2017年03月

“豚骨ジャングル” 久々の降臨! 「ピスタチオのプリン」と新作パスタに歓喜の渦♪ 西荻窪・trattoria29の「3月の肉の日」(後篇)

IMG_5873

trattoria29さんの「肉の日イベント」の中で

最も人気の高い“豚骨ジャングル”こと、

「豚の骨付きロースのグリル」の登場で、

歓喜の声に包まれた、店内!


IMG_5874

一斉に食事がスタートし。

1つの料理を分け合って食べる、

肉の日イベントならではの料理ですね。。。


IMG_5875

ローズマリーや、セージなどの

爽やかなハーブと、

にんにく等を包み込むように焼き上げた

「岩手県産岩中豚 骨付きロースのグリル」


4cm強の厚みにカットされたこのローストは、

噛めば、フワッとジュワッと♪


驚くほどに繊細な食感と共に湧き上がる

ニンニクの高揚感と

森の薫りにも似た清涼感をたたえた肉汁が溢れだし。。。


口に入れた途端にとろけ出す

まろやかな脂が・・・


クラクラッと、幸せな眩暈に襲われます。。。


IMG_5876

“利き酒セット”を呑み終えた私は、

若奥様に選んでいただいた

DONNAFUGATA Angheli」をいただく事に。。。


そう、骨付きロースのグリルと共に

いただくに相応しい、

ガツンと胸元を駆け下りる、力強さ!


凝縮した果実味の中に、

しっかりとしたコクと、

幾種ものベリーのような複雑な香り。。。


はい、納得のフルボディです♪


IMG_5877

  私「このパスタは、初めていただきます!

    通常営業で出された事有りますか?」

  竹内シェフ「・・・実は、明日からお出しするんです!」


そう、肉の日イベントに参加できなかった方には

朗報ですね!


この「トマトを練り込んだカパテッリ 

グリーンピースとサルシッチャのソース」は、

細めの巻き貝のような形をしていて・・・


プリコリッと、心地良い食感!


“トマトソースの、パスタ”は、

数え切れないほどにいただきましたが・・・


このトマトを練り込んだカパテッリの

憂いのあるトマト感と、

サルシッチャの熟れた旨みと

気高い香りの弾け方は、

とっても新鮮!


グリンピースの甘やかな蒼さが

この個性的なパスタに

さらなるテンポを加えています。。。


IMG_5878

店内の女性客がこぞって絶賛していました!

「ピスタチオのプリン」


まろやかなミルク感を押し上げるように主張する、

ピスタチオの濃厚なコクと蒼い香り!


ロマンチックに囁きかけてくる、

バルサミコソースの優雅な調べと、

イチゴのキュンとした甘酸っぱさ♪


濃厚さと清純さが

上手い具合に融合しているから、

女性達の心をトロケさせるのでしょうね。。。


IMG_5879

「エスプレッソ」の登場で、

狂おしいまでの春の肉の宴は、おひらき。。。


IMG_5880

誰もがうなる肉の日のスーパースター

“豚骨ジャングル”に、

春のトキメキをふりまいた繊細な前菜に、

トキメキの食感の手打ちパスタに、

心をトロケさせるDolce。。。


“肉を思いっきり食らう”だけじゃない、

こんな粋なイベント。


日本中探したって、

そうは無いと思います♪


http://30min.jp/place/2058150/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「羊のスコッチエッグ」は、春の小型爆弾! 「ふきのとうのフリッタータ」の、この高揚感と言ったら♪ 西荻窪・trattoria29の「3月の肉の日」(前篇)


IMG_5854


 >2月は29日がなかったので、2ヶ月ぶりの肉の日!

       今回のメインは、お久しぶりの豚。


        豚骨ジャンングル!でおなじみの、

        骨つき豚ロースのローストです!


        パスクワ(イースター)も近づき、

       食材も春めいてまいりました。


       季節の食材を使った、前菜、パスタもお楽しみに。

IMG_5855

はい! 昨日も行ってきました。

西荻窪のtrattoria29さんの

「3月の肉の日イベント」


まずは、「季節のスプリッツァ」をオーダー!

昨日は、苺のスプリッツァでした♪


フルート型シャンパングラスの中で弾ける

肌理細やかな泡!


