サクサクッと、クサウマ~♪「揚げ臭豆腐の辛口炒め」 黒酢の濃厚なコクと香り!「油林鶏」 池袋・古都台南坦々麺5

店内















仲良しの台湾娘からデートのお誘いで

10ヶ月ぶりにうかがいました!

池袋・古都台南坦々麺さん。

 

お店の場所は、

西口から徒歩3分ほどの歓楽街のど真ん中。

 

普通の雑居ビルの

細い階段を上がって2階に上がると

“ザ・台湾”

円卓がいくつも並ぶ気取りが無いお店で

ホッとする感じ。

 

ママは、前回うかがった時は

台湾に帰省中でしたので

台湾娘とは久々の再会。

 

いたく感激されて、

私をそっちのけで、

しばし台湾語のトークセッション!

ドラゴンハイボール050



























まずは乾杯。

私は「ドラゴンハイボール」

 

紹興酒の芳醇な香りが

ソーダと出逢って、スッキリとした喉越し!

台湾料理気分にスイッチを入れます♪

 

彼女は紹興酒が嫌いなので、

ビールでしたけどねw

黄にら















今回のオーダーも

総て彼女にお任せ、ラクチンですw

 

まずは、彼女の大好物の

「牛肉と黄ニラの炒め」

 

五香粉で下味をつけられた牛肉は

サクッと揚げられ。

シャキッとした黄ニラと

ほんのりスパイシーな醤油味に。

 

はい、スタートダッシュにピッタリの、食べ応え!


しめじと豚肉の傷め 020















次はしめじと豚肉炒め

 

これはオイスター風味ですね。

竹の子の代わりにしめじを使った

青椒肉絲という印象。

しめじの香りとコクが強いから、

酒が進みますね!


ユーリンチー 052















これは、気に入りました!

油林鶏

 

一般的なネギソースの味では無く、

黒酢の濃厚なコクと香りを活かし、

ちょっと甘めで、パンチ有り!

 

これ、本当にオススメ! 

次回来た時にも、彼女にリクエストしなきゃ♪


臭豆腐
















来るかな・・・と思っていたら、

やっぱり来ました!

揚げ臭豆腐の辛口炒め

 

臭豆腐を揚げるんですよ!

最初、食べる時はもあ~っとする匂いに

一瞬たじろぎましたが・・・

 

外側は、

厚揚げよりサクサク度合いを

高めたような食感!


噛めば、チーズのようなコクと

発酵した香りがグワッと拡がって

クサウマ~♪

 

味噌や豆板醤で炒めているから

発酵食品同士の相性が良いんですね。

 

台湾料理のパンチ、ドーンと食らいました♪



�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������


    

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。

コロッケがご馳走に思える瞬間って、久々♪ 100年余も続く老舗の「海老フライ入り盛り合わせ」に、心和むひととき。。。 人形町・洋食 小春軒


IMG_6919

創業者が愛妻(春さん)に因んで店名を付けたと言われる

人形町の小春軒さん。


創業が明治45年との事ですから

100年余も続く、人形町を代表する

老舗のひとつと言えます!


IMG_6920

お冷やが入っているグラスも、

時代を感じさせるデザインですね♪


今回、私が注文したのは、

「海老フライ入り盛り合わせ」(※トップ画像)です!


そう、小春軒さんと言えば

フライの盛り合わせを注文される方が多いですね。。。


サックリ&プックリ♪

エビの甘みと優雅な香りを封じ込めた海老フライ。


“細かいタイプ”と“粗いタイプ”の

両方の良さを兼ね備えたパン粉を

薄っすらとまとわせているから


香ばしさと海老の食感の良さを

ダイレクトに愉しめますね♪


そして、挽肉たっぷりで肉の旨みと

玉ねぎの甘みを引き出した、

トロッとジャガイモが

甘ウマのコロッケ♪


コロッケがご馳走に思える瞬間って、

久々に味わえたかも。。。


サクッとフワッと!

カジキマグロの優しい香りと甘みが

口中に溢れ出すカジキフライや


上品な香りと瑞々しい甘みの

帆立貝柱フライ等も

ポッと出の洋食屋さんではお目にかかれない

安定した味わい!


マヨネーズが控えめで、

芋の甘みと香りにフワッと包み込まれる

ポテトサラダも、

単品メニューで注文したくなる、ひと品!


IMG_6921

そして盛り合わせと共に人気を集めているのが

「小春軒 特製かつ丼」


こちらは、一度メニューから消えていたところを

三代目の店主が幼い頃に食べた記憶を頼りに

20年前に復活させたものだそう!


玉子でとじず、ソースもかけない、

“デミグラを隠し味にした割り下”でサッと煮にした、

ひと口カツに


サッと煮にした、

ジャガイモ、人参、玉ねぎ、グリーンピースが

ゴロンゴロン。。。


私はこれまで様々なカツ丼を

いただいてきましたが


“洋食の粋”と“下町の親しみ易さ”の

双方を兼ね備えたカツ丼は、

他にいただいた事は有りません!


