2018年03月

肉好きの欲情をそそる、グリルと煮込み。パスタも“普段の営業ではいただけない、2種”と、贅沢です♪ 西荻窪・trattoria29 3月の肉の日(後編)

IMG_0702

 >普段の29では体験できない、

       特別感のある、お肉中心のフルコース


そう、“同じ時間に大きな肉をドカンと焼き上げる”

のでは無い

trattoria29らしい季節の風を吹かせた、Antipasti

素晴らしかったですからね。。。


Primo piattoも、

“普段の営業ではいただけない、2種類” と聞いて

期待に胸を膨らませて伺いました♪


最初にいただいたのは、

「リコッタとパルミジャーノを詰めたトルテッリ

 群馬の蕗の薹とバターのソース」


「群馬の蕗の薹と言えば?」

「はい、シェフのお母さんが。。。」


そう、竹内シェフのお母様は

季節毎に野菜や果物を

沢山送って下さるんですよね。。。


トルテッリは、初めていただきました!

柔らかなハリのある生地で

“リボン状のカップ”を作って、

リコッタとパルミジャーノを詰めたんですね♪


おおらかでありながら凝縮した小麦の旨みと、

リコッタとパルミジャーノならではの、

ミルキーなコク!


ソースは、塩気を抑えて

バターの優雅な憂いを得て

蕗の薹がいつもとは違う、

柔らかな蒼苦さでトルテッリに微笑みかけて♪


これは面白い!

これこそ、春の夜に相応しいパスタ♪


IMG_0703

一方、「タリオリーニ 

葉山の葉玉ねぎとウサギのラグー」


細めの平打ちで、

デリケートな食感のタリオリーニは、

卵黄だけを使ったという所が、

いつもとは、コクと旨味が違う濃厚仕上げで


これに、うさぎの優しい旨み!

サックリと、

澄んだ旨みと柔らかな蒼さを弾く

葉玉ねぎの爽やかさとが

良いコントラストを奏でていましたね。。。

IMG_0704

  「今回は、2種盛りに致しました!

   仔羊のスコッタディートの下には、

   菜の花とイタリア麦のサラダを敷いています。

   そして、手前がジャージー牛のトマト煮込です!」

IMG_0705

最初にいただいた、

「オーストラリア産 仔羊のスコッタディート 

菜の花とイタリア麦のサラダと」


仔羊は、一度マリネをしてから焼き上げたそうで

仔羊ならではのキャッチーなコクと旨みを

凝縮させながらも

非常に柔らかく、香ばしい♪


これは、骨を手掴みにして

かぶりつくのが、美味しい食べ方ですね。。。


仔羊の魅惑の香りが鼻腔をくすぐり

じゅわん。。。と脂の甘みが、心を揺さぶる、

いえ、欲情をそそる美味しさ♪


添えられたスペルト小麦は、

プチッと、モチッと心地良い食感!

菜の花の蒼い香りをたたえて


仔羊の脂にまみれた口を

サラッとさせる効果も有りましたね。。。


IMG_0706

「北海道産ジャージー牛のトマト煮込」は、

“煮込み”にありがちな重々しさが無い


トマトが香り立つような繊細な煮込み加減で

ジャージー牛の気高い香りと旨みを

優しく包み込んでいましたね!


グリーンピースの爽やかな蒼さが

これまた良く合うんです♪


IMG_0707

olceも新しいアプローチですね♪

「ホワイトチョコのムースと金柑と苺」


ウエハースを更に質感のある食感に

焼き上げたようなピスタチオのチャルダが、

キリッとした香ばしさとキャッチーなコク!


ホワイトチョコの優しい甘さと香りを

さりげなく集めたムースが、春の香り!


金柑の心地よい甘苦さと、

苺の甘酸っぱさは、対照的でありながら


カシスのソースと出逢って、おとなびた表情♪


IMG_0708

ラバッツァのエスプレッソの登場で

新しい春の風をひゅるんと吹かせた

肉の宴はおひらき。。。

IMG_0709

これまでの肉の日は、二部制で。


各部、一斉スタートだった、

これまでの方式を改め。


参加者の希望時間を勘案し、

スタート時間がバラバラだった事で

調理のご苦労は並大抵なものでは無かったのでは?


  「いえいえ

愉しみながらやる事ができました!」


それは、良かった♪

他所の肉の日イベントとは、

ひと味も、ふた味も違うtrattoria29さんの

肉の日イベント!


