2012年12月

江戸っ子が日用品を質屋に入れてまで、新蕎麦を堪能したという事、解るような気がするなあ。。。中野坂上・ら すとらあだの「栃木・益子産 粗挽きそば」5

7   ら すとらーだ  105



























今年、食べ歩きをしながら

いろいろな出逢いを重ねたけれど。

 

ら すとらあださんに出逢って、

やっと蕎麦屋さんのホームグランドが出来た事が

収穫でしたね。。。

 

蕎麦って、“おとなの粋”って感じがしませんか?

 

その理由としてまず挙げられるのは、その姿、形。

色は渋いグレー。

エッジのきいた細く長い蕎麦が、

蒸篭の上に、横たわっている様が、艶っぽい。。。

 

そこはかとなくよい香りがして、

喉越しはつるんと官能的♪

 

蕎麦を箸でつまんだら、

腕を高く上げて麺を長く垂らし、

蕎麦の端につゆがつくかつかないかくらいで、

勢いよくすすりこむ。

 

これを4、5回くりかえして、終了。

スピード感が命!

 

「栃木・益子産 粗挽きそば」















 

ら すとらあださんは、

品切れにさえならなければ常時2種類、

運が良ければ3種類の蕎麦が愉しめるけれど、

今のところ一番のお気に入りは

「栃木・益子産 粗挽き


  滑らかな太打ちは

口当たりは優しく。

喉を通る時に、香りが鼻を抜け、

プリミティブな躍動感が艶やかに響く。。

江戸っ子たちは、新蕎麦の看板を見つけると、

懐が淋しかろうが、日用品を質屋に入れてまで、

毎日のように新蕎麦を堪能したという事、

解るような気がするなあ。。。

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

  ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します!


自家製の味噌を使っているから、味噌のコクと香りが違う♪ 四川の味わいが柔らかな厚みを加えて、確かな充足感を運んでくれます。。。 東中野・福建家庭料理 旬の香の「麻婆豆腐」5

21















年末の挨拶じゃ無いけど、

やっぱり伺ってきました!

東中野・福建家庭料理 旬の香さん。

 

 

9月から日曜の夜も営業して

夜は無休で頑張っているし、

“ちょい呑み”の時も、“しっかりごはん”の時も

2324時まで温かく迎えてくれますからね。

ついつい足を運んでしまいます。。。

 

 

いつもトップバッターに頼んでしまうのは、

「くらげと胡瓜の和え物」

 

  旬の香さんの「くらげと胡瓜の和え物」は、

  くらげが肉厚でた~っぷり入っていて、

  コリッコリッと心地良い食感!

 

  甘酢加減がこれまた心地よくて♪

  ビールを飲みながらこれをつまんでいると、

  一日の疲れがほぐれていくのがよく解ります。。。

 

28















ホッとするメニューと言えば、

ゆで鶏 さっぱりニンニク醤油添え

 

  しっとりと茹で上げられた鶏も美味しいけど、

  この料理は、“さっぱりニンニク醤油”が

  何とも心地良い!

 

  そう、ニンニクと魚醤を使っているから

  爽やかさとコクと、

  仄かな甘さのたれに仕上げていて、

  食べごたえ有るんです♪


22  旬の香 075















定番メニューも独自の工夫が有ります!

「麻婆豆腐」

 

  旬の香さんの麻婆豆腐は、

  自家製の味噌を使っているから、

  味噌のコクと香りが違いますね!

 

  辛いだけじゃない、

  優しいウマ辛さがドーンと押し寄せてくる感じ♪

 

  自家製味噌の次に主張するのは

  花椒(中国の山椒)の爽快な痺れ感と爽快な香り!

 

  四川の味わいが柔らかな厚みを加えて

  確かな充足感を運んでくれます。。。


�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!

まさに“小さな洋食屋さん”♪「帆立貝柱」 生姜特有のツンとした辛みがまろやかになってさっぱりとした後味で面白い♪ 「紅生姜」 浅草橋・大阪串かつ テンテコマイ4

5  テンテコマイ 6 旬の香 003















2週間ぶりに伺いました!

浅草橋の大阪串かつ テンテコマイさん

 

 

納会の帰りだったんですが

大勢と飲むと後輩を飲ませる側に廻って

自分が食べる事が出来ませんねw

 

終電前の短期集中コースでしたが

“香りの小型爆弾”を楽しみましたよ!


5  テンテコマイ 005















「牛肉」

 

  厚みは3~4mmでしょうか?

  結構、食べごたえが有って、

  サクッとかじると牛の甘味とコク♪


5  テンテコマイ 009
















「活き〆真だこ」

 

  シナッとコリッとした、たこの食感が面白く、

  こりゃたこ焼きよりもたこの

  澄んだ旨みを愉しめるかも!


5  テンテコマイ 030















「豚玉」

 

  ざく切り玉ねぎと豚肉の相性の良さは

  言わずもがなですね!

  人気メニューなのも納得。安心できる味わいです。。。


5  テンテコマイ 026















「帆立貝柱」

 

  これはまさに“小さな洋食屋さん”♪

  ベビー帆立ではなく、本物の帆立を四つ切りにして

  ふわっと上品な香りと甘さが楽しめます!


5  テンテコマイ 019















「紅生姜」

 

  今回、一番気に入ったのがこれ!

  生姜特有のツンとした辛みがまろやかになって

  さっぱりとした後味で面白~い♪        

 

 

衣をつけていると見た目は似ていますけどねw

 

カラッとした衣を噛み締めると、

それそれの素材の香りや旨みを凝縮させて。

 

“香りの小型爆弾”が弾けると、

一日の疲れが癒されますね。

納会の後の“ひとり忘年会”は
串かつのお蔭でほっこりとした気持ちにひたる事が出来ました♪


�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!


コリコリッとした食感を大事に、毛湯(マオタン)と中国醤油でこっくりとした味付け♪「豚ホルモンとにんにくの芽のコク炒め」 東中野・福建家庭料理 旬の香5

24















 

今年、一番足を運んだお店と言えば・・・

JR東中野駅西口から徒歩30秒の、

福建家庭料理 旬の香さん。

 

 

10大ニュース”って訳じゃありませんけど、

通った数は私のパトロール店では、ダントツ1位w

 

旬の香さんの良い所と言えば、

 

  ◆    塩味控えめ、素材の風味を引き出す穏やかな味付けが

 1日の終わりにホッとさせてくれる事

  ◆    串焼きは¥90~。 おつまみも¥300円台の
  小皿料理が充実していて
食べ呑みにピッタリな事

  ◆    野菜がちゃんと摂れる、メニューが多い事

 

等々、色々ありますし、メニュー開発に意欲的な所

通う楽しみの1つですね♪

 

7月に登場したメニュー

「豚ホルモンとにんにくの芽のコク炒め」

も今週いただいた料理の1つです!

 

ホルモンは居酒屋さんとかで食べると

時々、「エッ?」って物に出会いますけどw

 

 

  旬の香さんの豚ホルモンは、

  とても新鮮な上に洗浄と下茹でを繰り返して、

  臭みを排除!

 

  しかし、もつの力強い旨みと適度な脂加減は残して、

  コリコリッとした食感は大事にしている所が

  腕が確かな証拠ですね!

 

  毛湯(マオタン)と中国醤油でこっくりとした味付け。

 

  優しい甘みの後に生姜の爽やかな後味が残って

  酒の肴にピッタリです♪


22















 

あと、「青菜炒めは必ず“オススメ”に入れといて~!」という

お客さんの熱いリクエストに応えて、

冬場のメニューとして登場したのが

「ほうれん草の辛炒め」

 

  茎は、シャキシャキッ!

  葉は、しなやかな柔らかさで

  ほうれん草特有のアクは感じさせず、

  炒め加減が心地良いですね。。。

 

  にんにくの旨みと香りを引き出し

  唐辛子からは、辛さよりは爽快な香りを引き出し。

 

  ほうれん草の蒼い香りとコクを

  穏やかに引き立てていて、和みます。。。


31  旬の香 028















 

他の中華屋さんには無い、

“福建家庭料理の穏やかな充足感”がここの料理の特徴なのだけれど。

 

もうひとつの調味料が有るとすれば、

店主夫婦の誠実な仕事ぶりが

ついつい足を運んでしまう理由の1つかも知れませんね。。。

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

 

ブログランキングに参加しています
ポチッと応援、お願い致します!


モチッとした食感の中に、ポルチーニの香りもゆかしい♪ 「猪肉とポルチーニを詰めたニョッキ」  白トリュフの香りのラビオリ! 「豚ホホ肉のラビオリ」 西荻窪・trattoria29 Part2285

25 trattria29 043














 

西荻窪の人気イタリアン・trattoria29さんの

クリスマスディナー!

 

Plimi Piattiのひと皿めは

Super ball29!! 猪肉とポルチーニを詰めたニョッキ」

 

  “Super bal”とは良く言ったものですね!

  大人の拳大より一回り小さいサイズの

  じゃが芋で作ったニョッキは、優しい甘さ。

 

  モチッとした食感の中に

  ポルチーニの香りもゆかしい猪肉がサラッと拡がって。

  杜松の実で作った煎餅が、

  カリッと香ばしいテンポを添えて、新鮮です♪


25














 

Plimi Piattiのふた皿めは

「豚ホホ肉のラビオリ スープ仕立て 白トリュフの香り」

 

  満天の星空のように

  トリュフオイルがキラキラと輝くスープの中には

  小さな餃子くらいの大きさがある、

  モルタデッラ入りのラビオリ。

 

  小麦の香り豊かなラビオリを噛み締めれば、

  ホホ肉の上質なコクがストレートに伝わってきます。。。

 

25














 

クリスマスなのでSecondo Piattoは、

「北海道産黒毛和牛をボローニャ風の2種の仕立てで」

 

手前にあるのは、「ランプの炭火グリル 黒トリュフソース」

 

  trattoria29さんの“顔”でもある炭火グリルは、

  いつもは岩塩だけをふったシンプルな味付けですが・・・。

 

  赤身のやわらかな甘さと炭火焼きの香ばしさ、

  黒トリュフの凝縮した香りをまとって、芳醇♪

 

 

もうひとつは「ホホ肉のハーブたっぷり赤ワイン煮込み」

 

  ねっとりとするまでよく煮込まれたホホ肉は

  赤ワインの重厚なコクと、

  突出しないまあるいハーブ感で優しく包まれて。

  フライドオニオンがカリッと、

  重厚な煮込みに香ばしいアクセント。。。

 

25 trattria29 074














 

Dolci

パネットーネ」「パンナコッタ」「蜂蜜と胡桃のジェラート」

 

  「パネットーネ」は、イタリアでクリスマスに食べると言う

  フルーツを練りこんだお菓子だそうですが、

  ケーキとパンの中間のような食感。

  甘さ控えめ、オレンジの香りの素朴なお菓子ですね。。。

 

  「パンナコッタ」は、trattoria29さん名物・

  蒸さないタイプ。

  つるんと透き通った甘さがバルサミコソースと良く合いますね♪

 

  「蜂蜜と胡桃のジェラート」は、

  阿佐ヶ谷のSIN CE RITAさんとのコラボメニューですね!

  蜂蜜ベースの優しい甘さの中に

  胡桃の人懐っこい香りとコクが活きています!

 

 

ジェラートの隣に寄り添っているのは

苺と生クリームで作った、サンタさん♪


25 trattria29 001














 

1日限定20人だけのクリスマスディナー!

肉に恋したシェフが、

肉に繊細な調べを添えて我々を愉しませてくれました♪

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

   ↑     

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。


記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