2012年04月

2012年04月13日

2012年4月8日(日)エロ本は、ジーオー・ティーの独占市場になるのか?

 8:00起床。病院で薬ももらったし、いろんな検査を下うえでのアドバイスもいただけたので、眠気はバッチリと消えている……ハズなんですけれど、なかなか上手くいかないものであります。クライアント側には大変に申し訳ないのですが、もう少しだけプロット初稿の完成は待って欲しいな……。実は今回の締め切りなのですが、自分で勝手に決めたものだけであります。別に他人から「この日に締め切りね!」と決められたわけではないの出す。自分から関係各社に対して「この日を締め切りと考えて進めて……」と伝えてはいたのですが、締め切りギリギリになると「あとしばらく!」という締め切り延期の宣言が自分から出るのであります。なんというか、期待させておいて申し訳ない限りなのですが、クライアント関係者からは「満足のいくプロットをまず上げて下さい、締め切りにこだわることなく、じっくりと!」というありがたいメールが次々と届く。作り手のことをこんなに考えてくれているとは……自分の作りたいものを作って欲しく、それを見たいという関係者とはいえ人たちがこんなに多いとは……。いや、単に「お前の作品なんて、別に発売するきないし、好きにやっていれば!」って訳じゃないだろうな!ふふふ、そんなこと言っていられなくなるようになるんですよ、この企画。まだクライアントにも話していない、プロデューサー兼監督と某氏との密談の最中なのですが……こうご期待!

 期待されているのか見捨てられているのか分からない新作のプロットですが、今日はちょっと休もうかな……と。考えがまとまらなさすぎで、なんか上手くいっていない。新しくアマゾンから届いた本や雑誌、DVDをチェックして時間を過ごしていく。やっぱり他人の作品を見聞きするというのも大切なのです。「しまった!こういう物語の伏線を張っていたのか!」「ああ、この感情・雰囲気を表現するにはレンズ選択をこうしてアングルをこうやったらいいのか……」と勉強になるものなのです。映画だけではないですよ、小説やDVDだって同じ事。素人の時、ただのマニアの時には「面白い!」「つまらない!」という感想だけでなく、この映画や小説、演劇を構成する要件全てを見ていくべき。場合によっては、映画本来の楽しみを感じることができなかったりしますが、作り手となるのならば楽しむ以上に勉強として必要な事よ。その勉強のためにも、好きな監督や俳優ばかり追いかけるのではなく。「なぜこのアングルなのか?」「なぜこの照明なのか」「なぜこのレイアウトなのか」を数多くの映画から学び(歴史に残る傑作から、自分が詰まらないと思ってもなぜか社会の若者層が見に行ってしまう映画ばかりみないで)「このジャンル苦手だから……」と言って毛嫌いせずに、勉学のためにも活動屋を目指すのならば全ての映画を見るつもりじゃないといけないのよ。

 余談ですが、日本映画学校(現・大学)に通っていたときにも映画に関する勉強はしていた。でも、実際に東映動画(現・東映アニメーション)に入ってから東京撮影所に来ていた知人プロデューサーからの依頼でアルバイトで3タイトルのアダルト系ビデオ映画のシナリオを書いたときに、「本当にこれでいいのか?」と思ったんですよ。いくらアダルトでも、完成作品はレンタル全盛ということもあり、それなりの本数が捌けたという。それでもに納得いかない自分は、1.自分が大傑作と思う映画 2.歴史に残る名作といわれる作品 3.自分は全く詰まらなかったと思ったが、興行収入がやたらとよかった作品 に関しては、できる芽限りのコネを使って脚本を手に入れ、ビデオと見返しつつ何分にどのシーンが来て、何分に何があったのか?という事を細かく勉強して箱書きの基礎を学び増した。専門も卒業し、アニメ業界でも病のせいで第一次引退をしたあとに脚本の勉強。ああ、もっと脚本について書きたい!これに関してはいつか……ね☆

 13:00我慢できずに就寝。本来ならば、薬で眠気をチラしてから資料読み込みという名の現実逃避再開!をするべきなのでしょうが、もの凄く眠たくなってきて、まぶたが度々閉まるようにもなっている。こいうときには仮眠に限る。明るく日が昇る中、のんびりと寝るという背徳感がたまりません!