季節の素材を次々に取り入れながら、

更に、更に進化してゆく事でしょう。。。


http://30min.jp/place/2058150/blog/

 

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

肉の日を彩る、「ホワイトアスパラの苺マリネ」「春キャベツ ベルッタータ」やっぱりここは、ニクらしいほど粋なお店です♪ 西荻窪・trattoria29 3月の肉の日(前編)

IMG_0688

2月は29日がなかったので、お久しぶりの肉の日です!

       (中略)

    肉の日のコンセプトも、平日は趣向を少し変えて、

    同じ時間に大きな肉をドカンと焼き上げる、のではなく、

    普段の29では体験できない、

    特別感のある、お肉中心のフルコース、

    というイメージでやってみようと思っています。


    今まで以上に季節の食材を大切に、

    前菜やパスタも、少しづつ、

    色々なものをお召し上がり頂けるような、

    そんな趣向にしたいと思っています。


    とは言え肉の日!お肉を存分に楽しんで頂く!

    という大前提は変わりませんのでご心配なく!

IMG_0689

今月も行ってきました!

trattoria29さんの肉の日イベント♪


肉の日のコンセプトの変更、

Facebookを見た時は、

ちょっとビックリしましたが


今回は、1品1品が

た~っぷりといただけるから、

私にとっては好都合ですね♪

IMG_0690

御馴染み「スティックサラダ」(※トップ画像)に

続いて登場したのは、

「葉山の春キャベツ ベルッタータ」!


「これは、もう

春キャベツに塩とオリーブオイルだけ加えた物に、

自家製パンチェッタとパルミジャーノの煎餅を

添えたものなんです。。。」


そう、奥様から説明を受けた時は、

のけぞりましたw


ふるふると口の中で揺らめく

パンナコッタに似た食感!


味わいは 

キャベツの旨味を活かしながらも

オリーブオイルならではの、

まろやかなコク!


クリームを使わないのに、

どこかクリーミーな印象を与えるって、

凄いテクをお使いなんですね。。。


自家製パンチェッタは、

サクッと凝縮した旨味と香ばしさ!


パルミジャーノの煎餅も

パリッと軽快な旨味と塩気を

添えているから


春の草原でのような清清しさが

フワッと拡がります。。。


IMG_0691

次に登場した

「フランス産ホワイトアスパラの苺マリネ

 モッツァレラブッラータと」は


イチゴのキュートな香りをまとった

ホワイトアスパラが


マリネのキュンとする酸味と、

アスパラの清楚で

甘やかな旨みとが溶け合って

少女のような淑やかさ!


トロットロのブッラータの

涼やかなコクと旨み、

生乳の仄かな甘さが

アスパラをまろやかに包み込み。


フレッシュ苺が、

プチプチッと天使の涙♪


それはもう、

ロマンチックな一皿でしたね。。。

IMG_0692

 「カルボナーラは、全卵を使いますが

  こちらは卵黄とパルミジャーノのサルサです!」


そう、この美しいオレンジ色のサルサは、

濃厚でありながらも、少しもくどさは無く。


コリッと、

香ばしく幸せの香りを弾く筍と


サクッと、

清らかな香りの中に野趣を凝縮させた

うるいを優しく包み込んで、トロロ~ン。。。


「鹿児島県産筍とうるいのグリル、

  生ハムを巻いた自家製ハムとサルサカルボナーラ」は


天に向かって伸び行かんとする

大地のチカラと


ふんわり&しっとり!

生ハムの塩気とコクがアクセントの

鶏ハムの清楚な表情とのコントラストが面白い♪



そう!いつものAntipasti misti

華やかな表情も、

コースの中では大事な役割を演じているけれど


何度も、ここで書いた通りに


「この素材の、このアプローチ!

 もっと、たっぷり 食べた~い♪」


そんな思いを巡らせながら

いつもはいただいていたんですよねw


今回、Antipasti

それぞれ存在感のあるひと皿となって


ひと口目、ふた口めと、

それぞれのお料理の展開を愉しめるようになった事は、

本当に嬉しかったです♪

IMG_0693

今回、奥様に選んでいただいた3本のうち、

私達がいただいたのは、

Le Coste Rosso


濃厚過ぎない果実味と、

爽やかな酸味!


