少し、愛して…「半分チャーハン」 長~く愛している「イカ青菜炒め」w 深夜食堂に出現する恋人達は、癒し系揃いです♪ 東中野・中華 まるしん

IMG_9741

ここは、午前3時まで営業をしている

深夜食堂!


訪れる者達は、

ビールの中瓶に2品が付いて

1100円のサービスセットで、

一日の疲れを癒すか


コンビニではとうてい味わう事ができない、

炎と油が醸し出す高揚感に、

浸ろうとしている。。。


昨日も、やっぱり寄ってしまいました!

東中野の中華 まるしんさん。


店に着くと、必ず注文するのが

ビールと、餃子と


速攻で野菜を補給したい時に

ついつい注文してしまう

「ニラ玉子炒め」


そう、残念ながら、

メニュー名には登場しないものの


店主の炒め技を見事に証明している、

もやしの爽やかな甘みの引き出し方が

この料理のキモとも言えますね♪


サクッと、じゅわんと、

新鮮なもやしの甘やかな香り!

ニラの溌剌とした蒼さ♪


そして、オムレツより

香ばしさをまとい。
 

豚骨スープと密やかなるタッグを組んだ

玉子の甘みと旨みの

押し寄せ方と言ったら


ある意味、

そこいらの玉子料理よりも

破壊力を増しているかも♪

IMG_9742

そして、「ニラ玉子炒め」を食べ終わる頃に

ちょうど焼き上がる「餃子」


サクッと、モチッと、

小麦のコクと旨み豊かな

自家製の皮の中から


キャベツのサクサク感を残しながら、

ニンニクとニラが溌剌とした香りを放つ

餡がフワッ♪


一日の終わりに、

元気をチャージしておきたい方は、

こぞって注文される、逸品です♪


IMG_9743

中盤戦からは、甕出し 紹興酒と共に、

「イカ青菜炒め」を注文するのが、

もはや“お約束”と言っても、

過言では無いかもw


IMG_9744

粉をふって香ばしく炒めたイカに、

少し長ネギを加えて、

まろやかなコクと香りをプラス!


それが、シャキシャキの青梗菜の

爽やかな蒼い香りと響き合って


摘みにも、なる!

一日の終わりの“心の浄化剤”にも、なる♪


  「野菜炒めは、最初に食べたでしょう?」


そんな、野暮な事は

お聞きにならないで下さいね。。。


何だろう


私にとっての“野菜炒めの、お手本”

みたいな存在のこの一品に還る事が、

私にとっての

一日の終わりかも知れませんね。。。


IMG_9745

まるしんさんでは、

「長崎ちゃんぽん」や「皿うどん」が

看板メニューとして人気だけれど


セットメニューではなく

単品で「半分チャーハン」が有るのは、

呑助としてはありがたい♪


そう、玉子のまろやかな香りと旨み!

刻みチャーシューのコクと香り!


ご飯の量は、一膳半ほどでしょうが


具材の量は、1人前と

それほど変わらないのではないでしょうか??


そう、刻みチャーシューの旨みと香りが

緻密に迫る、

非常にリッチな味わい♪


糖質オフで、

ごはんを目の敵にする人々は


きっとこの幸せのオーラに包まれた事が

無いんだろうな


 「いいよ!太っても

  歳をとって痩せてると、

  貧相に見えるじゃん!」


先ごろ、台湾娘にも

お許しをいただいてからと言うものの


私は、「半分チャーハン」の虜です♪


http://30min.jp/place/192754/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「トムヤンクン ヌードル」 ヒュルリと、フレンチの風を吹かせたような、しとや かな酸味のフォー♪ 東中野・noo(ヌー)

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

今日のお昼前、
後輩の商談に同行する事になり。
彼の運転する車で、得意先まで向かった。

    「東中野にお住まいなんですよね?
      やっぱり、サブカル的な街なんですか?」

おっとっと! 
 
中央線沿線=サブカルってイメージは、
他の街に住む方々にとっては、
強いのでしょうか?