 17:30テレビを点けて『原宿キラキラ楽園』『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』と続けてみる。『原宿~』なんですけれど、Fairiesのレギュラーとして楽しみにしていたんですよ、ええ。それがなによ!30分番組の中の半分の時間はタイアップ。FairiesにAKB48やハロプロ、アイドリングやももクロのような個性はないかもしれない。でも、もう少しバラエティーにするべきであったように思う。極真空手に入門して涙を流して特訓する姿はベタなアイドル番組としてありだとは思ったよ。でもさ、後半はずっとブディックとのタイアップコーナー。確かに低予算だということは理解できるが、ただ店にある商品でコーディネートし合うという企画は、もう古いのでは……。AKB48の出演番組をー勉強し、アイドル番組にファンが求めているのか?それはきちんと考えて欲しい。絶対に、ブティックとのタイアップによる更衣室から出てきたところを一回して、メンバーたちから「かわいい!」という定型文通りの番組なんか求めてなんかいないんだよ!

 19:00新しく届いた資料の読み込み。プロットは書くことが決定している。持ち込み用の小説原稿も2冊ほど書かないといけない。そしてなにより、テレビチェックもしなけむればならないのです、一種の取材ですので。その中参考資料も読み込んでいかなければならないというのは……。めずらしく金も入らないのに忙しい強い日々を続けています。

 21:30『水曜どうでしょう』『おしゃれイズム』『ブラックバラエティー』『SUPER GT+』『乃木坂ってどこ』をチェック。なんだろう、体調が悪いというわけではないのです。ただ、真剣に画面に見入ることができないのです。いろんな雑念が頭に浮かんでしまいましてね。雑念が浮かんでくる事が多くなった理由はよく分かるのです。最近は、プロットと企画の仕事ばかりであり、雑誌のコメントやコラム、ライターという生活を助けてくれていた仕事が減ってきていたのです。雑誌不況というのもありますが、そこから派生して、自分の主戦場であったエロ本のモノクロページが減ってしまっているのだ。いや、カラーページすら減っているところもある。特にジー・オー・ティーの雑誌のように、株主であるCA(旧・北都)系列のメーカーのAVのダイジェスト版を予告編扱いとはいえ4時間も収録したDVDを付録にし収録して290円という低価格の雑誌なんか出された日には……。他の出版社もAVのダイジェスト版を収録したDVDを付録とした雑誌を発売して対抗しようとしているが、CAという業界最大手のAV制作会社グループを統括し、人気女優たちもずらりとそろっているDMMがバックにいるジー・オー・ティーの雑誌にかなうわけもなく……。その昔、宇宙企画が英知出版を子会社として自社専属のAV女優たちのグラビアを独占的な掲載していたが、それでも値段は500円以上はした。4時間のDVDがついて290円……。エロ本を主な主戦場とするのは時代遅れなのかな。『BUBKA』や『BREAK Max』に活路を見いだすしかないのか?

 12:30さっさと寝ようとするもついつい資料に熱中。面白い資料があると時間を忘れて読んでしまうのは悪い癖。そして、その資料が本当に仕事に役立つかどうかも不明だというのに……。まっ、得て無駄な知識はないと思っていますから、もっといろんな資料を読んでいかなければ!

 4:00就寝。泥のように寝る……とはこのことか、と思うほどに目を閉じると同時に記憶がなくなる。仮眠してこの眠気。もっともっと仮眠する時間を無くすように努力し、仕事をし稼がなければならないのです!


mfy_t_nishimura at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月11日

2012年4月7日(土)恐怖奇形人間

 8:00起床。昨日病院へと行ったお陰で、眠気の心配はない……ハズ。でもね、医者も言っていたけれどどうしようもないときには無理せず寝た方がいいということなんですよね。でもさ、無理しないとやっていけない仕事なんですよ、わたしの仕事は。どのあたりまで無理をすればいいのやら。
 テレビを点けて今日からリニューアルという『知っとこ』をチェック。司会陣が女性ばかりになり、完全に女性ターゲットの番組にシフトしたのか……と思ったのですが、コーナー企画自体にはそれほど変化なし。出演者とセット、細かい演出を変更した以外はなにも変わらず。これさ、オセロ中島外しのためのリニューアルなんじゃないのか?と思ってしまう。だって、本当にリニューアルした意味がないんですもの。中尾彬、桂ざこば師匠をレギュラーから降板させるたこで、視聴率が上向きになるとは思えないしなぁ。土曜日の朝だから、ちょっと明るい雰囲気を演出しよう!ということなのか?でもやっぱり、根本的に意味不明のリニューアル。

