2013年12月

竹の子の甘みと香り。豚の香ばしさと脂の甘みを引き出し、心に沁みる。。。人形 町・あづま軒の「竹の子そば」

image

人形町のあずま軒。
多くのメニューはとりたてて変わった所は有りません。
ランチの定食に“冷奴”が付いていたりする、 “駅前中華屋さん”です。

私は「ウンチク先行型」のラーメンは好きでは有りません。
力技でお客をねじ伏せる気がして、気が進みませんからね。

しかし、休日出勤の途中。
今日なら会社の連中と顔を合わす事無く
ゆっくりと食事がとれると思い、久々に足を運びました。

なにひとつ変わらない店でなにひとつ変わらないメニュー。
でも、ここにはお気に入りのメニューが有ります!
それは、「竹の子そば」

そう、“メンマラーメン”は、何処でも有りますけど、
茹で竹の子を使った中華そばです。

鶏ガラベースの醤油味のシンプルなスープに
ストレートな細麺。

具は、竹の子・豚肉・木耳・玉葱・絹さや。
これを甘さをちょいと効かせた
オイスターソース炒めにしています。

竹の子の甘みと香り。
豚バラは焦がし黄身に炒めて
香ばしさを脂の甘みを引き出していて。

ちょいと大人しめの鶏ガラスープに
この甘辛炒めの餡が溶け出した時、
竹の子の柔らかな香りが花開いて、心地よい。。。

力技でねじ伏せようとするラーメン屋さんとは違う、
直球の潔さが有りますね。。。

そう、
水天宮のお蕎麦屋さんが言っていました。
「年越しそばは、どんなおそばでも良いんですよ!
“細く、長く”が長寿や家運の長命を願う習慣なんですから!」

そういう意味では、
まさに天に向かって伸びゆかんとする竹の子も
年越しそばにぴったりの具だったかも知れませんね。。。
http://30min.jp/place/3624

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ひと皿に様々な風味が溶け合って、香菜の香りがミステリアスな余韻を残しま す。。。「細切り豚ロースと香菜の辛炒め」 東中野・福建家庭料理 旬の香

image

中国では、香菜(シャンツァイ)
東南アジアの料理では、パクチー、
英語ではコリアンダー。

「カメムシソウ」とも呼ばれる独特な香気が有るから
苦手な人も多いけど。

その香りの虜になった人は、
「日本パクチー狂会」に次々に加入するほど、その香りを求めて止まない。。。

  私「炒めると、“カサ”が減るから、
    炒め物にする店、少ないんじゃないの?」
  店主「確かに、材料代はかかります。
     でも、お客さんに喜んで欲しいから。。。」

相変わらずメニュー開発に意欲的な旬の香さんで、
今週から登場したのは、
「細切り豚ロースと香菜の辛炒め」

豚のロース肉に片栗をまぶして
揚げたものを使用。

ひと手間もふた手間もかけているから、
ツルンッ!と、サクッ!と心地良い食感♪

そして、輪切り唐辛子をカリッと炒めて
ちょっとほろ苦いおとなの辛さを引き出し。

後は、彩り野菜をサクサクッと
心地良い食感で炒めて、
ほんのりと甘酢が隠し味。。。

よくタイ料理が好きな人は
「甘みと酸味と辛みの複雑なハーモニー」
を好きな理由に挙げるけど。

これは、そんなデリケートな美味しさに
中華らしい、
炒めの香ばしさと心地良い食感をプラス♪

ひと皿に様々な風味が溶け合って、
香菜の香りがミステリアスな余韻を残します。。。

年末も押し迫ってきて、
こんな傑作中華に出会えるなんて本当に驚きました!
image

さて、メニューに復活して大好評です!
「福建式トマトと玉子のナンプラー炒め」

真面目な店主は、店名が旬の香なのに
夏野菜が主役のメニューを出したらおかしいと
一時は提供メニューから外れてしまったのだけれど。

“冬トマト”は、ゆっくり成長するから
実は味が濃い事を教えてあげた事は、
前にお知らせしましたよね?

