古四王中学校17期生

昭和44年に、秋田の田舎の中学校 ( 旧.稲川町 ) を卒業した古四王中学校17期生です。その中学校の名前を知るのは中高年ばかり。忘れ去られてなるものかと開催する、55歳の同期会を機に立ち上げ、いつまでも元気に、55 ( ゴーゴー ) と進み歩んでいきたいけど、自信なぞは皆無の高齢者です。

2008年08月

まるで梅雨

毎日よく降ります。
大きな被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、金曜日は仙台に宿泊、すごい雷、外が光り明るくなって、怖いのなんの。
「かみなり様は怖いね」
「うん、鳴るほど(なるほど)だね」
なんて、しらける小噺が出ているうちはよかったのですが、ホント怖かったなぁ。
そして、昨夜は雨の中を鳴子・鬼頭を経て帰宅。
時々凄まじい、激しい豪雨にあいながらでした。

そして今日、雨がシトシト日曜日です。
止んだと思えばまた振り出す、そんな稲川です。

ジメェ〜っとしがちですが、心は晴々として9月に向かいたいものです。

久々に晴れ

昨日今日と、久々に晴れました。
出勤途中の山谷峠には、久々に自転車で通学する高校生の姿を見かけます。
久保橋を過ぎると、サドルからすう〜っと腰を浮かし、元気良くトンネルへと飛び込んでいきます。あの急な勾配を駆け上っていく若さ、我々が遠の昔に失ったものです。
二度と取り戻すことの出来ない若さの体力です。ですが、10代の体力はともかくとして、健康には注意しましょうよ。

本日、小中の同期生ではないけど、同い年の友人の、深刻な病状を知ってしまいました。
暑くなったり、寒くなったり、暴飲暴食したりと、みなさん大変でしょうが、ご自愛下さい。

曇りのち雨の東京

稲川は盆以降、めっきり秋の気配が漂います。
そこに東京への用務が入りました。
そこで東京ならば、少しは夏を感じられるのかと思いきや、昨日は寒いぐらいの天候でした。
新橋で勉強らしきことを、たっぷりと5時間なのです。そうして午後6時に外へ出ると、もう暗く、冷たい雨が降っているのでした。

ためになる話しで心打たれてから、薄くなった頭を雨がたたき、額を流れ落ちては、研修の話しも流れ落ちてしまいました。

そして昨夜も、お腹の中にはが流れ落ちたのです。

稲川は今夜も雨、が懐かしく感じられます。
懐かしく感じられても、とは同期会はできませんけど。

稲川中学校が空きビン回収

お盆中に、おそらくはわいのわいのと陽気にいただいたであろう、その宴席のなごりであるビールや日本酒の空きビンが各家々の前に並べられてある。
夏草や つわものどもが 夢の跡 ではないが、淋しげだ。
昨日までの帰省客やお盆中の賑わいがウソのような静けさ、それに拍車をかける雨と寒いぐらいの天気。

中学生が雨の中を空きビン改修していく。
まるで、送り盆のような送りビン感覚。
雨でも楽しそうな中学生が羨ましい。
そう、その時代が良いのだ!

でも、あの頃って空きビン回収ってあったのか、思い出せない。
落ち穂拾いはあったような気がするけど。

それからそれから、自分のことになるけど、空きビンが以前より少なくて申し訳ない。決して飲らないわけではないが、缶ビールと冷酒ボトルが中心であり、期待に応えられないでいる。量は年々増えているが、結果は体にダメージとして残るだけだし。

今夜は久保の花火が元気だ。お祭りだね。
久保の同級生は、今夜も体をいじめていることだろう。

ミニミニにわか同期会。

飲ってきました。少し、酔っています。

地域に二つあったスーパーの一つが撤退しました。
お盆ですから、いつもより買い出しの機会が増えます。
ですから、買い物に出かけると、見事に同期の人たちと出くわします。

ゆっくり休めればいいのでしょうが、仕事の人もいるみたいだし、お盆休みとはいえ接客やら宴席で、体は相当に疲弊しているのかもしれない。
でも、多忙であることが生活感を持っていることなんだろう。

