January 2007

January 31, 2007

Prince engagement

Good evening

忘れもしない1997年8月31日の真夜中、CNN放送がなんか重大事件を中継していた。
レポーターは興奮した面持ちで早口で喋り捲る。


聞きとれる名前はプリンセス・ダイアナ。   ダイアナ?



そうダイアナ妃がパリで事故に会い死亡した日だ、俺はストックホルムのホテルにいた。
どうしようもない興奮と悲しみで一晩中起きていたことを覚えている。


時間の流れは本当に速いものだ。 そのダイアナ妃の息子ウイリアム王子の婚約が発表されるかもしれない・・・と夕刊紙にあった。


またもやパパラッチが騒いでいるらしい。もういい加減にやめればいいと思うのだが・・・



人間は同じ過ちを必ず繰り返す。過ちを反省して記憶する能力が欠けている。


この騒動が母だけでなく息子にまで最悪の事態を招かないことを祈るのみだ。


ほっといてやれよパパラッチ諸君。

by Rickey  


mg11317 at 23:49|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

Mobile phone1

Good enening everybody

もう一発携帯電話いくぜ。




小生つまんないことで悩んどる。笑わないで聞いてほしい。
小さなことだが、俺にはなかなか結論出せん。




社員が使ってる携帯電話が悩みの種だ。別に通話代がかさむとかそんな話ではない。




会社は営業職全員に電話の携帯を科している。電話を持ってもらういじょう少々のプライベート電話は見て見ぬふりをしとる。



問題は携帯電話会社の新製品がどんどん発表されることだ。



ビジネス上、最新機種を揃え、最善の環境を社員に提供することをMustと考えるなら、使用中の電話がまだ一年しか経ってなくても交換すべきである。



と・・・・誰かがのたまう。




別に少々古い電話でも問題なく使えるし、個人の電話に比べても全く古くはない。
使えるものは古くても使うべしと小生は考えるが、個人の価値観は全くちがう。



機種変更に一人頭3万円かかるとしても会社としては痛くも痒くもない金額かもしれない。計算上は理解出来るのだが、モラルの上で我侭を許せない自分がある。



君達はどんなタイミングで携帯電話の機種変更しとる?


by Rickey



mg11317 at 01:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 30, 2007

Accessories of mobile phone2

Good evening

近頃朝の通勤電車の光景がすっかり変わっちまったぜ。

老若男女関係なく黙ってメールんを打ってる。揺れる満員電車のなかで。

一時期のウォークマンの再来の如く、みんなが携帯電話に熱中しとる。

それにしても上手いもんだぜ、
長い爪でよくまああんなに早くボタンを押して変換をして文字を重ねられると関心してる。



それはそれで結構なことだが、・・・・・・・・
ひとつだけ理解できない事がある。
携帯電話のストラップやアクセサリーについてだ。





いい歳した50代のサラリーマンが、なぜあんなに沢山のアクセサリーを
ジャラジャラと付けているのか理解できない。 
それも何処かのビールの景品とかアニメキャラクターとか全くもって意味不明。
何を目的に?なぜ?そんなに沢山付けたがるのだろう。



昔から日本には”根付”という自慢できる日本独特の文化があったが、それは目的が別にあり、洒落が高じて芸術にまで発展したものだ。


動物キャラクターやキティーちゃんとは根本的に違う。



いい歳した同年代オッサンに告ぐ、 

頼むから恥ずかしいまねはしないでくれ。

オッサンは若い女の子とは違うんだぜ。誰もそんなものカッコイイとは思ってな〜い。


あ〜あっ とため息が出る Rickey でした。




mg11317 at 00:09|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

January 28, 2007

Going to Tokyo

Hi everybody

この春、甥っ子が上京する。


我が女将の妹の息子だ。都の西北と歌われる某大学に進学である。


自分が上京した頃と何もかも時代が変わってしまった。


母親は子どものマネージャーか女房の如く一から十まで手取り足取りである。
一人息子であるので解らない訳ではないが、やりすぎの感否めない。



我が昔を思い出すぜ。

 
上京はフェリーだった。港まで両親が送ってくれた。
荷物は別便、 親父が祖父の上海から引き上げの際使った柳行李に荷物を詰めた。


お袋が衣類を新聞紙に一つずつたたみこみ、親父が紐掛けをした。
両親が世話をしたのはそれぐらいだった気がする。


東京でのアパートは上京してから自分で探した。それまでは先輩のアパートに居候である。居候の代わりに先輩の食事や洗濯をやらせてもらった。


その頃の恩には今でも感謝しているが、とにかく田舎が遠かった、親が遠かった。



親への連絡手段はもっぱら手紙だったな。   携帯電話どころか部屋にも電話がなかった頃が懐かしい。少年はホームシックになると、十円玉を掻き集め公衆電話に並んだもんだ。





       おかげでいい経験をしたぜ。





自分しか頼れぬ環境は自分を鍛えてくれる。息子をあえて突き放すことも必要だと思う。大切に思うなら尚更である。あまりお節介は言いたくないが・・・




昨夜、田舎に一人住まいしているお袋殿とスカイプで会話した。
カメラ付きだ。   世の中変わったとつくづく思ったぜ。


by Rickey


mg11317 at 11:09|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

January 27, 2007

Izakaya5

Welcome to the Izakaya

「ご注文伺います。」
          
          ”まず生。    冷たいやつ”



「大きさは如何致しましょうか?」

          ”勿論、大。     あっ・・それと灰皿たのむ。




「暫くお待ちください。」



「お待たせしました。 ハイビール生で〜す どーぞ。」
「ご注文よろしいですか?」





          ”今日のお勧めは・・なに?”