 9:30日記を書いてブログにアップ。日記なんですけれど、実はこれには決定稿を上げる前に二段階の手順があったりするのです。まずは手帳にあったことを記録するという手順。当日にどこに行って何をしたのか?どんなテレビを見たのか?そのあたりのことを当日の移動時間に手帳に書き込んでいくのです。使っている手帳はもちろん「ほぼ日手帳」!一日1ページ、24時間分の目盛りがついていて書くところがふんだんにある。24時間仕事をしているわたしのような自由業者には最高の手帳であります。この手帳は先にも書きましたが1ページで1日分となっていて、真ん中を線で区切られていたりします。なので、左側には予定を書き込み、右側には実際にあった出来事を書くようにしています。つぎに、その書いたメモを見ながらテキストエディターで当日あった出来事を書き出していく作業があります。文章ではなく箇条書き。なにかを見て思ったこととか、感じたことなんかもここで書いていきます。最後に実際にブログにアップすることになるこの決定稿を書き上げていきます。箇条書きに書き出したものでボツにすることもあれば、箇条書きには出てこなかったけれどここで書いてしまうことも多々あります。決定稿は30分程度で書き上げて、アップ……という感じです。
 で、実はブログにアップしていない日々も手帳にはきっちりとその日あったことは全て書いていたりします。これは小学生時代からの習慣。なぜそこまでしてブログにしない日があるのか?というと、単にテンションが上がっていない日だったり、さすがに書くことができないことがあった日などに関しては書きません。書いていない日のことは、墓の中まで持って行こうと決心しています。

 11:00『5時に夢中サタデー』をチェック。今回から司会が町亞聖なんだけれど……なんか守りに入ってしまっているんですよね。土曜日午前中の番組であるということを意識しすぎて、きちんとした番組にまとめようとしている。でも、この番組はきちんとしてしまっては面白くない番組なのである。まぁ、初回だし、ちょっとは大目に見ておくか。これからどう化けていくのかが楽しみです。

 12:30資料読み込み開始。たまっていた資料もやっと片付き始めた。これで来週からは仕事にきちんと入ることができる……かな。新年度から心を改めて働こうと決心し、毎日きちんとパソコンの前に座ってハーボードで企画書やらプロットを書いていたのですが、すぐに息切れしてしまいました。たぶん、ここ数年間いい加減な仕事の体制を続けていたからでしょう。それでも食べていけていたのだからいいのですけれど、もっと拡大路線に乗り出すべきだ!という気持ちに至ったんですね。もっと自分を前に出していかないと、なにもしないまま死んでしまうぞ!と。以前と同じように、仕事以外はしない!という心意気で始めた新年度なのですが、あまりに自堕落な日々が続いてしまったためでしょうか、どうもダメなんですよね。軽くアイドリングを掛けるつもりで資料の読み込みをしていますけれど、さすがにこればかり続けていても仕方がない。なにしろ、資料というのはそれをアウトプットするのが本来の役目なのだから……。来週からは本当に働けるのか……こんな後ろ向きになっていいのかよ!