私は、高円寺や阿佐ヶ谷の方が
もっともっと
ディープな文化が有ると思うんですけどね。

ちょいと緊張する商談の前だったので、
「うん。。。」と
生返事でやり過ごしてしまいましたw

しかし、今、こうやって考えてみれば…

JR東中野のホームからも見えて、
電車が通る度に微かに揺れる、
この店も…

東中野の夜に
サブカル的な光を放っていると思います!

看板メニューは、
立て看板に「人気NO.1」と
書かれていましたから…
 
まさしくこれですよね?
「トムヤンクン ヌードル」

フォーか中華麺を選べるシステム
になっているので
私はフォーを選択!

使っている具材は、
海老、エリンギ、もやし、ニラ、パクチー。

サラッと涼やかな口当たりに
ココナッツミルクが
微かに厚みをもたせたスープ。

そりゃあ、線路を挟んだ向い側には
タイ料理好きにはその名も高い
ロムアロイが有りますから。

“タイ料理の、トムヤンクン”のように
提供するのでは無く。

ハーブ遣いをタイ料理に習って、
ヒュルリ…と、
フレンチの風を吹かせたよう。

レモングラスのしとやかな酸味を
うまくスープに引き出しています。。。

そう、敢えてニッチな世界を狙わず、
的を大きくすれば…
 
多くの人がタイ料理の気分に
浸る事ができますからね!

「いやあ、タイ料理はハーブの高揚感こそ…」

そんなうるさ型は、線路を越えて
ロムアロイに行けば良いんです!

image

一緒にいただいたのは、
「ハニーマスタードソースのサラダ」

“マスタード”というと、
辛味を連想する人が居るかも知れませんが、
辛くは有りません!

マスタードの酸味と香り、
蜂蜜のコクの有る甘みが活きた
トロッとソースが
たっぷりの具材を上手にまとめあげていますね!


温玉をくずしていただくと…

サニーレタス、ブロッコリー、玉ねぎ、ミニトマトの
にぎやかな顔ぶれと
炙りベーコンのコクと香りを
トロッとまとめ上げて…
“すっぱ甘い” 、深夜のトキメキ♪

image

食べログの店舗情報には「無国籍料理」と
書かれていましたが…

「無国籍料理」の看板を掲げている
多くの店のような妖しさは感じなかったな。

後輩のサブカル談義に
昼間は生返事をしてしまった私だけれど。

あながち間違いではいなかったなあと
ちょっとホッとしていますw

http://30min.jp/place/2420669

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

冬の一時期しか出回らない「娃娃菜」 蒼辛さと透き通った甘みが、ジワッと弾ける、理想の青菜炒めです♪ 御徒町・台湾客家料理 新竹

IMG_9719

  「満席? そんな事無いよ~!

   行けば、必ず入れてくれるから!」


私が電話予約を打診した時点では、

「新年会の予約が入っているので、今日は

と、一度は断られたんですけどね。。。

k

台湾娘にその事を話すと、

「カウンターの隅でも良いから、絶対に行く!」


そう、私達の年末年始の挨拶廻りも

意外と大変なんです。。。

御徒町の台湾客家料理 新竹さん!


IMG_9720

 「な~んだ! 電話で名前を言って下されば


と、店に入るなり、

店主にすまなそうに言われましたけどw


親戚の家にでも行くような

親しみを込めて、ゴリ押し訪問できるのは

台湾娘ならではの特権なのかも!


「三種盛り」(メンマ、台湾腸詰、

 牛筋肉の煮込み)と共に

最初に注文したのが「するめとセロリの炒め」


そう、“するめ”と言っても、

“乾き物”で登場する“アノ、するめ”と違って


“一夜干しより、ちょいと強めの干しを加えた”ような

熟成風味が引き出された、スルメイカと


日本のセロリより雄雄しい香りがする

台湾セロリを、

たっぷりのニンニクと共に炒めたもの。


するめの濃厚な旨みと香り、

セロリの清涼感溢れる香りが、

ぶつかり合い


ニンニクの高揚するコクと香り、

長ネギのコクと旨みが

更なる深みを与えている、

台湾客家の名物料理!


