こんにちは。

今日も遊びに来ていただいてありがとうございます。



さて今回のテーマは、完全未来思考です。

コーチングを実践してから変わったことって、いっぱいあるのですが、

やはりこれも大きな変化です。

どういうことかと言いますと、

一般的な学校の歴史の教科で、

過去から現在に向かう流れで学ぶように

普段の考えも過去から現在、そして未来へ、という流れだったのですが、

実は逆なんですよね。


時間は、未来から現在、そして過去へ向かって流れます。


未来にこうしようと決めたから、それが現在になる、

そして、それを体験したから過去になって行く。

例えば、ウィーンに行くと決めたら、実際にそうなって、

ウィーンで過ごし、それが過去のことになっている、、、

という具合に未来を決めたら、現実もそうなります。

ゴール設定の時もこんな感じです。


ゴール達成を決めてしまえばいいんです。


そして、その時は、まっさらに、

未来のことだけを考えます。

これまで何をやって来たかなんて過去志向そのものですし、

この点、何度でも言いますが、

過去が未来に与える影響は0%ですし、

また仮に今、上手く行ってなかったとしても、

これから大成功しない理由にはなりません。


どんな状況からでも、

いきなり最高の未来、より最高の未来に振りきれるんです。



普段お話させていただいているのが、

素晴らしく優秀なコーチの方々だったり未来志向の方々ばかりなので、

完全未来思考の日々を過ごさせていただいていますが、

別の現実世界では、

「今何をやっているんですか?」と聞かれることがありますが、

リアルに「呼吸をしています。」と答えそうになること多々あります。

(その度に、「あれ?今何してるんだっけ?」と思い出しながら話してます。)

元々記憶力がそんなにあるわけではないことに加え、

未来のことしか考えてないので、

今のことも思い出せないんですよね。


話は飛びましたが、

大事なのはこれからです。


完全未来思考で、高い高いゴールに向け、

思いきり振りきっていきましょう。

今、この瞬間に変えられます。

余裕で行けます。


Fotor_157521943395959