苺のコンポートが放つ、

心地良い甘酸っぱさと

ロマンチックな春の香りを愉しみました。。。


IMG_5856

今回も、Entrata(突き出し)は、

お馴染みの「ステックサラダ」


近隣のファームから届きたての

有機野菜の元気をチャージします♪


IMG_5857

そして、Antipasti Misti(※トップ画像)は4種類!


最初にいただいたのは、

「馬肉のタルタル」は、

肉の日では、お馴染みのメニューですね!


生肉ならではの澄んだ旨みと

口解けの良さを愉しむメニュー♪


さっぱりとしたオリーブオイルの使い方と、

イタリアンパセリの爽やかな香りが、

馬肉の美味しさに深みを与えています。。

IMG_5858

次にいただいたのは、

「鴨と春キャべツと日向夏のマリネ」


ハンガリー産の鴨は、

非常に柔らかくて、ジューシー!


ふんわりと燻香をまとい、

鴨の脂の甘味に奥ゆきを与え。


日向夏のほんのりとした甘味と酸味が

サクサクの春キャべツと共に

清々しい春風を送っています。。。


IMG_5859

trattoria29さんでは、

豚肉をツナに見立てたサラダが定番ですが・・・


今回のサラダは、

「鹿ツナと春のウドと苺のサラダ」


こちらも、「豚のツナ」と同様、

白ワインと水でクタクタになるまで鹿肉を煮て、

オイル漬けにしているのでしょうか?


サラッとした口当たりの中に、

鹿肉独特のコクと香りをたたえ。


苺がプチッと、甘酸っぱく。

ウドがサクッと、爽やかな香りを弾かせ


春山の息吹きを伝えます。。。


IMG_5860

そして、予感は的中! 最後にいただいた

「ジャガイモと蕗の薹のフリッタータ」の、

高揚感と言ったら♪


フリッタータとは、

“イタリア風オムレツ”と言えば良いのでしょうか?


ジャガイモの千切りを卵液の中に加え、

ジャガイモまろみと旨みを封じ込めた上で・・・


蕗の薹のキュンとした香りと苦味が

フリッタータの中から、

溢れ出る! 溢れ出る♪


以前、このブログでも

何度か書いた事が有りますが・・・


私は、山菜の中で、蕗の薹が一番好き!


これまで、何種類も

蕗の薹の料理をいただいてきましたが


この蕗の薹は、

味噌に加えるより、蒼い香りが華やぎ。

天ぷらにするより、その溌剌とした香気を

艶やかに封じ込めており。。。


アイオリソースのコクと穏やかな辛味と

相性良し!


これはも・・・

素晴らしいお料理でした。。。


IMG_5861

私は、第一回から「肉の日イベント」に参加していますが・・・

「利き酒セット」は、初の試みですね♪

IMG_5862

早速、注文しました!


左から、

Flaccianello della Pieve

Chianti Classico Fontodi

Chianti Classico Filetta di Lamore


2種類のワインを同時にいただいた事は有りますが、

3種類は・・・ 初めてだったかな?


私の好みで言わせていただければ、

一番左の「Flaccianello della Pieve」の

濃厚な味わいとチェリーや

赤い花のような華やかな香りが、

ゴージャスで、

肉の日イベントに一番ピッタリきたかな?



もちろん、「Chianti Classico Fontodi」の

ふくよかな果実味や、

Chianti Classico Filetta di Lamore」の

優しい甘みや気品のある香りも・・・

Chianti Classicoらしくて、

良いと思いましたけどね♪


IMG_5863

さて、こちらはバスクワに先駆けて

考案された料理ですね!

「羊のスコッチエッグ 新玉ねぎとトマトの煮込み」


肌理の細やかな羊の挽肉だねは、

羊肉ならではの濃厚な旨みをギュッと凝縮!


トマトを香り付け程度に使った

新玉ねぎた~っぷりのソースで煮込んでいるので、

溌剌とした甘みと高揚する香り♪


真ん中には、うずらの卵が

これまた濃厚な旨みを放っているものですから、

これはまさに、小型爆弾!


春の息吹きを、鮮やかに炸裂させてくれました。。。


IMG_5864

  竹内シェフ「順番にテーブルの方に伺いますので。。。」


これまた、新しい試み!


