2017年11月

「イタリアの塩もつ煮込み」は、福々しい旨みと気高い香りが… 脳天まで駆け上がってきて、悶絶♪ 西荻窪・trattoria29 11月 いい肉の日(前編)

IMG_9202

 >1129日は、年に1度のイイニクの日♫

      毎年イイ肉の日には、

     メインはパワーアップで、肉!三種盛り!!


      今年は、牛の他に、鹿が登場の予定です。

    (もう1種類はお楽しみ❤︎


      その他、パスタ、メインも冬の食材たっぷりでお届け!

     師走の前のパワーチャージ、イイニクノ日で是非に!


IMG_9203

昨日も行ってきました!

trattoria29さんの、肉の日イベント!


今回、食前酒に選んだのは、

「秋映え(りんご)のベリーニ」


トロットロ! シュワッシュワッと、

りんごのまろやかなコク!

果皮の優雅な香り♪


そう、秋映えというりんごは

初めていただきましたが・・・


甘みと酸味がしっかりしていて、

香りも溌剌としていますね♪


久しぶりにいただく、

“りんごらしい、りんご”


身体中を潤してくれました。。。


IMG_9204

Entrata(突き出し)は、

御馴染み「ステックサラダ」


各テーブルには、

「オリーブオイル」と「赤ワインのビネガー」も

置いてありますが


私は、自家製ハーブソルトだけで、充分!


サクッと、コリッと

大地の元気をチャージします!


IMG_9205

Antipasti mistiは、4種類!

右上から、時計回りに

 ・馬肉のタルタル

 ・メレンゲと鶏レバーのパテ

 ・鹿ツナと柿のサラダ

 ・豚ヒレと蕪のムース  でした!


「馬肉のタルタル」は、

日本ではもう食べる事が難しくなった

生肉の美味しさを忘れない為に


肉の日には必ずと言って良い程登場する

御馴染みのひと品!


にんにくやオリーブオイルを

うっすらとまとった馬肉が

フルフルッと、するん

澄んだ旨みを弾きます♪



「メレンゲと鶏レバーのパテ」は、

メレンゲをパンに見立てた、

お洒落なクロスティーニ!


サクサクッと、メレンゲの気品!

トロローンと、レバーパテの濃密が、

バルサミコソースをまとって


絶妙の相性です。。。



「鹿ツナと柿のサラダ」は・・・

trattoria29名物の「豚のツナのサラダ」に代わって

蝦夷鹿を白ワインでクタクタに煮て、

オイル漬けにしたもの♪


“豚のツナ”より

ハリの有る食感で、穏やかなコク!


人参と柿、セロリが、サクサクッと


爽やか、かつ滋味ある甘みがぶつかり合いながら

立体感のある美味しさを醸し出していました♪



「こちらは、豚ヒレを使った自家製のハムです!」


そう、奥様から説明を受けましたが

豚ヒレのハムは、

“ハム”よりも憂いのある食感!

“パテ”よりも、上品な凝縮感をもって


清らかな蕪の香りとマリアージュ♪


IMG_9206

  「こりゃ、堪らん!」と


遠くで接客されている奥様に向かって

ゼスチャー交じりで


  「赤の ボ・ト・ル!」


とアイコンタクトをすると・・・


ノミネートされたのは、

この3本!


IMG_9207

そう、ボトルを頼むのと

ほぼ同時に供されたのが

「イタリアの塩もつ煮込み」


  「お好みで、辛いオイルをかけて

          お召し上がり下さい!」


は~い! 


でも、私は知っています!

trattoria29さんの塩もつ煮込みは


“肉の躍動する旨みと、

コラーゲン質の憂いを併せ持ったご馳走”

だと言う事を♪


だから、まず辛いオイルをかけずに

パクッといくと


フワトロッと、

もつの福々しい旨みと気高い香りが

脳天まで駆け上がってきて、

悶絶!


サルサは、パプリカのピクルスでしょうか?


ジワッとした辛さと優しい酸味が

この塩もつ煮込みに

穏やかなテンポを与えて


三口めからは、

辛いオイルをかけていただくと・・・


もつの旨みに艶っぽさと

ジワッとした辛さのアウトラインが加わり、

更に華やかな一皿となって、

メチャウマ♪

IMG_9208

はい、もつ煮込みに間に合って良かった!


