2014年11月

モツ好きなら、震え上がる事でしょう♪ 「牛モツ、豚バラ、豚耳の塩煮込み サル サヴェルデを添えて」 西荻窪の人気イタリアン・trattoria29の“いい肉の日”

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image


  >11月の肉の日は、1年に一度の「1129=イイニクの日♪」
      いつもの肉の日よりパワーアップで、メイン2種類!!

はい、昨日も行ってきましたよ!
西荻窪の人気イタリアン・trattoria29さんの。
“肉の日”イベント♪

まずは、Antipasti Mistiが、4種類!

image


  私「馬肉のタルタル、久しぶりですね!」
  シェフ「はい! 良いのが、なかなか入らなかったもので。。。」

そう、一時期は“肉の日の、純レギュラー”でしたからねw
さっぱりとした馬肉の甘さを、
にんにくのコクとイタパの爽やかさと共に、いただきます!

image

「豚舌と白神ねぎの煮込み」は、松の実と葡萄入り。

豚舌の柔らかでクセの無い旨みを
白神ねぎのねっとりとした甘さと芳醇な香り、
フルフルッとした葡萄の香りと甘み、
松の実のコクと香りが、縁取っています♪

image

「サルシッチャと鳴門金時のゴルゴンゾーラマリネ」は、
自家製サルシッチャに、秋の憂い。。。

普段は雄雄しい香りのサルシッチャも、
ゴルゴンゾーラのクリームソースが、
まろやかなコクのヴェールをかけると、おとなびた表情!

鳴門金時の皮の香りにキューンと胸がトキメキました。。。

image

“鶏と牛蒡”は、相性良しとは知っていましたが・・・
「鶏レバーと牛蒡のバルサミコ煮」は、
普通のシェフだったら、“バルサミコ味”に
仕立てると思うけど。。。

これは“煮込み”と言うより、
日本料理で言う、“煮浸し”に近い調理法ですか?

鶏レバーも牛蒡も、香りが溌剌としていて…
バルサミコの濃厚なコクと旨みを乗り越えて
ガツ~ンと主張!

鶏レバーのコクと旨みを存分に感じた後に
バルサミコのコクと甘みがやわらかく拡がって、
余韻が素晴らしい。。。

trattoria29さんは炭火グリルが有名ですが、
私は密かに、煮物のテクも一流だと思っています。。。

image

そうそう、お通しの「スティックサラダ」。

画像では、蕪に隠れて解り難いのですが・・・
フレッシュな“ういきょう”、
はじめていただきました♪

食感は、セロリを優しくした感じ。

味わいは、梨のような澄んだ甘さと
セリやパセリのような蒼い香りで
デリケートですね。。。

今度、“ういきょうが主役の、サラダ”
食べてみたいと思いました!

image

さて、これは“いい肉の日”ならではの
贅沢仕様ですね♪
「牛モツ、豚バラ、豚耳の塩煮込み サルサヴェルデを添えて」

これは、モツ好きなら、震え上がる事でしょう♪

牛もつの澄んだ旨み! 豚バラのコク!
そして、豚耳のコラーゲン質のまろみが…

コリコリッと、フルフルッと、じゅわんっと♪

新鮮で下処理がゆきとどいているモツは
臭みが無い事は、モツ好きの間では常識ですが。

これは、岩塩をお使いなのかな?

モツや豚耳の香りが、
穏やかで複雑な塩気と
穏やかなニンニク使いの中で開放され
気高いまでの表情を見せていて。

バジルとイタリアンパセリで作った
サルサベルデが
爽やかな風を送ります。。。

image


  シェフ「ハイ、こちらが今日のメインです!
               順番にお切りします!」


「佐賀牛の炭火グリル」と
「沖縄やんばる豚のポルケッタ」
カウンターにドンと置かれると
店内にワッと歓声があがりました♪


(“肉の日”後半の模様は、明日のブログで・・・)

http://30min.jp/place/2058150/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

トロットロのコラーゲンスープとフレッシュトマトで、煌きが違う♪ 鍋あとの フェットチーネも完食必至! 日南市じとっこ組合 上野駅前店の「じとっこスープの鶏白湯トマト鍋」

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image


  >23時以降1時間飲み放題500円!!
         生ビール、焼酎、梅酒、日本酒、サワー、ソフトドリンクを含む
         全43種が飲み放題!!