そして、奥行きを感じさせる

シルキーなタンニン。。。


これは、AntipastiからSecondまで

長く付き合える、頼もしい赤でした♪



肉の日の後半の模様は、

また後ほどご紹介します♪


            to be continued 


http://30min.jp/place/2058150/blog/


    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

Wow! 一口で…駆け巡る、炒め野菜のコクと香ばしさ♪ 1日20食限定の「オロチョンらーめん」は、私の味噌ラーメン史上の金字塔! 東中野・究極のにぼし味噌らーめん 人間ばんざい

IMG_0675

 >限定らーめん!!

      1日20食限定『オロチョンらーめん』(辛味噌)

      販売致します!!


昨日、Facebookを拝見していたら、

こんな告知を発見致しまして♪


さっそく伺いました!

東中野の究極のにぼし味噌らーめん 人間ばんざいさん。


IMG_0676

まずは、券売機で

ビールと、「特製チャーシュー3枚」を

ポチッ!


厚さ5mmほどのバラチャーシューは、

提供前に程よく温めてくれるから


脂がトロットロの、フルッフル!

香ばしくローストした肉の引き締まった旨味と、

カエシのコクと香りは、絶妙の相性!


これ、本当にビールによく合います♪

IMG_0677

そして、お気に入りの

「特製黒豚餃子」が登場!


今回も、お店の方に

おろしポン酢を勧められましたが


もっちりして、コクと旨味が強い皮!

そして、黒豚ならではの濃厚な旨み!


これらが、小籠包よりも破壊力がある

肉汁と共に炸裂する

小型爆弾となりますからね♪


この肉汁の香りを

醤油の香りでマスキングする事なく

おいしくいただく為に


私は卓上の辛味調味料を使う方が、

好きです♪

IMG_0678

「麺の固さ、味の濃さ等は

 “オススメ”で宜しいでしょうか?」


今回も店員さんは丁寧に確認されていましたね。。。


昨日、満を持して発売となった

「オロチョンらーめん」を

デフォルトでいただきます!


Wow スープを一口いただいただけで

身体を揺さぶる、合わせ味噌のコクと香り!

炒め野菜のコクと香ばしさ♪


細胞がプルプルと、

喜びのダンスを始める、

重層的な味噌と野菜の旨みの競演♪


そして、コクのある辛さが拡がった後に、

すうっと忍び寄ってくる

胡麻油のコク! 炒り胡麻の香ばしさ♪


また、トッピング達も

ザク切りのチャーシューが

トロッと、香ばしく甘く。

メンマは、サクサクジュワッと

溌剌とした食感!

キクラゲも、コリッと小気味良し♪


今の時代、「オロチョン」と聞いて

ピンとくるのは、

ある程度の年齢層以上か、

ラーメン通だけかも知れないけれど


私は、歌舞伎町の“あのオロチョンの、名店”より

何倍も複雑味が有って、

何倍も濃厚で旨いと思います! 


 「完食、ありがとうございます!」


そう、スープも一滴残らず飲み干した後に

ジワジワッとくる痺れは

“あの香辛料”をお使いですね♪


辛味が強いタイプがお好きな方の為に、

デフォルト(1辛)以外にも、

2辛(30円増し)3辛(60円増し)、

“それ以上”にも、対応してくれるそう♪


味噌の芳醇な香り、

野菜のしっかりとした旨みを愉しめる、

新しい「オロチョンらーめん」


きっと、歌舞伎町の有名店を

過去の存在へと追いやる事でしょうね。。。


http://30min.jp/place/2497762/blog/


    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

ひと噛みしただけで、“合法的な、トリップ」に酔いしれる、麻辣串焼♪ 玉ねぎが良いコクと旨みを醸し出していた「カシューナッツとエビ炒め」 中野・麻辣串焼 豊海屋

IMG_0665

>麻辣  唐辛子、山椒、八角、胡麻子など、

     数種類のスパイスを独自のブレンドで作る

     当店自慢のたれです。


豊海屋さんのカウンターに座ると、

壁にこのような“麻辣串焼のたれ”の

説明書が書かれていますが


そう、これを一度いただけば・・・


麻辣味の虜となって、

禁断症状を発症してしまう方も

多いのではないでしょうか?


中野の麻辣串焼 豊海屋さん!


IMG_0666

店内には、“一般的な、居酒屋メニュー”も有れば、

台湾料理もありますが


お客様の半数以上は、

なにがしらの麻辣味のメニューを

召し上がっていますね!


