こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


答えは自分の中に。


コーチング理論を実践して行くと、

お金のことも含めスコトーマが思いきり外れてしまったり、

(先日もメッセージをいただきました。)

様々な価値観にふれ合うようになったり、

心穏やかな日々になったり、

いろいろな体感が出て来ます。


そんなコーチング理論には外せないポイントがありますが、

ゴール設定については、

自分が心から望むことを設定します。

比喩的に書けば、自分の内側から出てくるようなものです。


そして、これが見つかるのは、まさしく自分のタイミングです。

「あぁ、あの感じね。」と、

体感されている方もいらっしゃるかと思いますが、

それは外から与えられたものではないです。


内側からエネルギーが湧き上がって来るようなことです。


ですから、ゴールは書く必要は無いです。


書かないと忘れてしまうようなことは、

真のゴールではありません。

(ちなみに普段から大ざっぱな私にとっては福音です。)

人生100年時代と言われ、

これから120歳とかまで伸びていくような時に、

人生をかけて達成して行くようなゴールがそんなものであるはずがないですよね。


それが見つかってしまえば、、、

ですね。


自分の変化をよく観て、

「こうなったら嬉しい!」、「最高!」といったことや、

衝動が来たらチャンスです。

そこでおさえてしまうよう、学校教育などでは言われて来たりしたわけですが、

それを開けて行くことで、

大きな光、希望が出てきます。

古市雅洋 苫米地英人