今回、奥様に薦めていただいた3本は、

実は3本ともtrattoria29さんで

既にいただいた事が有ったのですが


この6年間で一番多く呑んだかな?

NERO DAvola MORGANTE」を

選びました!



このワインのお気に入りポイントは、

なめらかで厚みのある、タンニン!


ふくよかな果実味を愉しませながら

余韻が、程好くスパイシーである事♪


上品なAntipastiも、

躍動する炭火焼も、

魅惑の煮込みでさえも・・・


全て優美に包み込んでくれる

懐深さがあるからなんですね。。。


さて、いい肉の日のディナーは

始まったばかり!


後半の模様は、

また後ほどご紹介します♪


            to be continued 


http://30min.jp/place/2058150/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

鍋焼きうどんvsすき焼きうどん! 疲れた身体に優しく渇を入れてくれる、下町の名店です。。。 人形町・東嶋屋      

IMG_9181

 >鍋焼きうどん


東嶋屋さんの店頭の貼り紙を見て、

鍋焼きうどんが似合う季節になったなあと、

ふと足を止めました。

IMG_9182

  「もう、ラストオーダーですが


大丈夫ですよ!ビールを1本と、

鍋焼きうどんをいただいたら、

すぐにお暇しますからw


そう、鍋焼きうどんが出来上がる前に

ビールと共に注文したのが、

「おつまみ三種盛り」


こちらは、500円で

日替わりのおつまみが

三種盛り合わせになるもので


今回は、

・板わさと玉子焼き

・にしんの菜の花漬

・牛玉煮    の三種でした。


「牛玉煮」は、牛肉と玉ねぎを

サッと煮にしたもので

“甘くない、牛丼の具”みたいw


「にしんの菜の花漬」は、

季節はずれの感は否めないけれど


にしんは、程よく発酵して、

酸味と甘みが深まったタイプ。


IMG_9183

程なくして供された「鍋焼きうどん」


東嶋屋さんの場合は、

土鍋の蓋を使わない主義ですので


インスタが流行る遥か昔から、

インスタ映えの「鍋焼きうどん」を

供しているとも言えますw


具材は、

かき揚げ、鶏肉麩、ナルト、三つ葉、

わかめ、水菜、椎茸、蒲鉾など。


“海老天”がド~ンと横たわっていないと、

鍋焼きうどんの雰囲気が出ないと

感じる方も多いかも知れませんが


かき揚げの中には、

“直径4cmほどの、むき海老”が三匹!


天面は、サクッと!

底部は、つゆをたっぷりと吸って。


もっちりとした食感の衣の中で、

ミディアムレアの甘さを

海老が放っているから


ザク切りのネギと共に

カラッと揚げられた

かき揚げの方が、

お味を重視した考え方かも知れません。。。 


そして、私がこの鍋焼きうどんの中で

特徴的だと思ったのは、

生わかめ。


肉厚でプリプリッとした食感の

上質な生わかめが多めに入っているので


ちょいと甘めで濃厚なつゆに、

わかめの磯の香りと旨みが溶け出し。


天ぷらの衣の香り、鶏肉の甘み、

三つ葉の香りと相まって


味わいに深みが加わり、

重層的な美味しさを

奏でていると思いました♪


IMG_9184

そして、昨晩。


“肉の日、前日”だから、

暴飲暴食は止めて、

胃袋を整えてからイベントに臨もうと


再び、東嶋屋さんに足を運び。


今度は、「すき焼きうどん」を

いただく事にしました!


こちらは、多めの牛肉、長ねぎ、

水菜、椎茸、卵と、

「鍋焼きうどん」に比べて

シンプルに見えますが


程よくサシが入った

上質な和牛をお使いですね?


牛脂と赤身肉から醸し出される

甘い香り(和牛香)は


和牛ならではの

甘く、ふくよかな香り♪


これが、みりんの甘さと香りが効いた

下町仕立てのつゆと響き合い


太めの糸コンニャクも、

プリッと滋味豊かな味わい。。。


IMG_9185

そう!

