後期研修医の松廣です。

今回のGP+1カンファレンスは糖尿病内科の緒方浩美先生による「CGM、FGMについて」でした。

最近、高血糖だけでなく、低血糖や急激な血糖変動も心血管イベント等のリスクになると言われており、良好なHbA1cを目指すだけではなく、質の良い血糖コントロールが大切であると言われています。

しかし、血糖測定方法としてこれまで主流であったSMBGでは、ある一点の血糖値を見ることしかできず、夜間の無自覚低血糖や食間・運動時の低血糖などが見逃されているのが現状です。

そんな中、最近新たにFGMという血糖測定方法が登場しました。
これは、小さなセンサーを腕に装着するだけで、センサーが15分ごとに血糖値を記憶してくれ、専用の読み取り機をかざすだけでデータが得られるという優れものです。

これが普及すれば、血糖値を"点"ではなく"1日の流れ"として見える化することができ、夜間の無自覚低血糖等の回避だけでなく、患者さん一人一人の生活に合ったオーダーメイドな血糖コントロールの提供が可能になるのではないかと思います。

そしてなんと!
このFGMが本日より保険適応になるそうです!!
ぜひとも当院でもFGMを導入し、質の良い血糖コントロールを患者さんに提供できるようになるといいですね。

カンファカンファ
1504262150109