2011年04月

2011年04月16日

2011年4月15日(金)高齢者社会に向けて

14:30起床。体力的な問題だけではなく、精神的な問題もあって疲れていたのであろう。明るく振る舞っているように思われがちですけれど、結構悩みは多いのですよ。まぁ、悩みが1つもない人間が作品なんか作ったとしても上部だけの詰まらないモノしかできないでしょうけれどね。なんか、最近はそんな作品ばかりのような……。多分、深く考え悩むというようなことをしなくてもいい時代になったということなのでしょうかね。それはそれで幸せな時代かも知れませんけれど、逆にいえばなんにもない時代ともいえるわけでして……。上部だけの恋愛映画が増えているのはそんなことも原因なのか? いん、売れる映画はいい映画なんですよ。そういう映画で制作会社が儲けてくれないと、作る土俵が潰れてしまいますから。自分も現在の新企画は、「ある程度」売れる要素を入れて儲けを考えています。儲けて貯えがないと、冒険的な作品は作ることができませんモノ。なんて事書くと、「儲けばかり考えて作品を作るとはケシカラン!」なんていう人がたまにいるのですが、自分は作品でも受けてメシを食べているわけでしてボランティアでいい作品、儲けが出なくてもいい作品を作るようなことはいたしませんので悪しからず。
そういや某マンガ雑誌編集者と話したけれど、最近の若手マンガ家はギャラ以上の原稿を仕上げてくることがあるという。書き込みが細かく、スクリーントーンのメカタが多く、背景もきっちりと入れていて……。雑誌掲載分の原稿料だとどう考えても赤字。本人は単行本でのペイを考えているのだろうけれど、ペイできる作家なんて一握りで、ペイできる作家なんて一握りで赤字かよくてトントンというところがほとんど。
読者にとっては嬉しいけれど、生活を考えたらまずは原稿料でできる範囲のモノに抑えるべき。ギャラ以上のことをやっても時間と金の無駄になることがほとんどである。プロならばギャラ以上の仕事をしてはいけない。ええ、自分もギャラに見合った仕事しかしていませんよ。ギャラと作業の対比表を特って、どの作品を優先的に作業して、どのあたりまでチェックして、どれほどの時間を割けばペイできるのか……ということはきっちりやっていました。たまに、ギャラではなく作品としてやらなければならないモノがあったりするので、それは特例として全力を出しましたけれど、ギャラの安いモノに関しては、ボランティアではないので「頂いているギャラの範囲内」の仕事以上はしていません。だって、商売ですからね。
あっ、ゲームと小説、コラムに関してはそのあたり関係なしに現在本気でしています。というのも、いまはこれらのジャンルでの基本給を上げる時期だと考えていますから。アニメって上がらないんですよね、ギャラが。だから、そういうことがしやすかった。
15:00三日貯まった日記を書いていく。原因不明の音声収録ミスについてがメインのなってしまうのは仕方ないであろう。でも、14日の日記が事実でありながらひどい。本当に1日寝ていて記憶がないのだ。正しくは、起きて少しだけトイレにいったりした記憶はあるのだけれど、出した小便の色や匂いについて書いたところで誰が喜ぶというのか? いや、もしかしたらここで医療関係者が読んでいて、腎臓あたりに的確なアドバイスが頂けるかも知れないが……。
