こんにちは。

いつもありがとうございます。


今日のテーマはアウトプット。

結論を書いてしまいますと、アウトプットをすることで、

人生大きく変わったりするのはもちろんですが、

インプットの質も変わり、学びも深いものになって行きます。



アウトプット、行動も含めてです、を意識してインプットをすると、

情報の入り方がまず変わって来ます。

アウトプットをするには、

自分の中で上手くまとまっていないと、

よく分からないことになってしまったり、

ゴチャゴチャになったり、いろいろですが、

アウトプットを意識していると、インプットの段階から、

自分の理解を確認しながら着実に学んで行けたり、

自分がそれを誰かに話したり、実際に行動したりするために、

まとめたり、上手く活用できる形をその段階から作って行くことになりますので、

深みが全然違って来ます。


こちらでのセミナーや講座などでは、

【】のような、アウトプットのワークが必ずあり、

実践者の方は皆さん自然に実感されていますし、

思わず自分のことのように嬉しくなってしまうメッセージをいただいていますが、

実際、本で読んだレベルと実践レベルでは、

大きな差があります。

特に、気功はそうですが、実践がとても重要で、

(例えば、自転車の乗り方は本を読んで身につけるものではないですね。)

やってみると、「ああ、これか!」みたいな体感もたくさん出てきます。

それによって、人生激変モードに入っている方もいらっしゃいますし、

そこからまた一段と加速して行きます。


そうして結果につながるのも嬉しかったり、

楽しいと思いますが、

好きなことであれば、学ぶのもとても楽しいはずですし、

成長を実感するのも人間の喜びの一つであると思います。


私たちは、

新しいことや好きなこと、

嬉しさが込み上げて来るようなことをどんどんやっていいのです。


自分の内なる声に耳を傾けていきましょう。

古市雅洋 苫米地英人