ブログネタ
食べ歩き に参加中!
image


  女将さん「まぁ~♪ どうしたの~?」

そんなに大きな声を出されたら、
店内のお客さん達がビックリしているじゃあ無いですか。。。

  女将さん「どうしてるのかな~? って、いつも噂してたの!」

はい… そういう台詞は他の店で聞くと、嘘っぽいですがw
女将さんの鈴を鳴らすような美声で言われると、
にわかに信じたくなります。。。

ご無沙汰のお詫びに、まずはビールを1本!
そして、ちょっと贅沢をして、「ワクワクごはん」といきますか?

image


  女将さん「はーい、まずはこれをつまんでいてね!」

オッ! 私が大好きな宮城県女川町の
高政さんの蒲鉾としらす♪

そう、三陸で水揚げされたばかりの魚を、
自社ですり身にして蒲鉾に仕上げる蒲鉾屋さんは
今は少ないそうですね。。。

すり身を白くする為の「水晒し」も
高政さんの場合は、2回以下に抑える技術が有るそう。

だから、緻密な蒲鉾の中に
魚の旨みと香りがギュッと詰まって、ゾクゾクします♪

image

次に登場したのは、三崎のマグロをカラリと揚げた
「マグロのフライ」

いつも刺身で出している鮪を
フライにするなんて、勿体無いって?

確かに、フライにするのは白身魚の場合が多いですけど…
旨みと香りがしっかり有って、
程よく脂がのっているメバチを揚げると…
むせ返るような香りと、凝縮した旨みが、ネ♪

image

はい、真打登場!
「刺身の盛り合わせ」

フライの後に登場するとなると、
生半可な刺身だと精彩を欠く時が有るんだけど…

赤身がするんと口に滑り込むと、
コクのある甘みと酸味が、フワッ!

三浦金田(カネダ)の地タコは、
コリッと澄んだ旨み。。。


  私「金田の地タコ、“密度”が違うよ!」
  女将さん「そうねえ。。。
                        最近、日本語を喋れないタコが多いものね。。。」

ネッ! 女将さんのトークは、
タコとは言っても、イカスでしょう?

image


  女将さん「は~い! 貴方の大好きなもの♪」

そうなんです。。。
神港さんの「鮪の焼き物」

タレに漬けたマグロを一度干してから
焼くみたいなんですが…

マグロの旨みも、
醤油だれの香りと共に熟れた表情を浮かべて、
絶品♪

「お土産に買って帰りたい。。。」と
駄々をこねる常連さんもいらっしゃるそう。
(私じゃあ、無いですよ!)

image

キリッとした〆加減が
脂の馥郁たる香りや身の旨みを輝かせていますね。。。
「小肌酢」

image

そして、特別栽培米のごはんに
三崎の若布のお味噌汁、
マグロの煮物に、山椒ちりめん。。。

“マグロの煮物”は、メニューに無い
オマケだけど… 
キリッとした醤油の香りと凝縮した旨み♪

日本人に生まれて良かったと思う瞬間が
ここに在ります♪

image

甘過ぎないところが
逆に余韻を残しますね。。。
「チョコレートのデザート」

image


ホントは、大将の見繕ってくれたお酒をいただきに
ゆっくりと夜に伺いたかったんですが…

今のプロジェクトが終わるまで難しいかな?


でも、三崎のマグロと地魚に有機野菜。
そして、女将さんの絶妙なトークを聞けて
元気を貰いました!

今度、決死の覚悟で仕事を片付けて…
「19:50のラストオーダー」に間に合うよう、
伺いますね!

「ワクワクごはん」
そんな可愛いネーミングは、やっぱり言いえて妙♪

心トキメク時間を、ありがとうございました!

http://30min.jp/place/2224106/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!