“福建式”たるメニュー名の所以は、
魚介の風味を活かす福建料理らしく
ナンプラーで旨みと香り付けをしているから。

他の中華料理屋さんで、
“トマトと玉子の炒め”は有っても、
こういう力強さとまろやかさを併せ持ったタイプは
無いですね。。。

こちらも自信をもってオススメするひと品です!
image

そして、シメの定番になってます!
「福建のりと玉子のスープ」

日本の板海苔とも岩海苔とも違う、
福建の“壇紫菜”。

海苔自体に仄かな甘みが有り。
野趣にも近い心地良い香りと
程好いコシが面白い♪

玉子の旨みを活かした
コク豊かな“食べるスープ”

これも、他所の中華屋さんでは
めったに食べれませんよ!

http://30min.jp/place/1938380

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

古民家カフェにふさわしい、自然なテクスチャーのパウンドケーキを頂きながら、遊 歩道に思いを馳せる。。。 中野・モモガルデン

image

脇目もふらずに走ってきた・・・
そう言うと、格好を付け過ぎですがw

今年は仕事に流され続けて、
散歩を愉しむ時間は無かったのですが。

昨日で仕事納め。
今日は、自宅からフラッとあての無い散歩に出る事に。
image

大久保通りと並行するこの遊歩道。
初夏に遊歩道脇に咲くツルニチニチソウが好きで
何度か足を運んできた事が有りますが。
足を運んだのは、あの時以来かな?
image

遊歩道の立て看板で、
ふっとフリーペーパーの記事を思い出しました!
家の近くに古民家カフェが出来たという事を。。。

私はカフェ好きでも何でもなく、
夜毎、夜毎、
ガソリン補給の方に興味がいく方ですが。
今日は心地良い冬の日差しに肩を押されて、
探訪する事に。
image

“雑誌でよく見る古民家カフェ”は
ちょっと作りこまれたレトロ感が鼻につく事が有りますが。
ここはそういう所がなくて、さりげない感じ。

image

店内からは、数分ごとしか人が通らない
静かな遊歩道の木々を借景にして
穏やかな冬の日差しを感じ取る事ができます。
image

でも、カフェに入っても、食いしん坊は直りませんw
最初にいただいたのは
「シーフードのペペロンチーノパスタ」

子供の頃に食べていた“スパゲッティー”は
ちょうどこんな感じでしたね。

喫茶店の片隅で
マスターがシーフードミックスで
ササッと作ってくれた、気取りの無いパスタ。

店員さんのアドバイスで、
珍しく大盛りを頼んでしまったけど。
にんにくや食塩使いは
通常のポーションのままかな?
大盛りのパスタに風味がゆきわたっていない感じw
image

西荻のマダムに
“イタリア人の胃袋”と呼ばれていますから、
パスタだけじゃ帰りませんよ!
次にいただいたのは「ナッツのパウンドケーキ」

カシューナッツと胡桃入りの
さっぱりとした甘さので
サラッと乾いた風合いのパウンドケーキ。

ブランデーやエッセンスの類を感じさせない
ナチュラルなアプローチが
ナッツの香ばしさと
コクと甘みを活かしていますね。
image

ランチよりもカフェタイムが面白そうです!
次にいただいたのは
「バナナのパウンドケーキ」

これは、意図的なのか
焼き上がりのタイミングの問題なのか
解りませんが・・・

ナッツのパウンドケーキよりも
ねっとりとして、ふくよかな食感!

バナナは、ドライバナナを使っているのでしょう。
ドライフルーツ特有の
キャッチーな香りと濃厚な甘さが
ジワジワッと拡がって。

これは好みです♪


店員さんにオープンした日を聞いてみれば
4月にオープンしたとの事。

まだ、お店のスタイルは
完成途上かも知れませんが。

是非、“ササッと炒め”よりも
こういうパウンドケーキのようなスタイルを
掘り進めていただきたいですね。


初夏になり、
ツルニチニチソウが小さな紫色の花を咲かす頃、
ここのソファーで和んでみるのも悪くない気がしました。。。

http://30min.jp/place/2326393

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

こんな、心が躍る重厚感はめったに出逢えません♪ 「牛ホホ肉のハーブたっぷり赤ワイン煮込 紅玉のピュレとマッシュポテトを添えて」西荻窪・trattoria29 PART 278

image

     >29らしい、お肉のクリスマスのディナーをご用意してお待ちしております。

そりゃあ、去年も参加していますから
コンセプトは、承知しておりましたが。
secondo piattoが1人前で
このボリュームって、信じられます?

本来は3品から2品を選択するコースでしたが、
お店の粋なはからいで、3品ともいただく事が出来ました♪
image

まず、最初にいただいたのが
「乳飲み子豚の皮付きポルケッタ」

ポルケッタ自体はグランドメニューに有りますから
何度もいただいた事が有ります。

でも、皮は、パリッでは無く、シコッ!

乳飲み子豚だけあって、
肉質はしっとりと柔らかく、甘く。
シーフードに通じるようなしなやかさ。。。

そして、脂は豚らしいおおらかな甘さに溢れ。

ローズマリーやガーリックの香りが
柔らかな肉質の中で輝いていましたね♪
image

次にいただいたのは
「黒毛和牛ランプの炭火グリル 黒トリュフを添えて」

一撃悩殺とは、こういう事を言うのでは?