あれだけ寝たのであるからすっかり眠気が無くなったとばかり思っていたのだが、なんか頭がボーッとして眠くてたまらない。日記のように思いついた文章をただ書いていくだけという、創造性のかけらもないような作業であるならばまだ進められるのだが、本業である創造性だけの仕事はとてもできない。ちょっと寝ようか……とも思うが、実は昨日仕事をしていなかったので、少しやるべき事柄があったりもするのだ。それだけでもやらないと……。
17:00そのやらなければならない仕事というのは、送られてきたサンプル版のAVを観るということ。すでにAV情報誌に記事は書いてはいないのですが、個人的に知り合いの方が送って下さっていました。おもしろかった作品はブログやツイッターに感想を書きます。詰まらなかったら、個人的にメールで出します。こんな反応でよければ、サンプル版はまだまだお待ちしていますので、メールなりツイッターのDMでご一報下さいませ。ジャンルは問いませんので……。
『週刊AKB』だけは観ないといけないということで、DVDを止めてみてしまう。それにしても、この番組は毎回演出にバラツキがあって、バラエティー慣れしていないテレビ東京のダメ演出の回にあたるとちょっと辛いなぁ。
食事しながらため息を吐いていると助手が撮り溜めていた『さくら心中』のDVDを持って来てくれる。中島脚本のファンだというのに、すっかり見忘れていたんだよ! 雑談ついでに先日ノートパソコンでDVDが再生できなくなった、という話しをする。彼もチェックすると……確かに音が出ていない。他のレコーダーでも音が出ない。と、おもむろに彼は別のディスクを最初のノートパソコンに入れると……見事に音が出る。「もしかして……」といい、自分がそのDVDを焼いたデッキにて再生してみると……音がきちんと出る。そのあたりは先日確認済み。「だろ、デッキなのかな……でも、他のでもでないのっておかしいよな?」ため息を吐く助手。リモコンをいじり、「これ、知ってます?」と言われる。画面には「このディスクはファイナライズされていません。ファイナライズをしますか?」という文字が。「あのですね、DVDに映像データーを記録した場合には、ファイナライズを行わないと行けないのです。これを行って初めて、ディスク内のデーターが固定され、再生可能になるんですよ」……そうなの? 早速ファイナライズというモノをやってみて、音が出なかったノートパソコンに入れたら……見事に出ました。「監督、これは映像業界の常識ではなく、DVDを使っている人としての常識ですよ」と呆れた顔を去れ、その表情を崩さぬまま部屋をあとに……。
22:00ファイナライズ……そのショックかせ立ち直るためにもAVをチェックしていく。でも頭の中に入らない。技術革新というモノは、普通簡単なモノになっていくのではないのだろうか? それが新しい工程、しかも横文字の工程が増えるというのは技術革新といえるのか? 家電製品は誰にでも分かるような使用が一番。高齢化社会に向けて、1つでも操作する過程を減らしていこうではないか! そう、オレのためにも!
1:00眠気がひどい。とりあえず就寝。なんでこんなに眠いのか。『キテレツ大百科』のエンディングのように睡眠不足なのではなく、脳内分泌物の異常。だという。一時期以上に出し過ぎたときがあったので、切れてしまったのか……。眠気、お願いだから無くなってくれ!