さて、仕事の方々には大変申し訳ない。私は、昨日今日と休みをいただいた。明日も、フレックスタイム的出勤予定です。だから、こうして夜更かしが出来る。帰省中の子供たちと、親戚と、飲み続けており、体は酒粕の漬け物のごとくなっている。気持ち悪い。それで今夜は、あまり飲めなっかた(と、周りはどう思うか知らないが、自分では感じている)。

実は、どんべえ君よりお誘いいただき、夕方より、にわかにミニミニ同期会でした。
あまりに急で、みんなに声をかけるのが申し訳なく、ごくごく少人数の宴席でした。
こういう時って、ホント、連絡の仕方が難しく、戸惑っているのが、よく感じ取れます。みんなを呼び出したいけど、迷惑だろうか。残念がるだろうか。どうやって、全員に連絡を取れるだろうか。電話連絡網のシステムが必要だろうか。予約はどこにどれぐらいしたら適正かしら。お盆中は何処も混雑しているだろうし、、、、。
迷い、悩み、決断は鈍り、ミニミニ・プチ・ちょびっど同期会となってしまうのです。
だから、集まりたい時は、同期会の終身実行委員長のどんべえ君に、声をかけてくだされば、いいんじゃないのかしら。
場当たり的と言われそうですが、その時考えられる最良のお付き合いを、各同期生に心しては、友を大事にしようと考えているようです。決して、ただの呑兵衛君にならないようにしている、どんべえ君であるとフォローさせていただきます。

それで、参加者です。
3年C組が少し多かったかもしれませんが、全員で男女5人ずつの計10名。
5月の同期会に参加できなかった遠方からの(三梨小出身の)女性お二人を囲むようにして、行いました。
写真をと思いましたが、カメラを持参しなっかたこと、携帯FOMAでは失礼かと思い、紹介できないこと、お許しください。

やはり同級会のお話し

前回の投稿以後、同級会についての意見が少々聞かれました。
私なんかは、好き勝手な書き込みをするだけの無責任ですまされますが、どうやらどんべえ君は相当に悩んでいる様子。
また、女性陣を代弁するように、古くはなったけど嫁の立場としては、お盆はお客さんの接待で、とても家を空けられる状態ではなく、同級会をやるなら時期をずらして欲しい。けど、遠方の友達には会いたいから、やるのであれば早く決めてと、哀願されてしまいました。

いやはや、弱ったもんだ。
私ではなく、先に立つ人たちは、、、。

で、今言えること。
遠方より、特に5月の同期会に参加できなかった方であれば、会いたいとの申し出や要望があつた場合、声をかけられた人が中心になって、にわか同級会を勢いで開くしかないだろうとの結論でしょうか。つまり、こぢんまりと(決してこっそりではありませんから)、周りの方々の環境に配慮して、となるんでしょうか。

ですから、私にも声はかかっていないんですが、もしもですよ、あの人達ばっかりで集まってずるぅ〜いなんてなことではなく、あの人たちだけでも会うことが出来て良かったねと、喜んであげましょうよ。

でも、私には声がかからないなぁ〜。

同級会はどうしようか。

稲中応援隊さんも気にかけていたようだけど、さて同級会はどうしようか。
A組では有志がやると言うが、なかなか日程が調整できないうちに、もう8月だ。

8月と言えば、祭りだ。
夕べは職場の夏祭り、大輪の花火に西馬音内盆踊りなどで賑わいと盛り上がりをみせる。
そして本日は、かみさんの職場の夏まつりに、自分は同一法人では三度目となる夏祭りだ。旧市内にあるぱあとなの祭りだ。さすがに、お客さんの多さは、初日の愛光園・昨夜の我が平成園よりも上回っているようだ。

そしてやはり、どこの祭りでも、生ビールが好評だ。
祭りのビールもいいが、同級生と飲る生は楽しいだろうな。
A組のみんな、お盆はどうする?
みんな、忙しいしなぁ。
でも、連絡調整必要かなあ。
   
   お開きの様子
Recent Comments
Recent TrackBacks
秋田新幹線 (二重まぶたに自力でするならこの方法!)
謹賀新年
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

二八会

livedoor 天気
  • ライブドアブログ