2017年10月

黒毛和種とアンガス牛を、お代わり自由で食べ比べ♪ 肉まみれ… いえ、感動しまくりの、肉の宴です! 西荻窪・西荻窪・trattoria29 10月の肉の日(後編)

IMG_8766

“お肉の神様” ダリオ・チェッキーニ氏の元で

遅い夏休みをとられた、竹内シェフご夫妻。


帰国後の“初・肉の日”が

CECCHINIスタイルとなったのも、

フィレンツェの空気を充分に吸ってこられて


何か思う所が有っての事かも知れませんね♪


IMG_8767

 「こちらは、お肉の付け合せとなります、

  『ナスとパルミジャーノのオーブン焼き』です!」


ふふふ。。。 これも、CECCHINIスタイルですか?


グリルといい、このオーブン焼きといい


ワイン片手で、同じものを皆でシェアしていただき。。。

最後は、お客同士が家族のように仲良くなって、楽しむ!!


竹内シェフが肉の日イベントを始めたきっかけも、

このCECCHINIスタイルを日本でも実現したかった


そうおうかがいした事が有ります♪


IMG_8768

 「まず、最初はアンガス牛ランプのグリルです!」


竹内シェフ自ら、それぞれのテーブルを廻り、

豪快にカットしたビステッカを

とり分けてくれます♪


このビステッカ。

外はカリッと香ばしく、

中はフルフワッとジューシーでとろけるよう!


とかく“和牛礼賛”になりがちな、

日本人には、

ハッとさせられる驚きがありますね♪


そう、炭火焼きの技術で、

このコントラストが実現でき


逆な言い方をすれば、

近年の“赤身肉ブーム”を牽引してきた感のある

アンガス牛の肉質の柔らかさとジューシーさは


この“塊肉のビステッカ”こそ真価を発揮すると言っても

過言では無いでしょう!


IMG_8769

  「続いて、鹿児島産の黒毛和種です!」


アンガス牛をいただいた直後にいただくと、

ちょいとクドさを感じてしまう程に

味が濃い!


それは旨みと香りの到達点が高いと言うか


「ランプ」と言っても、

微妙にサシを感じると言うか


旨みの濃さと言い、香りの華やかさといい

これは、“工芸品”に通じる緻密な響きがあって。


これが日本人の魂を揺さぶるんだなと思いました。。。


IMG_8770

「お代わりも、有ります。

 ご遠慮無く!」


そう言う竹内シェフに、女性陣は

申し訳無さそうに、首をふるか


男性陣の中には、

「黒毛和種だけ。。。」

そう仰る方も多かったのですが


私は、勿論!

「両方、お願いします!」


だって、どちらもランプ肉で、

“食べ比べ”ができるんですよ♪


そう、“お代わり”をいただく頃になると

お腹も満腹(に、近づきw)


アンガス牛の質実剛健さと言うか、

牛肉の本来の雄々しい響きと、

焼き目の香ばしさを味わえる、

アンガス牛に軍配が上がったかな?


付け合せの「ナスとパルミジャーノのオーブン焼き」は、

ナスの皮の香ばしさと、

身のトロッとした幸せの香りが


パルミジャーノの熟成感のある旨みと

香ばしさと共に

雪崩うってくる美味しさでした♪


IMG_8771

 >イタリアで食べた美味しいポルチーニの

       記憶の新しいうちに!

       こちらも、再現したいと思います。


社長様がFacebookでそう宣言されていた通りに、

またもや登場したのが、

「ポルチーニのラザニア」


周囲を香ばしく焼き上げ、

ラグーの凝縮した旨みと香ばしさを引き立て。


フルフルっとほぐれ行く

ラザニアのまろみと、

ポルチーニのむせ返る香りが溢れ出す、

贅沢なコンチェルト♪


“濃厚”と“上品”は、

時として競演する事が有るのです。。。


IMG_8772

やっぱり、
キタ━(゜∀゜)━!

ハロウィンを意識してか

「かぼちゃのパフェ」


  「こちらは、かぼちゃのプリンと

           グラッパ漬けのレーズン、

          生クリーム、かぼちゃの種を使っております!」


私がじい~っと中身を観察していると、

横内シェフがちゃんと助け舟を出して下さいまして。。。

m(_ _)m


かぼちゃのコクと香りを凝縮させながら

フワッと優雅な、プリン。


キリッとしたグラッパの香りと

高揚感の中からレーズンが

ジワッと質感の有る甘みをふりまく

グラッパ漬け!


