ブログネタ
外国人におすすめしたいラーメンは? に参加中!
image


  >本日より、ビキニ娘が解禁となりました!
           (都合により!昨日解禁できず申し訳ありませんm(_ _)m)

そうそう! 一昨日、燿さんのFacebookで入荷を確認したものの
いただく事ができませんでしたからね。

はい、2日連続で行ってきましたw
東中野・ビストロde麺酒場 燿(ひかる)さん!

image

待望の「ビキニ娘」は、
以前、このブログでも紹介した「モヒカン娘」

image

そして「モヒカン生娘」と同じく
青森県の三浦酒造さんの夏酒ですね。

裏面のラベルを見ても
 >アルコール分15度以上16度未満
その他は、最低限の表示のみで
お米の種類等の薀蓄が書いていないので、
どこかミステリアス。。。

そう、とかくパッケージデザインが派手すぎると
中身が?? って事、よく有りますよねw

しかし、「モヒカン娘」「モヒカン生娘」と同様、
「ビキニ娘」も、米の旨みがしっかりと伝わり、芳醇な香り。。。

4月に一度しかお手合わせできなかった
「モヒカン娘」より、若干すっきり目かな?

夏にぴったりという所は、ラベルだけの事では無いようですw

image

燿さんは、お通しは無し。 酒を美味しくさせる肴が¥250~
って所も、嬉しいですね♪
最初にいただいたのは、「炙りめんたいこ」

はい、“焼き”だと、ボソボソする時が有りますが。

“炙り”だと、程よく食感を引き締め。
香ばしさをプラスしながらも、
生たらこならではのふくよかな旨みも残っているから…
芳醇な酒と響きあって、旨いなあ。。。

image

そして、ゴーヤの新しい魅力を発見!
「ゴーヤの酢みそ和え」

サクサクッと弾ける軽快な食感!
サラッとした酢味噌使いで艶めいた青苦さが、
ジワッ♪

“胡麻和え”や“サラダ”より、
食べ易いと感じる方も多いのでは無いでしょうか?

image


 >野菜が主役の肴が増えると非常に助かります! 

そう、燿さんのFacebookにコメントをした事を
覚えていてくれたんですか?
次にいただいたのは「野菜ステック」

黄色や紫のニンジンに、
どこか“和”を感じさせる特製・マヨネーズソースを添えて。

黄色ニンジンの、やんわりとした甘さと、
紫ニンジンの、強めの香りとコク!

日ごろの悪行を反省して、
野菜を積極的に摂ろうと考えている御仁に
是非、オススメします♪

image

後は、シナッと、サクッと♪
素晴らしい炒め加減で、キラキラと高揚する香りと
柔らかな甘みを引き出した「にんにくの芽炒め」

image

塩胡椒で、ちゃんとした下味が付いて
カリッと、プリッと香ばしい「エビフライ」

玉子のコクを活かし、
ピクルスがサクサクッと爽やかなタルタルソースなんか…
近くのあの洋食屋さんより、ずっと洒落ているかも。。。

image

どれも¥400以下のお手ごろ価格って事も嬉しいですよね。

  私「ところで、このメニュー。
             まさか仕舞い忘れって事じゃあ、無いでしょうね?」
       店主「実は、最初は“春の限定ラーメン”として出したんですけど…
              好評で、今度のメニューに入れようかと…」

それは、嬉しい♪ 〆は、グランドメニュー入りを記念して
「桜エビのはんなりラーメン」にしました!

image

塩かどを抑えた優しい味わいのスープに、
自家製の桜エビ油のキャッチーなコクと香り♪

干し桜海老の質感のある香ばしさと
桜エビ油のまろ味の相乗効果で、
このラーメンの味わいの深さが高まっていますね。

燿さん自慢の自家製チャーシューも、
しっとりとコクと旨みを放ち。
京都産の生麩がもっちり。。。

季節が春から夏に替わろうと、
いえ、秋だろうが冬だろうが…

日本人の心をプルッと震わす
雅な世界感を喜ぶ人は、多いはず!


ビストロde麺酒場 燿さん。
その名の通りに、多面的な魅力をお持ちですね。

こりゃあ、毎日のように通う常連さんが居るはずだ。
呑んで良し、食べて大満足な、元気なお店です♪


http://30min.jp/place/60186/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