IMG_6922

  「今日はオムレツをいただきに

   20年ぶりに伺いました!」

  「まあ! どこかで見たようなお方だと

   思っていました。。。」


先客が帰りがけに

女将さんと交わしていた会話に、

私も妙にホッとしましたね。。。


「きどらず 美味しく」


メニューに書かれたその言葉の通り。


明治から続く気骨のあるこのお店の姿勢が

多くのお客を惹きつけて止まないのでしょう。。。


http://30min.jp/place/5472/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「小倉ホットケーキ」には、ちょっぴり塩味の餡! この塩味が小豆の風味を引き締めています♪ 人形町・珈琲 RON

image

人形町交差点の近くに有って。
昔ながらの喫茶店のたたずまいですね!
珈琲 RON(ロン)さん。

image

昔はどこででも見かけた、
ウィンドウに飾られた食品サンプル。

イマドキのカフェでは見かけない
喫茶店の王道を感じます。

image


   >英国皇室御愛用の最高級豆
              ブルーマウンテンを使用した(※原文ママ)

英国には王室以外にも皇室も有るとは、勉強不足でしたw
このお店のウィンドウのディスプレイは、
覗く度にいつも微笑ましく思います。。。

image

厚いガラスで出来た扉を開くと、
ダークブラウンで統一された
70年代にタイムスリップしたような懐かしい空間。。。

image

今回、私が注文したのは、
噂の“英国皇室御愛用の”ブレンドコーヒー。

仄かな酸味に程よい苦味とコク♪
カフェや、コーヒーショップは味わえない
“喫茶店”ならではの、
飲み易いブレンドコーヒー。。。

image

ウィンドウに

  >ほっとする喫茶店でホットケーキをどうぞ

…という迷コピーと共に、
サンプルがディスプレイされていた「小倉ホットケーキ」

はい、“パンケーキ”ではなく、これはホットケーキ!

ホットケーキミックスのメーカーに言わせると

  甘みを抑えて、食事に合う味わい=パンケーキ
  小麦粉を主体とする生地に砂糖を加えた
                             甘いおやつ=ホットケーキ

と商品名を使い分けているそうですけど…

巷に溢れかえっているパンケーキは、
そういう定義とは関係なく進化を重ねている気がしますw

image

しかしこちらは、
やたらとフワつく昨今のパンケーキとは違って
サラッとした生地を、香ばしく焼き上げ、
ややハリの有る食感。

豆の香りが漂う、柔らかめの小倉餡は
メイプルシロップとの相性を勘案して
ちょっぴり塩味が立っていて、
それが更に小豆の香りを引き締めていて
おおらか。。。


コンビニで手軽に“いれ立てコーヒー”が飲めるようになって
1年あまりかな。

缶コーヒーは、あのコーヒーのお陰で
売り上げが激減しているそうだけど。

こういった温もりのある喫茶店なら
アレに簡単には負けません!

人の心を解きほぐしてくれる、
優しい時間が流れているお店ですからね。。。

http://30min.jp/place/55083

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

日本で唯一のマイスターの手によるドイツパンの店! 心地良い噛み応えと、 もっちりとした食感のコントラストに夢中です! タンネ 浜町本店

ブログネタ
グルメ・食品 に参加中!
image
仕事場からササッと買いに行けて、
しかも“季節商品”をマメに投入されるから
足を運ぶ度に発見が有って。。。

大人気商品「ハムチーズサンド」は、
訪れる度にパンや中身が少しづつ違うから
飽きません !    浜町  タンネさん。 

今回いただいたのは、
“かぼちゃの種付きロッゲンブレーチェン”に挟んだもの。

生地の仄かな酸味と豊かな旨み、
かぼちゃの種のコクと脂の甘みが…

クリーミーで香り豊かなドイツ産チーズと響きあって
嚙み締める度に高揚感のある旨みがこぼれ出します。。。

image

ドイツパン=ライ麦を使った、黒いパン

私もタンネさんと出逢うまでは、そういうイメージが強く。
お店に通うようになってからは、ライ麦を主体にしたパンは
ごく一部だという事を知りました。

しかし、ライ麦も小麦との配合比率を工夫したり、
蜂蜜やフルーツを加える事によって
様々な表情を見せる事を知りました!
例えば、「ミューズリーブロート」

こちらは、ライ麦30%を使用しているそう。

噛めば、蜂蜜の優しい甘さがふんわり。。。
そして、中に練りこんであるレーズンと胡桃がフワッとコリッと!

複雑な甘みと香りを放つと共に、トッピングの押し麦の香ばしい事♪ 
ドイツパンの美味しさたっぷりと詰め込んだオススメ商品です!

image

ドイツ=堅苦しいイメージを持っている方は
コチラをいただけば、親しみ易いかも?
「シュペック」

見た目はピザのようですが…
もっちりとした生地が風味豊かで、
ピザよりも、もっと深みのある味わい♪

生ハムの濃厚な味わいと
ハーブの香りにホッとします。。。

image

こちらもタンネさんらしい、
素材の風味がギュッと詰まったひと品!
「オニオンブレーチェン」

こちらは、ライ麦60%だそう。

クラストの心地良い噛み応えと、
もっちりとした食感のコントラストが見事!