かぼちゃの種は、

カリコリッと香ばしく。

キリッとしたコクを弾かせながら


生クリームがそれらを優しく融合させて。。。


肉の日の最後を飾るに相応しい

プリミティブな香りに溢れた、ひと品でした♪


IMG_8773

エスプレッソの登場で、

高揚感と秋の憂いに満ちた

肉の宴は、おひらき。。。


IMG_8774

“いつもの肉の日”の

緻密に計算された輝きも素晴らしいけど


今回のCECCHINIスタイルの

ライブ感と、“肉まみれ感”も

なかなか他店では、真似ができないものでしたね♪


遅い夏休みでフィレンツェに帰ってみて


次々と新化を続けながら、

大きな「核」を大事にしている

CECCHINIスタイルのバランス感覚に

改めて驚かれたという、trattoria29さん!


次は、trattoria29さんが

日本の食シーンを肉まみれに


いえ、感動しまくりに

新化し続ける事でしょうね♪


これからも、期待しています!


http://30min.jp/place/2058150/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

フレッシュポルチーニが、ゴロゴロッ! イタリア土産のサラミやチーズ。そして、ウサギもSexy♪ 西荻窪・trattoria29 10月の肉の日(前編)

IMG_8749

 >次の肉の日は日曜!!


先日行った、キャンティのお肉屋さん、

CECCHINIスタイルの肉の日にしたいと思います!


お肉は、どかんとでっかい塊を

炭火でじゃんじゃんと焼いて、


がしがしとみんなで分けて食べる!

キャンティの肉屋のディナー、

どうぞ皆様お楽しみください。

 

また、フレッシュポルチーニの季節

真っ最中なので、


イタリアで食べた美味しいポルチーニの

記憶の新しいうちに!


こちらも、再現したいと思います。

お楽しみに!

IMG_8750

昨日も行ってきました!

trattoria29さんの肉の日イベント♪


まずは、「りんごのベリーニ」で

Cincin!


粗ごしのりんごの果肉が、

トロットロの、シュワッと♪


りんごのコクのある甘みが

イベントで逸る心を、そっと和ませてくれます。。。


IMG_8751

 「こちらは、御馴染みの『馬肉のタルタル』と

  竹内シェフがイタリアから買ってきた、

  『フィノッキオーナ』

  そして、名前はまだ無いそうなんですが

     『作りたての、北イタリアのチーズ』

       そして、

  『シチリア産オレンジの、シロップ漬け』です!」


そう、今回のAntipasto Mistoは、

「小さなイタリア土産と馬肉のタルタル」


フィノッキオーナとは、トスカーナ地方でよく作られる

サラミの一種だそうですが


一般的なサラミより、しなやかな食感!


しかも、通常営業の「色々ハムの盛り合わせ」で

供しているタイプより、グッと濃厚!


しっかりとした熟成香と共に溢れ出る

脂のコクと甘みがSexyなんです♪



「北イタリアのチーズ」は、

“コンテチーズ”の一種だそうですが


“作りたて”なので、

ミルキーな甘みや香りを残しながら

ゾクゾクするほどに駆け上がる、

凝縮した旨みと香り♪


“ハード系”の主張の強さと、

“フレッシュ系”のクリーミーさを

併せ持つ面白いチーズでした。。。



そして、オレンジのしっかりとした味と香りを

凝縮させながら甘過ぎず。

上質な和菓子にも通じる淑やかさの

「シチリア産のオレンジのシロップ漬け」



そして、肉の日には欠かせない

「馬肉のタルタル」は


生肉ならではの澄んだ旨みと

口解けの良さを愉しむメニュー♪


さっぱりとしたオリーブオイルの使い方と、

イタリアンパセリの爽やかな香りが、

馬肉の美味しさに深みを与えています。。


IMG_8752

  お隣さん「ワインをボトルでいただきたいのですが

  横内シェフ「ワインリストは、特にご用意していませんが、

        お好みをお伺いして、何本かお持ちする形で

        良ければ。。。」

IMG_8753

私の場合は、「ワインを!」と遠くに居らした

奥様に告げただけで、

サッと3本がテーブルに運ばれましてw


選んでみたのが

Podere 414 Toscana Sangiovese ? Badilante


サンジョヴェーゼ100%らしい、

フレッシュな果実味の中に、シルキーなタンニン♪


まろやかで優しい凝縮感も愉しめる

非常に飲みやすく、味わい深い赤でした!