 15:30気分転換に『恐怖奇形人間』(監督・石井輝男)を観直す。劇場公開以降、ビデオもDVDも発売されることがなかったこの名作ですが、数年前にアメリカにてDVDが初めて発売されたのです。DVDにはリージョンコードというのがありましてね、各国ごとに再生できるコード番号が割り振られていまして、アメリカで発売されたDVDは日本での再生はできません。が、が、が、なぜか発売元はリージョンフリーというどこの国でも再生できるバージョンを期間限定で発売し、それが日本な国内の一部店舗で取り扱われたのです!フリーバージョンの製造は終了し、リージョン1の日本国内では再生不可能のバージョンのみが発売され続けています。まぁ、ちょっと頑張れば、どのリージョンコードであっても再生可能なDVDデッキ買うことはできるんですけれどね。ええ、わたしも買いましたよ(笑)
 でもね、自分の持っているのはDVDではないのです。某ルートから手に入れた海賊版ビデオ。名画座でまれに上映される以外に見る機会のなかった本作ですが、なぜだか海賊版のビデオというのがあったりしましてね。それを手に入れていたんですよ、ええ。それを何年ぶりかに見たのですが……絵が汚い!DVD版のキャプチャー画像や、そこからアップしたであろうYouTubeで流れている予告を見たらもの凄くきれいなんですよね。でも、こちらはかなり色が退色してしまっている。多分DVDにする際にニュープリントをした上に細かい傷やゴミなども取り除いたのであろう。自分の持っている海賊版は、東映が保存していた資料用のポジから落としたもの。映画館を回る上映プリントなんかに比べたらきれいなのは当然でも、やっぱり退色してしまうのは致し方ない。デジタル処理までされたら手出しできない!おもいきってリージョン1のDVD買っちゃおうかなぁ。
 映画の内容は、みんな土方巽の前衛舞踊と小池朝雄の女装、そして人間花火ばかりが注目されてしまっていますが、家族を描いた文芸作品としても超一流の出来なんですよ。こういう作品が国内でDVD化されずに眠っているのは残念なこと。東映さん、『恐怖奇形人間』のタイトルに問題があるのならば、日活が『少女地獄』を『火星の女』とパッケージ表記のタイトルのみを変更してDVDにしたような方法で、何とか国内販売できませんかね?オープニングに、差別用語や表現に対するエクスキューズをテロップで入れるなどして。ただのカルト映画にしておくのはもったいない!

 17:00『探偵ナイトスクープ』3本の依頼とも凡作。こういう日もあるさ。テレビを消して資料読み込みのラストスパート。読んでいるうちに眠くなってしまう。薬を飲んでいても、あらがうことはできないのが人間というものなのです!と勝手に壮大なことにしてしまおう。眠気覚ましに『ノストラダムスの大予言』(監督・舛田利雄)を見ようかとも思ったが、なんか疲れそうなので止める。ちなみに、こちらも海賊版ビデオで持っていたりします。もちろん、ノーカット版!海外版でもカットされているらしいですね、これ。それにしても東宝、よくノーカット版の原板を残していたよなぁ。ちなみに、こちらの海賊版はニュープリント版らしくかなり鮮明。とある情報筋から聞いたら、いろいろとあったそうです……。時々眠りに落ちながらも何とか資料の読み込み終了!

 0:00『ケータイ大喜利』。ラストで我が目を疑う。番組のラスト前でぶつりと切れる。NHKでは珍しい……いや、民放でもここまで派手な尺の読み間違いはしないぞ。たぶん1分は計算を間違えていたな。多分次回のオープニングで、今田耕司がこれをネタとして笑いを取ることを予想。うふふ、次の会まで生きる理由ができたわい!

 1:00就寝。明日は日曜日ですし、ちょっとはのんびり過ごしたいな。


mfy_t_nishimura at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月07日

2012年4月6日(金)植田まさしと『グラビアアイドル裏物語』……そして病院

 8:00起床。今日はのんびりなんてしていられません。午後から病院があるので、午前中に出かける準備をしないといけないからです。別に化粧をしたり髪の毛をセットしたりなどするわけではないのですが、病院に提出するためのここ1ヵ月間の体調を記録した紙を整理したりしないといけないのです。そしてなにより、久しぶりの遠出!……と言っても、片道1時間程度なんですけれどね。ここ数日のにブログを読まれれば分かると思いますが、現在次回作の企画で唸っていまして、ほとんど外に出かけないという日々を過ごしています。今年度に入って会話をしたのは、コンビニの店員とラーメン二郎・歌舞伎町の店員だけ。しかも、「温めますか?」と「お先固麺の方どうぞ!」の二言だけであり、会話と言っていいのか悩んでしまうほどでして……。なので、医師と話すのがちょっとしたイベント気分なのです。寂しい人生送っております……。
 日記を書いて、ブログとしてアップ。やはり一ヶ月ぐらいは毎日更新していかないと訪問者は増えないものなのかな。あと、内容にも変化を加えていかないとな。企画書やプロット、脚本の作業というのは孤独なのです。誰にも会わなくて出かけることすらない。だから動きと言ったらテレビを観たりするぐらいしかなく……。ブログを盛り上げるためにも、物書き仕事を進めにながらちょくちょくお出かけしていこうと思います。なにとぞ見捨てずにいて下さいませ……。