嚙めばジュワッと炭の香りに縁取られた
黒毛和牛の澄んだ旨みと甘みと共に…

土の香りを凝縮した妖精が、
とろけるようなコクと香りを
口いっぱいにふりまきます♪

そう、この透明感のある贅沢は、
何と表現すれば良いのだろう?

岩塩の柔らかな塩味が
ジューシーな脂の甘さと響きあって
岩清水のように体を伝って行く歓びを。。。
image

さて、“三品から二品”選択方式でしたが
最初からこれを頼もうと思いました!
「牛ホホ肉のハーブたっぷり赤ワイン煮込
紅玉のピュレとマッシュポテトを添えて」

赤ワイン煮込みは、
これまで幾度となく食べてきたけど。

これほどまでに、
ひと噛み毎に香りの表情を変える
リッチな煮込みは、初めて。。。

そして、脇役陣も豪華!

口に入れるとフッとほぐれて
媚薬のように複雑な香りをたなびかせる
玉ねぎのフリット!

穏やかな酸味と甘みの紅玉のピュレに、
バターが柔らかく香る、優しい響きのマッシュポテト。

これらの香りが、柔らかな軌跡を描いて
ずっしりと胃袋に降臨する。。。

こんな、心が躍る重厚感はめったに出逢えません♪
image


夢から覚めたくないのなら、
夢の続きは・・・「クリスマスのデザート」

「パネットーネ」は、イタリアで
クリスマスに贈りあう習慣があるそう。

甘く柔らかなブリオッシュは
オレンジの香りに溢れながらも、
さっぱりとした甘さ。。。

「蜂蜜とくるみのジェラート」は、
阿佐ヶ谷のSIN CE RITAさんとの
コラボデザートですね♪

ここのジェラートは
蜂蜜のナチュラルな甘さが特徴。

ローストした胡桃の香ばしさと
仄かな苦さがひきたっていて。

やっぱり、ここのジェラートは
“天使の囁き”が聞こえてきます!


最後にいただいたのは
「アールグレイ風味のチョコレートムース」

再会は、思いがけないところにあるものw

前回、バナナケーキに寄り添っていた時に比べ
いちだんと濃厚になってきましたね♪

しかし、濃厚だけで終わらないのが
trattoria29さんらしさ。

アールグレイの“香りのゆらめき”が
カカオの香りの表情を深め。
おとなびた表情に変えていました。。。
image

ロッヂで待つクリスマスは、
バブルの頃の美しい思い出だったけど。

trattoria29のクリスマスディナーは、
これから幾度と無く、
私の胸を熱く焦がすメロディーになる事を確信した夜でした。。。
http://30min.jp/place/2058150

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

キュッとハリのある食感のラビオリが弾け、ゆるやかな魔法がかけられます。。。 「トルテッリー二インブロード ボローニャ風 ラビオリのスープ仕立て」 西荻 窪・trattoria29

image

西荻窪の人気イタリアン・trattoria29さんで
クリスマスディナー!

Plimi Piattiのひと皿めは
「水牛のモッツァレラを入れて焼き上げた
イノシシのラグーの自家製マカロニグラタン」

猪・・・時として“獣臭い”と揶揄される事が有りますが、
trattoria29さんでは、もちろんそんな心配は有りません!

冬に備えた猪の体は
さっぱりとした脂がのると言いますが。

マカロニから見え隠れするこのイノシシ君は
こんがりとオーブン焼きにしているので
さっぱりとした旨み、雄雄しい肉の香り、
そして香ばしさが上手に交じり合って
キュートな表情♪

モッツァレラは、
もともと水牛の乳から作っていたみたいですね。

牛乳で作る一般的なモッツァレラより
濃厚でありながら、しつこくは無い!

ミルキーと、一言では片付けられないような
透明感のある甘みさえ感じます。。。

trattoria29さんのパスタは
いつも手打ちですが、
今回のマカロニも、コシが強い!

心地良い食感の中に
肉の香りと乳の澄んだ甘みが
ギュッと凝縮したグラランでしたね。。。
image

Plimi Piattiのふた皿めは
「トルテッリー二インブロード
ボローニャ風 ラビオリのスープ仕立て」

あっ、可愛らしい♪

スワンが湖畔でまどろむかのような
ロマンチックないでたちにまず、
キュンとなって。

キュッとハリのある食感の
ラビオリが弾けると
丁寧にたたいたラグーの香りと
澄んだ旨みが弾け。

コンソメスープがこれまた、見事!

塩かどを抑えながらも、
優しい甘みが体の奥深くに染み入ります。。

これは、
ゆるやかな魔法をかけられるような
ひと皿ですね。。。


クリスマスだけとは言わず。

しんと静まった冬の日に
このひと皿でほっと和みたい・・・

そんなひと皿でした。。。

http://30min.jp/place/2058150
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