IMG_8754

う~さ~ぎ おいし~♪と、

引越し前のブログで書いて、

皆さんに笑われてしまいましたが


あの時の感激が蘇りました♪

「ウサギ、フェンネル、ズッキーニのフリット」


ウサギが“鶏肉に似た、食感”で有りながらも、

他の獣肉には無い、

“上品でありながらも、しっかりとした旨み”を持つ事を

再び教えてくれた、フリット!


そして、

サクッとフワッと、甘やかな蒼さを弾く

ズッキーニ。。。


生でいただくと、“セロリより、更に特徴のある”

ハーブならではの香りも


上手にフリットにする事によって、

カリッと、サクッとした食感を残しながらも… 


油を得て、艶やかな香りに変わった

フェンネル!


ウサギの繊細な美味しさ引き立てる、

この脇役達の達者な仕事ぶりに

改めて驚かされましたね♪

IMG_8755

  「ポルチーニ♪」


店内のいたるところから沸きあがったこの声は、

ポルチーニがこんなに、ゴロゴロッと入っているなんて

想像ができなかった人が多かったのでは?

「イタリア産フレッシュポルチーニのオムレツ」


そう、いつもの“スライスした、ポルチーニ”では、

味わう事のできない

フワサクッとした食感!


ジュワッと弾ける、

香しいポルチーニの涙♪


フルフルッと、

まろやかな旨みを放つオムレツの中から

こんなに主張が強いポルチーニちゃんが

暴れまくるんですからね♪


IMG_8756

  「お肉が焼けましたので、

   まずアンガス牛のグリルから

   お出ししま~す!」


そう、今回のメインは、

なんと「鹿児島産の黒毛和種」と

「オーストラリア産アンガス牛」の2種!


各テーブルに廻る竹内シェフは

披露宴のキャンドルサービスの如く、

カメラ攻勢に遭って、少し緊張気味に見えましたw


先日の“遅い夏休み”で

キャンティの空気を充分に吸ってきた、シェフ。


2種の牛肉をどう調理してくれたか

胸が高まりましたね♪


肉の日の後半の模様は、

後ほどご紹介致します!


            to be continued 


http://30min.jp/place/2058150/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ジンギスカン食べ放題60分2,600円♪ 生ラムならではの柔らかな肉質、豊潤な香りをぞんぶんに愉しんだ、肉の日前夜祭♪ 御徒町・ジンギスカン霧島

IMG_8728

 >ジンギスカン食べ放題602,600

     ジンギスカン食べ放題+飲み放題 603,100


        90/120分コースあり! 

IMG_8729

いつも肉の日イベントには、

誘っているのですが


月末は、仕事の関係で

なかなか参加できない台湾娘の為に、

ひと足早く...  久々に行ってきました!


御徒町のジンギスカン霧島さん♪


IMG_8730

そう、元・大関霧島(現・陸奥親方)が

経営されている、このお店。


冷凍じゃ無くて、

生肉のジンギスカンってところが、

良いですよね!


我々は、

ジンギスカン食べ放題+飲み放題の

3,100円のコースにしましたが



このコースを注文すると、

『ファーストメニュー』として付いてくるのが、

「ラム肉」「もやし」「キャベツの千切り」と


「浅漬け」と「ごはん」


“お代わり”は、

ラム肉と千切りキャべツはできますが

「浅漬け」は、ファーストメニューだけ

というシステムですね。。。


IMG_8731

「お焼きしますか?」


と、一回めは店員さんが手際良く

ジンギスカン鍋にもやしと肉を並べてくれるので

ジンギスカンに慣れていない人も安心ですね♪


IMG_8732

ラム肉のお味は

“食べ放題のラム肉”としては

合格点ではないでしょうか?


霧島さんで提供しているラムは、

オーストラリア産の生ラムだそうです


IMG_8733

冷凍ラムだと失われてしまう

ラムの香りが活きている他、

肉質も柔らかく。


柔らかく臭みの少ない生ラム肉は

食べ応えが有ります♪


IMG_8734

そう、欲を言えば

昨年、訪店時に有った、

しめじ・じゃがいも・ニンニクの芽の

「野菜3種盛り」が

食べ放題メニューから消えてしまった事が、

野菜好きな私としては、残念かな?


