新大久保で韓国料理? いえいえ!こちらの方が数倍、デリケートな美味しさですよ♪ 東中野・ソナムの「出来立て 混ぜキムチ」「トッポキ」「チャプチェ」

image

ブログに書く、書かないは別として・・・
東中野の住民としては、
できるだけ多くの地元のお店に
通ってみたいと思っています。

そんな東中野のお店の中で
有名店の一つに挙げられる、ソナムさん。

数々のTVや雑誌で紹介されていますし
恵比寿に支店まで有りますからね。

私が紹介するまでも無いと思っていましたが・・・

数ヶ月に一度、やってくる
“辛いもの食べた~い、モード”に襲われて、
今回、フラッと独りでお邪魔しました!


最初にいただいたのは
「出来立て 混ぜキムチ」

これこそ、多くのメディアで紹介されていますね。

“浅漬けキムチ”は、よく見かけても
“混ぜキムチ”とは、オリジナリティーが有ります!

オーダー後に作り始めるというこのキムチは、
生の白菜とニラに
ヤンニョムを更に濃厚にしたようなタレを
サッと絡めて提供。

白菜のサクサクッとした食感と、
瑞々しい甘み!

生ニラの溌剌とした香り、
韓国種の唐辛子の甘みと辛味!
魚介のコクと旨み♪

白菜キムチよりも、
スピード感をもって
これらが口の中に攻めてきながら、
瑞々しい余韻。。。

ひと皿を独りでいただくには
ちょいと、量は多めw

でも、この複雑なウマカラ加減で
私は一気呵成にいただきましたね♪

image

今回いただいたお酒は、
「米マッコリ」

マッコリも、甘酒のように甘いタイプや
炭酸がキツイタイプも有りますが。
こちらは、上品な甘さで、呑み易い♪

image

次にいただいたのは、
「トッポキ」

モチッと、心地良いトッポギの食感!
キュートな甘み、
コチュジャンの辛み♪

薄いさつま揚げのようなものは
“韓国おでん”ですね。

魚の香りと旨みが
トッポギの辛さに深みを与えています。。。

image

さて、予想外に「出来立て 混ぜキムチ」が
ボリューミーだったのでw
最後にいただいたのは「チャプチェ」

牛肉の澄んだ旨みとごま油の香り。
椎茸の旨みと香り。

ネギと玉ねぎたっぷりで香り良く、
白菜がプルッと甘い!

新大久保の何店かで
チャプチェをいただいた事が有るけれど。

これまでいただいた
どのチャプチェよりも
それぞれの素材のデリケートな風味が
活きていましたね♪


生来のへそ曲がりだから、
これまで有名店は避けてきたけれど。

今回は、ちょっと反省。。。

そう、韓国家庭料理の懐の深さに
少し触れたような気がしました!

http://30min.jp/place/34567

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


「のどぐろの卵」に、しばし面食らい。 「あわび だまし煮」に、しなやかに寄り 添った夜。。。 Diningtable 人形町 温(ハル)

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

店主は、人形町の有名店のご子息だったんですね。。。

どうりで、魚の目利きといい、
酒問屋とのコネクションの強さには
他店には無いものが有ると思っていました。。。

  私「今日も良い魚が入ってるね!」
  店主「へへッ♪」

前回までのリアクションとは違い、
昨日はずいぶんと下町っ子らしい人懐っこさで
嬉しそうに笑ってくれまして。

image

いやあ。。。こんな“だまし”なら、いつでもOKですよ!
「あわび  だまし煮」

あわびを海水に浸したまま鍋に入れ、
お酒だけを加えて、ゆる~りと煮上げるから
“だまし煮”

  店主「醤油をつけると、塩っぱいと感じるお客さんも
                 いらっしゃるので。。。」

はい、私も素材の風味を愉しみたい性質だから、
最初からそのつもりでいました!

Hmm。。。いつものあわびより嫋やかな表情♪
いわゆる、「コリコリッ」じゃあ無く…
シナッとフルフルッと、舌に馴染み。

柔らかな旨みが舌にそっと、寄り添う感じ。。。
旨みの伝わり方が、しなやかなんです!