これを食べると

「新竹に来た!」と実感できます♪

IMG_9721

  「今日は、青菜は何が有る?」


私の健康を気遣って、

彼女はいつも、そう聞いてくれますね。。。

そして、「白鳳菜」が店に有る時は、

必ずと言って良い程、

注文をしてくれます!


現地でもなかなか手に入らないと言う、

民間薬草・白鳳菜。


肉厚な葉の表面はザラザラとしていて


噛めば、ザクザクっと、

野生的な蒼いコクと

滋味深い旨み。。。


生姜と塩だけで炒めた

シンプルな青菜炒めでありながらも、

この白鳳菜をいただくと


身体中に“蒼いコクが駆け巡る軌跡”を

体感できるから


これが、“タダの青菜”とは違う、

薬草たる所以でしょうね。。。


IMG_9722

「イカ団子」は、

台湾娘の大大好物でして


“イカのすり身”を団子にして

揚げただけのシンプルな料理のはずなのに


外は香ばしく、

中はムチッとフワッと、アッツアツ♪


香ばしさの後に、

キュ~ンと胸を締め付ける

淡白なイカの甘旨さが

乙女心をくすぐるのかも知れません。。。


IMG_9723

「三杯鶏は頼まなくても、いいの?」

「食べたかったら、頼んでもいいよ!」


4~5年前までは、

台湾料理屋さんに足を運ぶと、

必ずと言って良いほど彼女が注文していた

「三杯鶏」は

最近は、私が中盤戦に

注文する事が多いですねw


ごま油で鶏肉を炒め、

ごま油と同量の醤油と砂糖で味付けをするから、

その名が付いたとされる「三杯鶏」


ニンニクのコク、

台湾バジルの躍動する香り


シンプルな味付け故に

その香味が冴え渡っていて


これが“The 台湾”と

思えるようになった私♪


台湾娘の教育の賜物かも知れません。。。


IMG_9724

  「日本には無い字だよね

   何て言えば良いんだろう。。。」


台湾娘が厨房に居た女将さんにまで声をかけて

何やら中国語で会話をしていたと思ったら


  「冬の一時期しか出回らないの!

  娃娃菜(ワーワーツァイ)と言います!」


そう、女将さんに教えていただきました。


一見、“大ぶりな、青梗菜”のようですが


青梗菜の茎よりも、

緻密な繊維質を感じ。


高菜に似た、蒼辛さと

透き通った甘みが、

ジワッと弾けます♪


 「“葉っぱの下のコブ”も、食べるよ!」


そりゃ、ザーサイとも

似ている野菜なんですね♪


そう、葉も、茎も

非常に緻密な繊維質が走っている為に、

サックサクの心地良い食感!


そして、ニンニクと共に炒める事により、

蒼辛さの奥から

まろやかな旨みを引き出していて、痛快♪


これは、今までにいただいた事の無い、

“爽快で有り”“コクの有る旨み”が弾ける

青菜炒め!


台湾娘が、「カウンターの隅でも良いから!」と

ゴリ押ししなかったら、

巡り会わなかったかも知れない、

私の理想の青菜。。。


IMG_9725

  「お土産にビーフンを、2つ!

           私のには“ちまき”も2つ、入れておいて!」


う~ん。。。

新竹さんに足を運ぶと、

台湾料理を“食い溜め”する台湾娘。


最近、テイクアウトにも

ハマッているんです。。。


そう、台湾名物・新竹ビーフンは、

日本のビーフンと比べると、

細麺でありながらも、

非常に強いコシがあって


エアリー&非常に旨みが強くて、

何と! 冷めても美味しい♪


新竹さんでは、

た~っぷりの干し海老と干し椎茸と

その戻し汁と共に炒めているから

きっと“冷めても、美味しい”のだと思います!


