ブログネタ
◆ 冷しラーメン(冷し中華ぢゃないよ) ◆ に参加中!
image

 >試作完了! 八月限定前編
       極 〜きわみ〜 2015  鯛薫冷彩麺

麺画廊 英さんのFacebookを拝見したら
心が躍りましたね♪

でも、「極 〜きわみ〜」とは、
なかなか付けられないネーミング。。。

早速、今日行ってきました!

そう、「極 〜きわみ〜 2015」とある通り、
昨年も提供した冷彩麺をさらにブラッシュアップした模様。。。

残念ながら、昨年のバージョンは未食ですが、
これまで鯛の出汁を使っていたのを
今年は“鯛のオイル”を使っているそうです。。。

でも、“鯛のオイル”とは、初耳!
店主に作り方を聞きたい気持ちを
グッとこらえて、いただきます!

image

スープベースは、英さんならではの
花鰹や利尻昆布などで丁寧にひいた
和出汁がベースと思われ、
非常に緻密な旨みが重なりあっています。。。

“鯛のオイル”は、
ラード等に代表されるような動物質のオイルと違って
オイル自体に濃厚な旨みと上品な香り有り!

だから鯛の出汁の代わりに、店主が使ったのが頷ける
“憂いのある、鯛の香りと旨み”がオイルの中に閉じ込められ、
ふうわりと口の中で拡がります。。。

そう、和出汁は温かい状態で提供すれば
香りも旨みも開き易いと思うけど、
冷製にするとちょっと落ち着いてしまいますからね。

出汁に動物質の旨みを使わず、
しなやかに、旨みやコクをプラスする為に
“鯛のオイル”に辿り着いたとは、流石!

トッピングは、
私が大好きな美桜鶏を蒸したチャーシューに、
炙った長芋、国産レモン!

美桜鶏は、サッと山葵と和えてあるので
華やかな鶏の香りと甘みが、
いつもよりさらに引き締まった表情!

サクサク感を残しながら、
香ばしい長芋が涼やかなアクセントを与えます。。。

image

勿論、〆ごはんもポチッ!と
券売機で選んでありますよ!
今回は「冷やし昆布茶漬」

image

私は、麺画廊 英さんに出逢えて
本当に良かったと思うのは…

本当にチカラの有る出汁と言うのは、
めぐり逢う素材によって
別の表情を見せる事を教えてくれた事。。。

ギュッと小麦の旨みが詰まった翼麺が相手の時は、
プリプリッと躍動する麺に
しっかりと絡みながら…
上品な出汁は麺を引き立てる立場であるのに対し。。。

お茶漬にした時には、
ごはんのふくよかな甘みと香りと共に
和出汁の豊潤さ、鯛のオイルのまろやかなコクが
グイグイと押し寄せてきて、ね。。。

「冷やし昆布茶漬」のトッピングは、
利尻昆布の醤油漬に…
もしかして、“鯛のコンフィ”??

昆布ののびやかな出汁と
“謎の香ばしいトッピング”が加わって
清らかで豊潤な高揚感。。。

嗚呼。。。 
このまま帰るには、あまりにも名残惜しい!

image

  店主「同じものを続けて2杯召し上がるお客さんは
                  非常に珍しいです。。。」

券売機に慌てて駆け寄り、
再び「限定麺」のボタンをポチッ!

“単なる大食い”と思われないよう、
相方さんにそっとチケットを渡したつもりだったのに…

連食、バレちゃいました?

image

手揉みちぢれ麺の痛快な食感!
涼やかな豊潤を極めたスープにどっぷりと浸れる喜び、
再び噛み締めましたね♪

image

いろいろ有った週の終わり、
明日からの“仕事の山を前にした憂鬱”を忘れさせてくれた
東日本橋の麺画廊 英(はなぶさ)さん。

アレ? 入り口の脇に張り出してあるのは?

image


  >予告
   土用の丑の日の8月5日に
   「牛」を使った限定麺をお出しします

ふふふ。。。丑の日に、鰻では無く、牛?

とっても興味があるけど
平日だから、22時の閉店までに辿り着けるかな?

誰か~ 私の代わりに「牛」を使った限定麺、
レポートしてくれませんか~?

http://30min.jp/place/2387014/blog/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