 ブログをアップして途中から『モーニングバード』『ノンストップ』とチェック。『モーニングバード』植田まさし先生が!実は植田まさし先生に関しては、研究家という肩書きを頂いてもいいぐらいに読み込んでいたりします。番組では『コボちゃん』をメインに扱い(テレビ朝日なのに!)、タイトルだけ『フリテンくん』『おとぼけ課長』『すっから母さん』が紹介されていたが、まぁ素人にはその程度の紹介でいいか。マニア向けならば、ここに『キップくん』『女刑事マキ』の2タイトルを加えるべきですけれどね。ちなみに『キップくん』は単行本が1冊しか出ていないにもかかわらず、前川清主演で2回『月曜ドラマランド枠』でドラマ化されていたりします。『コボちゃん』と『かりあげくん』はアニメになっていますね。あ、『コボちゃん』のアニメ版主題歌は何回か変更になっているのですが、その一曲は大槻ケンヂ作詞・作曲だったりします。タイトルは『コボちゃんグルー』!

 11:30外出。昨日外に出た際に暑かったので、今日はちょっとだけ薄着にしてみました。そしたら肌寒いでやんの!なんでこう上手くいかないものなのでしょうかね。日当たりのいい場所を選んで歩いて新宿駅へと向かい、電車とバスとを乗り継いで病院へ。
 病院……もの凄い込み方。自分の持病を診察して頂ける先生が数少ないという理由で一部病院に偏ってしまうというのが理由なんでしょうね。でもね、そんな待ち時間もちょっとだけ楽しみがあったりします。それは読書。移動時間に本を読んでいたのですが、家で仕事をするようになりその時間が減ってしまったのと、iPhoneを購入してから移動中にもTwitterにいろいろとつぶやいてしまうようになり、読書時間がとれなくなっているんですよね。病院の待合室は携帯電話の電源を切らなければならないし、読書以外にすることはないのです。待ち時間が長いと、文庫本の半分ぐらいまで読み進めることも。今日も半分ちょっとまで進んだところで診察室へと呼ばれる。最近の状態を記録した紙を提示したりなんやかんやの検査。薬局へと行って薬も頂く。これで昼間の睡魔と戦えるはず。一週間、仕事を再開したのにそれほど前に進んでいませんでしたが、これからはガンガンやっていきますよ、多分……。

 17:00帰宅。『スーパーニュース』『週刊AKB』と続けてみる。国民新党から亀井静香らが離党。普通に考えれば、代表である亀井氏が党に残り、反発する議員が出て行くべきなんですけれどね。でもね、そうしたら政党交付金がもらえないんですよ。離党するよりも乗っ取った方が得……という考え。亀井氏は交付金に関しては損をしてしまったということにはなるが、国民との筋を通したということで交付金以上のものを手に入れたとはいえる。続いて新党日本が国民新党との統一会派を解消する、という報も。こちらもきっちりと筋を通した、ということであろう。石原新党立ち上げという噂があるが、亀井氏がそこに合流するまでは無所属になり、衆議院で1議席の新党日本は代表質問をする権利を無くしてしまった。確かに辛いことであるが、この暴挙を止めるためには仕方あるまい。亀井氏、そして新党日本の決断を支持したい。ただ、石原新党は支持したくないな、いまの状態だと……。

 19:00から資料の読み込み。珍しく、商売関連の資料。大変なんですよ、プロデューサー兼任で企画を進めるということは。ちゃんと売れ行きのことも念頭に置かないといけないわけでしてね。そのバランスの上に成り立つのが独立プロの経営だったりするのです。
 順調に資料の読み込みをしていたとき、ふとTwitterを見たら面白い話題が。ついつい自分も参加。そして、資料の読み込みもストップ。なにをやっているんだよ、俺!これも全部ガタケットが悪いんだ!と、思いっきり責任転嫁してしまう。ちなみに、『紅の豚』がテレビで放送されていたようですが、そちらのチェックはしていません。好きな作品なんですけれどね、とっても。