今回、私も真っ先に注文したのは、

「ハツ 麻辣味」(※トップ画像)


拘りの焼き鳥屋さんと違って、

“よく焼き”にしたタイプのハツでしたが


ハリのある食感の中に、

ハツ上品な旨味を凝縮させ。


コクのある辛さの中に

クミンシードの妖しい香り!

花椒の痺れる風味!

炒り胡麻の香ばしさが相まって


ひと噛みしただけで、

“合法的な、トリップ”に

酔いしれる事ができるんです♪


IMG_0667

 「これ、中国湯葉?」

 「ううん。。。台湾の湯葉!」


東中野の旬の香さんで中国湯葉は

何度もいただいていましたので、

期待に胸を膨らませて、

「湯葉サラダ」を注文したところ


随分と待たされた割には、

10cm四方の、小皿”にサッと盛られた、

お通しみたいなものが出現してきましてw


御徒町の新竹でいただく、

“台湾豆腐”に似た麺状の湯葉が

香菜と共に胡麻油で和えられたものでした。


日本の湯葉よりもコシがあるところは、

福建の湯葉と似ていましたが


旨みはちょっと弱いかな。。。


これが“お通し”で出てきたら、

異国情緒を愉しめるけれど、

これが、450円の料理と考えると

コスパが悪いと言わざるを得ませんね。。。


IMG_0668

ここで、趣を変えて “王道中華”の方を

トライする事にしました!


次にいただいたのは、

「カシューナッツとエビ炒め」


これは、ちょいと塩気が効いているけど

フワプリッと、

半生のエビがデリケートな食感!

コリコリッと、

香ばしくコク豊なカシューナッツ!


そう、よ~く炒めて

コクと旨味を充分に引き出した玉ねぎを

たっぷり使用しているから、

ナッツの香ばしさが浮つかないんですよね♪


これで、“サラダの減点分”は、

何とか挽回ができましたねw


IMG_0669

こちらは、ちょっと好き嫌いが分かれるかもw

「トマト・玉子炒め」


東中野の旬の香さんの“ナンプラー炒め”は、

かなりユニークな味付の部類だと思いますが


メニューに「トマト・玉子炒め」と書いてあれば、

“塩味”かと思ってしまうじゃあ、ないですか。。。


しかし、豊海屋さんの場合は、

とろみ餡が、ジワッと。。。

優しい甘み!


“甘~い、玉子焼き”は、

別に抵抗が無い私でも


“ジワッと甘い、トマト炒め”は、

少しばかり“不思議チャン”だったかな?


トマトの旨みを引き出す、

隠し味のつもりで使ったのかも

知れませんがね。。。


IMG_0670

ここで、前回訪問時に感激した

台湾グルメ「麺線(めんせん)」

を再び注文する事に!


前回は、“牡蠣入り”でしたが

今回は「豚足そうめん」を注文しました。。。


IMG_0671

前回の調理は、従業員さんで

今回の調理は店主だったから、

より本格的なタイプを期待していたら


“ビーフンの旨みを濃厚にしたような

しっかり味の、台湾そうめん”では、なく!


トロミもほとんど無く、

鰹ベースのスープの中から、

麺の太さも、柔らかさも、

“日本の、にゅうめんに限りなく近い”

麺がふるるん。。。

(※3月9日のブログの麺線と比べれば、

  一目瞭然でしょう。。。)


豚足は、

よーく煮込まれていて、

コラーゲン質がちゅるんと滑り出し。

花椒が香る本格的なタイプだったから


余計に前回とのギャップを

感じてしまったかな。


まあ、他のお客さんがたくさんいらしたから

“そうめんの謎”については、

女将さんに聞けず仕舞いでしたけどね。。。


麺線は、豊海屋さんの膨大なメニューの中では、

ごくごく一部。


また、面白い料理に出逢ったら、

こちらで紹介する事に致しましょう!


http://30min.jp/place/399299/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

毎週登場する“裏メニュー”が、大人気! 野菜もしっかりと摂れて、リーズナブル!「菜の花のペペロンチーノ」の淑やかなパンチ、気に入りました♪ 東中野・UN COEUR

IMG_0651

 >😃裏ファンです😃

       お野菜ボイル、

       此方の茹で加減大好きですよ❤️


はい! 毎週、毎週

UN COEURさんに通ってしまうのは


「お野菜のボイル  バーニャソース」と、

毎週更新される“裏メニュー”をいただく為でw


その事をFacebookの公開グループ

「中野ファン」に投稿したら、

中野ファンのマドンナ・Mさんから

素敵なコメントをいただきました!