これまでのメイン料理の紹介は、

焼きあがった“豚骨ジャングル”

(メインの「骨付きロースのフィレンツエ風グリル」)を

ド~ンと、カウンターの上に置くだけでしたが・・・


昨日のシェフは、

披露宴のキャンドルサービスの如く

各テーブルにお披露目に伺っていましたね。。。


そう、trattoria29さんの「肉の日イベント」の中で

最も人気の高いメインの登場で、

店内は一気にヒートアップしてきました♪


「3月の肉の日」の後半の模様は、

またゆっくりとご紹介致します!


          to be continued


http://30min.jp/place/2058150/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

予想外に野菜も多くて、バランスも良く。 塩ベースのスープに野菜の甘味と香り、豚肉の旨みが凝縮している「肉そば」 人形町・あづま軒

IMG_5845

流行りのラーメン専門店のように、

溢れんばかりのウンチクを振りかざす訳でも無く。


時間に追われるサラリーマンや、

近隣の住民の為に、

黙々と料理を造り続けている、

“街の中華屋さん”が大好きです!


そう、人形町のあづま軒さんでは、

昼時ともなると、

ラーメンの他にミニチャーシュー丼や、

漬物が付いてくる「ラーメンセット」が人気!


IMG_5847

中太のストレート麺は、

ツルッと、プリッと、心地良い食感!


懐かしい中華そば系の醤油スープの中で

心地良い喉越し♪


メンマは、塩漬のものでは無く、

乳酸発酵と乾燥の工程を経た、

台湾の伝統的な製法のメンマをお使いですね?


昨今は、見た目の面白さで

“長々とした、穂先メンマ”をお使いの

ラーメン専門店が増えてきましたが


乳酸発酵で筍の中から

酸味と旨みを引き出し。


その後の天日干しで

旨みを凝縮させたメンマは、

穂先メンマには無い雄雄しさが有って美味しい♪


そう、あづま軒さんならではのラーメン具材、

“つまみ菜”の爽やかな蒼さと

良いハーモニーを奏でています♪


IMG_5846

そして、

mmほどのふっくらチャーシューが6枚ほど入った

「ミニチャーシュー丼」は、

チャーシューのタレをサッとかけて、提供!


このタレが、豚の脂のコクと

生姜の香りをたたえて、コクウマ♪


ごはんがすすみます!


IMG_5848

>建て替え直後はみそラーメンが
    メニューからなくなっていたのですが、

 その後に復活して大歓迎です。


Facebookにあづま軒さんの事を投稿したら、

こんなコメントをいただいたので、

注文してみました!「みそラーメン」


サラッとしていながら、

赤味噌のコクと香りに溢れたスープに、

予めかかっているラー油!


香ばしく炒めた挽肉の香り、

もやしの甘味と香りと、

この“サラッとしていながら、ジワッと辛い”

独特のスープがマッチして、

心地良い響き。。。


復活を喜ぶコメントが有ったのも、至極納得!


なかなか他所ではいただけない

オリジナリティーの高いみそラーメンだと思います。。。


IMG_5849

こちらは、ネーミングに反して

たっぷり野菜!?


いやはや、嬉しい誤算にトキメキました♪

「肉そば」


塩ベースのスープは、

「タンメン」によく似ていますが


豚バラと野菜をスープで炒め煮にしてから

供しているので

ほどよく、豚の旨みと脂の甘味。


そして、たっぷりの野菜の甘味と香りが

スープに溶け出し


このスープが塩ベースであるが故に

スープ自体の香りにマスキングされる事なく

旨みと香りが押し寄せる! 押し寄せる♪



昨今のラーメン専門店のような

「ウンチクで押し倒されるような造り」は、

苦手ですが・・・


街の中華屋さんならではの

この“炒め煮の技術”が、

具材とスープを一体化させ、

それが艶やかな中太麺と共に迫り来る歓び♪


街の中華屋さんの麺って、

さりげなく作っているのに、奥深い!


嬉しい誤算に、

ちょいとトキメイタ、春の午後でした。。。


http://30min.jp/place/3624/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

呑みから、〆まで、“大満足のスピード感が止まらない、麺酒場” そこは、改札から徒歩30秒と好アクセス! 宴会プランも充実と評判です♪ 東中野・ビストロde麺酒場 燿

IMG_5831


 >宴会プランが新しくなりました!

       25名様以上からは、貸切もできます!


       ケーキなども持ち込みOKですので、

       まずはご連絡ください!