mfy_t_nishimura at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月15日

2011年4月14日(木)すみません……

すみません……記憶無し……。正しくは1日寝ていました。起きてはメシを食べて睡眠導入剤を飲んでまた寝て……。というわけで、1日寝ていた、ということで……。

mfy_t_nishimura at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年4月13日(水)終了……

怒りのスタジオはまだ続く。ノートパソコンは持ち込んでいるので物書きの仕事はできるのですが……さすがにする気持ちにはならない。隣のプロデューサーは腕組みして顔をしかめたまま動こうとしない。多分眠いのだろうけれど、なんか寝たら負けというという気持ちになっていること確実。
そう! 問題は寝ることができないとてうことなのです! 怒り狂っているはずの人間がすやすやと眠っているなんと光景がゆるされるはずもなく、ジッと何かに耐えているというか、怒りに震えているようなスタイルをしていないとなんか違うように思えましてね……。とはいえ、眠い……。
ノートパソコンを起ち上げる。前で作業しているスタジオの人たちには画面を見ることができないのでなにかゲームでもしてやろうかと。が、入っているゲームがサンプルでもらったエロゲーしかない! エロゲーといえば声。まさかこんなところで声を出してエロゲーを始めたりするわけにはいかないだろ。周りを見ればスタジオだけあってヘッドホンが……しかもプロ使用のものが転がっている。借りてしまおうかとも思うが、プロ使用の音で喘ぎ声を聴くというのもなんか違うような……。いやいや、こんな状況でニヤニヤしながらエロゲーをするのが間違いなんだ! となりのプロデューサーは睡魔を我慢して目を開けている。なんかシャブ中のような目である。そんな彼の横であにめえの女の子にウハウハするわけにもいかないか。
というわけで、無難にソリティアを始める。ソリティア、私はプロですよ。仕事の無かったとき、徹夜で24時間続けたことがありますから。そしてプロですから結構スムーズに解いてしまったりもするわけで……詰まらないのです。
1時間ほどでソリティアを挫折。プロデューサーは相変わらず鬼の形相を崩さず。シャブやっているんじゃないのか、本当に?
やることがないので『北の宿から』の歌詞を無意味にテキストで打ってみたりする。いい歌詞だなぁ……。なんでこの歌詞の良さを淡谷のりこ先生は分かってくれないのか。ズロースの女王なら分かってもいいはずなのに……。
12:00やっと音入れ開始。本番1回しかしない宣言をする。「あんたらのミスなんだから、1回しかヤラセねぇ!」なんて怒っていって見ましたけれど、本当はさっさと帰って寝たいからなんですよね。でも、プレビューだけはきちんとする。今回は落とした素材を完全に他てのリンクを遮断した状態でプレビュー。これなら間違いないべ。音もきっちり入っている。
13:00タクシーチケットを受け取り、頭を下げまくる社長を無視して帰路へ。二度と来ないでしょう、ここには。
14:00帰宅。ビールを買いにコンビニに行ってもスッカラカン。ノンアルコールなんて飲む気にもならないので、カルピスウォーターなんていう乙女チックな物を買ってしまった。それにしてもこの商品、すごいアイデアだよなぁ。なんていう日経的感想を思うのは、先ほどまでの地獄を忘れたいから。
するとまた地獄のメールが。音の入った完全版を見たクライアントが頭を抱えているという。「いままでと違う、斬新な観光PRビデオを!」というから、斬新な内容にしたら斬新すぎたらしい。爆笑間違いなしだとおもうのだが、観光PRに爆笑というのは入らなかったらしい。とりあえず、重役会議に掛けるけれど……という話を聴かされブルーに。
17:00ブルーな気持ちのまま『5時に夢中』を観る。早く寝たいのですけれど、これだけは観ないといけないのです。色々と思いが錯綜して笑えない。
18:00とりあえず寝ようと布団の中に入るもまた眠れない。導入剤を飲んでやっとウトウト……。こうなったら限界まで寝てやるぜ!


mfy_t_nishimura at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年4月12日(火)あり得ないミス!

