こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。


人間の脳は、、

なんとも言えませんが、

とにかく現状維持が好きですので、

放っておくと変わらない方をやっています。

だから、コーチングを学んでいても、

中々変われない、といったことがあったとしても、

不思議なことではなく、

脳の性質、仕組みが原因だということです。


ですから、

それはそれとして受け入れて認めるものの、

これを放置すると現状が肯定されてしまって、

ゴールが見つからなかったり、

ゴール達成に向けて行動が起こらなかったりするので、

私たちは何かしら差し込みを入れたりする必要があります。

その方法はたくさんありますが、

今日はその一つで、


環境を変えてみることです。


それまでとは違う環境に身を置けば、

自動的に、

別の判断基準を使ったり、習慣なども変わりますし、

それによって、

すごいひらめきが生まれたり、新しいゴールも見つかったりします。

ですから、時には非日常的な空間に行くことがおすすめです。


そして、外国に一定期間滞在するといったこともあります。

3日くらいだと短いと思いますが、

2週間から1ヶ月くらい滞在してみるとか。

現地でお友達や知り合いもできたりしますし、

それくらいの期間だと、

普段の活動の中で、やらなくてもいいこと、不要なことが浮かび上がって来ます。

日本にいないのですから、

必要があれば、行く前に済ませたりとか滞在中にやるわけですが、

それ以外のことで、やらなくても回るなら、

本来やる必要がない可能性が高いです。


データでも明らかになっていますが、

日本という国の生産性よりも、

スペインの方が高いのですから、

元からおかしなことだらけなわけですし、

そんなに深く考えなくてよいのです。

(ちなみに、今後ますます、

形式的でマジメなだけの仕事や書類仕事なども、

人工知能がやって行きますので、なおさらです。)

"まとも"であるほど適応し過ぎるとおかしくなってしまいます。

実際、スイスで結構な期間過ごされた、素晴らしい方も、

居心地が良過ぎると感じられたようですし、

大きく変わられています。


時には環境を変えてみることでも、

人生変わります。



一度、社会や環境を確認したら、

ゴールに向かって切り換える。

そんなマインドが未来を切り開いて行きますし、

やりたいこと、

本当に必要なこと、

クリティカルなところに注力して楽しんでいきましょう。




35 ゴール設定のポイント。誰に言われても・・・

34 味方につけることで・・・

33 誰の話に耳を傾けるのか

32 先立つものの重要性

古市雅洋 苫米地式コーチング