2014年09月

「ドライハヤシライス」 野菜の旨みと香りが綴れ織のようになって、しとやかなるパンチ! 東中野・halo.

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

灯台下暗しのBarを巡る旅。。。
では、有りませんがw

2年ほど前に、自宅からそう遠くない所に
“Casual Bar”がオープンしたとの話は聞いていました。

しかし、先日の日登美さんと同様…
0時近くに東中野に戻る、
お腹を空かせた逆シンデレラオジサンにとっては
“近くのBar”ほど、遠い存在は無いものでして。

今週、会社に怒られ続けて、
1年半ぶりに受けた、人間ドックの帰り。
halo.さんの前を通ったら…
店先のランチメニューのボードに

 >halo.名物! ドライハヤシライス

との文字を発見!

早速、いただく事に致しました。

店主「お飲み物は何になさいますか?」
私「紅茶をお願いします!」
(先生から休肝日の徹底を指導されたばかりでしたからネw)

image

ほどなくして供されたサラダ。
サニーレタスに、わさび菜かな?
リーフの瑞々しいほろ苦さと、オニオンの旨みが活きた、
爽やかなドレッシングがよく合っていますね。

エシャロットフライの香ばしさが
このシンプルなサラダに、奥行きを与えています。。。

image

そして、名物の登場!
はい、一見するとドライカレーのようですが…

口に含めば、
優しい野菜の旨みと香りが、綴れ織のようになっていて♪

仮に、“洋食屋さん”がドライハヤシライスに挑むとしたら、
“ドミグラスソースの呪縛”に囚われ過ぎて
もっと、もたついたものになるでしょうが。

目視で解る野菜だけでも
にんじん、玉ねぎ、きのこ類など。。。

たっぷりの野菜を主体にしているから、
野菜の旨みと香りが、小刻みに舌を潤わせ。

そう、ドライカレーではなし得ない
しとやかなるパンチ!


生クリームでも忍ばせているのかな?
玉子サラダは、
マヨネーズに頼りっきりのものでは無く。
黄身の濃厚なコクを活かしながらも、クリーミー♪

自家製と言う、トマトのピクルスが
心地良い甘酸っぱさで、口中に涼風を送ります。。。


フードメニューが充実したBarなら
夜を彷徨う我々に、心強い味方ですね♪

これは、夜に再訪確実な、良いお店に出逢えました。。。
http://30min.jp/place/2331051

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

キタナシュラン風・スナック? いえいえ、体中の細胞が揺り動かされて元気にな る、絶品カクテルが味わえるお店ですよ! 中野・日登美

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

大ブロガー・ツレヅレハナコさんは、
「伝説のBAR」
食べログの重鎮・うどんが主食さんは、
「駄洒落カクテルバー」

大御所のお二人が非常に評価されているお店でして、
私の自宅からも、そう遠くはない。

はい、“そう遠くはない、BAR”と言うのが
意外と、縁遠い存在でしてw

ご存知の通り、“逆シンデレラオジサン”は、
0時直前にレストランに駆け込み。
そこで“食べ呑み”するのが日課ですから、
オーセンティックBARには、なかなか行くチャンスが無い。

しかし、今月の頭の会社呑みの帰り。
「何かが、足りない。。。」
そんな気分の折に、日登美さんの事を思い出し。

噂に聞いていた…“キタナシュラン風・スナック”の扉を開けると…

image

はい、昔ながらのオーセンティックBARのたたずまい♪


    店主「ちょっと、待って下さいね。。。」

image

店に入った時は、BGM無しのおごそかな雰囲気でしたが…
店主がユッサユサと年代物のジュークボックスをゆすると
カーペンターズが軽やかな美声で歌い出してw

    店主「コレ、2年前からゆすらないと、
              次の曲に行かなくなってねw」

蝶ネクタイ姿の店主は、そう言って二コッ!

image

日登美さんでのデビューの一杯は、
「ソルティー・サマー」
ツレヅレハナコさんのブログを読んでから
ずっと呑んでみたかった、スイカのカクテルで。
私の呑んだものが、“今年、最後の一杯”だったそう。

はい、思わず笑ってしまった、
スイカの自然な甘さと、みずみずしい香り!