「そうですね 鰺は生きがいいですよ。」




          ”じゃあ それひとつ。”

「はい鰺のたたき一つ。    他はいいですか?」

          ”ちょっと待って、エート・・”











          ”エート・・”






          ”エート・・”







       ”メモして。一回しか言わないから”


        ”お造り盛り合わせ、
         太刀魚の塩焼き、
         たこのぶつ切り、
         豚バラの角煮、
         鳥の唐揚、
         なす焼き、
         山芋の千切り、一つづつ


  焼酎も用意して・・ あっと それに ヤッコ。”





「は〜いっ、 焼酎は芋ですか?麦ですか?」
 
       ”麦だよムギ! 百年の孤独 一本持ってきて。”




「呑み方は?」





       ”うーん  ”







       ”がぶ飲み。”



    「シ〜ン・・・・・・・・」「いやミなオヤジ・・」




by 空腹なRickey      

mg11317 at 19:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

January 26, 2007

My Link5

Good Good evening everybody.

今日はMy Blogで強烈にお勧めするオヤジBlogを紹介するぜ。

何れも唯のオヤジとチョット違う。



世の中にはこんなオヤジが必要だぜ。 
今の日本に必要なのは安部くんでも東国原くんでもな〜い。

世の為人の為日本の為、ひいては人類の為、そして地球、宇宙の為に必要な面々。



目ん玉かっぽじってヨーク見やがれ。 


解らんことは裸になってスーパーオヤジにぶつかるがいい。 
手ごわいぞ〜ッ 手加減なしだぜ。



  ◎  団塊の世代の虫眼鏡と遠眼鏡

  ◎  ど素人の どー思う?



   相互リンクから直行便ありだぜ。健闘を祈る。


By Rickey   


mg11317 at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 25, 2007

High temper3

Good evening baby

今日は昨日と打って変わって朝から変にハイだったぜ。
なんだか良く解らないが、多分昨日の3倍は仕事できた。


朝から歩く早さが違った。見るもの全てがくっきり鮮やかに見える。


男も女も全て自分にびんびん響く、髪型、服装、顔色を好みと嫌いに判断し始めてる。
しぐさまでいい悪いを判断してる。

電車のスピード、車輪のきしみ、広告の色、空の色、騒音、イヤホーンから漏れる音楽、携帯メールを打ってる音、
人の会話も全て聞こえる。


全てが鮮明に見えそして聞こえ、全てに自分が反応してる。


頭脳エンジン全開テ気分。
判断のスピードは近年にない位速かった。


変なヤク飲んだかな俺・・・ふと考えた。


これって更年期障害?


自分では自覚できないが、久々の感覚に自分で酔ってたぜ。


   そして思いだした。   昔はいつもこうだった。

by Rickey

追:珍しく会社で若いもんに怒鳴った、反省。



mg11317 at 21:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 24, 2007

Tired.1

Good evening everybody.

すっかり疲れちまったぜ。
こんな時は全部イヤになっちまう。



仕事を投げ出した〜い! めしも喰いたくな〜い! 
家に帰るのもめんどくさ〜い!  酒も飲みたくな〜い!
風呂にも入りたくな〜い!  着替えるのもめんどくさ〜い!



もうどうにでもなれーの心境。




ぼちぼち帰る、ぼちぼちと満員電車。



明天努力!

by Rickey



mg11317 at 22:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 23, 2007

When a man loves a woman5

Good evening baby.

いい曲だぜいつ聴いても。

「When a man loves a woman」
    

When a man loves a woman, I give you everything I've got.
男はんがおなごはんを好きになりやしたとき、ご自分のもんぜーんぶお上げになりやす。Rickey


Trying to hold on to your precious love.
姐さんのとうとい愛にしがみつこうとおしやす。


Baby, please don't treat me bad.
べいびー そんなこと言やはらんと、優しゅうしておくれやす。


by Rickey






mg11317 at 22:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 22, 2007

Fickleness5

Good evening ladies and gentleman.

今日は浮気について書いてみるぜ。

人間社会は全て人工的に創られたルールで網羅されてる。このルールは何千年にも渡る人間の知恵の結晶と言っても過言ではな〜い。

日本を例にとると今から百年程前までは、金さえあれば妻の他に妾を公然と囲っていた。女房殿も勿論承知の上でだ。

江戸時代でも浮気については夫婦間でも問題視されていた様だぜ。

浮気はゆるされないが妾はOKという考えがあった。いい考えェ?
これは女のエゴだと思うが・・。

要は私一番あなた二番の考えだ。浮気だとあなた一番がでる可能性がある。それは許されないらしい。

”一夫一婦制”が制定されたのは明治時代になってからだ。
その後の夫婦関係はますますややこしく、難しくなり問題多発の傾向が続いていると思うのだか。



決まったルールは守らなきゃならん。      解っとる


しかし・しかしながら・ である。。

ii


いい女を見ると”いいなー”と思うヤッパ。

by Rickey



mg11317 at 22:41|PermalinkComments(5)TrackBack(0)