パーマカルチャー畑はもう手をつけられない状態。
まるで野菜のジャングル。
ゴーヤ、ハナオクラ、キクイモ、モウイさらに野良かぼちゃ・・・みんな絡み合ってわけがわからん。
それで畑の中に踏み込むのにとっても勇気がいる。
あれぇ、ゴーヤはどこだろう?
ここにはハーブを植えてたのに・・・
せめてかぼちゃさえほったらかしにしないでまめに抜いてたらこんなことにならなかったのになぁ
・・・と思いながらもせっかく生えてきたかぼちゃ。
羊や鶏の貴重な冬の餌になるし・・・と抜くのがためらわれてついついはやしてしまう。
そして毎年のように後悔する。
農業は決断だ。
間引き、剪定・・・これが苦手なためにいつも失敗している。
自然に任せておけばいいのだ・・・と思いつつも、出るのはため息ばかり。