ソルティドックの如く、グラスの塩と共にいただくと
ウォッカベースのこのカクテルが、
夏の海辺のような気分にさせてくれます。。。


二軒めだし、1時過ぎだったので
デビュー戦は一杯だけだったけど。

先週は、残業飯を人形町でいただいて。
東中野にたどり着いた時に、
またもや、“何かが、足りないモード”に襲われまして。

image

今度は、王道カクテル頼む事にしました!
「マティーニ」

これは、軽やか!
ドライマティーニで有りながら、
ジンのあの高揚感や香りは、しとやか。。。

スルスルッと、口中を滑りながら
ゆるやかな魔法をかける!

image

“カクテルの帝王”の次は、
“カクテルの女王”の登場!
「マンハッタン」

こちらも、サラッとした辛口!
ウィスキーの風格と
ベルモットの甘い香りが
非常にこなれているんですよ。

ベテランバーテンダーを前にして
生半可な知識をふしかざしちゃ
すぐにメッキがはがれるから、
口に出しては言いませんでしたけどねw

王道カクテルが王道たる所以が
今回、よく解ったかな。。。


  私「もう一杯、〆に相応しいのを。。。」
  店主「レッド・バイキングは如何ですか?
                スペインのカクテルコンクールで
                入賞したカクテルです!」

image

カウンターの下でググッたレッド・バイキングは、
透明なカクテルでしたが…
日登美さんが作られたレッド・バイキングは、
穏やかなグリーン色をしていまして。。。

  店主「ハーブが7種類、入っています!」

日登美オリジナルの「レッド・バイキング」

セリのような蒼い香り、
シトラスをサッパリさせたような爽やかさ…

“痺れる”と言ったら言い過ぎだけど。
細やかなハーブの刺激が次々に顔を覗かせ…

夜の森が静かに体の中に静かに忍び寄ってきて、
体中の細胞が揺り動かされて元気になる感じ♪

 私「。。。元気を貰いました!」
 店主「そりゃあ、良かった♪
            夜中になったら、手品もやりますから、また是非!」

私が疲れ気味だと解ったから「レッド・バイキング」を
勧めてくれたのかな?

駄洒落カクテルバー? 
いえいえ、とっても洒落たバーでしたよ♪

http://30min.jp/place/36413

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

オッパイ星人に朗報♪ 心地良い食感の中から、コラーゲン質のまろみが溢れ出てくる「豚チチカブと長イモのロースト」 東中野・ヴァンチョウ

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

他の街ほどでは有りませんが、
東中野から落合に続く辺りは
飲食店のオープンやらクローズが相次いでいまして。

中でも、昨年の5月にオープンしたばかりのイタリアン。
オーナーのご判断で、スタッフは大幅に入れ替え。
今月、居酒屋に“リニューアル”されたのには驚きましたね。

増税以降、飲食業は厳しい状況が続いているようですが、
思い切った方向転換、吉と出るでしようか?

    私「ココはこんな時間じゃあ無いと、座れないから。。。」
    店主「お陰様で、ウチはここの所、忙しくさせていただいて」

そう、東中野に一昨年オープンしたヴァンチョウさん。
地域密着型の“普段使いのレストラン”というコンセプトと
約200種もの国産ワインの品揃えで、
ガッチリと東中野界隈の住民のハートを掴んでいますからね。

雑誌「おとなの週末」でも三ッ星評価を得た、
東中野が誇るレストランです!