  「私は、明日の朝食!

   貴方は、明日のお昼にでも、食べれば?」


はいはい。。。 台湾娘の仰せの通りにしましたが、

半日以上経っても、そのコシは変わらず。


シコシコッ!プリッと、愉しめましたよ!

新竹ビーフンでなければ、

そうはいかないと思います。。。


http://30min.jp/place/22092/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「くるみメロン」 メロンパンの甘い香りに深みとコクが増して、優しいひびき。。。 水天宮前・サンドウィッチパーラーまつむら

image

「逆シンデレラオジサン」と
さんざんブログで書いているから
夕食が深夜である事は、
読者さんならご存知でしょうが。

先日、居酒屋で

「ランチはどんな所に行かれています?」

と聞かれて

   「デスクで、パンを食べています!」

と答えたら、ギョッとした顔をされましたw


深夜にガンガン食べ呑みをするオジサンが
昼間は淋しいランチをとっていると思われたかな?


でも、いつもいただいているパンは
水天宮のサンドウィッチパーラーまつむらさんのもの。

大正10年から90年以上続く、
老舗のパン屋さんならではの
燻し銀のような味わいは、
きっと、画像を見るだけでも
他所のパン屋さんとは違う事が
解ると思います!


例えば、「桜あんぱん」

大手のパン屋さんのあんぱんは
小倉餡を使い、桜花漬をトッピングしていますが。

まつむらさんの場合は、
白餡の中に細かく刻んだ桜花漬を練りこんでいるから
餡が甘甘塩っぱく、春の香りがフワッ♪

サラッとした食感で、
小麦の香りと旨みが豊かな生地との相性も抜群!

去ってしまったた桜の季節に
思いを馳せながら
どこか切ない気持ちになれる、逸品です。。。

image

惣菜系のパンも充実していますよ!
私が大好きなのは「魚肉ソーセージ」

生地は、カレーパンと共通ですが、
ちょいと厚めな生地は
サクッとモチッと、心地良い食感♪

カレーパンのファンの中には、

  「カリッと揚げた生地が好き!」

という方も多いようですが、
そういう方は、
このパンだとたっぷり食べれて嬉しいかもw

魚肉ソーセージは、カレーをまぶして
独特の旨みと香りをサッと引き締め、
パンチ有り!

ついついビールが呑みたくなってしまう
美味しさです♪

image

もう一つのお気に入りは
「くるみメロン」

外側のクッキー生地は、
一般的なメロンパンよりもしっとり、
甘さを控え。

この生地に胡桃が加わる事により、
メロンの甘い香りに
深みとコクが増して、優しいひびき。。。


忙しくて外に出れないから
デスクでランチ?

そういう理由も無い訳じぁあないけどw

まつむらさんのパンが運んでくれる
ささやかな倖せに向き合えば
午後への活力に繋がるというものです。。。

http://30min.jp/place/5400

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

宮崎産生姜が重厚なコラーゲンスープと響き合って、絶品!「生姜ちゃんこ鍋」 〆の雑炊も感動的です♪ 日南市じとっこ組合 横須賀中央店

IMG_9691

年中無休の上に、

席数144席の巨大店舗だから


忘年会&新年会で3度もお世話になりました♪

日南市じとっこ組合 横須賀中央店さん!


そう! “天然記念物を、原種鶏にしている”

宮崎地頭鶏を様々な調理法でいただく

地鶏料理の専門店だけあって


様々な地鶏料理を

リーズナブルにいただけるところが気に入っています♪


じとっこ組合さんと言えば、

注文必須なのが「じとっこ焼」kkjjkj


1m近く炎が舞い上がる、

強火の炭火で一気呵成に

炭の香りを映しながら焼き上げるから


口に運べば、プルッと、じゅわん。。。と♪


炭の香りと肉の香ばしさ、

瑞々しい肉の甘みの双方を愉しめる

“レア焼き”でいただける所が

他の焼き鳥屋さんとの大きな違い!


軽く塩をふって提供されるので、

まずはそのまま、

宮崎地頭鶏の豊潤な旨みを愉しみ。


次に、柚子胡椒を付けて

キリッとした辛味にも負けない

宮崎地頭鶏の力強さを確認し。


最後に、溢れ出た鶏油に

柚子胡椒を溶かし入れて

この“艶っぽい旨さの鶏油”でいただく

じとっこ焼もオツなもの♪


自信を持って、オススメします!


IMG_9692

去年あたりから国産レモンが

多く出回るようになって

今、レモンサワーがブームだそうですね♪


ところが! じとっこ組合さんは、

「宮崎産マイヤーレモン」に加え、

“レモンと相性の良いハーブ”を加えた

「レモンサワー専用焼酎」を

強炭酸割りにした「炭酸焼酎」を

用意しているところが凄い♪


「宮崎産マイヤーレモン」は、

穏やかな酸味とたっぷりの果汁!

そして、皮の苦味が少ないから


安心して

皮までまるごと食べられるから


シュワッと、キリッと、ウマ~♪


宮崎地頭鶏の力強さを心地よく揺さぶる

奥深い味わいのレモンサワーです!


IMG_9693

こちらは、今シーズンからの

新メニューですね!

「鉄板炭火焼つくね  チーズ」


IMG_9694

卓上で、“じとっこ名物・こだわり卵”と、

チーズソースをかけていただくのですが


軟骨入りのつくねの、

“旨みの詰まり方”は、ハンパ無く。


ブロイラーの2~3倍の

飼育期間を経ているから、

鶏肉でありながら、旨みが濃厚な上に


コリコリッと、存在感を放つ軟膏が

心地よい合いの手を加え。。。


ビタミンEが通常の卵の10倍も有ると言う

オレンジ色の卵が、

トロロ~ンと、魅惑の旨みと香り!


こりゃあ、酒呑みの新定番となる事、

請け合いです!


IMG_9695

今回入れたボトルは、

お気に入りの「松露」


今回もロックでいただきましたが、

非常に密度の高い、口当たり!


芋焼酎特有のまろやかでありながら

力強い味わいが、

どっしりと舞い降りてきます。。。


IMG_9696

今シーズンのじとっこさんの鍋は、

全6種類!

今回は、「生姜ちゃんこ鍋」


勿論、2人前でいただきましたよ!


IMG_9697

地頭鶏のガラを、

原型が無くなるまで8時間以上も煮込むと言う、

地頭鶏コラーゲンスープの上には、

キャベツや長ねぎ、にんじん、えのき茸等の他に

つみれや胸肉、揚げごぼうなど♪


そして、具材が煮えかかってきたら

宮崎産しょうがをドッサリと加えるんです!



ガラを8時間以上も煮込んだ

トロットロのスープのコクと香りが


キャベツや長ねぎ等の、優しい甘み!

宮崎地頭鶏の濃厚な旨み!


そして、宮崎産しょうがの爽やかなコクと香りが

重厚な厚みを加えていて

メチャウマ~♪


IMG_9698

こりゃあ、女子でなくても

この重厚なコラーゲンスープは、

余す事無くいただきたいもの!

「雑炊セット」を追加しました!

IMG_9699

宮崎地頭鶏の旨みを、

骨の髄まで抽出したスープに、

野菜達の香りと甘み。


そして、

オレンジ色の“こだわり卵”の

濃密な旨みをしっかりとたたえた雑炊は


力強さと、どこか懐かしい

ほっこりとした美味しさを併せ持っていて、

しみじみと、旨い♪


一段と寒さを増したこの季節でも、

この「生姜ちゃんこ鍋」が有れば、

百人力ですね♪


これは、このシーズン

リピート確実な、感動的な鍋です♪


http://30min.jp/place/2263656/blog/

     

    

    


�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�違��

 


 
記事検索
最新記事
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