東嶋屋さんでは、テーブル毎に、

黒七味が常備されているので


IMG_9186

早速、パラパラとかけてみると


唐辛子の風味が突出せず。


山椒や黒胡麻・青海苔の風味が

ジワジワッと攻めてくる黒七味が、

甘めのつゆに

やわらかなアウトラインを作って


美味しいっ♪

IMG_9187

1日の終わり。 疲れた体に、

「すき焼きうどん」は、優しい。。。


今回も東嶋屋さんに

優しく渇を入れてもらえたかな?


http://30min.jp/place/3727/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

コンビニ飯では永遠に辿り着けない、倖せの香りとまろみに包まれる「長崎皿うどん」 沁みるなあ。。。 東中野・中華 まるしん

IMG_9169

“街の中華”の醍醐味と言えば

「早い」「安い」「ヴァラエティー豊富」

が挙げられるのでは無いでしょうか?


私は食べ歩きのブログを書く身で有りながら、

“何日も前から、レストランを予約”する事は

「肉の日イベント」以外は、殆どしません。。。


「食べたい時が、美味しい時!」とばかりに、

その日の仕事終わりの時点で


「さあ 何処に行こう?」となる訳でw


結果的には、深夜営業をしていながらも、

“しっかりと、美味しい店”に

駆け込む事になるのですが


毎日2時まで営業の

東中野の中華 まるしんさんは、

そんな私の心強い味方♪


最近、特にお気に入りの

「レバー生姜焼き」は


程よい厚みのレバーが、

プルジュワッと♪


濃厚なコクと香ばしさを躍動させる

爽やかな生姜の香りに


たっぷりと加えた玉ねぎが

甘みとコクを

ニラが溌剌とした香りをプラス!


深夜に心を躍らせる、

痛快なひと品となっています♪


IMG_9170

そして、お気に入りの1皿と言えば

「豚肉青菜炒め」もその1つ。


“ちょいと甘みを加えた醤油加減”が、

淡白な青梗菜に艶っぽい表情を与え


豚肉の旨みにも輝きを与えるんですね♪


サクサクッ! ジュワジュワッと♪


肉の旨みと野菜の清冽とが

ぶつかり合います。。。

IMG_9171

さて、お腹がひと段落すると

ちょいと時間がかかるメニューも

苦にはなりませんからねw


まるしんさんの「春巻」は、 

オーダーを受けてから、

具材をチャッチャと炒め上げ


春巻きの皮で巻いてから

“じっくり揚げ”をするから


ちょいと懐かしい「ガングロ」な

ルックスをしていますw


でも、“じっくり揚げ”にしているから、

パリッパリの香ばしい皮!


そして、トロミを効かせた

餡の中に野菜の香りと

豚肉のまろやかな旨みの炸裂加減が


ハンパ無いですね♪


IMG_9172

そして、お客さんの半数近くが注文する

「長崎皿うどん」は、

まるしんさんの看板メニューの1つ!


キャベツ・もやし・青梗菜・ネギなどの

まろみと甘み、香りをたたえながら


豚肉・あさり・いか・蒲鉾などの

旨みと人懐っこい香りを存分にたたえた餡が

トロトロッ! サクサクッと♪


レンジでチンしたコンビニ飯では

永遠に辿り着けない、

倖せの香りとまろみに包まれるんですね。。。


IMG_9173

もう一杯、呑もうかな?

いや、明日も仕事だから、

止めておこう!


そんな気分の時に頼んでしまうのが

「野菜スープ」


味のイメージは、

“胡椒を効かせたタンメンスープ”みたいな

塩味のスープですがw


白菜・タケノコ・キクラゲ・青梗菜

人参・玉ねぎ、などなど。。。


野菜たちの旨みと甘みと

滋味をすっと集めて


香り付けに加えた醤油が、

心なごむ香り。。。


一日の終わりの充足感が、

明日へのエネルギーに繋がりますね!


深夜にも次々お客さんが集まる

人気店の秘密。

解っていただけましたでしょうか?


http://30min.jp/place/192754/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

「ラムのスパイシーソーセージ」は、必食! 幸せの香りに包まれる「ご飯が付かないディナーセット」も、カレーが選べて、お得です♪ 東中野・南インドの味 カレーリーフ

IMG_9153

 >当店では世界のビールをお出ししていますが、

     本日新しいビールが仲間入りしました。

     まずはこちら!

     イスラエルのビール「マカビー」です。


そんなFacebookの告知につられて

久々にお邪魔しました!

東中野の南インドの味 カレーリーフさん。


席に着くなり「マカビー」を注文しましたが


フルーティーな甘みとコク。

そして、柔らかに降りてくる

心地良い苦味、

ホップの優しい香り。。。


モンドセレクション金賞を

5度も受賞しただけあって


万人に受けるであろう、

上品な味わいです。。。


IMG_9154

料理が出来上がるまでに、

“おしのぎ”で頂戴したのが、

「パパドウ」


豆粉で作った

薄焼き煎餅のようなものです。


サックリと噛めば、

香ばしさの中に凝縮した豆の旨み!


市販のスナック菓子のような

香料や塩分を施していない分


身体にスッと馴染むような

自然な味わいが、優しい。。。


IMG_9155

そう、カレーリーフさんに再訪した際には、

必ずいただくと心に決めていたのが、

「ラムのスパイシーソーセージ」


太さは、3cm余り。

長さは、10cm程の、

極太ソーセージは


ギュッと充実した食感の中に、

ラムの濃厚な香りとコクが

グワンッと、炸裂!


そして、クミンやコリアンダー等を

使ったと思われる特製スパイスが

妖しくも高揚感のある香り。。。


マトンと違って臭みの無い所が

ラムの良いところですが


これは、

マトン並みの濃厚感を引き出しながらも

洗練♪


非常に食べ応えのあるひと品でした。。。


IMG_9156

  「こちらは、殻ごと召し上がれます!

   オイルにエビの旨味が詰まっていますので

          カスクートに付けてお召し上がり下さい!」


次に注文した

「ソフトシェルシュリンプのスパイスオイル炒め」は、

アヒージョよりもサラッとしたオイル炒めで


シナサクッと、フワッと!

ソフトシェルシュリンプは、

緻密なスパイス感に縁取られているから、

不思議に脂っこくなく。


エビの殻の香ばしさと身の甘みを押し上げる

緻密なスパイス感が粋でしたね♪


IMG_9157

 「ウワ~♪」


久々にビールを呑んで、「やられたっ!」

と思いました!


新しく仲間入りしたもう1つのビール

「デイオブザデッド IPA


アルコール度数6.8%なので、

ドカッと舌にのしかかるようなインパクト!


そして、ホップの香りが全開の

躍動する苦味と、

フルーティーな甘みの連鎖が面白い♪


これ、クセになりそうです!


IMG_9158

  「温かいお料理のラストオーダーですが


そう、カレーリーフさんに

なかなかお邪魔できなかったのは、

ラストオーダーが21時だからなんですね。。。


慌てて「ご飯が付かないディナーセット」

を注文すると、まず最初に供されたのが、

「ラッサムスープ」


“ニンニク型のポット”に入っている所で

お解りの通り、

トマトとニンニクを使ったスープです!


トマトの旨みを押し上げる

心地よいニンニクのコクと高揚感!


そして、粗挽き黒胡椒の爽快な香りが

なんともパンチのある味わい♪


IMG_9159

そして、「ご飯が付かないディナーセット」は、

カレーリーフさんの人気カレー

「ペッパーチキン」の他に、

もう1つカレーを選べるので


「南インドのチキンと卵のカレー」をオーダー!


「ペッパーチキン」は、

野菜の自然な甘みを活かしながら

ブラックペッパーの爽快な香りと辛みが弾ける

躍動感豊かなカレー!


対する「南インドのチキンと卵のカレー」は、

ココナッツミルクの香りに包まれた、

やんわりとした辛さのカレー。


インドカレーと言うと、

辛さに注目される時が有るけれど


スパイスや素材のハーモニー

つまり、

豊かさを愉しむ食べ物だという事を

痛感しましたね。。。


クミンを効かせた淡い酸味、

そしてキャベツがサクサクッと、

爽やかな甘みを弾くライスサラダも、

カレーと絶妙の相性でした。。。


IMG_9160

炭火焼きナンは、

ギー(パターオイル)がたっぷり塗ってあって

サックリ&もっちり、

旨みが強かったですね。


フルナンより少し小さめでしたが、

馥郁たる小麦の香りと旨味が押し寄せてきて


幸せな気持ちに包まれた、

ディナーセットでした。。。


http://30min.jp/place/57560/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ゴロゴロッと、鶏肉・マッシュルーム♪ 肉の香りと野菜のまろみが融合した「あったかシチューのサンドイッチ新登場です!西荻窪・3&1 Sandwich トレ エ ウーノ

IMG_9137

 >あったかい♪シチューを食べよう~♫


  寒くなってきましたから!