そう、毎週新レシピが登場するので、目が離せません!
まず最初にいただいたのは「さんまのリエット」

滑らかで芳醇!
さんまの濃厚な旨みと
脂の甘みがサッと拡がった後、
緻密なコクがゆらゆらと揺らめいていて…

肉で作るリエットには無い
芳醇な香気が良いですね♪

海の豊かさが実感できる、
上品かつ力強いリエットです!

image

曲者野菜好きには、心躍るひと品!
「パクチーと春菊と砂肝のコンフィのサラダ」

ちょっと苦味を感じる春菊の灰汁と、
パクチーの妖しい香りが
サッパリとしたドレッシング使いの中でタッグを組むと…

シャリッとサクッと、
青紫のしだれ花火が弾けます♪

個性派リーフをしかと受け止めるのは、
プクッと、シナッと
絶妙の歯応えで弾ける、
砂肝の澄んだ旨み♪

この香り! この食感!
これは、最近頂いたサラダの中では
白眉のひと品です。。。

image

いただいたワインは「ヴィーノ  ビアンコ」

新潟産シャルドネ100%
柔らかな酸味とフルーティな香り。

スッキリし過ぎない、味わいの深さ。
日本のワイン、やっぱり繊細です♪

image

さて、メインでいただいたのは、
「豚チチカブと長イモのロースト」

ホルモン屋さん以外で、チチカブ(乳房)
とは珍しいですね。。。

キュッと、フワッと、フルル〜ン♪ 

男が乳房に求める浪漫や安心感が
ここに集約されていますねw

赤身のような清い旨みの中から
コラーゲン質のまろみが溢れ出てくる
穏やかなコクに抱かれる悦び。。。

それは、母なるものに通じるほどに
清く、豊かな味わい。。。

程よく煮詰めたバルサミコソースの
心地良い甘みがアクセント。

長いもの
声をひそめたサクサク感とも良い相性ですね♪

http://30min.jp/place/2292872/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「五味五色小籠包」は、小籠包のオリンピック!? 私は、青唐辛子の溌剌とした辛味が愉しめる「香菜きゅうり青唐辛子サラダ」にメダルを差し上げたいw 人形町・雲龍一包軒

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image

“中華呑み”が好きです!

自宅の近くでは、旬の香さん。
台湾娘とのデートの時は、御徒町の新竹さんで
“野菜もたっぷり摂れて”“酒も美味しく呑める”
中華料理に舌鼓を打っていますが…

生憎、昨夜は“人間ドックの前夜”。
気がつけば19時を回っていましたから…

中華料理のもう一つの特長、
“スピーディーな調理”の恩恵に与りたくて
足を運んだのは、雲龍一包軒さん。

image

“当店一押し”とメニューに書かれたら
頼まない訳にはいかないでしょう?
「ぷっくり焼き餃子」

でも、オーダー後、
5分少々で供されたので
ちょいとビックリ!

“ぷっくり”とは、
“餡でぷっくり膨らむ程”入っているのかと思いきや…
“ぷっくりと、膨らむモチモチの皮”の事だったのですね?

ここの看板は小籠包だから、
その発想を応用したのかも知れないけど。

image

ニラと春雨がたっぷり割には、肉は少なめ。
ニラの強い香りが際立ってしまい、
肉肉しい餃子を期待していたので…
ちょいと期待はずれだったかな?

image

香菜は少なめだったけど、パンチ有り!
「香菜きゅうり青唐辛子サラダ」

メニュー名には無い、水菜がボリューミー。
水菜は増量剤かって?
いえいえ、水菜は重要な“味の中継ぎ役”!

