1年目研修医の高木です。本日の藤本卓司先生の教育回診は「巨大腸腰筋膿瘍により引き起こされた大腿の感覚障害」でした。患者さんに細かく大腿の感覚障害の起こっている部位を聞くことで、神経根レベルでの障害なのか、末梢神経レベルでの障害なのかを判断できるとのことでし ...

 外科研修中の1年目難波です。  先週のGP+1カンファレンスは、外科の先生による講義「腹痛を伴う発熱ーもっとアピールして下さい」でした。  ただでさえ診断しづらい虫垂炎を、患者さんからの訴えがほぼない状況で診断するというのは非常に難しいことなんだと感じまし ...

回診で細菌検査室に寄って培地を確認しています。細菌検査技師さんからたくさん教えていただきました ...

耳原総合病院の藤本です。6月より当院救急総合診療科部長として勤務しています。昨日、「第1回耳原総合病院GP+1セミナー」が無事に終了しました。院外講師として岡秀昭先生、山本剛先生、長尾大志先生をお迎えして、感染症と呼吸器疾患をテーマとした内容で行いました。猛暑 ...

本日、当院みみはらホールにて第1回耳原総合病院GP+1セミナーを開催しましたはじめに救急総合診療科 河村先生より開会の辞が述べられました。 GP+1とはGeneral practitioner + one specialtyとの意味を込めた 耳原総合病院で作った造語です。午前のセッションは、埼玉医科大 ...

初期研修2年目の重留です。今日回診でshudderを触れました。shudderとはsevere ASの方の脈のピークに触れるthrillと学びました。総合内科病院ですが、severe ASの方が入院している耳原はすごい勉強になりますね。 ...

耳原総合病院 初期研修医2年目の植原です。藤本卓司Drによる教育回診の症例はWallenberg症候群。とくに深部感覚と温痛覚の乖離をメインに身体診察を行いました。音叉を用いての温度覚と振動覚、母趾を用いての位置覚。神経診察は一人では練習しにくいもので、苦手意識を抱い ...

耳原総合病院初期研修医1年目の坂本です。本日の藤本卓司先生のレクチャーとGP+1カンファレンスについて紹介させていただきます。藤本先生のレクチャーのテーマは「心拡大」でした。座位、臥位、左半側臥位のそれぞれで心拡大の所見の取り方を学びました。GP+1カンファレンス ...

耳原総合病院研修医1年目の難波です。今回も藤本卓司先生のレクチャーを受けました。いつもとても楽しく大変有意義な講義です^ ^ 今回の講義は肺音についてでした。肺音には4種類の分類があり、それぞれで病変部位や疾患も違うというものでした。また聴診器は胸やお腹だけに ...

耳原総合病院 総合診療科の河村です😊今日のテーマは、Abdominal jugular testでした。右心負荷所見の一つで、お腹を15秒押しつづけて、内頸静脈があがりっぱなしになると陽性となります。お腹を押す力は30mmHgなのですが、こんなに押して大丈夫か!?っと少しビックリする ...

↑このページのトップヘ