10:00起床。う~~ん、もう少し寝ていたいような気もするのですけれど、さすがにいつまでものんびりと過ごすわけにはいきません。仕事仕事!
ツイッターをチェックしていると「あ~~あ」というものが流れてくる。簡単にいえば、何十年も前から繰り返し起きている「原作と映像化されたのが違いすぎる!」というもの。そんなの当たり前じゃん! というのが私の考えなんですけれどね。絵や文字で書かれた物語を映像にするというだけでも違いが出てくるのであり、さらに絵や文字で書かれている物語をそのまま映像化などできるはずもない。原作者にも映像化を担当する監督にも「作家性」というものが存在する。原作を渡された監督は、その中に自分の意志や考えを、思想をどのように盛り込んでいくかと戦うのである。原作者と戦い、完成したのが映像化されたものなのであり、単独の作品としておもしろいか詰まらないかを評価するならまだしも、原作と違うという非難は、原作と映像の違いを知らない人間が発するあまりに低レベルな、批評にもなっていないただの愚痴でしかない。もう止めようよ、「原作と違う」なんて言うことをいうのは差。特に、原作者自身が! モノを作っている人間がそういう理屈も分からないというのは、あまりにもにも情けないよ。
12:00お仕事開始。いいかげんまとめないといけないスケジュールについて。全く、なんでこんなにのろのろ仕事しているのでしょうかね! 理由は、まだスケジュール全体に余裕があるから。人間というのは不思議なもので、なんでだかスケジュールに余裕があるときからきっちりとやっていれば問題ないのに、ギリギリにならないと本気になって仕事しないんですよね。これはもうDNAに埋め込まれたなにかなのでしょう。というわけで、そんなものに反抗しても仕方がないのでユルユルと作業は進めてまいります。だって、他のパートもユルユル状態なんですもの! きっとあちらも自分と同じ理由なのでしょうけれどね……。そしてラストは地獄を観るというのも、同じかと……。
17:00毎度テレビを点けて食事を……と思っていたら、なんかおかしな電話がかかってくる。だって、先月後半の完パケ状態にした広報用ビデオがおかしな状態だと……。そんなのいまさら発覚するか? 第一、1回スタッフでプレビューしたじゃないの。でも間違いなくおかしいという。音が入っていないというのだ……。歩いていけるところに制作を担当した会社があるので急いでいくことに。
……入っていない。間違いなく確認した音が入っていない……。頭の中が真っ白になるというのはこのことか。原因はなんなのか、他のパッケージにしたものはどうなのかを確認させる。
原因はすぐに判明。作業したスタジオの技術担当者のミス。どういう仕組みなのか分からないけれど、音声データのみマザーとは違うところに落とし込まれていたのだという。だからその場でプレビューしたときには同時に音が出て大丈夫だと思ったと……。そんなことってあるの?
というわけで、急遽納品データを再度制作することに。スタジオ代は当然無料。当たり前だ! 音データは間違えて落とし込んだところに丸々残っていたから微調整するだけで作業開始できるという。ならばすぐに初めてすぐに帰りたいのですが……。延々と続く上の方々のお詫びの言葉。「こういう事は初めてなものでして……」という言葉を何回も聞く。いいよもう、やっち待ったものは仕方がない。とりあえずはさっさとやろうよ……。いつも出される中華料理屋からの出前の弁当ではなく、やたらと豪華なお重の弁当まで出てくる。そりゃまぁ……無駄にはできませんから食べますよ、ええ。酒は出ないのか……。
そして音声データを探しだし、映像と合わせる。当然ながらピッタリと合う。当たり前だよ! でも、で作業を開始していいものなのか? 先方は「他の作品もそのあとこのスタジオを使用してやっていて問題ないので……」と言うけれど、いままで問題なかったのにうちの作品には問題があったわけであって……。全てのシステムの点検を命じる。プロデューサーも同意。スタジオもミスをしたのは自分たちであって従うしかないわけでして……。
そして、次の日まで作業は続くのでありました。