青唐辛子の溌剌とした辛味、
香菜の妖しい香りと、きゅうりの瑞々しい蒼さ♪

これらを上手にまとめあげながら
ちょいと濃い目の塩だれと上手くバランスをとって。

ただ、このサラダはお独り様にはちょいと向かないかな?
水菜効果で口当たりは良いけれど…
後からヒリヒリッと、
青唐辛子の辛さが襲いかかってきますからねw

image

さてさて、看板商品の登場です!
「五味五色小籠包」

“黄”=蟹肉と蟹味噌入り
“緑”=ふかひれ入り
“黒”=牛肉をベースに辛味をつけたもの
“紅”=梅肉と豚
“白”=豚肉のスタンダードタイプ

そう、説明が有りましたので、
白 ⇒ 緑⇒ 黄⇒ 紅⇒ 黒の順でいただきましたが。

image

小籠包の割には、スープがチョロッとw

“黄”=蟹肉、味噌感は有りません。
“緑”=フカヒレは、トッピングの役目を果たしていますが、
“緑”が何物なのか…主張が感じられませんでした!
“紅”=やんわり梅肉の酸味が、肉汁に影響を与えている程度。
“黒”=牛肉の澄んだ旨みを花椒がキリリと引き締めています!

でも、“白が一番!
豚肉の澄んだコクを映したスープが、美味しかったかな。
スープ自体の量は別としてw

image

さて、“人間ドック前日は20時まで”が食事リミット!
慌てて注文したのは、「レモン塩焼きそば」

これは、“味が物足りない”と感じる人も多いでしょうが
私は悪くは無いと思います!

鶏肉の上品な旨み、ニラの香しさ、
キャベツや玉ねぎの清涼感ある甘み…

コレだけだとパンチが無いので
レモンの香りと爽やかな酸味が全体を心地よく引き締めて♪

しかし、麺がコシがグダグダな所が残念!

小麦の香りが豊かで
コシの有る麺だったら、
ちょいと他所に誇れるひと品になったのに
残念だったかな。。。

来月1日でオープンしてから1年。
人形町では珍しい小籠包が看板の店なんですから
もうひと頑張り!

また「香菜きゅうり青唐辛子サラダ」を食べに伺った際には
また違った煌きを見せて下さいね!

http://30min.jp/place/2352293/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

「福建式 トマトと玉子のナンプラー炒め」 魚介の 旨みをたたえた、トマトの柔らかな甘酸っぱさ♪最後まで飽きさせません! 東中野・福建家庭料理 旬の香

ブログネタ
あなたの「おいしい」を見せてください に参加中!
image


   >「毎週通っているようだけど・・・」
    >「エンゲル係数がいかほどか、気になります」

フォロアーさんからそんなメッセージを
先日いただきましたがw

東中野・福建家庭料理 旬の香さんの場合は、

 >安い美味い! 教えてもらったイイ店は、
      あまり教えたくない

そんなタイトルで食べログにレビューが挙がるほど
リーズナブルな名店ですからw

毎週通っていても、
サラリーマンの財布に優しいお店です。
ご心配なく!

そう、旬の香さんと言えば、
メディアで紹介されるのは
「皮から手作り 羽根付き餃子」や
「油淋鶏」や「黒酢鶏」の場合が多いけれど。

>「今の時期のオススメは?」

そう聞かれれば、私は
「福建式 トマトと玉子のナンプラー炒め」

トマトは夏のイメージが強い野菜ですが。

夏の暑い時期に
生産者さんが手間暇をかけたトマトこそ
旨みの詰まったトマトになる・・・
そんな記事を拝見しました。

そんな“旬”のトマトと
魚介の旨みを活かすのが得意な福建料理ならではの
ナンプラー炒めは、
“旬の香”さんらしい、福建家庭料理と言えるでしょう?

トマトの柔らかな甘酸っぱさに
ナンプラー濃厚な旨味!

これをふんわり玉子の
まろやかなにまとめ上げて。。。

刻み玉ねぎが
サクサクッと清涼感を加えていますから、
最後まで飽きさせません!

image

そして、今の季節ならではのお楽しみを
もう一つ!

季節限定「大分産  生搾りかぼすサワー」

爽やかな香りと穏やかな酸味!
すだちより落ち着いた深い香り。。。

料理の風味を邪魔しませんから
“中華呑み”にピッタリですね♪


 >安い美味い! 教えてもらったイイ店は、
       あまり教えたくない

そうですか?

私は声を大にしてオススメします!

「他所では、ちょっと味わえない美味しさですよ!」と。。。

http://30min.jp/place/1938380/blog/


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