肝は、全く磯臭く無くて。。。
プルーン煮のようにサッと解れて…
濃厚過ぎない“波”が、フワッと押し寄せます。。。

image

これまた、デリケート♪
「のどぐろ 皮炙り」

白身魚で有りながら、
トロのように脂の旨さが愉しめる、のどぐろ。

舌先に吸い付くような身を
皮目をサッと炙っているから…

上質なスモークに通じる、
香りのゆらめきが鼻に抜け。。。

身はフワッと、とろけて
上品な脂の旨さで、一撃悩殺♪

  私「今日、ここに来て、本当に良かった。。。」
  店主「そう言っていただければ嬉しいです!」

image


  店主「これ、何だと思います?」

エッ?? 鱈子の花煮??

でも、口にすれば、雲丹のような舌触り…
アレより、もっと、もっと繊細…

ドルチェにも通じるような
上品な旨みの伝わり方!

  店主「のどぐろの卵ですw」
  私「エ~? 初めていただきました♪」

  店主「私も、以前は北陸料理屋に居ましたが…
                そこでも出した事は、有りません!」

つまり、昨日仕入れたのどぐろに
ぷっくりお腹が膨れた子が居て。

思いがけずに、お宝をいただいたという次第。。。

       店主「助惣鱈の子と違って、モコモコしていないでしょう?」

はい!!
フルフルッと舌先を駆け抜けながら、
“魚卵”らしいプチプチした面影を一切残さず。

サッと、粋に立ち去る
粋人のような風情。。。

image

嗚呼。。。しばし面食らい。
余韻をできるだけ感じていようと…

粋人になれないオジサンは
「賀茂鶴」相手に
しばしカウンターでニヤついていました♪

http://30min.jp/place/179958/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

シコシコ&ジュワジュワッと、「えのきかぶのステーキ」♪ 新レンコンと炙り鶏のパスタにも、プルッと心が震えました。。。高円寺・酒場二ホレモ

IMG_2716

三連休も通し営業をしていた、
本気(マジ)で生真面目な
高円寺の酒場二ホレモさん!

今回は、お気に入りの
「お任せ!俺たちの温野菜」を相手に
ちょい呑みをスタート♪

  「左側の茹で野菜は、アイオリソース。
   右側の焼き野菜は、バルサミコソースです!」

ええええっ♪ 
650円の“お任せメニュー”だったら、
もっとラフな感じの温野菜でお茶を濁しそうなものなのに。。。

何事にも本気(マジ)で生真面目な、酒場二ホレモさんは、
産直野菜を2種類の調理法で提供するだけでなく、
ソースも2種類で提供するとは♪

サックリと、心地よい食感を残した茹で野菜たちは、
ブロッコリー・ゴーヤ・パプリカ・白いんげん!

まろやかな口当たりの中に
ニンニクのコクがフワッと拡がる
アイオリソースがよく合う♪

一方、素材毎に焼き方を変えた焼き野菜たちは…

新レンコンは、サックリと爽やかな香りと
滋味ある旨みを放ち…

じっくり焼きの茄子は、じゅわん。。。と、
甘ウマな茄子汁を溢れさせ…

バルサミコソースの重厚感のある味わいが、
それぞれの野菜のフレッシュな香りを引き立てる。。。

 >その日のお野菜に合わせてお料理します

メニューにそう記されている通り、
前回とは違うアプローチに、
グッときちゃいました♪

IMG_2717

はい! 本気なお料理には、これがお似合い!
久々にいただいた
「本気(マジ)レモンサワー」

かつて、ビストロde麺酒場耀(ヒカル)さんでも
毎週のようにいただいていた、このサワー!

国産レモンを丸ごと搾り入れているから…
酸味にカドが無く。

レモンピールのキリッとした香り、
微かによぎる苦みも、
心和ませる余韻となって…

幅広い料理の旨みを、ガツンと受け止め。
口の中をサッパリとさせてくれるんですよね♪

IMG_2718

さて、“本日のオススメ”に赤丸が記されていたので
迷わず注文しました!
「カンパチのカルパッチョ ~フレッシュトマトソース~」

そう、ブリに比べて漁獲量が少ない事から
高級魚として珍重されている、カンパチ。

ブリよりも身が引き締まっている上に、
上品な旨みを放つから
刺身でも非常に人気のある魚ですが…

これを“イタリアンの、トマトソース”と違い、
サッパリ仕上げのソースの中に…

赤と緑のフレッシュトマトを刻み入れた
トマトの溌溂とした香りと旨みを映したソースで
カンパチにSexyな表情を与え。

たっぷり野菜と、カンパチの新しい表情を愉しめる
逸品に仕上げていました♪

IMG_2719

そして、国産レモンに本気な二ホレモさんは…
「本気レモンモヒート」も、リリース!

そう、本気(マジ)レモンサワーの果実感や、
レモンピールのキリッとした香りはそのままに…

フレッシュミントをたっぷりと加える事で、
引き締まった果実味!
響きあう苦みとミントの香気♪

これ、とっても気に入ったので…

“ちょい呑み”のつもりが、
ついついお代わりしてしまいましたw

IMG_2720

これをメニューに発見した時には、心躍りました♪
「えのきかぶのステーキ ~バター醤油味~」

前回、「岸豚のLボーンステーキ」をいただいた際…

うるうるしちゃう程に、
まろやかな旨みと香ばしさを放つステーキの横で
強い存在感を放っていた”えのきかぶ”は…

シコシコ&ジュワジュワッと、
驚きの食感と溢れ出す旨みの連鎖!

ホタテを濃厚にしたような旨みに、
キノコならではの豊潤な香りと、
焼きの香ばしさ♪

これにバター醤油味のソースが
懐かしくも心躍らせる香りをプラスして、
身体がプルッと震える程に、コクウマ♪

この“えのきかぶ”は、
一般的には出回らない素材のようなので…

次回、メニューで見かけたら、注文必須!
オススメです♪

IMG_2721

そう、イタリア料理やスペイン料理を
本気で修業してきたシェフ達だから…

オープンしてから1ヶ月ほどなのに、
次々と新メニューが登場しますね♪

〆にいただいたのは、
「宮本三兄弟の新レンコンと炙り鶏のカチョエぺぺ」

  「新レンコンをミートソースに見立てた…
   “お野菜ミートソース”みたいなパスタです。。。」

う~ん。。。 この発想は、斬新!!

粗く切り分けられた炙り鶏の、
香ばしさと優雅な表情に…

サックリとした食感を残した
スライスレンコンの爽やかな滋味!

たっぷりと加えられたチーズのまろやかな旨みに…

これまたたっぷりと振りかけられた
黒胡椒の爽やかな辛さと芳香♪


“酒場”を名乗る店で、
これ程までに本格的なパスタを供する店に
私は出逢った事は、ありません!

全ての事に本気なこの店に相応しいパスタの登場に
またしても心がプルッと震えた私でした。。。

http://30min.jp/place/2560069/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!



「蕎麦ピザ」 創業天保二年の伝統と粋、平成のアグレッシヴが行き交う、不思議な蕎麦屋。。。 水天宮前・金碇庵

image

創業天保二年と言えば、幕末の1831年。
人形町や水天宮界隈でも、老舗中の老舗です!
水天宮前交差点から、一本仲通りに入った、
金碇庵さん。

昨夜は、珍しくも
「呑みたくもあり、“少しだけ”食べたくもあり・・・」
私としては珍しい“ササッと、モード”でして。

そんな折、ふと金碇庵さんの事を思い出して、
久々にお邪魔する事に致しました。

image

アレ? 前は、カウンターがこんなに賑やかだったかな?

image

ディズニーのキャラクター勢に負けじとばかり、
ペコちゃんも、しっかりと存在感を主張していますw

image

さて、“とりビー”を注文したら、
供されたお通しは、「厚揚げとぜんまいの煮物」

絹ごしを使った厚揚げは、
プルンッと嫋やかな口当たり。
ちょいと甘めの、ホッとする味わいですね♪

image

最初にいただいた「珍味三品盛り」は、
たこわさ・梅くらげ・いか明太。
まっ、これは想像通りの味でしたが…

image

「ごぼうから揚げ」が登場した辺りから
普通のお蕎麦屋さんらしからぬ表情が見えてきまして…

衣にビールでも使っているのでしょうか?
“フリット衣”より、更にカリッカリにさせたその姿は、
さしずめ、“かりんとう風・ごぼうスナック”w

醤油やみりんを効かせた濃いめの味付けは
蕎麦屋さんならではの拘りかも知れません。。。

image

〆は蕎麦と決めていましたが、
メニューにコレを発見したら、“ササッと、モード”返上!
頼まずには、いられませんでしたw
「蕎麦ピザ」

  私「ピザ生地が蕎麦なんですか?」
  女将さん「いえ、中にお蕎麦と蕎麦の実が入っています!」

image

確かに、香ばしく焼き上げたチーズの中から
蕎麦がこんも~りw

ピザ生地自体はMサイズですが、
どっさりと蕎麦とチーズがのっているので
ズシリとヘビー級!