生地の香りと旨みが豊かな事はもちろん!
ドライ玉ねぎの芳醇なコクと香りと
見事に調和しています。。。

image

これは、お土産に持って行ったら
「また買って来て!」とおねだりされました!
「ヌーゲンブロート」

image


  >結婚式のケーキの味がする!

う~ん、“全ての、結婚式のケーキ”には
該当しないかも知れませんが…
言いたい事は解りますw

要は、“砂糖がけの、フルーツケーキ”の事を
言いたいんでしょう?

コリッと弾ける砂糖のコーテイングがジワッと甘く。
生姜のような、ジワッとしたフレーバーが拡がり
余韻がやわらか。。。

シンプルだけど、飽きのこない美味しさですね。。。

http://30min.jp/place/3748/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

あさりの溌剌とした香りと、生姜の躍動する香りに、クラクラッ♪ 「深川土鍋ご飯」 蛎殻町・日本ばし さく間

IMG_6905

 「一番上のは

  トウモロコシとオクラ、蕎麦の実

        出汁で寄せています!

        そして、甘海老の昆布〆、

        こちらは、コチの酢〆 昆布で巻いています。

        そして、大分のシジミの酒蒸し。

        大根おろしをのせています。。。」


IMG_6906

日本ばし さく間さんに伺うと

まず最初に注文するのは、

飲食店限定のプレミアムビール

「ガージェリー・エステラ」


長期熟成で醸し出された

ふくよかな旨み!


無濾過で樽詰めされているからでしょう!


静かに忍び寄ってくる、

程よい苦味と柔らかな甘みに

心置きなく身を委ねる事ができるんですね。。。


そう、今回の先付(※トップ画像)も、

非常に繊細な調べを奏でていて。


トウモロコシの甘みと旨みに

蕎麦の実のコクと香り、

キャッチーな食感の後に

じんわりと鰹出汁の優雅と

オクラの蒼さに包まれる「出汁寄せ」


昆布の気品のある香りと旨みで、

更に甘みが凝縮された「甘海老の昆布〆」


プルッと豊潤!昆布の旨味と

サッパリしているようで、

爽やかな甘みを感じさせる「コチの酢〆」


アサリと見まごうサイズのシジミは、

シジミならではの濃厚なコクと香りが


大根おろしの粋な香味によって、

研ぎ澄まされた味わいに昇華されていて♪


夏支度を済ませた食材達の

涼やかなチカラを愉しみました。。。


IMG_6907

お造りは、何種類も有りましたが

「噴火湾  北寄貝刺し」と「三河平貝刺し」の

“貝合わせ”を試みる事にw


軽く湯引きした北寄貝は、

するんと、コリッと

潮の香りの中に癖の無い旨みと甘み!


一方、平貝の貝柱は、

細やかな仕事が施されていて。


ふるふるっと舌の上で踊ったかと思うと、

繊細な甘みと旨みを弾かせて


コリャ、帆立貝柱よりも、

ずっと上品な甘みと旨み♪


IMG_6908

今回、女将さんに選んでいただいたお酒は、

「早瀬浦 純米吟醸酒」


酒米は山田錦を使用しているそうですが


するん。。。と、キレの良さの後に

のびやかな旨みが拡がって、

輝かしい吟醸香に包まれるんですね。。。


さらりとした酸味が、

夏にピッタリな余韻を残して、これまた良し!


IMG_6909

これは、“あのポタージュ”より美味しい♪

「順菜とじゃが芋のすり流し」


そう、新じゃがならではの

輝く香りと旨みを活かしている所は

あちらと共通しているのですが


和出汁ならではの“憂いのある旨み”と

“気品のある香り”が、

新じゃがの清楚な香りと旨みを、

更に輝かせていて♪


ツルプリッと、

穏やかな滋味を弾かせる順菜が、

さらなる夏の表情を加えている所が

素晴らしい。。。


IMG_6910

“煮魚”では見せなかったSexyな表情が

ここには在りますね。。。

「きんめ頭 酒蒸し」


刺身でいただく時より、

引き締まって濃厚な味わい!


コラーゲン質の、

ふくよかな旨み。。。


とかく、濃い口醤油の香りに

消されがちだった金目鯛の香りと甘みが


昆布の憂いと日本酒の香りをまとって

熟女のような濃厚なKiss

迫るんですもの!


これは、“格闘”のし甲斐のある

逸品でしたね♪


IMG_6911

越谷時代から、

土鍋ごはんを何度もいただいてきましたが


これは、今回が初のお手合わせ!

「深川土鍋ご飯」


IMG_6912

本場・愛知産のあさりは、

プリッと身が締まっていて、

ミネラル感のある濃厚な旨み!


そして、高貴なあさりの香りを引き立てる、

針生姜の爽やかでありながらも、

厚みのある香り!


そう、醤油っぽさを控えているから、

あさりの溌剌とした香りと、

生姜の躍動する香りに、クラクラッ♪


今まで提供していなかったのが不思議で仕方ない、

傑作・土鍋ごはんの誕生です!!


http://30min.jp/place/2469215/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