IMG_8735

今度は、

特選生ラム1.5時間食べ飲み放題 5,200円に

チャレンジしてみようかな?


JR 御徒町駅 南口 徒歩1分と、

アクセス良好♪


最近、火鍋も始めたみたいなので、

肉好きは要チェックですね♪


http://30min.jp/place/2294260/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

サンドイッチを超えた、サンドイッチ!「チキンのアーモンド揚げとグリルかぼちゃ、キノコのサンドイッチ」は、倖せの香りと気品に圧倒されます♪ 西荻窪・3&1 Sandwich トレ エ ウーノ

IMG_8713

>今週末は、ハロウィン👻

   サンドイッチにも、かぼちゃ🎃の登場です!


   グリルしたカボチャに合わせるのは、

   アーモンドを衣にしてカリッと揚げたチキンと、

   ベシャメルで炊いた、色々キノコ!


   要素が多くて、どんな味!?

   とお思いでしょうが、


   一口食べたら何の迷いなく、

「美味い!!」と叫びたくなります。

   バランス良し!!


   週末、お天気不安定のようですが、

   皆様お待ちしています!

   

   テイクアウトや、Uber eatsのご利用も、

   お待ちしています


IMG_8714

今週は、“かぼちゃ”を使った“週替わり”が

来るかな?

内心、そう思っていましたが


横内シェフの手にかかれば


“企画モノ”では終わらない、

素晴らしいクオリティーでした♪


西荻窪の3&1 Sandwich トレ ウーノさん!


まずは、竹内シェフに選んでいただいた

Lazaro Garganega


ビオらしい琥珀色をしたこのワインには、

よく言われるところの“ビオ臭”というものは

有りません!


非常にまろやかな口当たりで、

深いコクの中に、

僅かにナッツのような香ばしい香りが

スッと通り過ぎる、優しい味わい。。。


白ワインの酸味が気になる方でも、

このワインなら、きっと気に入られるのでは?


とてもチャーミングなワインです。。。


IMG_8715

  「バランスの良さについては、

   既にFacebookで書かれていましたが

   もうこれは、お料理!!

   素材の相性がとっても良いですね♪」


  「ありがとうございます!

   今までかぼちゃは揚げる事が多かったのですが、

   今回はグリルにして

   実は、ベシャメルを使ったのは

   今回が初めてだったんです。。。」


そう、ひと噛みした時に

「新しい味!」と感じたのは


“焼いただけ”では無い、

“ひと手間かけたカボチャのグリル”(※自主規制)の、

淑やかな香りと旨み!


キノコタップリのベシャメルの、

まろやかな味わいと秋の香り!


これらが、

サクッとフワッと♪

アーモンドの輝かしいコクと香ばしさの

奥から拡がるチキンの清らかな香りを

優しく包み込むからなんですよね。。。


“構成要素”が多過ぎて、

ドカドカッと圧倒させるだけの味が...


巷のグルメバーガーの常套手段だけれど。


「チキンのアーモンド揚げとグリルかぼちゃ、

   キノコのサンドイッチ」は


清らかな鶏の香りと

アーモンドの香ばしさと凝縮したコクとの

コントラスト!


キノコタップリのベシャメルの優美さと、

グリルかぼちゃのホッとするまろみが


必然性をもって、

響き合っていて。。。♪



世の中の“揚げ物好き”を自負する、皆さん!


このチキンの存在感と、

ベシャメルとかぼちゃとの相性の妙を

是非楽しんで!


これは、“世の中の、サンドイッチ”を越えた、

倖せの香りと気品に包み込まれる、

サンドイッチなんです。。。


IMG_8716

今週から、久々の登場ですね♪

「ポロネギとじゃがいものポタージュ」


そう、3月にいただいた時より

ポロネギの存在感が増し。


ポロネギの艶やかな旨みと甘みが

じゃがいもの素朴な味わいとコクに

優雅さを加えて


透き通った甘さが

のびやかで憂いのある旨みを深めていて。。。


本当に、オ・イ・シ・イ♪


IMG_8717

2杯目にいただいたワインは、

Avia Pervia Primitivo Podere 29


これは、ディナー営業にピッタリのワインw


それは、ラベルの“29”に因んだ訳では無く。


ふくよかな果実味の中から溢れてくる

狂おしい程に胸を焦がす、

赤い果実のアロマが。。。


夜を愉しくさせてくれるんじゃないかな?


