こんにちは。

いつもありがとうございます。


今日もある官庁とのやり取りがあってまた一歩先に進み、

他にも嬉しいことがある一日でした。


どうしてこういう活動をしているのかな?とか、

ゴールについて、ふと考えていたら、

子供の時からの疑問が出てきました。


年齢などは正確に覚えていませんが、小学校低学年くらいから、

ずっと不思議に思っていたことがあります。

それは、

周囲の人達があれだけ働いているのに、全然、楽になって行ってないし、

余裕も増えていない、ということです。

それも、楽しく、おもしろいことをやっているわけでもありません。


「何かおかしくない?」


っていうのが、大人になってもずっと思っていたことです。



話は現代に飛びますが、

コーチングをしていて、本当に素晴らしいなと思う時はたくさんあります。

クライアントさんが大きな結果を出された時もそうです。

そして、

何かの縛りや思い込みから、解放された時で、

その時には堰を切ったように涙を流されたりします。

2人、3人とかではなく、もっと多くの方々がそうなっています。

その時にも感謝のお言葉をいただいたりして、

嬉しさもあって、こちらも泣きそうになりますが、

これまで、一体どれだけ苦しんだり、辛い思いをされた来たんだろう、

と思うのと同時に、

社会システムに「カチン。」と来ます。


また飛びますが、

気功師になると決めた時も、

目の前の人に、というのももちろんありましたが、

そもそも人が病気にならない世界や社会を作る気功師になろうと思ってなりました。

現在だけでなく未来の個人、社会、世界、、、

抽象度の高いところに渡ってそうしたいと思いました。


争いや差別だって、自分に跳ね返って来るので、

実際に傷ついたり、ストレスも溜まるだろうし、

やっている方も苦しいと思いますし、

もう終わりにしましょう、と声をかけたいです。


たくさんのことが思い浮かびますが、

結局、

一人一人が心から幸福を実感できる世界や、

苦しみの無い世界、

その先の理想的な世界の実現に興味があるし、

ゴールなんだなと改めて認識し、

そのための強力なツールがコーチングと気功なんだなと思った日でした。

人間関係の悩みや苦しみも無くなります。


もう時代は変わりました。

抑圧的、コアーシブな組織や文化も不要ですし、

今も、これからも、

自身を時代遅れの価値観から解放して、

自由に、思いきり創造的になれます。


すでに自由に活動されている方ももう一歩先へ、

まだ誰も見たことがないような、

素晴らしい世界に向かっていきましょう。


苫米地式コーチング 気功