構あるので、重要性も上がっており、

内なる光もまた、、、



ボストン最高です。

古市雅洋 ボストン

国際連合 ニューヨーク

こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


国際連合の本部なども、ここニューヨークにあり、

(ジュネーヴの欧州本部とは、まただいぶ異なる造りです。)

第二次世界大戦で形成された現状である国際連合にいろいろ思うところがありますが、

図らずもエフィカシーも高まり、スコトーマが次々に外れています。



そんなこんなで今日もたくさんのことがあり、

他にも楽しく、気持ちいいこともありました。

たまたまなのですが、何かに導かれたのか、

案内していただき、(入れて本当にラッキーでした。)

世界最高、かつ、世界に一つしかない物を見ることができました。

これまで実物を見たことが無かったので、それを見た時は、

「えっ?これをここに出していいの!?」と声に出しそうになりました。

さすが、ニューヨークだなとしみじみ思いました。

関係者の方に心から感謝するばかりです。



マンハッタン ニューヨーク

夜は夜で、

素敵な男性、女性の方々と一緒にお話しながら(ハイブローが繰り出され・・・)、

ジャズを聴き、

黒人の方のサックスが、まるで心に触れるような、

情感あふれるもので、

すごく心地よくなっていました。。。

日本語なのでお読みではないと思いますが、

素晴らしい時間を共有することができ心から感謝です。



やっぱり最高です、マンハッタン。


ニューヨーク マンハッタン 古市雅洋

↑このページのトップヘ