こちらも非常に調和のとれたワインです!


IMG_8718

トレ ウーノさんの

秋のDolceと言えば、これですね♪

「レーズン、松の実、りんごたっぷりのケーキ」


大ぶりりに切ったリンゴが

しんなり、サックリ、優しい香り。。。


これに、

コリッと、ジワッと


香ばしさと人懐っこい甘みを融合させる、

松の実とレーズン♪



サンドイッチを超えた、サンドイッチで

お腹を満たした後は、

心を癒す香りと甘みのDolce

用意しているなんて。


やっぱり、トレ ウーノさんは、

出来すぎたお店だと、思いません?


http://30min.jp/place/2438523/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

隠し味は、昭和風味なのに…どこか、スタイリッシュ♪ 野菜炒めの、お手本のような「ニラ玉子炒め」や、ちょいと想像がつかなかった「玉子スープ」も、逸品!東中野・まるしん

IMG_8674

夜が早い東中野では珍しい、

1800230迄の、深夜営業で


コンビニ飯では満足できない皆さんが、

“ちょい呑み”に

“テイクアウト”に・・・


次々に足を運ばれている、

東中野の中華  まるしんさん。


私は、もちろん!ちょい呑み派w


いつもは、ビールの中びんに、

2品がサービスされる¥1100円の

サービスセットから、

“ちょい呑み”をスタートさせる私も。


毎回、サービスセットでは店主に申し訳ないので


「ニラ玉子炒め」をセットでは無く、

単品でオーダーする事に。


セットの時より“2割増し”ほどの

ポーションでしょうか?


オーダーしてから

5分も経たずに提供されたこのひと品は・・・


シナッとサクッと、

もやしのしなやかな食感の中に、

溌剌とした香り! 爽やかな甘み!


ジワッ。。。と、ニラの蒼いコク♪


そして、

玉子のまろやかな旨みと

香ばしさがぶつかり合って


私にとっては

“野菜炒めの、お手本”のような存在!


野菜の輝くようなチカラを、

玉子ならではの輝くような優しさと共にいただく、

深夜の元気飯なんです。。。


IMG_8675

中華の定番メニューも、

まるしんさんの店主の手にかかると


どこか昭和の香りがする

街の中華の香りに溢れたひと品に!

「エビチリソース」


ぷるん。。。


絶妙な火入れが醸し出す、

エビの穏やかな表情と、

するん。。。と、駆け抜ける甘みと旨み!


ちょいと“トロミ”を効かせた、

昭和チックな

トマトケチャップの旨みと酸味を活かし。


豆板醤はジワッ。。。と、

奥行きを醸し出す感じの優しい使い方で。 


ごま油のコクと香りがふわわん。。。 


この中華ならではの

食感と香りの連鎖が、なんとも良し!


これは“子供が好きな、エビチリ”とは、

ちいと違う!


大人がホッとする、

懐かしさと香ばしいコクに溢れたひと品ですね。。。


IMG_8676

“懐かしい”と言えば


昔、縁日で食べた

“屋台の、ソース焼そば”に、

醤油の隠し味が加わった


まるしんさんオリジナルの「ソース焼そば」


ソースは、市販のソースより、フルーティー!

そこに、醤油を少し加えて、

ジワッと黒胡椒を効かせているから・・・


日本人がホッとする

立体感の有る美味しさが生まれるんですね。。。


キャベツと豚肉がしっかりと入っているから

サクサクッと、ジュワジュワ♪


品揃えメニューだと思って油断していると、

ビックリしますよw


IMG_8677

最近、〆でよくいただくのが、

「玉子スープ」


毛湯を活かした塩ベースのスープに

香り付け程度の醤油を使って


玉子のまろやかなコク!

玉ねぎの爽やかな旨み、

ニラのコクと香りを活かしながら

ごま油がフワッと香る♪


メニュー名からは、

ちょいと想像ができなかった

花束のような野菜と玉子の香り。。。


深夜に足しげく通う

常連さんが多いのも納得させられる


心と身体にぬくもりを与える

やさしい味わいなんです。。。


http://30min.jp/place/192754/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