mfy_t_nishimura at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月12日

2011年4月11日(月)いまさらメール問題

 7:00思わず一瞬だけ目を覚ましてしまった。眠気はまだMAX状態。そういや東北新幹線で活躍していたMaxが引退だそうですね。その事をツイッターに書いたら女性グループのMaxが引退すると勘違いされた方々が……。そうか、Maxってまだ引退していなかったんだ! と、芸能関係の仕事もしているというのに知らなかったよ。もしかして、ピンク・サターンとかもまだ現役なの?
腹は膨らませておこうとインスタントラーメンを食べて寝ようかな……とも思ったが、つい日記を書き始めてしまう。……すみません、無謀でした。全く頭が回転はません。日記公開を再開して一週間ほどが経ち、やっと内容にキレが生まれ始めたかな……と思っていたのですが、そのキレは眠気がないときに発揮されるようです。というわけで、再度寝ることに……。
14:30やっと目が覚める。覚めた直後には少し頭がすっきりとしている。その時間を狙って一気に書き途中であった日記を書いてしまう。おお、いい感じのキレでございますよ。この文章のキレさえあれば……別に役に立つような場面はやってこないか。いつもここを監視している編集者の皆様、少額のギャラでも稼げるぐらいにはこのキレを役に立たせてくださいね。
続けてメールで色々と連絡事項を。電話が嫌いな私はメールというツールがなければビジネスなんてやっていけませんでしたよ。電話がかかってくるのは好きなんです、掛けるのはどうも苦手でしてね。かかってくる電話が好きであっても、ただ迷惑なセールスやいたずら電話、どこで調べたのか「あのこと、これ以上調べたら……わかるだろ?」とかは最低です。こんな電話はイヤですが、仕事の依頼や女の子からの告白、名も知らぬ大富豪の執事から「実は亡くなられたご主人の遺言で、遺産は全て隠し子のあなたに差し上げると……」と言って、中東と東南アジアの原油発掘施設を15施設くれる、等の電話大歓迎です!
それに、メールだとどのようなことを伝え、相手からどのような回答が来たのかというのが文章として残ってくれるのもいいんですよね。後々「言った」「言ってない」という論争になることもないですから。まぁ、どこかの札付きで有名だったライターが捏造したメールを国会議員に渡して「やった」「やらない」問題になったことはありましたが……。メールの捏造ってすぐにばれるのよ。特にライターが渡した金を無心しているというメールのコピーには、発信した時間もメールアドレスも書かれていた。これがあれば、メールアドレスが実在するものか、発信した時間にはアリバイはあるか、この2つを調べれば真偽はすぐにわかる。
それに、堀江氏のメールを読んだことのある私のような人間は、全員が「アレは堀江のメールではない」と言っていたよ、当初から。だって、メールの文章が全く違うし、改行の仕方も違う。友人に送る砕けたメールの書き方だとしても、あまりに言葉が軽い。的確に伝わるように砕けていてもきっちり書いてくるのが堀江流。ビジネス相手だと、読みやすく、誰にでもわかる文章を書き、改行のタイミングも読みやすさを考え計算されたものとなっている。
で、疑惑のメールはライブドアが提供しているフリーアドレス……ライブドアの社員以外でも無料で作ることのできるメールサービスのものであり、文面も友人相手かそれ以上の馴れ馴れしさ。自民党の公認はもらえなかったものの、実際には大支援をしてくれた相手に出すには失礼な内容である。
そんなものを民主党はなんで裏も取らずに国会で問題にしたのか。一発逆転が望めると思ったのか? 逆転したいなら、より慎重にことは進めるべき!
そして時間が中途半端に……。ツイッターで馬鹿なことをつらつら書く。アダルトアニメ監督経験の話しで盛り上がる。もう絶版らしいのですが、なんであんな脚本を通したのかといまも悔やんでいる。性というものに突き進む人間の悲しさが表現できていなく、なんかただ気持ちいいからやっているだけ、みたいなものになってしまった。「男と女はアレしかないんよ」神代辰巳監督の『四畳半襖の裏張り・しのび肌』の映画史に残る名科白である。人間の悲しさ、寂しさを現した台詞。これを描くことこそがポルノの勤めなのです。が、絵でしか描けないアニメでは性を描くのは無理。肉体が存在し、求め合い、快感に溺れ、その交わりでしか愛し合っても1つとなることができない悲しさ。それが人間。というわけで、肉体に興味が急激に移行していまに至っています。さて、しばらくは映画資金を貯めるために稼ぎますか。もちろん、他社からの監督依頼も受けまっせ!
17:00『5時に夢中』を見つつ食事。と、地震が。最近また少し大きな有感地震が増えている。一部ではこのまま地震多発期になるのでは?とも言われているけれど……。安心して食事もできないわい。
食事が終わり、パソコンへと向かう。スケジュールに関して最後の確認ができた。これを元に修正していき、週の中頃にはクライアントに確認するということとなりそう。クライアントが首を縦に振ってくれ振ってくれることを祈るばかり。いままでと比べて制作期間が長く、それだけに予算も比例してちょっとお高くなるかも知れないのだ。予算が足りなくならないように、平行して他社の仕事もやろうと思っているし……。大変です!
1:00眠い……。眠いという言葉しか出てこない。しかしだ、『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴かなければならないのだ。実は『radiko』が震災の支援として視聴エリアの解除をして全国どこのラジオ局もクリアに聴けるようになったのだ。そしたら、システムが一部変更になって録音ツールの『radikool』では予約録音ができなくなってしまいまして……。そしてついに今日、打開策が発表されました! 今日から実戦配備なのですが、上手くいくか不安で起きて見守りたくて……。はい、成功でした。これからこれで眠ければ寝てしまうこともできます。とりあえずラストまで聴く。
4:00寝る。がっつくと寝てやる。そして、1日ぐらい薬なしでも眠気がこない日を作ってやる。……無理でしょうね、気持ちの問題ではなくて、これは脳内分泌物の問題らしいですから。辛いわぁ……。


mfy_t_nishimura at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: