image


“迷える仔羊”と言われるには、
トウが立ち過ぎている年頃だけれど。

23時過ぎに東中野に降り立った時は、
迷わずにヴァンチョウさんに足を運びます!

そう、小娘を毒牙にかける遊びは卒業しましたが、
仔羊があると聞けば、迷わずオーダーしますね。。。
「仔羊のタタキ カルパッチョ」

“仔羊”と言っても、ラム・ショートロインと言う、
1頭で500gほどしか取れない、
殆どが赤身のロースの芯の方を使用!

このショートロインをサッとスモークし、
タプナードソースの柔らかなコクをプラスしているから
魚介や牛肉のタタキでは辿り着けないような
ハリのある食感とさっぱりとした甘み、
そして上品な仔羊の香りを愉しめて♪

レタス・水菜・トレビス・イタパにパセリ・トマトが
春の足音を伝えてくれる、心躍る一品です♪

image

え~? 西荻より一足先に
“肉の日”開催中ですか?
「仔羊スネ肉の黒ビール煮」

それは、「2001年宇宙の旅」のモノリスのような
神々しさを秘めて、私の目前に現れ。。。

でも、私は映画のヒトザルのように
モノリスを放り投げたりはしません!
ギャートルズの登場人物のように
鷲掴みにしてかぶりついたのでした♪

image

スネ肉は、
鶏の煮込みのようにフルフルッとほぐれながらも
緻密なコク! 豊かな旨み♪

モノリスの台座を担ったマッシュポテトは、
清らかに甘く香り。

スナップエンドウはサクサクッと瑞々しい蒼さ!
グリーンピースがプチプチっと甘く弾け、
カリフラワーがコリコリッと、しなやかな香り。。。

仔羊の豪快な食べ応えと、
あしらいの野菜の繊細な響き。

この神々しい競演をサラッと平常営業で供する粋さ加減、
またしても、ヴァンチョウさんは
深夜に私を仰け反らせてくれました♪


image

今回いただいたワインは、
「キザン赤 ブラッククイーン」

ネーミングに惹かれてオーダーしましたが
見事に期待に応えてくれました♪

ベリーを凝縮させたような
豊かな酸味と甘み!

ブラッククイーンの名に恥じ無い
気高さとしなやかさを併せ持つ。。。

ヴァンチョウさんに通ううちに
日本のワインの懐深さに
どんどん引き込まれてしまいますね。。。

http://30min.jp/place/2292872


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