そう、「お野菜のボイル  バーニャソース」は、

先週までは、「菜の花、新じゃが、島人参」

でしたが


IMG_0652

昨日、伺ってみると

「蕗、新じゃが、モロッコいんげん」でした♪


つい先日、「蕗の薹」を

いただいたばかりなのに、

もう蕗がいただけるとは


春の食材はアッと言う間に、

入れ替わってゆくものだと

感慨無量。。。


しゃりしゃりと

涼やかな食感に茹で上げられた蕗は、

僅かな食塩を加えただけの、

ごくごくシンプルな茹で野菜なのですが


その澄んだ味わいの中から

大地の滋味の結晶のような、

蒼いチカラが湧き上がり


夏を予感させるような躍動が

すうっと口の中に拡がって♪


これが“走り”と言われている、

素材のチカラの煌めきなのだなあと、

胸がキュンとしましたね。。。


一方、新じゃがの清らかな甘み!

コリッと弾ける、

モロッコインゲンのキャッチー青臭さとも、

非常にコントラストがとれていて♪


お気に入りのバーニャソースの

まろやかなるコクが

優しく包み込んでくれるので


これをいただく度に、

野菜の元気をチャージできる事が

実感できます!

IMG_0653

そう、常連でなくても

“誰でも注文できる、裏メニュー”

大好評なんです!


次にいただいたのは、

「赤エビとキャベツのマリネ」


赤海老は、車えびの仲間だから、

トロリとした口当たりの中に、

濃厚なコクと甘み!


果実感溢れるマリネ液を得て、

プルトロッと♪

Sexyな表情を醸し出しています。。。


そう、“マリネ”と言っても、

酸味やオイル感は控えめ。


サックリとした歯応えのキャベツと、

Sexy赤エビとの逢瀬は、

春の海のような穏やかな味わいでした。。。


IMG_0654

そう、UN COEURさんは、

深夜でも野菜をしっかり摂れるから

助かります♪


次にいただいたのは、

「たっぷりチーズの生ハムサラダ」


サクサクのロメインレタスの、

サッパリとした蒼さに


オーダーを受けてから切り分けた生ハムは、

熟成が進んでいて 濃厚なコク!


パルミジャーノの華やかな香りの中から、

粗挽き黒胡椒の爽やかな辛さがピリリ♪


これはもう、

“お酒が進んでしまう、サラダ”w


グラスで2~3杯、

軽くいってしまいそうなパンチが有りますから、

呑み過ぎにご注意下さい!


IMG_0655

  「アッ! ここにも、レーズンおじさん♪」


常連のお兄さん達が、

「枝付きレーズン」を注文した

私の事をそう呼ぶから何事かと思えば


  「UN COEURさんの枝付きレーズンは、

   “世界一のレーズン”♪」


そう、惚れ込んだオジサマが、

毎日通い詰めているのだそう。。。


確かに フワプリッと、

半生の干し加減の中に、複雑なコクと香り!


心を和ませる、

デリケートな食感と淑やか甘み!


これは他所ではなかなかいただけない、

上物ですよね。。。


はい、“初代”の方ほど

毎日は通えませんが


二代目のこのオジサンも、

コレ、とっても気に入りました♪


IMG_0656

さて、〆も“裏メニュー”から選びました!

「菜の花のペペロンチーノ」


よく、喫茶店みたいなところで

“ペペロンチーノ”を頼むと


炒め方が足りなくて

生にんにくのムッとする香りで

閉口する事が有りますがw


にんにくを充分に炒めて

その旨みと香ばしさを

オリーブオイルにトコトン抽出してから


オイルをしっかりと乳化させているんですね♪


にんにくの旨みが濃厚に迫ってくるのだけれど、

しつこくは無く。


心地よい食感を残した菜の花の

蒼いコクと微かな苦味と響き合って、

パンチ有り♪


オープン時は、

「ピザとハイボールの店」をウリにしていましたが、

毎週、毎週登場する“裏メニュー”のおかげで

常連さんがひっきりなしに通う、人気店になりました♪


野菜もしっかりと摂れて、リーズナブル!

UN COEURさんの快進撃は、

まだまだ止まる事を知りません♪


http://30min.jp/place/2546832/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!

記事検索
最新記事
プロフィール

mgmfan

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