じとっこさんのTwitterをフォローしたら、
こんな素敵なTweetを目にしまして。。。
仕事終わりが遅いうえに、呑兵衛の私に
ピッタリのシステムじゃあ、ないですか♪

いつもお世話になっていま~す♪
日南市じとっこ組合 上野駅前店さん!


先週、食べログ人気レビュアー・ジゲンACEさんにお会いしたら
「アレ、旨いね~♪」と、
たいそう褒めていましたよ! 「にら釜玉」

宮崎県西都市のニラ農家さんの作る、このニラ。
朝日が昇る前の、
一番旨みがのっているところを収穫するから、
シャキッと、ジュワッと♪

“スーパーのニラ”の2~3倍はある厚みの茎から、
旨みのエキスが溢れ出てきて。。。

茨城県の農家から毎日届く、
渾身の“こだわり卵”の黄身が
トロロ~ン♪

鰹節の旨み豊かな土佐醤油と共にいただくと
ポパイも顔負けの元気、宿るような気がします。。。

image

飲み放題ですからね♪
「日向夏サワー」
のさらりとした酸味と甘みを愉しんだり・・・

image

甘さ控えめの「日向夏モヒート」で
昼間の疲れをサッと洗い流したり。。。

image

え? 独り呑みで“2人前”を頼むのは
そんなに珍しいですか?
「じとっこスープの鶏白湯トマト鍋」

新人のバイトさん、目をシロクロさせていましたw

そう、このトマトは、“百姓隊”の皆さんのトマト?

ホールトマトやトマトピューレを使った鍋は
よく有りますが、
フレッシュのトマトやズッキーニを使った鍋とは
嬉しいですね♪

他には、白菜・人参・青梗菜・えのき・しめじに
地頭鶏のもも&軟骨入りつくね、ベーコン!

フライドガーリックと粉チーズも加えているので
フレッシュトマトの爽やかさに
コクと香りも加わっています。。。

image

火が通ってくると、
中からトロットロの地頭鶏コラーゲンスープが
沸き上がってきて、良い感じ♪

そう、これは単なる“トマト鍋”では無く、
「じとっこスープの鶏白湯トマト鍋」!

フレッシュトマトならではの
輝く酸味と旨み!
地頭鶏コラーゲンスープの濃厚な旨みとまろみが
寄り添うから…

たっぷりの具材の表情も艶めいて、
味の奥行きが違~う♪

image


  >追いチーズと黒胡椒で味を整える
          フェットチーネも完食必至


あらら、メニューにそんな事を書かれたら、
頼まずにはいられないじゃないですかw

image

コレ、面白いです♪

“鍋に、パスタを投入”だと、
普通は“スープパスタ”になると思うじゃないですか?

いえいえ!
トロットロの地頭鶏コラーゲンスープがリッチだし、
フレッシュトマトの軽やかな酸味、
フライドガーリックやベーコンのコク、
“追いチーズ”と“クリーム”の効果で
スープベースは、躍動感溢れるイタリアンな表情♪

プリッとした歯切れ、
もちもちっと小麦の旨みを弾く
フェットチーネをほうばると…
マンマの優しさにも似た幸福が
押し寄せる、押し寄せる♪


  >ありきたりじゃあ、つまらない

じとっこさんの社長のブログは
確か、こんな題名でしたよね?

確かに、
「じとっこ焼き」の食後に
ハートのチャーハンをサービスしたり、
帰りに「壷みそ」をお土産にくれる
サービス精神も凄いけど。

冬場の定番メニューの鍋も
“ありきたり”じゃあ無い、
拘りやトキメキに溢れていると思います♪

http://30min.jp/place/2190226/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

これは、サーモン新発見!「サーモンと柿のタルタル」 旨みと香りがぶつかり合うスパゲティ♪「ポルチーニのスパゲティ 赤ワイン風味」 中野・idea

ブログネタ
食欲の秋!秋の味覚と言えば? に参加中!
image


   店主「もしかして、風邪をひかれてます?
             特製風邪薬をお作りしましょう! 
             ビールが良いですか?
             ワインが良いですか?」

 私「ビ、ビールでお願いします。。。」

久々の訪店にもかかわらず、
店主にすぐに見破られましたw

店主の言う「ビールベースの、特製風邪薬」は、
レモン、生姜、唐辛子、胡椒入り。

“ホットレモン”のような甘さと酸味の中に
生姜の爽やかなコク!
ジワッと、穏やかな辛みが
身体を優しく包み込んでくれました。。。

image

最初にいただいたのは、「魚のブルスケッタ盛り合わせ」
左から、ノルゥエーサーモン、サンマ、イワシ。

左から順にいただきましたが、
我ながら良い選択だったと思いましたよw

サーモンのまろやかさ、サンマの豊かなコク!
イワシのキャッチーな香りと、
それぞれの魚の表情のグラデーションを愉しみました。。。

image


 私「せっかくですから、ワインの方の風邪薬も。。。」

そう言うと、店主はニコニコッと、
「柿を入れておきました!」w

ワインとレモンの相性は言うまでも無いけど、
生姜も、ワインにすこぶる合いますね♪

熱々が美味しいけど、冷めてくると…
ワインらしいボデイ感がメキメキと顔を出してきて、
その変化の妙も面白かったです♪

image

金柑、実は大好きなんです♪
「〆サバとキンカンのマリネ」

大多数の方は、金柑と言えば“甘煮”を思い浮かべると思うけど…

プチッと弾けると、キューンとほとばしる
甘酸っぱい果汁と皮の溌剌とした香り♪

浅〆の鯖の脂の甘みとのびやかな旨みを
キラキラとした香りとやわらかな甘みで躍動感をプラス♪

これは、爽やかな野菜と柔らかな海の香りの融合。。。

刻みオニオンを加えたマリネソースが
優しい余韻を残します。。。

image

これも今の季節ならではのひと品ですね!
「サーモンと柿のタルタル」

私はどちらかと言うと、青魚派!
“優等生”のような味わいのサーモンは、
いままでは、それほど好きでは無かったのですが。。。

これは、サーモン新発見!
セロリとパプリカ、きゅうり、蕪という野菜達の香味を
程よい旨みと脂のりのサーモンが、上手に受け止め。

柿の嫋やかな滋味、甘みと香り!
これらが、軽快な食感と瑞々しさの中に
軽やかなる気品でまとめあげて♪

そう、
私がこれまでいただいた“タルタル史上”
ベスト3に入るほどの、お気に入りです♪

image

すいません。。。
“美味しい時間”に出会うと、長っ尻になって。。。
でも、最後に「ポルチーニのスパゲティ  赤ワイン風味」も
いいですか?

これは、
ワインのコクと香り×ポルチーニの旨みと香りが
“ぶつかりあう、スパゲティ”ですね。。。

多くの個性派素材は、ぶつかり合うと
その魅力が相殺される事が多いのだけれど。。。

今回は、“ワインが、優勢”のレシピ故に…
ポルチーニの、腹の底から押し上げる
濃厚なコクと香りを大事に仕上げながらも、
赤ワインのまあるいコクが全体をまとめ上げていて。

ボロネーゼのような旨みを持ちながらも、
余韻がフワッと、柔らかいんです。。。

image


  店主「ボジョレー、もう飲まれましたか?」

すいません。。。 毎日、遅くて、そういう店に辿り着けなくて。。。

でも、最後に店主から“都内で、2軒の酒屋だけ扱っていた”
選りすぐりの「キュヴェ トラディション」を
味見させていただいたら、
ボジョレーの世界観が大きく拡がりましたね。。。

新酒ゆえに、「深みが無い!」と、
とかく語られがちなボジョレーに対する評価を一蹴する、
涼やかなる風格が備わっています。。。

凝縮した果実味とボディ感はそのままに、
清水のように拡がる高揚感!

昨日、ideaさんに足を運んで
本当に良かったと思いました♪

http://30min.jp/place/2340861/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

熟成感度合いが高いキムチをトッピングすると、酸味と旨みが響きあって、こりゃ旨い♪ 人形町・麺や 航(わたる)「こく辛らーめん」

image

今月から職域がまた拡がってしまい・・・
東中野に辿り着く頃には、
日付が変わってしまう事が度々。。。

夕食を挟んで残業をすると、
食後は能率が上がらないし・・・

てな具合で、0時近くに人形町をウロウロする
毎日が続いています。。。

そんな時に心強い見方は、
麺や 航(わたる)さん。

食べログの「人形町×ラーメン」ランキングでも
1~2位を争う人気店です!