 23:00『玉ニュータウン』ちょっと資料の読み込みに抜けてから『グラビアアイドル裏物語』『さばドル』と続けてチェック。『玉ニュータウン』での佐藤亜美菜の扱い方に爆笑。AKBのメンバーをこういう感じで出演させることのできる番組は、『玉ニュー』以外はない!かわいいぞ、「パカパカ」(笑)
『グラビアアイドル裏物語』『さばドル』はともに最終回。別のところできちんとこの二本については語りたいと思うので、ここには詳しく書かないが、『グラビアアイドル裏物語』は、テレビにおいて一つの事件ともいえる作品であったと自分は思っている。作品の構成は同じテレビ東京で以前放送された『ドキュメンタリーは嘘をつく』に似ている部分もあるが、『グラビア~』はテレビの虚構性と同時にアイドルの虚構性すらも描いてしまったことに驚嘆するのだ。この作品はもっと論じられるべき作品。自分もちょっと別のところで論じる予定です。『さばドル』も虚構のアイドルをテーマにしつつそれを上手くドラマとして仕上げられなかった……ある意味失敗作。こちらはアイドルドラマとして傑作といえる『数学女子学園』と比較することで論じたいと思っています。

 2:00就寝。「論じたい」と言っているけれど、今のところ媒体は決定していない。なければ自身のサイトにアップしようかとも思っているけれど、なんとなくコミケで同人誌という形で頒布してみたいような気もするんですよね。ついにジャンル・アイドルでコミケに再びサークル参加か??


mfy_t_nishimura at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2012年04月06日

2012年4月5日(木)ラーメン二郎と『女生徒』

 8:00起床。今日のテーマは「無理をしない」。まぁ、ここ数日間無理なんかしちゃいないのですけれど、無理をして前に進もうとするよりも、ちょっと立ち止まって今できることをする、というのも重要かな、と思ったわけです。現実路線に方針転換、ということですね。
 ここ数日間、無理はしていないのですけれどブログをさっさと今日もアップ。これね、仕事をするための準備運動ということも兼ねていたりするのです。肩の力を入れないで思いついたことを書き連ねるということで脳の動きか活性化させ、仕事モードへと転換を図っていく……という。まぁ、それもそれほど上手くいっていないような気もするのですけれどね。とにかく前へと進めていきたいと思ってはいます。少しずつでもいいので、確実に前へと進めるように……。

 9:00今日のテーマは無理をしない……ということなので。、こちらもたまっている資料の読み込み作業を進めていく。いろんな資料がたまっています。真面目な資料もあるのですけれど、アイドル関連のDVDやCD、本などもチェックして……仕事です!これもきっちりと仕事に結びつけているのです!本当ですってば……。それにしても、地方アイドル含めたらどれほどの数のグループアイドルが乱立しているのでしょうかね。48系グループだけでも何百人もいるんですから。誰でもアイドルになれる時代……というのも考えられます。とにかくいろんなグループのオーディションを受けまくったら、どこか一つは合格するのではないでしょうか?時々いますからね、「え?お前なんでこのグループに入れたの?」という子が。誰かはいいませんが……ほら、ね。

 13:00ちょっと眠たくなってきたので気分転換に散歩へと。気がついたら「ラーメン二郎・歌舞伎町店」のカウンターに座っていた。池袋系の二郎の中では一番好きな店舗だったりします。まぁ、三田本店や神保町、相模大野の各店舗に比べたら雲泥の差の泥の中ですけれどね。徒歩範囲内でいける二郎では一番まとも、ということかな。歌舞伎町よりもちょっとだけ近い小滝橋にも二郎はあるのですけれど、そちらは二郎とは認めたくないので私は行きません!歌舞伎町の方がまだマシ!ニンニクはマシマシ!
 そこそこの味を堪能してから歌舞伎町を通り過ぎて帰路についていると、旧コマ劇前を警察官に囲まれて散歩している20人程度の集団を見つける。どこかでなにかしらの摘発かとも思ったが、それならば摘発された店の前にバスが横付けされてそのまま収容されるはず。とりあえず早歩きで前の方に回ると、先頭の一人が小さな画用紙に「原発反対」とマジックで書いた紙を掲げている。どうやらデモらしい。デモなんでしょうけれど、その画用紙一枚以外にプラカードはなし。加わっている人たちがシュプレヒコールを上げるわけでもなく談笑しながらぞろぞろ歩いているだけ。どう見ても「散歩」。デモをするのならば、もう少しなにかを訴えられた方がいいかと思いますよ。まぁ、歌舞伎町のど真ん中でのデモ申請が許可されるということが分かっただけでも、私自身は一つ勉強にはなりましたけれどね。

 14:30帰宅。早速資料の読み込み再開。真剣に読んでいたはずがいつの間にかに寝オチしてしまっていたりして……最低です!だからイヤなんです!まぁ、いくらイヤだとしても治ることはないので、対処療法で乗り切っていくしかないのですけれどね。明日は病院。これでしばらくは睡魔の恐怖から逃れられます。英語で言うところのスイマーです。