歓送迎会の季節を迎えて、

ますますパワーアップですね

東中野のビストロde麺酒場 燿(ヒカル)さん!


私は、もっぱらカウンターで独り呑みですが


“呑みから、〆まで一軒で済んでしまう麺酒場”が

大勢のお客さんで賑わっているのを背中で感じると


何だか自分にもパワーを貰える気がするので、

今回の宴会プランの充実は、大歓迎♪


そう、大歓迎と言えば


300円 ワンコイン前後の「オススメおつまみ」が

毎日登場するので、

“ちょい呑み派”にも、“しっかり呑み派”にも、嬉しいですね♪


今回、最初に注文したのは、

「5種のキノコのマリネ」


鑑識のたしなみは全く有りませんが

“5種のキノコ”とは、

しめじ茸、白舞茸、エリンギ、えのき茸、ヒラタケを

お使いなのではないでしょうか?


トロトロッと、プルプルッと

キノコならではの複雑な旨みと

質感の有る香り!


酸っぱくし過ぎないのは、

燿さんのオススメの日本酒とも

響き合うように工夫をしているのかも

知れません。。。


IMG_5832

こちらは、食べだしたら、

やめられない!止まらない♪

「なんこつの唐揚げ」


サクサクッと、香ばしく、

コリコリッとなんこつの中から

コラーゲンのまろみと、

コクの有る旨みが溢れ出す♪


ビールやハイボールが

グイグイいける、お得な一品です!


IMG_5833

ビストロの定番・アヒージョも、

燿さんの手にかかれば、ひと味違います!

「明太子のアヒージョ」


そう、“酒を飲ませようとする、多くのビストロ”のように

塩っぱくしないで・・・


明太子の自然な塩気を活かしているから、

ふわっと解れる明太子の旨みと、

華やかな香りが活きている!


そして、アヒージョに加えられた青梗菜の

さっぱりとした蒼い香りが、

濃厚な明太子のアヒージョに

清涼感を与えている所に、

センスが感じられます。。。


IMG_5834

そして、産地直送の魚介を

リーズナブルに愉しめるのも、

燿さんの特徴!


連日、売り切れ続きの人気メニュー

「ホタルイカと菜の花の酢味噌がけ」を

ようやくゲットする事ができました。。。


そう、産地直送だから、

ダレる事なく、プルップルの食感!


この野趣有る濃厚な味わいのホタルイカを

キュンとするコクと酸味の酢味噌でいただく。。。


桜が咲き出す、ずっと前から

燿さんでは春が満開です!


IMG_5835

メニュー名が面白いから注文してみれば・・・

予想以上のクオリティー!

「新玉ねぎユッケ」


見た目は、“サラダ”と思わせておいて・・・


ごま油と炒りごまでサッと和えて、

コクのあるポン酢と、

卵黄をのせているから・・・

確かにユッケw


しかも、香り高い花鰹と

大葉を散らしていますからね。。。


ノンオイルドレッシングで

サッと作るサラダなんぞより、

よっぽど食べ応えが有りましたよ♪


IMG_5836

今シーズン、何度もお世話になった

「櫻井のお湯割り」


このまろやかな味わいと、

黒麹仕込みならではの

馥郁たる香りと、

さらりとした甘みが


1日の疲れをサッと解いてくれるんですよね。。。


IMG_5837


  「ハーフにします?」


店員さんのお勧めに、

いつもは「フルサイズで!」と申し上げていましたが・・・


今回は、ちょいと呑み過ぎたし。


ブログでは、まだ“ハーフ”は紹介していなかったでしょう?

「背脂醤油らーめん  (ハーフ)


そう、豚骨をベースにしたサッパリとした

コクのあるスープが〆にピッタリだし。


良質の背脂をお使いだから、

どこか甘味を感じさせながらも、しつこく無く。


そう、麺はハーフかも知れないけれど・・・


瑞々しい茹でもやしの溌剌とした甘み!