何度もお邪魔しているので
てっきりこのブログで紹介していると思っていたら・・・

失礼しました、初登場でしたw
「こく辛らーめん」

大山鶏から摂った出汁をベースに
鰹節と煮干の出汁、
そして野菜の旨みも加えた濃厚スープは、
「航らーめん」と共通のようですが・・・

コチュジャンと思われる
“やわらかな甘みを伴った、辛味調味料”を
加えていますからね。

“べジポタ”と呼ばれる“濃いだけの、他所のスープ”と違って、
複雑な辛味が野菜の甘みや節の香りと響きあって
表情豊か♪

image

アレ? こんな張り紙は
先月は無かったけれど・・・

 >すっごくおいしくなる
   とっておき

image

はいはい!
私も大好きですよ! 白菜キムチ!

image

そう、スーパーで大量発生中の
“浅漬けタイプの、キムチ”と違って、
韓国種の唐辛子らしい、甘みのある辛さと
柔らかな酸味も醸し出された、
熟成感度合いが高いキムチ♪

たまに見かける「さっぱり醤油ラーメン+キムチ」だと
何の感動も有りませんが…

“本格白菜キムチ”が魚介をたっぷり加えて作るのと
同じ考え方ですね。。。

この“鰹節と煮干の粉末たっぷり、べジポタスープ”が
白菜キムチの酸味と旨みと響きあって、
こりゃ旨い♪

チャーシューは、塩麹を使った鶏チャーシューと
オーソドックスな豚チャーシューのダブル仕様だし。

メンマは、“ガリガリ君、タイプ”では無く、
ちゃんと発酵風味のある、しなやかなタイプだし…

24時まで営業しているラーメン屋さんは
とかく味は二の次の処が多い中、
丁寧な仕事が光っていますね。。。


「夜は、ガソリン補給」が常の私も
納得の一杯!

オープン当初のスタッフから交代した時は
一時期心配したものですが、
今はオペレーションもこなれてきましたからね。

「人形町で、ラーメンでも!」
胸をはって人に紹介できるお店です。。。

http://30min.jp/place/2245038/blog/


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

私の“中野の逸品”は、やっぱりコレ♪ 鎮江香酢のコクと香り! 高揚感に溢れ、食べ応えの有るひと皿! 東中野・福建家庭料理の「黒酢鶏」

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
image

いよいよ昨日から二次審査の投票が始まった
中野の食の逸品グランプリ2015。

私も早速、halo.さんの「ドライハヤシライス」
豚野郎さんの「努豚骨」に投票してきました!

そう言えば、このメニューも3年前に
中野の食の逸品グランプリにノミネートされましたね。。。
「黒酢鶏」

そう、私が旬の香さんに初めて足を運んだ時、
餃子と共にいただいたのが、このメニュー!

この2品をいただいた時、
他所とはひと味もふた味も違う
旬の香さんの魅力に
ハマってしまったんですね。。。

黒酢を使った酢豚は、時々見かけますが、
黒酢鶏は、旬の香さん以外では、
出逢った事は有りません!

香ばしく揚げた鶏肉の澄んだ旨みを
黒酢の最高級ブランドと呼ばれている
鎮江香酢のコクと香りが
上品な甘さと共に、
キュッと引き締めているので…

彩り野菜の清涼感と合間って、
王道中華の風格と
デリケートな高揚感が味わえる…

他には無い食べ応えのひと皿になっています♪

image

秋冬の人気メニューが復活!
「ほうれん草の辛炒め」

野菜をシャキシャキに仕上げる
店主の炒めの技術には定評が有りますね♪

“塩味を控えめ”
“にんにくで香り付け”
と言う福建家庭料理の特長をよく活かし。

自家製の毛湯を使い、
唐辛子の爽やかな辛さを引き出して
ほうれん草の力強い蒼さと旨みを
キリリと引き締めて、痛快です♪

image

チャーハンも美味しいけど、
私のシメはこちらです!
「海鮮塩焼きそば」

海鮮の香り!豚肉のコク!
タップリの野菜の
シャキシャキの食感と清涼感!

毛湯とオイスターソースも隠し味に使っているから、
“塩”と言うメニュー名からは
想像がつかない、パンチの有る味わい♪  

中野の食の逸品グランプリ2015の二次審査は
来月の21日まで。

今回はどのメニューがグランプリを獲るのか
今から楽しみだけど。

私は福建家庭料理がこれほどまでに
素材の味わいを活かし、
しなやかに心に響く料理だと教えてくれた
旬の香さんの「黒酢鶏」が
永遠の“逸品”となっていますね。

今日、またそれを痛感致しました。。。

http://30min.jp/place/1938380/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