 17:00『5時に夢中』をチェック。今日の番組内容をネットで調べたら「新MCふかわりょうに鬼門木曜日が訪れる」的な言葉が踊っていて笑ってしまった。確かに鬼門であります。一番テレビという枠の中から飛び越えているのが木曜日ですからね。西原理恵子が問題発言をして話題となったのも木曜日。その木曜日をどう乗り切るのかと思っていたら……きちんと盛り上げていたふかわりょう。やるな……。自分の中では、新司会者ふかわりょうは合格かと思っています。逸見太郎には逸見太郎の良さがあったけれど、ふかわりょうにもきちんと彼の良さがありそれを出してきている。特に安定感だけ考えたら、ふかわりょうの方が上かも。これからもチェックを続けることに決定!……というか、司会が誰になったとしても、チェックは続ける予定なのですけれどね。

 18:00資料の読み込みを再開しようと思ったが、やはりこの時間になると我慢できないほどの眠気に襲われてしまう……。とても文字を追うことのできないレベルと諦めて、仮眠することに。今日はテレビチェックがあるのでそれほど長時間の仮眠はできません。文字通りの「仮眠」。ああ、カミングアウト。

 22:00『ブラタモリ』『アメトーーク』『くだまき八兵衛X』『乃木坂浪漫』『ハロプロTIME』と続けてチェック。『ブラタモリ』で神田界隈が映ってテンションが上がる。昭和初期の建築物が残っているこの地域、自分もふらつくことが時々あるのですけれど、いいんですよねぇ……。看板建築の数は減ってきていますけれど、それでも他の地域に比べたらまだまだ現存しているのがこの地域。久しぶりに歩いてみたくなった。
『乃木坂浪漫』では太宰治の『女生徒』を見事にイメージ映像化していて拍手をしてしまいそうになる。『女生徒』の持つそこはかとないエロチシズムを見事に表現していた。Eテレビが本来こういう映像化をするべきだと思うのですが……仕方ないのかな。

 2:00就寝。今日はそれほど仮眠していないので思いっきり朝まで寝たいと思います。そして、明日の病院からはきちんと働きたいとも思っています……ええ、思っています!

 


mfy_t_nishimura at 09:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月05日

2012年4月4日(水)最低の日々

 7:30起床。夕方にガッツリと寝て、夜はちょっとだけ……という二分割睡眠をしている。どうにかしてこれを改めたい。正直、午前中は寝て過ごしてもいいのだ。午後からきっちりと活動できればそれでいい。夕方に寝るために物書きの仕事が滞ってしまっているのが事実として痛い。金曜日に病院へと行くから、そこまではこんな調子になってしまうのであろうか。いろいろと方針を考えないといけないかも知れないな。
 日記を書いてブログとしてアップ。関係各社の皆様、こんな感じで現在新年度だというのにダラダラとしてしまっていて申し訳ございません。最終締め切りには毎度の事ながら帳尻あわせして間に合わせますので、ギリギリと歯をかみしめながらお待ち下さい。そして、仕事お待ちしています……。
 ブログの訪問者数が伸び悩んでいて悩んでいたりします。以前は一日に300人前後は最低でも来てくれて多のですが、いまでは30人程度。そりゃ、表に出る仕事を最近は控えていたりしているので目立ちませんし、長期間更新を休んでいたりしたので致し方ないかな……とも思うのですが、さすがに少なすぎる。半年ほど毎日更新し続け、なにかしら表に名前が出る仕事をしたらまた増えると信じています。というか、信じていないとやっていけません!夏以降、何とか表に出て行かないとな。

 そしてお仕事へ。ほんの少しだけ進めるもどうも納得いかない。いや、多分納品したら問題なし!とか言われる内容だとは思うのですが、自分として納得ができないのだ。プロットを書く、特にこの仕事のプロットを再開するのは3ヶ月ほどぶりか。以前のプロットの時のノリを忘れてしまっているような気がしてならないのだ。自分は、考えて考えて物語を導き出すというよりも、なにか思いついて物語を書き上げてしまうというタイプ。だから、何かがイタコのように降りてくるのを待ってから一気に書いてしまうのですが、さすがに仕事としては効率が悪い。なので、半ば無理矢理にパソコンの前に座って降臨してくるのを待っているのですが……降りてきてくれないときには一切降りてきてくれない。これでマリリン・モンローでも降臨してきてくれれば、別の仕事も開けると思うのですが、残念ながらマリリン・モンローも降臨してきてくれない。なので、亀のようにほんの少しだけ進めたところでなにかを諦める……。