image

面白い事に、金碇庵さんでは
ピザソースの代わりに甘めの味噌を使っていますから
濃厚なコクとパンチ♪

ピザと同時にタバスコも供されましたが
私は一切、使いませんでした。

image

私は、蕎麦屋さんに行くと
必ずと言って良いほど注文するのが
「玉子とじそば」

同じメニューで比較した方が
その店の特長が解り易いですからね。

下町仕立ての、濃い目のかえしと
キレの良い鰹出汁の風味。

つゆが濁るような生煮えでは無く、
さりとて、火が通り過ぎた訳では無い、
玉子のまろみと濃い目のつゆが絶妙に融和した
フワッフワの玉子とじ♪

中から現れいでたるは、
かけつゆの中でもコシを失っていない
溌剌とした香りの蕎麦!

甘酒横丁の例の店よりも、
水天宮通りのアノ店よりも…
キリッとしていて、旨いなあ。。。

創業天保二年の伝統と粋、
平成のアグレッシヴが見事に融和する時間。。。

あ~、面白かった♪
http://30min.jp/place/3728

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

傑作降臨!「ビーフカツレツ パルミジャーノクリーム&葡萄のソースのサンドイッチ」ロマンチックな余韻にシビレます♪ 西荻窪・3&1 Sandwichi トレエ ウーノ

IMG_2702

 >週末のサンドイッチは、今回も絶対美味しいやつ!

牛カツサンド! 柔らかい牛カツは、赤身なのでさっぱり!
そこに、パルミジャーノのさらなる旨みと、
葡萄の酸味がアクセント。

これは、もう赤ワインですよね!

グラスで足りない方、嬉しいデカンタも用意していますよ。

皆様、連休のランチ。お待ちしています!

IMG_2703

そう、三連休には、行楽地に足を運ぶ方も
多いかも知れませんが…

私にとっては、このお店がリゾート!

奥様に選んでいただいた、今週の1杯めは、
「LAZIO INDICAZIONE GEOGRAFICA TIPICA BIANCO」

爽やかな酸味がキュン...と胸を締め付け、
仄かな苦みがスッ...と横切る、
複雑なニュアンスが心地よい♪

爽やかな果実味とドライなキレ味も愉しめる
ちょっと面白い白です!

IMG_2704


   「牛カツは、初です!」

お代わりを持ってきてくれた横内シェフに
そう言われて、ハッとしました。。。

そう、ヒレカツ、チキンカツに、
メンチカツも、何度かいただきましたが…

2015年8月のオープン以来の‴初のビーフカツ”は…

   「お肉、柔らかいですよね。。。」

横内シェフもしみじみと仰る程に、
サクッと、するん。。。と♪

サックリと弾ける薄衣の、
味わいの深さと香ばしさ!

牛の赤身ならではの… 噛むほどに拡がる、
澄んでいながらも、奥深い旨み!

パルミジャーノクリームの甘酸っぱさと混じり合って、
ロマンチックな余韻を残す、ビーフカツレツ。。。
IMG_2705

お代わりと共に注文したのは、
「ミネストローネ」

材料は、キャベツ・パプリカ・ズッキーニ・玉ねぎ。

優しい塩味のベースに、
野菜の香りと程よい甘みが溶け合って…

トマトベースのミネストローネでは
決して味わう事のできない、
野菜達の溌剌とした風味が・・・

ジワジワと攻めてくるスープです。。。

IMG_2706

  「ソースは、バルサミコ酢を使っています?」
  「はい!皮ごと食べられる葡萄を、
    バルサミコ酢でさっと煮にして…
    少しだけ●●(※自主規制)を加えています!」

嗚呼。。。バルサミコ酢の旨みと香りを引き出しながら、
‴いつものバルサミコソース”よりも
更にメランコリックな表情をしているのは、
そのせいですね?

フレッシュ葡萄の
瑞々しい甘みと香りを残しながら、
バルサミコ酢重厚感のある味わいと
このメランコリックな表情が…

椿色をしたビーフカツレツに、
秋らしい豊かさと優雅さをプラス!

そう、遠くの観光地に行くだけが
リゾートじゃない!

心を和ませ、胸をキュンとさせる
このひと皿に出逢えた事が
リゾートだと思えました。。。

IMG_2707

2杯目にいただいたのは、
「Malbo Gentile dell'Emilia」

華やかな果実味の中に、
深みのある味わいと、緻密なタンニン!

瑞々しい酸と果実の香りが心を癒してくれる
理想的なミディアムボディでした。。。

    http://30min.jp/place/2438523/blog/




    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!


記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