image

イタリアンと和食の「遊」合が好評のようですね♪
創作料理 遊 Yu-さん。

  シェフ「先日気に入っていただいた『まつもと』
      先週、日本酒好きのお客様がお見えになって
      ぜ~んぶ呑んで帰られまして・・・」

あっ!私、お酒は何でもイケますから、
有る物から選ぶから、大丈夫ですよ!

それより、今宵も
“LO.45分前・短期集中コース”、宜しくお願い致します!

image

お通しの“鶏肉がた~っぷり入った、サラダ” も、
他店の“アリバイ・サラダ”と違って、食べ応えが有るし。

蜂蜜のチャーミングな甘みや香りが活きたドレッシングも
本格的で良かったけれど。。。

夜は、ついつい“野菜メニュー”を頼んでしまう私。
まず最初にいただいたのは、
「トマトとアスパラの煮物」

そう、“煮物”って言うメニュー名だと、
もっと“汁気が無いタイプ”を想像しがちですよねw

こちらは、たっぷりの和出汁に、
“麺画廊 英さんの、英醤油”を
サッと合わせた、“野菜おでん”だと告知すれば、
もっと多くの人がイメージし易いのでは無いかな?

そう、食感がだらける事無く、
“舌にスッと馴染んで、ジワッと解れる”
トマトの煮込み加減が良いですね♪

トマトの瑞々しい酸味とやわらかな甘味、
じんわり沁みた出汁の香りと旨みが溢れてきて、
ホッ。。。

対するアスパラは、
シャッキリ感を残しながらも…

和出汁をまとったアスパラの甘蒼さが、
初夏の憂い。。。

“煮物”って言うと、
“居酒屋さんのカウンターに、ドーン”の…

アレしか思い浮かばない人にとっては、
目からウロコかも♪

image

さて、お目当ての日本酒が売り切れていた代わりに…
新ドリンク「そばソーダ」が登場していたので、
こちらをオーダー!

  シェフ「最近、雲海が推してますよね。
      昔から有ったのに。。。」

そりゃあ、サントリーさんがハイボールを復活させたように、
次なるドジョウを狙っているからでは、無いですか?

確かに、香りの無いスピリッツを割ったチューハイより、
蕎麦焼酎を炭酸で割った方が、
華やかな甘い香りが愉しめるし…

ハイボールより呑み易いと感じる人も
多いだろうから、推し甲斐は有ると思いますよ!

image

次にいただいたのは、お気に入りの
「桃とモッツァレラチーズのカプレーゼ」

「トマトを入れないと、トリコローレには…」

そんな固い事をぬかす人は、
イタリアンと和食の「遊」合を愉しむ資格、無し!

桃ならではのコクの有る甘味、
モッツァレラチーズのミルキーな風味、
オリーブオイルのサッパリとしたコク、
ほどよくふりかけられたペッパーの香り。。。

これらが「遊」合して、
引き締まった甘旨さが愉しめるんです♪

image

飲み物は、雲海を越えて、和からイタリアにw

次にいただいたのは、
「デナティレ・ネロ・ダヴォラ・シラーズ」

やわらかなタンニン感の中に
複雑な果実味と穏やかな酸味。

これ、万人向きな赤だと思います!

image

さて、メインでいただいたのは
「牛ほほ肉の赤ワイン煮」

  シェフ「お1人様サイズで宜しいですか?」

はい、「次にパスタもいただきたいから…」と
申し上げたら、シェフは少し驚かれたようw

でも、 “ここの、お1人様サイズ”は、
他店では“フルサイズ”と呼んでいるかもw

時々、肉が出汁ガラのようになった煮込みを
堂々と出す店も有ったりしますが…

遊さんは、違います!

口に運べば、
フワッと牛の気高い香りとワインの豊潤な香り!

肉はパサつかずに、しっとり!
脂のまろ味に縁取られた、
堂々たる牛ほほ肉の風格。。。

これで¥1,000って、
本当に儲かっているんですか?

image


  シェフ「こちらも、1人前で宜しいんですか?」

だから…!

シェフは私のブログを読まれた事が無いかも知れませんが…
“LO.45分前・短期集中コース”でも、
し~っかりいただきますよ!

今回いただいた「挽肉たっぷりトマトソースパスタ」は、
先日いただいた「野菜たっぷりトマトソースパスタ」に、
“挽肉たっぷり、入れちゃいました”的なパスタでしょうか?

だから、「ボロネーゼ」よりも
トマトソースに、厚みのあるコクと旨み!

「アマトリチャーナ」より、肉肉しくって、
食べ応えが有る♪

具材として識別できた野菜は、
瑞々しさを残した玉ねぎと、
コクと香りを引き出した人参と、しめじ。

これに、“目に見えない、野菜の旨みと香り”を
トマトソースにしっかりと封じ込め。

別仕込みで炒め上げた肉と、
仕上げ前に混ぜて、後は…(以下、自主規制)

シエフは、サラッと教えてくれましたが・・・

この“仕上げに使った、材料”は、
普通のイタリアンのお店では、
常備していない食材だと思う。。。

挽肉の香りと旨みの奥に
様々な素材の表情、優しい香りがするのは、
これらの肌理細やかな手仕込みの成せる技!!


イタリアンと和食の「遊」合を小粋に愉しむの良し!
そして、王道レシピの風格を味わうのも、良し♪

東日本橋の大通りから、
少し… 

“ほんの少し、仲通り”に入った
小さなレストランには
大きな大きな喜びが有ります♪

あと、女性客に大好評の“とっても腰の低い、お兄さん”。

今回は早退された後だったので
残念ながら、お会いする事ができませんでしたが・・・

彼の心のこもった接客も、愉しめますよ♪

http://30min.jp/place/2466365/blog/

    

    

    

�����祉�������㏍�井�� ��違����<����㏍�� ��延根蕋���号⑨������

    ↑

ブログランキングに参加しています。

ポチッと、応援お願い致します!