充実した食感の中に、優しい旨みと香りを放つ

チャーシューの醍醐味がそのままだから、

満足度が高い“ハーフ”です♪


IMG_5838

夜中に“二軒目”を探しているうちに

酔い冷めする事も無く・・・


呑みから、〆まで、

“大満足のスピード感が止まらない、麺酒場”


JR東中野駅の西口改札から、

徒歩30秒の好アクセスだって事、

出来過ぎた話だと思いませんか?


http://30min.jp/place/60186/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ゾクゾクッと身体を震わす「ラムのスパイシーソーセージ」爽快な香りと辛みが弾けるディナーセットの「ペッパーチキン」 東中野・南インドの味 カレーリーフ

IMG_5819

  「前にも何回かいらした方ですよね?
   ウチのは殆ど、召し上がったんじゃないですか?」

たまにしか足を運ばない私の事を、
店主の奥様が覚えていたのは…

初訪問時と同様、
注文前に、料理の撮影許可を求めたからだと思う。。。

カレーリーフさんは、
1996年のオープンだから、
今年で創業21年目の人気店なんだけれど…

料理をオーダー時に、
撮影許可を求めたお客は、私を含めて数人と、
初訪問時に言われました。

まあ、私は当たり前の事を
しているだけだと思っていますけれどね。。。

さて、まだカレーリーフさんのメニューの
“殆どを食べた事が無い”私は、
ここに足を運ぶと、
まず「特別前菜」と書かれた、壁面のボードに目をやり


「カレーリーフ特製サラダ」から
いただく事に♪

リーフレタスと水菜の上に
たっぷりとのっているのは、自家製のピクルスでしょうか?

にんじんもパプリカも
独特の癖が抑えられ。

キュンとする甘酢味と共に、
緑黄色野菜ならではのコクを豊かに弾き。

サッとふりかけたクミンの香りが
ピクルスと出逢うと、
せつないようなトキメキが生まれます。。。

IMG_5820

最初にいただいたビールは、「ゲッサー ピルス」

ピルスナーならではの
爽快な喉越しと、
仄かな甘みを感じさせながら…

フルーティーなホップの香り、
穏やかなモルトの香りも愉しめる
上品なビールですね。。。

IMG_5821

こちらも、「特別前菜」から選びました!
「ラムのスパイシーソーセージ」

太さは、2.5cm、
長さは7cm程の、中太のソーセージなんですが・・・

ひと噛みするだけで、
ゾクゾクッと身体を震わす、
ラムの濃厚な香り!
にんにく由来と思われる、躍動するコク!

ふりかけられたスパイス達は、
クミンやコリアンダー以外にも
何種類も使っているかも知れません!

甘やかなスパイス感の中に
妖しくも高揚感のある香りがフワワ・・・

これは、傑作!!!
再訪時に必ずいただきたいひと品です♪

IMG_5822

次にいただいたビールは、
「エーデルワイス」

キリッと辛口のこの白ビールは、
ハーブ由来でしょうか?

爽やかな発酵風味の中に
すっきりとした旨み!
華やかな香り♪

IMG_5823

あっと言う間に
ラストオーダーの時間となりまして…
今回注文したのは「ディナーセット」

まず最初に供せられたのは、
南インド料理ではポピュラーな「ラッサムスープ」

このスープ容器からも解る通り、
にんにくの厚みのあるコクを
しっかりと引き出し。

トマトや野菜をたっぷり使って
酸味とペッパーの辛味が行き交う
味わい深いスープに仕上げています。。。

IMG_5824

そして、プレートで供せられたのは、
 ・ポディ(ふりかけ)をかけたご飯と、「ペッパーチキン」
 ・ハーフナン
 ・選べるカレー(今回は、サンバル)
 ・ライスサラダ
 ・自家製トマトチャツネ    …と、豪華版!

「ペッパーチキン」は、
野菜の自然な甘みを活かしながら
ブラックペッパーの爽快な香りと辛みが弾ける
躍動感豊かなカレーで、
ポディーの香ばしさと良い相性です♪

対する、「サンバル」は中辛タイプ。
ジャガイモの甘みと人参などの野菜の
気高い香りと澄んだ旨みに
そっと抱かれるようなカレー!

サラッともっちり、
甘く香ばしいナンや
キャベツがサクサクッと、
爽やかな甘みを弾くライスサラダも、
単品で注文したくなるような美味しさ!

仕事終わりに喝を入れたくて、
別添えのチリを注文したものの…
結局、使いませんでした。。。

老舗インド料理店で修業をした
ヴェテランシェフの繊細なお仕事が
すっと心を解きほぐすような味わいに仕上げていたせいですね。。。

http://30min.jp/place/57560

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