 12:00眠気MAX。こればかりは病院で相談しないとどうしようもない。病院は先に書いたとおりに金曜日。というわけで、いまはこの眠気をやり過ごすために仮眠をしなければならないわけでして……。厄介でありんす、この病。

 15:00起きてYouTubeを立ち上げる。先日、AKB48からの卒業を明言した前田敦子が、次期選抜総選挙への出馬について発言するというので。予想通り辞退。いつ卒業するか分からないメンバーに投票……というのはちょっと酷いものな。だってさ、普通の選挙だって任期途中で辞任すると分かっている候補に票を入れるなんてちょっと酷いものね。大阪府知事だった橋下徹氏が、任期途中で大阪市長に鞍替え出馬するために辞任するなんて……私は信じられませんよ!
 閑話休題。前田敦子は今後女優の道に進みたいと言っているが、自分としてはちょっと険しい道になると思っている。アイドルとしての魅力は彼女には備わっているし、事実ここまでやってこられたのである。しかしだ、彼女はずばり女優的な魅力が欠けているように思える。観月ありさや深津絵里などのように、アイドル出身で女優としても成功を収めている方は一杯いる。だけれど、そのような方たちはアイドルの頃から女優顔をしていたのだ。前田敦子にはどうもその女優顔がないように思えてならない。ま、優れた企画に巡り会えれば注目されてそこから化ける可能性もあるかもしれませんが……。何しろ彼女、いままで一度も「優れた企画」の作品に出演したことがありませんものね。前田敦子はまだ20歳。女優に失敗してもソロ歌手として再デビューすることも可能だろう。いろいろと挑戦していけばいいと思うし、いろいろと挫折をすればいいと思うよ。とりあえずは応援していきます。

 あまりに気分がめいっているので近所を散歩。そうか、散歩は気分転換にいいのか!最近、物書きモードになったら表に出ない感じになっていましてね、完全引きこもりに。人間は少しでも外に出て空気に触れることが大事なんですね。これからはちょくちょく散歩してみようかな。
 17:00『5時に夢中』をチェック。黒船特派員が変わって、ちょっと不慣れな部分も観られるが、それ以外は超安定。ふかわりょう、ただ者ではないな。

 18:30仮眠。いろいろと反省しつつ眠りにつく。やっぱり、仕事しないといけないんですよね、当然ですけれど。物語が降りてくるのを待つのも必要ですが、同時にきっちりと練られた「他人のための物語」も書いていかないとメシは食べていくことができないのです。その方面の仕事だけでも進めにないといけないのですが……なんか躓いています。新年度早々、もの凄くへこんでいる。さっさと仕事できる体調になりたい!

 1:00ガッツリと仮眠とはいえないほどに寝ているのに頭はまだ眠い……。それでも起きてテレビのチェックをしないと、その方面の仕事ができないんですよね。『AKBINGO』『おねだりマスカット』を続けてチェック。『おねだり~』絶好調。秋πプロデューサー登場にぶっかけ飯。旧北都・メディアビジョン系のお仕事のやり方にはもの凄く反感を覚えている私ですが、この番組に関してはマッコイ斎藤の演出センスが見事すぎて毎回大爆笑しながら観ている。メディアビジョン系の女優、タレントを売り出す番組という与えられた命題を、マッコイ風に見事に染め上げてしまっている。こういう仕事をするテレビ演出家って、最近は本当に見なくなっている。与えられた命題をこなしつつ自分を出していく、というのはもの凄く必要な才能。自分にはそれが欠如している部分があったりする。勉強のためにも『おねだり~』は観ていたりする。自分もこういう感じの仕事を目指したいものであります。

 3:30就寝。もう、なにが仮眠でなにが就寝だか分からなくなっていますけれど、とりあえずこれが本当の就寝です。ていうかさ、夕方に寝る時間の方が長くて夜に寝る時間の方が短いというのは、こちらの方が仮眠という考えでもいいのではないだろうか?う~~ん……。


mfy_t_nishimura at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: