2013年03月

しっとりと新鮮! これは、肉の上質な旨みで焼き上げた、新しいケーキのよう♪ trattoria29 PART 235 「3月の肉の日」の「お肉屋さんのミートボール」5

トリッパと春野菜のクタクタ煮込み 050















今月も快調な滑り出しです!

西荻窪の人気イタリアン・trattoria29さんの

恒例・“肉の日”イベント!

 

Antipastoの3品めは

「トリッパと春野菜のくたくた煮込み」

 

“春野菜”とは、

キャベツ・菜の花・アスパラ・赤キャベツ・新玉ねぎ等々。

 

噂では、同業の方もご覧になっているようですので、

材料の一部は割愛しますけどw

 

クタクタを通り越して、

ほとんど形が無くなるほど煮込まれた春野菜達。

 

変幻自在なトリッパは、

野菜のまろみを吸い尽くして、とろける美味しさ!

 

オープン以来、

様々な調理法でトリッパの魅力を追求し続けてきた

trattoria29さんは、

1月の“イタリア里帰り”で、

家庭の味を再確認されたんでしょうね。

 

贅沢な野菜使いは、

まろやかな蒼い香り、自然な甘みを引き出し

スーッと優しい気持ちになれる味わいです♪


お肉屋さんのミートボール 061















次に登場したのは、

「お肉屋さんのミートボール」

 

 

私「“お肉屋さん”とは、

シェフが修行された“ダリオの店”ですよね?」

若奥様「はい。あの店の味を

かなり再現できていると思います!」

 

お隣さん「ミートボールがこんなにでかいとは♪」

 

 

そうなんですw

直径5~6cmのこの姿は、

「ミニハンバーグ」と言われても通用しそうなインパクト!

 

若奥様「パプリカと唐辛子のジャムは

お肉屋さんの物なんですよ!」

 

嗚呼。。1月のイベントに続いて、

“皿の上の師弟競演”ですね♪


割ったミートボール 072















挽肉と叩いた肉のダブル使いの

このミートボールは、

ふわっとした肉の温もりと

パテドカンパーニュの

しっとり感をも併せ持って、新鮮♪

 

言うなれば、肉の上質な旨みで焼き上げた

ケーキのようですね。。。

 

ダリオの店のジャムは、

自然な甘さのスイートチリソースのよう。

 

 

“解り易い、肉料理”は、他の店でもいただけます。

でも、

この繊細なミートボール、なかなか他所ではいただけませんね。。。

 

肉に恋したシェフは、

ひゅるるっと、イタリアの新しい風を吹かせてくれました♪

 

(“29の日” メインの模様は、明日のブログで・・・)



�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������


 ↑         

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。

春の憂いを添えて、ほっこりとした気分♪ trattoria29 PART 234 「3月の肉の日」の「春の色々お豆と豚耳と豚舌のサラダ」5

29店内























昨日も行ってきました!

西荻窪の人気イタリアン・trattoria29さんの

恒例・“肉の日”イベント!

 

昨日は珍しく集合時間の20分前に伺う事ができまして。

1月の“イタリア里帰り”の写真を観ながらのんびり。。。


季節のスプリッア(イチゴ) 007


























 

季節のスプリッツァは、

今は苺!

 

苺のコンポートから春の香りがふんわり。

柔らかな甘さをシュワシュワッと愉しみまして。

 

 

シェフ「皆さんお揃いになりましたので、始めます!

今日は春の食材をご用意させて頂きました。

いっぱい出るんで、パンを食べ過ぎると

全部食べれなくなりますので、

どうぞ宜しくお願い致します!」

 

はーい! 私は心得ていますが、

お隣の業界人っぽい方々は妙にはしゃがれていますねw


スティックサラダとワイン 023



























お約束の「スティックサラダ」をつまみながら、

 

「やばい!フルーツみたい♪」

 

等々、冒頭から盛り上がっていますw

 





鶏レバーのクロスティー二 028











さて、Antipastoのトップバッターは

定番メニュー「鶏レバーのクロスティー二」から

 

フードプロセッサーを使わず

粗く叩くのがトスカーナ流。

 

未だ鼓動を続けているかのような

雄雄しい舌触りの中に

溢れんばかりのレバーのコクと香りが弾けます♪

 

こちらの料理は2年以上いただいていますが

飽きる事の無い輝きがありますね。

trattoria29さんのAntipastoを代表するメニューです!


フォカッチャ 044
















 

「やばい!パン、御代わり下さ~い!」

 

アッ、店主が冒頭に言ったのに

お隣さんは、もうフォカッチャを御代わりされています。。。

 

そう、オープン当初から自家製フォカッチャは

進化を続けていますね。

モチモチッとしながらも、決して重たくなく。

小麦の香りと旨みに溢れています!


春のいろいろお豆と豚舌と豚耳のサラダ 036















次なるAntipastoは、

春の色々お豆と豚耳と豚舌のサラダ

 

“色々お豆”とは、

空豆・グリーンピース・白インゲン。

 

空豆は、優しく忍び寄る蒼さ。

対して、グリーンピースは、

生命力溢れる蒼さ。

全体をとりもつ白インゲンは、

ホッコリと、それぞれの春の表情。

 

豚耳はツルッとコリッと、

コラーゲン質の淑やかなる躍動。

 

豚舌はふんわり!

まろやかなるコクが優しい。。。

 

“肉肉しさ”って、

一般的にはステーキのようなイメージでしょう?

 

長い眠りから覚め、

大地の力を凝縮させた色々お豆。

豚耳や豚舌という

デリケートな部位と出逢って、

憎らしいほどのトキメキのサラダに。。。

 

 

 >イタリアの風をひゅるるっと吹かせれば!

 

1月、イタリアから里帰りされたシェフは

そう仰っていましたが。

 

 

はい、1月の風に

春の憂いを添えて、ほっこりとした気分♪

 

オープンして2年を過ぎたtrattoria29さんは、

決して肉だけのお店で無い事が

静かに伝わってきますね!

 

(“29の日” 続きは、明日のブログで・・・)

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

            

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します。


具材をそぎ落としたからこそ、生地の確かさが光り、しみじみ美味しい。。。 新大久保・おうさか苑の裏メニュー「素焼き」と、独りで大粒12個、たいらげた「牡蠣のバター焼き」5

牡蠣バタ焼き(焼く前)060















今月、創業25年を迎えた

新大久保の関西風お好み焼き おうさか苑さん!

 

オバチャンに一言お祝いを言うと共に、

シーズンの最後、もう一度食べたかったんです!

「牡蠣のバター焼き」


おうさか苑さんでは、

鉄板焼きもお好み焼きもセルフで焼きます!


焼いている最中の牡蠣 067















先月、人形町の三友さんでいただいた

“爆弾”のような牡蠣フライもインパクトが有りましたが、

 

フライの衣で邪魔をされない分、

牡蠣の凝縮した旨みが瑞々しく伝わり。

磯の風味とバターの香りが

ダイレクトに弾けて痛快♪

 

自分の食べたい量だけ、好きな焼き加減でいただける

おうさか苑さんの鉄板焼きの方が

牡蠣の旨さを存分に愉しめて、美味しいと思う。

 

牡蠣の季節の最後の最後。

独りで大粒12個、たいらげちゃいましいた♪


そばロール 071















牡蠣を焼いている間に注文済みです!

「そばロール」

 

そう、ロール関係は

キッチンで店主自ら焼いてくれるので安心です。

 

パンチの有るソース使いの焼きそばを

ふわっとした薄焼き玉子で包んで

しっとり、コクウマ~♪

 

ケチャップとマヨネーズのボトルを渡されて

お好みで絞っていただくのが、おうさか苑流です!


素焼きの素 008














 

オバチャンに、「今度、試してみて!」と言われていました!

裏メニューの「素焼き」

 

前回の約束を果たした所、

オバチャンは大喜びで、焼き方を指南してくれました。

 

“素焼き”とは、

おうさか苑で初めて知ったお好み焼きで、

キャベツ等の具を入れないお好み焼き。

 

でも、全くの“具無し”だと

クレープみたいですよねw

 

オバチャン「基本は、鰹節と青海苔をかけます。

        お好みで、紅生姜か桜海老」

 

そう言われて、すぐさま「桜海老入り」と「桜海老無し」

2種類をオーダーしました!


鰹節だけの素焼き















 

生地を鉄板にのばした後、

 

オバチャン「ホントは“底の方の粉”が美味しいんだけど」

 

そう言いながら、鰹節を手でひねりながらふりかけて、

青海苔をふり。


桜エビ入り素焼き













 

もう一枚は、桜海老もふりかけて。。。

 

卵を割り落として














 

生地が固まってきたら、鉄板の隅に置いて

玉子を割りいれて薄焼き玉子を作り。。。

 

すぐに、素焼きを薄焼き玉子にのせて

焼き上がりを待ちました。。。


素焼き(アップ)
















 

オバチャン「食べ方はそのままでも、醤油でもソースでも!」

 

 

まずは、「鰹節+青海苔」を何もつけずに、パクリ。

 

はい。。。

キャベツ等の具が無い分、

生地の旨みと焼き目の香ばしさ、

鰹節の風味がしみじみと、美味しい♪

 

 

半分は、そのまま。

残り半分になって醤油を付けてみたけど。

ガラリと違うw

 

私は醤油味より、そのまま食べた方が

そぎ落とされた“小麦の旨みと香り”が感じられて、

好きかな。。。

 

ライター 045
















 

私「やっぱり、おうさか苑は生地が違うね!」

オバチャン「ありがとう!!

生地はね。20分練るの。

20分練ると、生地に輝きが出てくるん。。。」

 

そうか。。。

家庭でチャッチャと作るお好み焼きとは訳が違うのは、

そういうご苦労が有るんですね。。。

 

創業25年、お客様に支持されている実力の一端を

裏メニューで垣間見た気がしました。。。



�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������


    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します!

スパイシーなリーフ達の香りの連鎖! 震えが起きちゃうほどの合鴨♪ 東中野・ヴァンチョウの「合鴨燻製とイチゴのサラダ」5

合鴨燻製と苺のサラダ 093















このブログを読んだ友人から、昨晩

 

  「今度、バンチョウに行きたい!」

 

とのメール。

 

ちゃんとブログを読んでいませんね。。。

番長でもバンチョウでも有りません。

東中野のワイン食堂と言えばただひとつ。

ヴァンチョウさん!

 

 

そりゃあ、

東中野でワインの品揃えをウリにしている店は

他にも何軒か有りますけど。。。

 

ヴァンチョウさん程、

お料理が骨太で煌きが有るお店は、

私は他に知りません。。。

 

 

ラストオーダーが0時までというのも

嬉しいですね♪

ついつい足を運んでしまいます!

 

 

さて、今回もラストオーダー直前に滑り込んで

注文した料理は、

「合鴨燻製とイチゴのサラダ」

 

ひと噛みしただけで震えが起きちゃうほどの

プルンッとした弾力!

噛むほどに味わいが広がる合鴨の

濃厚過ぎないコク!

 

芳醇な香りのする脂は、

その香りとバルサミコソースが

無敵の相性の良さ♪

 

使っているリーフは、

わさび菜・クレソン・ベイビーリーフ。

 

スパイシーなリーフの蒼い香りと

イチゴの濃厚な甘さと酸味。

くるみとアーモンドスライス、

ピンクペッパー達の香りの連鎖の

ゴージャスさと言ったら。。。

 

ハーフサイズも提供されますが、

これはフルサイズを独り占めしたくなる美味しさ♪

 

こちらも、自信をもってお勧め致します!


手長海老のアメリケーヌパスタ



























サラダに打ちのめされても、

もう一品食べたくなる食いしん坊ですw

手長エビのアメリケーヌパスタ

 

手長エビの濃厚なコク、

ミソからくる芳醇な香りを存分に引き出した

トマトベースのパスタ。

 

歓喜のポーズも高らかな

半割の手長エビが6つ。

 

こちらも火入れが素晴らしく、

プリップリの心地よい食感!

 

小房に分け、丁寧に軸をとったブロッコリーが

濃厚なソースに心地よいアクセント。

 

一日の終わりに

手長エビの凝縮したチカラと

パスタの心地よいリズムが

心ほどきます。。。


がんこおやじの手作りわいん




























今回いただいたワインは

がんこおやじの手造りワイン

 

コク・渋み・余韻などが主張しながらも、

全体ににじむ表情が優しい。。。

ネーミングが言いえて妙な、飲み応えのある赤!

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

 

     ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します!


<a href="http://30min.jp/place/2292872" target="_blank">ヴァンチョウ</a>

ホタルイカのプルッとした食感! 濃厚さを増したワタの香ばしさ♪ 東中野・jige(ジゲ)の「おまかせ魚介の七輪焼き」4

おまかせ海鮮の炙り(焼く前)














食べログで読者登録をさせていただいている大レビュアー

“うどんが主食”さんが、

  >従業員も若い男の方でしたが、

私達に気を遣ってくれて、なかなか気分がよい。

とレビューされていたので、ずっと気になっていました!

東中野のjige(ジゲ)さん。

 

東中野の南の方は、

旬の香さん・ロムアロイさんが有るので

ちょいちょい歩いていましたが、

南口のビルの地下のお店は、これまで気づきませんでした。。。

 

でも、昨日は22時になろうとするのに、

ほぼ満席の大盛況!

 

店に入るなり、

店員さん「申し訳ありません!

今日は売り切れが多くて。。。」 

 

えっ? 私、もっと遅い時間に飲み食いしてますから、

多少の売り切れがあっても、へこたれませんよ♪

 

まずは“炙り”を“おまかせ”でお願いしました!

焼酎と炙り焼き






























ほどなくして届いたのは

炭火を熾した七輪と

「帆立貝柱・スミイカ・平貝・水蛸の吸盤・ホタルイカ」と、

お通しの鰯焼きw

 

店員さん「どれも新鮮で刺身で食べれる物ですが、

吸盤はよく焼いていただくと、コリコリします!」

 

へぇ~、面白そう♪


雲丹塩


















焼きあがった炙り焼きは、

山葵醤油でいただいても良し、

自家製の「雲丹塩」でいただいても良し!

(このお塩は、夏の一時期だけ捕れる雲丹を使った、

拘りのお塩だそう。。。)

 

目の前の七輪で、

海鮮がプルプルッと身が引き締まってゆく様は、

目にも愉しく、芳しい香りもご馳走ですね。。。

焼いている途中の海鮮 029















平貝やスミイカの

キュッと引き締まった食感と甘み。

 

ホタルイカの

プルッとした食感!

濃厚さを増したワタの香ばしさ・・・

 

私までプルッときちゃいましたw

 

吸盤焼き
















そして、

期待の水蛸の吸盤の“よ~く焼き”

 

音さえしなかったものの、

もう、パリパリッコリッコリ♪

口の中で最後の悪あがきを散々して

スッとしたコク! 上質な甘さ。。。

 

ここ、うどんが主食”さんが仰る通り、

従業員さんの機転がきいて良いですね。

 

「どうしても、炙り焼きが食べた~い!」と

私がお願いしたら、

こんな“おまかせ”を供してくれましたから。

 

他にも食べたいメニューが有りましたから、

今度はラストオーダー直前で無く、

もう少し余裕をもってお伺いする事にしましょう!

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

        ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援、お願い致します!



記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