  こんなサンドイッチが嬉しい!


  新ジャガとたっぷりキノコと

  チキンをアツアツシチューに!


  これは、大人からちびっこまで、

  みんな大好きな、

  冬にぴったりのサンドイッチです!

  はふっはふっと食べてください

IMG_9138

はい! 仕事の都合で本日の参戦となりました、

3&1 Sandwich トレ ウーノさん!


本日は、チャリティーイベントに参加の為、

お留守の竹内シェフに代わって、

奥様が選んでくれたワインが

Jale Chardonnay Cusumano


シチリアのシャルドネだそうですが


これまでいただいた、

“すっきりと、上品な味わいのシャルドネ”

とは違い


シチリアの強い日差しを充分に受けて


トロピカルフルーツのような、

キリッとした酸味と、

濃醇なコクのある味わい!


そう、シャルドネの

エレガンスを感じながら

しっかりとした味わいって、新鮮!


濃厚タイプのシチューに

ピッタリでした♪


IMG_9139

    「次は、週替わりのスープセットを、

       ポタージュで!

       あと、ラザニアもお願いします!」

      「はっ??」


暫くランチ営業から離れ、

ディナー営業に専念されていた奥様は、

私のオーダーが何の事か


最初は解らなかったみたいw


そう、“スープセット”で再びいただいた

「チキンとマッシュルームと

ジャガイモのあったかシチューのサンドイッチ」は


サンドイッチ用に

少し濃厚さを増したシチューに、

ゴロゴロッと、

鶏肉・マッシュルーム!


そして、しめじと舞茸も加わって、

具沢山♪


しかも、素人が煮込むと

香りが抜けてしまいがちなチキンも


プリッと踊るような食感の中に、

甘い香りが湧き上がる

溌剌とした表情♪


熱々のシチューを

パンと共にいただく相性の良さは


ロシア料理のつぼ焼きを

いただいた時のような

肉の香りと野菜のまろみの融合♪


粗挽き黒胡椒がキリリと、

たっぷりキノコ達の豊潤な旨みを

引き締めます。。。


IMG_9140

今週のポタージュは、

「かぼちゃのポタージュ


素人が作ると、

とかく“もたつき”がちな

かぼちゃのポタージュも


かぼちゃの香りを活かしながら、

かぼちゃの風味を縁取る感じの

奥ゆかしいクリーム感が


かぼちゃのコクと香りを

上品に引き立てているんですね。。。


IMG_9141

二杯目にいただいたのは、

FONTANAFREDDA EREMO LANGHE ROSSO


こちらは、バルベーラとネッビオーロという

黒葡萄から造られたワインだそう!


なので、肌理の細かいタンニンに

ふわっと包まれながら


押し寄せてくる、野趣ある香りと酸味!


薔薇の花のような情熱的な香りに、

ゾクゾクッとしました♪


IMG_9142

先週、“お代わり、2連発”のあおりを受けて

注文する事ができなかった、

29のミートソースのラザニア」


本日は、

“追い鰹”ならぬ、“追いパルミジャーノ”

をまとって、チーズ感がアップ♪


いやいや!

パルミジャーノの香りで酔わせながらも


しっかりとしたラザニアの生地から

雄々しい食感と共に溢れてくる

いえ、乗り越えてくる


粗たたきの“29のミートソース”が、

雄雄しく!香ばしく!

肉の溌剌とした香り♪


そう、「29のミートソースのラザニア」は、

オーダーを受けてから焼き始めるので


好奇心旺盛で、胃袋の大きさに自信が有る方は、

“1皿め”、又は“お代わり”と同時にオーダーする事を

オススメしますw


http://30min.jp/place/2438523/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します! 
記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